2015/9/27

蒲原 七谷駅 その3  蒲原鉄道

もう一つの架線柱を作ります。
作り方は昨日と同じ。ディティールアップも行いました。
ビームを引っ張るワイヤーにグラントライン製のターンバックルをつけました。
架線支持用の碍子はそれらしい挽物をつけています。

クリックすると元のサイズで表示します

土台はt1.5のプラ板を2枚重ねたものです。
未塗装完成状態がこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで全体のイメージの確認です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サイズ、バランスともに十分満足いく感じにできましたので、一気に塗装しました。
土台のコンクリートは一度スウェード調スプレーを吹いてから、デッキタンを綿棒につけて軽くたたくようにして調子を整えました。
架線柱は、GMの西武ラズベリーを吹いて、ウェザリングマスターで軽く汚しています。
背の高い方にはエコーモデル製の電球傘をつけています。

クリックすると元のサイズで表示します

イメージ通りに出来上がりました。
次は、お立ち台のベースに取り掛かりたいと思います。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ