2016/5/15

12mmゲージ用動力ユニット(軸間2450mm版) その2  模型

動力ユニットの工作にかかります。
まずは、型紙を弱粘着タイプのスプレーのりでプラ板に貼り、切り抜いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

これらを貼り合わせて組み立てます。一度、モーターや車輪を入れて様子を見ます。

クリックすると元のサイズで表示します

問題ないことを確認してから、車輪にギヤを入れます。
一度、車輪を車軸から外し、中央付近までギヤを打ち込みます。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、モーターの軸にウォームギヤを固定しますが、軸径が合いませんので外径φ1.5、内径φ1.0の真鍮パイプを介して固定します。

クリックすると元のサイズで表示します

モーターに通電用の燐青銅線をハンダ付けしてから、一度組んで回してみます。
多少、あたりがあるので、微調整しながら、スムーズに回転するようにします。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、接点です。キットの端材を切り出して、鍵形に曲げてからφ0.25の燐青銅線をハンダ付けしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

これを動力ユニットに貼り付けて完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

ボルスタ部分にはM2のナットが仕込んであります。
裏側はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

線路上で試運転しましたが、快調に走りました。

ちょうどお願いしていたペーパーシートが出来上がったとの連絡もいただいたので、来週くらいから車体の製作に移れそうです。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ