2015/8/16

蒲原 モハ11 その6  蒲原鉄道

本日の工作は、屋根板の加工からです。
アガチス材を現物合わせで切り出し、小型の鉋と紙やすりで削り出します。

クリックすると元のサイズで表示します

出来上がったところで、全体にサーフェーサーを吹き付け、表面を整えておきます。
車体にはゴム系の接着剤で固定。乾燥を待ちながら、シル、ヘッダーの加工を行います。
ペーパーシートを利用し、リベットを打ち出してから切り出して車体に接着します。
ちなみに、末期の写真を見ると、シルのリベットがありません。
おそらく、削られたものと想像していますが、個人的な好みでヘッダー同様にリベット付きとしました。

クリックすると元のサイズで表示します

若干の歪みがありますが、市販のパーツがないので自分で作りしかありません。
エコーモデル製のものはありますが、1/87ですと幅広で使えません。
どこかでエッチングのパーツを作ってくれないかな...というボヤキはさておき、こちらが今日までの状態です。

次は、雨樋とディティール工作に移ります。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ