2007/12/16

南筑のガソリンカー 完成!  南筑軌道

最後に残っていた工作です。
まず、床下の単軸側がスカスカだったのが、気になったためギアボックスと駆動軸をプラ板と0.8mm真鍮線で表現しました。また運転台下にエンジンカバーをプラ板で作ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

前面の保護網は0.4mmの真鍮線、支持部材はプラ板で製作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでで工作は終了とし、塗装作業を行いました。
結局、本体色はブリティッシュグリーンとしました。
屋根はエコー製のルーフィングサンドをまぶし、ジャーマングレイで塗装。
で、完成と相成りました。

クリックすると元のサイズで表示します

後端側はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

最後の南筑のブタと記念写真。「自転車に抜かれたコッペルたち」の写真を再現できました。(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します
1

2007/12/9

南筑のガソリンカー その5  南筑軌道

動力ユニットを所有のBトレから外してしまいました。(^^ゞ

非動力側の台車を外し、出っ張りを削ります。
単軸側は、カワイモデルのワラ1を利用しました。
下回りを分解し、軸受け周りをニッパで切断。逃げ穴を開けて、Bトレの床板に接着しました。床板は、1.2mm厚のプラ板で製作してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

車体を乗せると、ガソリンカーの姿が見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

動力側の台車がそのままなのがちょっと気になりますが、雰囲気は再現できたと思います。さて、残る工作は前面の保護網です。来週は完成するかな...?
1

2007/12/8

南筑のガソリンカー その4  南筑軌道

少し工作が進みました。

車体の余りの紙を0.5mm幅に切り出し、シル、ヘッダーなどを貼り付けました。
ドア上の庇(?)は、0.5mm厚のプラ板を0.7mm幅に切り出したもので表現してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで、一度サーフェーサーを全体に軽く吹いておきます。
端梁は、1mm厚のプラ板。連結器とラジエーターは0.5mmと0.3mm厚のプラ板で製作しました。
屋根板は、余っていた3mm厚の木をそれらしく削り、雨樋として0.7mm幅に切り出した紙を貼り付けてあります。ヘッドライトは、エコー製のお椀型です。

クリックすると元のサイズで表示します

それらしい雰囲気の形が見えてきました。
でも、ここで問題。Bトレイン用の動力ユニットがどこを探しても売り切れ。
オークションで定価よりも高い金額で買うのはもったいないし...
再生産されるのを待つしかなさそうです。(ーー;)
0

2007/12/2

南筑のガソリンカー その3  南筑軌道

今日も年賀状作りの合間に、南筑の工作でした。

切り抜き終わった側板にサーフェーサーを吹き、軽く#1200の耐水ペーパーでならしておきます。
外板と内板を貼りあわせ、さらにサーフェーサーを軽く吹きました。

側面内側に1.5mm角の檜材で補強。両前面に曲げグセをつけ、箱状に組み立て、今週の工作は終了です。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/12/1

南筑のガソリンカー その2  南筑軌道

今日から12月。今年も残すところ、後一月になってしまいました。
年末までにやらなければならないことの一つに年賀状の準備があります。
というわけで、今日は朝から年賀状作りに励んでました。

南筑は、年賀状を印刷している間にちょこちょこっと製作。あまり進みませんでした。

設計が終わったCADから、CraftROBOで切り抜きを行いました。
今回は、木目表現を試してみたくって、いつもと設定条件を変えてトライです。
まず、刃先を0.1mmに変更し、薄い紙の設定で一度走らせます。
紙をそのままにしておき、ROBO-Master上の図から木目だけを削除。
今度は、刃先を0.3mmに変更し、いつもの厚紙の設定で切り抜きます。
抜き終わってみると、この方が窓の変形が少ないように思えます。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は天気が良ければ、下地のサーフェーサー処理を行う予定です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ