2010/5/28

北恵那 デ2(ナロー版) 完成!  北恵那鉄道

車体の塗装を行いました。

上側はクリーム4号、下側は西武ラズベリーです。
初めての色ですので新鮮です。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します

真横はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、パンタ周り。

クリックすると元のサイズで表示します

カプラー近くには、開放てことタイフォンを付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

KATOの機関士を運転手代わりに乗せています。
ちなみに、写真では見えませんが、エコーモデルの電車用運転台も取り付けてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

DCCのデコーダー(DZ125)も搭載し、ヘッドライト内に入れたチップLEDで点灯もできます。

クリックすると元のサイズで表示します

フレームを切断しましたが、補助配線を行ったため、とてもスムーズに走ります。(^^♪

さて、せっかくできた電車ですので、こいつに牽かせる貨車も作りたくなってきました。
4

2010/5/25

北恵那 デ2(ナロー版) その6  北恵那鉄道

久しぶりに工作再開です。

まずは、一番の懸案だったZパンタの製作から。
材料は、φ0.3とφ0.4の真鍮線及び0.7mm幅の真鍮帯板です。

クリックすると元のサイズで表示します

大まかな形ができていれば良いので、適当に省略しています。
台座部分は、お手軽なプラ板とプラ棒で製作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで、屋根板に乗せてバランスの確認です。

クリックすると元のサイズで表示します

寸法をTMSに掲載されていた阿部さんの図面を参考にしたため、若干車体に比べ、大き目になってしまいました。(^^ゞ

続いて、屋根板にルーフィングサンドを撒いて、ジャーマングレイで塗装。
ヘッドライトのステーや配管、手すりなどを取り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

取り付けた部品ごと再度ジャーマングレイで塗装。
出来上がった状態がこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します

Zパンタは、たためます。
特に、フリクションをつけていませんが、しぶめに作ってあるので、途中で止まります。

クリックすると元のサイズで表示します

さあ、いよいよゴールが見えてきました。(^^♪
0

2010/5/15

北恵那 デ2(ナロー版) その5  北恵那鉄道

バタバタしていて、ゆっくり工作できません。
合間を見つけて、少しパーツを取り付けました。

まず床下機器です。手持ちのエコーモデル製パーツから小さめのものを選び、動力ユニットに干渉しないよう削った後、瞬間接着剤で固定しました。

クリックすると元のサイズで表示します

上回りでは、屋根にベンチレータを取り付けました。パーツは、フクシマ製です。

クリックすると元のサイズで表示します

この状態で上下を併せて様子をみます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/5/9

北恵那 デ2(ナロー版) その4  北恵那鉄道

屋根板を作りました。
材料は、t4のバルサです。
今回からミニサイズのカンナで削り出しています。
カッターナイフよりも効率的に加工ができました。
大まかにカンナで削った後は、紙やすりで成形しています。

クリックすると元のサイズで表示します

削った後の屋根板に木工用のパテで木目を埋め、サーフェーサーを吹いた後、ペーパーで表面を整えました。
車体には、φ0.3の燐青銅線で手すりを作り、ドア下にステップも取り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、今週末の工作はお終いです。
次は屋根周りの工作です。
1

2010/5/8

北恵那 デ2(ナロー版) その3  北恵那鉄道

ずいぶんと形になってきました。

まず上回りは、シルとヘッダーを0.5mm幅に切り出したプラ板で製作。

クリックすると元のサイズで表示します

前面にエコーモデル製のリトリーバーを取り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

下回りは、枠状に床板を作り、動力ユニットをモーター直下で切断。
床板にサイドからネジ止めしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

車体を乗せてみると、こんな感じです。
屋根板が無いので、ちょっと変ですが...(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します

この状態でテスト運転を行いましたが、走行はスムーズでした。
さすがに、Nケージ用の動力ユニットです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ