2016/5/21

鶴見線 クモハ11400+クハ16400 その1  模型

先週出来上がった動力ユニットを活かす車両を作り始めます。
テーマは、鶴見線を走っていたクモハ11400とクハ16400の2両です。
昔から好きな車両で、いつかは作ろうと温めていました。
どうせ作るならスケールやディティールにこだわりたかったことと、モワ51で台車もそれなりに製作できることが分かり、ようやく手がける決心がついたことがきっかけです。

今回も設計はCABさんにお願いしました。
こまかな注文も快く聞いていただき、大変感謝しています。

クリックすると元のサイズで表示します

ペーパーシートも手元に届きましたので、早速製作を開始します。
また、同時に2両作ることは今までなかったので、チャレンジです。笑

まずは、クモハ11400の台車DT10の製作から。
ペーパーシートのおまけでついている型紙を切り抜いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

1両分の台車ですが、今日はここまでしか進みませんでした。
明日もパーツの切り出しが続きます。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ