2015/10/11

蒲原 七谷駅 完成!  蒲原鉄道

七谷駅のお立ち台が完成しました。

まずは、バラストを線路に撒きます。溶いた木工用ボンドで固定する一般的な方法です。
乾燥後、地面の着色です。バフ、フラットアース、ライトグレイを2〜3倍程度に薄めて行いました。
続いて、ターフなど草を木工用ボンドをつけながら地面に固定していきます。
ホームと架線柱をボンドで固定し、人形はKATO製の駅員とKt工房製の「行商のおばさん」です。
今回のポイントは、まさにこの行商のおばさんと言っても過言ではありません。
さらに、架線も作ってみました。材料は、φ0.3とφ0.25の燐青銅線、幅0.3の洋白帯板を使いました。
方眼紙に大まかな形状をガイドにしてハンダ付けしました。

クリックすると元のサイズで表示します

架線柱に架線を接着し、ベース部の周囲の飾りをつけます。
材料は、t1のバルサです。形状を現物合わせで切り出してから、水性のニスで仕上げます。

クリックすると元のサイズで表示します

乾燥後に接着したら、いよいよ完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

モハ11を載せてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

架線があると、電車が活き活きします。
別アングルではこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、タミヤのクリアケースに入れたところです。

クリックすると元のサイズで表示します

お気に入りの一台とシーンが再現できました。
さて、次は何を手がけようかな...?
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ