にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
日本の競争力は27位  時事

日本の国際競争力は27位だそうだ。
 
スイスの有力ビジネススクールのIMD(経営開発国際研究所)が19日発表した

「2010年世界競争力年鑑」で、日本の総合順位は58カ国・地域で27位で、

前年の17位から急低下したそうだ。

中国、韓国、台湾などに抜かれ、02年以来8年ぶりの低位に沈んだそうだ。

失われた10年、15年の失政のツケは大きかったようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


IMDは主要国・地域の「経済状況」「政府の効率性」「ビジネスの効率性」

「社会基盤
」の4分野で、約300項目の統計や独自調査の結果を分析し

順位を発表しているのだそうで、日本は調査を始めた1989年から93年まで

首位だったそうだが、今や昔日の感。


法人税の高さも世界最悪だそうだ。

1位は、昨年春から輸出が回復したシンガポール、2位は前年と同じ香港。

アジア勢は中小企業の競争力が強い台湾が「ビジネスの効率性」が

高く評価され23位から8位に躍進したほか、

資源大国として急速な景気回復を見せたマレーシアは18位から10位へ。

中国が20位から18位、韓国が27位から23位にそれぞれ順位を上げた。

日本は少子高齢化に伴う労働力人口の減少で「社会基盤」の評価も下がった。

日本は、経済が活力を失い、財政赤字が急増している上、トヨタ自動車、ソニー、

日本航空(JAL)など、代表する企業がリコールや赤字で競争力が落ち込んだ。

国であろうが、企業であろうが、「永遠な1位」はないという事なのだ。

又今日のニュースでは国際通貨基金(IMF)が

日本経済に関する年次報告書を発表し、日本政府に対し、

2011年度に景気回復に合わせて財政再建を開始し、

消費税を徐々に引き上げる必要があると提言したという事だ。

          クリックすると元のサイズで表示します

なお順位は以下のようになっている。

 1位 シンガポール
 2位 香  港 (産業に活気が溢れている)
 3位 米 国 (前年の1位から世界恐慌の引き金を引き降格)
 4位 ス イ ス
 5位 オーストラリア
 6位 スウェーデン
 7位 カ ナ ダ
 8位 台  湾 (中小企業の競争力が強い)
 9位 ノルウェー
 10位 マレーシア (資源大国として急速な景気回復)

 以下主要国の順位

 16位 ド イ ツ (ユーロ圏の救済でドイツも今年は大変だ)
 18位 中  国 (GDP世界第2位に今年は躍り出る事は間違いなし)
 22位 英  国 (いよいよ英国病のイギリスを追って日本はその下に)
 23位 韓  国 (日本を始めて抜いた韓国は沸きあがっているらしい)
 24位 フランス
 27位 日  本
クリックすると元のサイズで表示します

(写真はいずれも大門さんの提供です)

詩吟の仲間で春の叙勲を受けた方があり、皆でお祝いとなった。

誠にお目出度いことであり、心より祝い嬉しい酒盛りとなった。

  * 焼酎に叙勲の弁をとつとつと

  * 植田道仄白き雨に煙けり



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2010/5/22  12:43

 

スイスのビジネススクール「IMD」(国際経営開発研究所)がこのほど発表した「2010年世界競争力年鑑」によりますと、シンガポールが58カ国中、初の首位に輝きました。日本は前年の17位... 




AutoPage最新お知らせ