にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2006/9/29  蕎麦打ち体験  旅行

クリックすると元のサイズで表示します
富山の利賀村に友人がリタイアして田舎暮らしを始めたのは4年前
最近蕎麦打ち二段の免状をもらったという話に蕎麦を喰いに利賀村に
飛んだ。富山空港に迎えてもらい他の友人5人と合流する。
戸隠の蕎麦粉に二割の繋ぎ粉を入れ二八蕎麦を打つ。
蕎麦を練り、伸ばし、切ってゆく。
二段の先生の指導宜しく約50分で打ち上げ片付けも出来る。
ダシは自家製の一品だ。茹でるのはたっぷりのお湯に少量づつ
20秒位茹でお湯の中で掬い冷水でさっと洗う。
ザルに盛り付け自分の初めて打った蕎麦をみんなで頂く。
これは旨い。
手前味噌ではなく先生の指導によるこの傑作は忘れる事の出来ない
生涯で一番旨い蕎麦を頂いた。
クリックすると元のサイズで表示します
蕎麦打ちのピンボケ写真秋うらら

同行の5人も又同様感激の蕎麦打ち初体験である。
蕎麦を喰うと酒も欲しくなる。
昔のラグビーに熱中していた頃の話に花が咲く。
又利賀村には世界遺産の相倉合掌造り集落があり、
白川郷の近くでもあり良く似た集落の刈り入れの風景の中散策する。

  菊育て合掌集落守りけり

  唐辛子合掌家屋に干されあり

クリックすると元のサイズで表示します
利賀村とネパール、そばが取り持つ不思議な出会いから生まれた
神秘な郷で、チベット仏教の曼荼羅の館、瞑想の郷は
この村の悠久な時を刻むような神秘さでした。
クリックすると元のサイズで表示します
利賀村と蕎麦打ちにはまりそう。

2006/9/27  雨上がり  ペット

クリックすると元のサイズで表示します
昨日から降り続く大雨で一日半外に遊びに行けぬロンとハナ
今日の2時過ぎにやっとバケツをひっくり返したような雨が上がり
青空が見えてきた。運動不足の犬達は何時ものように大運動会を
繰り広げる。今日はめずらしく何時も受身のロン(茶色)がハナ(黒)を
挑発して噛み合ってじゃれあっている。


クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/26  ミステリセッティングリング  ジュエリー

今日は豪華なリングを御紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
ホワイトゴールドにプリンセスカットを爪が見えないように留めてあるリングです。
クリックすると元のサイズで表示します
プリンセスカット 1.91ct
ラウンドカット  0.27ct
クリックすると元のサイズで表示します
サイズ11番です。サイズ直しが難しいのでシンデレラリングとも・・

お問い合わせはメリンダ・ダイヤモンドまで

クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/26  金木犀  俳句

クリックすると元のサイズで表示します
金木犀の甘い香りがあちこちに秋の気配を深めます。
車で走っていてもその香りに思わず窓を開けてしまいます。
今日は朝から雨予報でカミさんは早くに犬の散歩と畑の大根とゴーヤを
採りいれてきた。大根は秋刀魚のオロシ他、千切りの甘酢漬け、味噌汁の具に
なんにでも重宝だ。ゴーヤはジューサーで青汁の変わりに使う他お馴染みの
ゴーヤチャンプルも美味しい。
9時ごろからの雨は本降りとなった。此れからも明日まで降り続くらしい。
今朝のNHKでは我が町大網白里町から健康番組を放映していたが
残りの3分しか見なかった。8月20日の大網アリーナの落成に合せ
収録したものだ。

  金木犀雨本降りとなりにけり

  金木犀をとこ素敵に老ゆるべし

クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/25  刈田に先祖の墓  俳句

クリックすると元のサイズで表示します
九十九里の田園はそのまま海へ続くのですが田圃の真中にご先祖の
お墓が祭られてある風景を良く見かけます。
豊作と安全のお守り墓のようです。
近所には屋敷墓も多く見られ古くからの農家が営々と続いているのが
判ります。そして農家は長屋門を構えるお屋敷も多く、
引っ越して来て九十九里にすみ始めた新住民と農家のお屋敷の旧住民、
漁業を営む人たちが混在しています。
新住民は東京への通勤のサラリーマン家庭やリタイア組等がいるようです。

  刈田中先祖の墓の鎮もれり

2006/9/24  壮心吟道大会  詩吟

クリックすると元のサイズで表示します
(社)日本吟道学院主催の日本吟道荘心大会が東京町屋ムーブで128人の
詩吟独吟大会が行われた。荘心とは65歳以上でなお心身とも意気軒昂な壮年をさす。
90歳以上の会員の方と80歳以上の会員の方がダイヤモンド賞、ゴールド賞で沢山の
方達が表彰された。聖路加病院の日野原先生の言う新老人ならぬ壮年が詩吟の
世界には沢山いる。我々若手は運営の裏方を勤め大会を盛り上げる。

 爽やかや吟者の背筋良く伸びて

クリックすると元のサイズで表示します
(社)日本吟道学院の最高顧問会沢先生がご逝去され昨日が通夜、今日が告別式でした。
人生の達人とはこの先生の為の言葉と言っていいほど多くの人に慕われ隣人を愛し
愛され、家業の喫茶店をつい先日まで蝶ネクタイを結びサイフォン珈琲を淹れていた。
毎朝3時に起き85歳の最近まで皇居の周りをジョギング、散歩し早朝より雨の日も
風の日も神田の珈琲店を開け営んでいた。
小生も清風会の独立時には相談に乗って貰いお知恵を頂いた。
慎んでご冥福をお祈りいたします。
合掌。

  金木犀珈琲淹れゐし師の逝けりfont>

2006/9/23  大原裸祭  俳句

クリックすると元のサイズで表示します
九十九里大原の裸祭沢山の神輿を上半身裸の老若男女が長い担ぎ棒を抱え
汐ふみと言う波打ち際の海に入って勇壮に神輿をもみ合います。

  汐ふみの裸神輿の押し出せり
クリックすると元のサイズで表示します
台風の影響で白波高く荒海である
浜辺には念のため救助のサーバー3人が待機している。
浜砂が風に舞って目が開けられない程に強い風が吹いている。

  荒波に裸神輿の揉み合へり
クリックすると元のサイズで表示します

  浦祭救援ダイバー待機せり
クリックすると元のサイズで表示します
 汐踏みの神輿百基の揉みにけり
クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/22  美田を買わず  詩吟

西郷南洲の作「美田を買わず」は今の世にも教訓として相応しい。
「幾たびか辛酸を歴(へ)て志初めて堅し、
 丈夫は玉砕するも甎全(せんぜん)を愧ず
 我家の遺法人知るや否や児孫の為に美田を買わず」

西郷はこの詩を人に示し「若しこの言に違いなば、西郷は言行相反したとして
見限られよ」と言ったとの事。
現世と我が身に置き換え大西郷の教えを肝に銘じたいもの。<img
西郷作の「天意を知れ」、「書懐」等声高らかに朗詠してゆく内に気が漲って行く。クリックすると元のサイズで表示します(散歩道)
クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/22  大地の恵みと秋刀魚  家庭菜園

クリックすると元のサイズで表示します
 
地の恵みを頂く何時もの夕餉、オグラを茹でポン酢であっさり、
夏大根のオロシ、胡瓜揉みにワカメ、カボチャ、ミニトマト、モロキュー、
秋刀魚は88円で少し小振りであったがまあまあ。
カボチャと胡瓜はお隣の畑のお裾分け、他は我が家の家庭菜園の恵み、
今年は胡瓜が上手く行かなかったが、隣の家では上手く出来ている。
大根は上々だ。

 秋刀魚喰ふ頭と尻尾残しけり

2006/9/22  新米  食事

9月21日
クリックすると元のサイズで表示します
詩吟の仲間の方より新米を頂いた。
地元に長く住む人で同じお米でも場所によって肥沃な土地柄と
まあまあの所では味が違うのだそうで、ここ九十九里でも
最も肥沃な土地で出来たお知り合いの米を前日に刈って
今朝挽いて貰った物を早速夕餉の卓に頂いた。
パン党の小生も新米の旨いのだけは判る。
理屈無しに旨い。
当分新米の美味しい晩飯が頂ける。

 新米に生産者の名印しあり

2006/9/20  安部総裁とタイのクーデター  時事

9月20日
クリックすると元のサイズで表示します
52歳の戦後生まれの総裁の誕生だ。
戦後生まれの自分達の世代は政治家やリーダーは皆我々より
年配の人たちと相場は決まっていた。
若い政治家の台頭、経済界では株式市場への新規上場会社の社長も
皆30代、40代時には20代と若くなっている。
自分の起業も25歳だったが、当時から若手と言われていたが、
あれから35年、もう古い人たちに分類されている立場だ。
クーデターの起きたタイは仏教国で日本人にとても親しみの深い国で
新婚旅行にも人気がある。
我々宝石業界とも絆は深い。ルビー、サファイア、ヒスイを始め
原石の輸入国でも有り、製品の工場進出している会社も多い。
政情の歴史はまだ開発途上なのかもしれないが、国を良くしようとする
クーデターの歴史で権力闘争の色彩が薄い。
安定した政情を取り戻して欲しいものだ。
これからがタイの気候のいい時期だけに。
安部政権には行政の改革と小さい政府を望みたい。
地方の経済文化が盛んになる文字通り美しい日本に尽力して貰いたいものだ。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/19  稲刈り  俳句

9月19日
クリックすると元のサイズで表示します
九十九里では稲刈りはほぼ終わりに近い。
8月末から始まり週末には稲刈りのピークとなる。
街道にも畦道にも稲車が止まっている。
その街道をまっすぐに行くと太平洋に出る。
九十九里はまさに豊の秋です。

  農耕車優先の道赤とんぼ

          稲車携帯電話鳴ってをり
クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/19  滝の音  俳句

9月19日
クリックすると元のサイズで表示します
 
  滝の音己励ますごとくなり

袋田の滝の前で詩吟仲間約150名で徳川斉昭の「水戸八景」を
大合吟したのは1年前になる。
詩吟をしている人達は長命でお元気な方が多い。
滝の名句に後藤夜半の次の句がある

  滝の上に水現れて落ちにけり(夜半)
                   (季語 滝(夏)

2006/9/18  愛犬の紹介  ペット

9月18日
クリックすると元のサイズで表示します
3年前に我が家の玄関の中で生まれたハナ(黒)とロンもう3歳になる
シェトランドシープドッグの姉妹犬。生まれた時から2匹は一緒に遊んでいる
黒のハナの方が自分が上だと凄みを利かせるがロンは何時も受身のおっとり型。
田舎町は家の近くに川土手も有り綱を放して遊ばせる。人懐っこい犬で誰にでも
なついて飛び跳ねて甘えるけど猫を見ると血相変えて吼え、追いかける。
羊追いのDNAなのだろう。
我が家の家族です。

クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/18  朝飯  食事

9月18日
クリックすると元のサイズで表示します
我が家の2人だけの朝飯の定番です。
1年中ほぼ同じ。メインは特製の青汁ジュース、この中に青汁2袋にバナナ1本と
ゴマ、黄な粉に牛乳である。バナナの甘みがあるので結構美味しい。
果物は年中リンゴに季節の果物少々、ヨーグルトは例の牛乳から作っているカスピ海
ヨーグルト、この中にカナダのメープルシロップを少々。パンは2分の1位。珈琲は
勿論ストレート。これで結構お腹一杯だ。
時には変った物をとは思わない。
50代もそろそろ終わりだ食事と健康には気を配りたい。




AutoPage最新お知らせ