2011/11/9

夷隅軌道 無蓋車  夷隅軌道

昨日完成させた自動機客車の相棒を作ることにしました。
夷隅軌道で検索すると、古い写真に無蓋車を連結している写真が見つかりました。
こちらの写真を参考に、いつものJW−CADで設計を行います。

クリックすると元のサイズで表示します

使用する台車は、杉山模型のものです。
まずは、下回りから製作しますが、材料はt1.2、t1のプラ板です。
t1.2で井桁に組み、t1で床板としました。
軸受けは、t0.5のプラ板とφ1のプラ棒から製作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

上回りは、t0.5のプラ板です。筋目はプラカッターでつけています。
上辺のふちは1x1のプラ角棒を厚さ0.8に若干薄くしてあります。縦補強はt0.5プラ板を幅0.8mmに切り出したものです。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでできたら、上下を組み合わせます。
で、生地完成状態がこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

カプラー用の段付きピンは、今野さんから譲っていただいたφ0.6のかしめピンです。
ここから、一気に塗装を行いました。全体をフラットブラックで吹きます。
完成状態はこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します

裏側はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に自動機客車との編成写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

出来上がったところでパイクで試走させたところ、自動機客車のカプラーの復元バネが強く、軽い無蓋車が振られて脱線してしまうことがわかりました。どうせ、他の車両を連結することはないので、復元バネを外してしまいました。そのおかげで、パイクでも問題なく走行出来るようになりました。

さ、長い休みも半分を消化しました。後半は、何を作ろうかな...?
0

2011/11/8

夷隅軌道 自動機客車 完成!  夷隅軌道

今日は一気に塗装を行いました。

車体は、プライマーを吹いた後、全体をサーフェーサーで下地を作った後、窓周りにマホガニーを吹きました。
窓枠を一つずつマスキングし、全体をブリティッシュグリーンで塗装しました。
マホガニーとブリティッシュグリーンの明度差が少なかったようで、あまり目立ちません。(^^;)
屋根はジャーマングレー、それ以外はフラットブラックとしています。

で、完成した姿はこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

ちらっとしか見えませんが、運転台側にはエコーモデルのハンドブレーキをクリームに塗って、装着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

全体を軽くウェザリングして、完成です。
アルパワーは、軽快に走ります。せっかくですので、こいつに牽かせる相棒を作ろうと思います。
すでに、設計は終わっていますので、詳細は明日にでも...
0

2011/11/6

夷隅軌道 自動機客車 その3  夷隅軌道

今日はのんびりと少しだけ工作を行いました。

まずは、ヘッドライトの加工です。
キット付属の部品のレンズ部分をφ2のドリルでさらいます。
レンズは、エコーモデルのお椀型ヘッドライト用の部品を流用する予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、防護網の追加工です。
φ0.2mmの真鍮線でチェーンのフックを支柱部分と防護網の裏側の2カ所に半田付けし、アクセサリー用のチェーンをカットしてフックに引っかけてあります。少しチェーンが太いのですが、まあ雰囲気ということで...

クリックすると元のサイズで表示します

カプラーも加工しました。キット付属の朝顔型カプラーの中抜きを行いました。すでに、関電色にして完成させているクリシマが行った加工です。ドリルで穴を開けて、モーターツールで少しずつ広げ、カッターナイフで形を整えて行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根に、キット付属のトルベート型ベンチレータを付けました。形が若干崩れているのが残念です。
さて、ここまでの工作で生地状態の完成としました。明日以降、塗装に移りたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/11/3

夷隅軌道 自動機客車 その2  夷隅軌道

今日は一日のんびりと模型作りでした。手がけ始めた夷隅を進めます。

まず、車体のディティールアップから。
窓下のシルとしてφ0.4の真鍮線を半田付け。乗務員扉とデッキ入り口にφ0.3の真鍮線で手すりを付けました。
乗務員扉下には0.5角線で製作。折り曲げるときにV字の溝を入れて、できるだけ角が出るようにしています。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、下回りです。指定のアルパワー14の床板を説明書に従って加工。台車枠も素組みです。

クリックすると元のサイズで表示します

前面も防護網も折り曲げ部分に半田を盛っただけで、素組です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでできたので、全体を仮組してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根は軽くペーパーで磨いてあります。もう少し、ディティールを追加したら、生地完成となりそうです。
2

2011/10/30

夷隅軌道 自動機客車 その1  夷隅軌道

昨日は、蒲田の日本鉄道模型ショウに出かけ、パーツを少し仕入れてきました。
その後、鶴見で宴を行い、ヘロヘロ状態で帰宅。今日は半日二日酔いとなってしまいました。
午後からようやく体調が戻ってきたので、軽便祭で仕入れたアルモデルの「自動機客車」を組み始めました。

約2時間ほど、半田付け工作でここまできました。

クリックすると元のサイズで表示します

いつも思うのですが、アルモデルのキットは構成がよく考えられており、簡単にキチンと組み立てられるところが感心させられます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ