にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2006/10/31  夕暮れの船溜り  日記



秋の夕暮れの入江の船溜りは静かです。
片貝海岸の入江には釣り船が沢山係留しています。朝は夜明け前の5時頃に
沢山の太公望を乗せ、片貝沖、太東沖へ出航し昼過ぎに帰って来ます。
以前よく乗った何隻かの馴染みの船の名も見えます。土、日曜日には午後から
出航の五目釣船も出ますが、平日は昼過ぎに漁を終え、帰って来て甲板、船体を洗われ、
夕方は人の気配も少なく、入江にはカモメが群れ飛び小魚が海面を群れ飛んでいます。
小さな入江にも24時間の顔がありますね。
朝の出航の期待を膨らました慌しい時間や、船宿の女将さん達がおにぎりとお茶で出迎えてくれる帰港の暖かい昼時があり、甲板に猫が居眠りする昼下りがあり、星月夜に照らされる深々とする夜も何れも趣があり、暮らしがありますね。
近くにはイワシ料理など美味しい漁師料理屋さんも沢山有ります。



  秋高し甲板に猫眠りけり

  秋夕焼け小魚跳ねゐる船溜り


近くには高村光太郎が「千鳥と遊ぶ智恵子」、「風に乗る智恵子」など著した
智恵子夫人が療養の為滞在した九十九里真亀地区に智恵子抄の詩碑が海辺に
建っています。



   鳥渡る海に向きゐる智恵子の碑



今晩から北海道、東北は冷え込むそうですね。

2006/10/31  夕暮れの船溜り  日記



秋の夕暮れの入江の船溜りは静かです。
片貝海岸の入江には釣り船が沢山係留しています。朝は夜明け前の5時頃に
沢山の太公望を乗せ、片貝沖、太東沖へ出航し昼過ぎに帰って来ます。
以前よく乗った何隻かの馴染みの船の名も見えます。土、日曜日には午後から
出航の五目釣船も出ますが、平日は昼過ぎに漁を終え、帰って来て甲板、船体を洗われ、
夕方は人の気配も少なく、入江にはカモメが群れ飛び小魚が海面を群れ飛んでいます。
小さな入江にも24時間の顔がありますね。
朝の出航の期待を膨らました慌しい時間や、船宿の女将さん達がおにぎりとお茶で出迎えてくれる帰港の暖かい昼時があり、甲板に猫が居眠りする昼下りがあり、星月夜に照らされる深々とする夜も何れも趣があり、暮らしがありますね。
近くにはイワシ料理など美味しい漁師料理屋さんも沢山有ります。



  秋高し甲板に猫眠りけり

  秋夕焼け小魚跳ねゐる船溜り


近くには高村光太郎が「千鳥と遊ぶ智恵子」、「風に乗る智恵子」など著した
智恵子夫人が療養の為滞在した九十九里真亀地区に智恵子抄の詩碑が海辺に
建っています。



   鳥渡る海に向きゐる智恵子の碑



今晩から北海道、東北は冷え込むそうですね。

2006/10/31  夕暮れの船溜り  日記



秋の夕暮れの入江の船溜りは静かです。
片貝海岸の入江には釣り船が沢山係留しています。朝は夜明け前の5時頃に
沢山の太公望を乗せ、片貝沖、太東沖へ出航し昼過ぎに帰って来ます。
以前よく乗った何隻かの馴染みの船の名も見えます。土、日曜日には午後から
出航の五目釣船も出ますが、平日は昼過ぎに漁を終え、帰って来て甲板、船体を洗われ、
夕方は人の気配も少なく、入江にはカモメが群れ飛び小魚が海面を群れ飛んでいます。
小さな入江にも24時間の顔がありますね。
朝の出航の期待を膨らました慌しい時間や、船宿の女将さん達がおにぎりとお茶で出迎えてくれる帰港の暖かい昼時があり、甲板に猫が居眠りする昼下りがあり、星月夜に照らされる深々とする夜も何れも趣があり、暮らしがありますね。
近くにはイワシ料理など美味しい漁師料理屋さんも沢山有ります。



  秋高し甲板に猫眠りけり

  秋夕焼け小魚跳ねゐる船溜り


近くには高村光太郎が「千鳥と遊ぶ智恵子」、「風に乗る智恵子」など著した
智恵子夫人が療養の為滞在した九十九里真亀地区に智恵子抄の詩碑が海辺に
建っています。



   鳥渡る海に向きゐる智恵子の碑



今晩から北海道、東北は冷え込むそうですね。

2006/10/31  夕暮れの船溜り  日記



秋の夕暮れの入江の船溜りは静かです。
片貝海岸の入江には釣り船が沢山係留しています。朝は夜明け前の5時頃に
沢山の太公望を乗せ、片貝沖、太東沖へ出航し昼過ぎに帰って来ます。
以前よく乗った何隻かの馴染みの船の名も見えます。土、日曜日には午後から
出航の五目釣船も出ますが、平日は昼過ぎに漁を終え、帰って来て甲板、船体を洗われ、
夕方は人の気配も少なく、入江にはカモメが群れ飛び小魚が海面を群れ飛んでいます。
小さな入江にも24時間の顔がありますね。
朝の出航の期待を膨らました慌しい時間や、船宿の女将さん達がおにぎりとお茶で出迎えてくれる帰港の暖かい昼時があり、甲板に猫が居眠りする昼下りがあり、星月夜に照らされる深々とする夜も何れも趣があり、暮らしがありますね。
近くにはイワシ料理など美味しい漁師料理屋さんも沢山有ります。



  秋高し甲板に猫眠りけり

  秋夕焼け小魚跳ねゐる船溜り


近くには高村光太郎が「千鳥と遊ぶ智恵子」、「風に乗る智恵子」など著した
智恵子夫人が療養の為滞在した九十九里真亀地区に智恵子抄の詩碑が海辺に
建っています。



   鳥渡る海に向きゐる智恵子の碑



今晩から北海道、東北は冷え込むそうですね。

2006/10/31  夕暮れの船溜り  日記



秋の夕暮れの入江の船溜りは静かです。
片貝海岸の入江には釣り船が沢山係留しています。朝は夜明け前の5時頃に
沢山の太公望を乗せ、片貝沖、太東沖へ出航し昼過ぎに帰って来ます。
以前よく乗った何隻かの馴染みの船の名も見えます。土、日曜日には午後から
出航の五目釣船も出ますが、平日は昼過ぎに漁を終え、帰って来て甲板、船体を洗われ、
夕方は人の気配も少なく、入江にはカモメが群れ飛び小魚が海面を群れ飛んでいます。
小さな入江にも24時間の顔がありますね。
朝の出航の期待を膨らました慌しい時間や、船宿の女将さん達がおにぎりとお茶で出迎えてくれる帰港の暖かい昼時があり、甲板に猫が居眠りする昼下りがあり、星月夜に照らされる深々とする夜も何れも趣があり、暮らしがありますね。
近くにはイワシ料理など美味しい漁師料理屋さんも沢山有ります。



  秋高し甲板に猫眠りけり

  秋夕焼け小魚跳ねゐる船溜り


近くには高村光太郎が「千鳥と遊ぶ智恵子」、「風に乗る智恵子」など著した
智恵子夫人が療養の為滞在した九十九里真亀地区に智恵子抄の詩碑が海辺に
建っています。



   鳥渡る海に向きゐる智恵子の碑



今晩から北海道、東北は冷え込むそうですね。

2006/10/31  夕暮れの船溜り  日記



秋の夕暮れの入江の船溜りは静かです。
片貝海岸の入江には釣り船が沢山係留しています。朝は夜明け前の5時頃に
沢山の太公望を乗せ、片貝沖、太東沖へ出航し昼過ぎに帰って来ます。
以前よく乗った何隻かの馴染みの船の名も見えます。土、日曜日には午後から
出航の五目釣船も出ますが、平日は昼過ぎに漁を終え、帰って来て甲板、船体を洗われ、
夕方は人の気配も少なく、入江にはカモメが群れ飛び小魚が海面を群れ飛んでいます。
小さな入江にも24時間の顔がありますね。
朝の出航の期待を膨らました慌しい時間や、船宿の女将さん達がおにぎりとお茶で出迎えてくれる帰港の暖かい昼時があり、甲板に猫が居眠りする昼下りがあり、星月夜に照らされる深々とする夜も何れも趣があり、暮らしがありますね。
近くにはイワシ料理など美味しい漁師料理屋さんも沢山有ります。



  秋高し甲板に猫眠りけり

  秋夕焼け小魚跳ねゐる船溜り


近くには高村光太郎が「千鳥と遊ぶ智恵子」、「風に乗る智恵子」など著した
智恵子夫人が療養の為滞在した九十九里真亀地区に智恵子抄の詩碑が海辺に
建っています。



   鳥渡る海に向きゐる智恵子の碑



今晩から北海道、東北は冷え込むそうですね。

2006/10/31  夕暮れの船溜り  日記



秋の夕暮れの入江の船溜りは静かです。
片貝海岸の入江には釣り船が沢山係留しています。朝は夜明け前の5時頃に
沢山の太公望を乗せ、片貝沖、太東沖へ出航し昼過ぎに帰って来ます。
以前よく乗った何隻かの馴染みの船の名も見えます。土、日曜日には午後から
出航の五目釣船も出ますが、平日は昼過ぎに漁を終え、帰って来て甲板、船体を洗われ、
夕方は人の気配も少なく、入江にはカモメが群れ飛び小魚が海面を群れ飛んでいます。
小さな入江にも24時間の顔がありますね。
朝の出航の期待を膨らました慌しい時間や、船宿の女将さん達がおにぎりとお茶で出迎えてくれる帰港の暖かい昼時があり、甲板に猫が居眠りする昼下りがあり、星月夜に照らされる深々とする夜も何れも趣があり、暮らしがありますね。
近くにはイワシ料理など美味しい漁師料理屋さんも沢山有ります。



  秋高し甲板に猫眠りけり

  秋夕焼け小魚跳ねゐる船溜り


近くには高村光太郎が「千鳥と遊ぶ智恵子」、「風に乗る智恵子」など著した
智恵子夫人が療養の為滞在した九十九里真亀地区に智恵子抄の詩碑が海辺に
建っています。



   鳥渡る海に向きゐる智恵子の碑



今晩から北海道、東北は冷え込むそうですね。

2006/10/31  夕暮れの船溜り  日記



秋の夕暮れの入江の船溜りは静かです。
片貝海岸の入江には釣り船が沢山係留しています。朝は夜明け前の5時頃に
沢山の太公望を乗せ、片貝沖、太東沖へ出航し昼過ぎに帰って来ます。
以前よく乗った何隻かの馴染みの船の名も見えます。土、日曜日には午後から
出航の五目釣船も出ますが、平日は昼過ぎに漁を終え、帰って来て甲板、船体を洗われ、
夕方は人の気配も少なく、入江にはカモメが群れ飛び小魚が海面を群れ飛んでいます。
小さな入江にも24時間の顔がありますね。
朝の出航の期待を膨らました慌しい時間や、船宿の女将さん達がおにぎりとお茶で出迎えてくれる帰港の暖かい昼時があり、甲板に猫が居眠りする昼下りがあり、星月夜に照らされる深々とする夜も何れも趣があり、暮らしがありますね。
近くにはイワシ料理など美味しい漁師料理屋さんも沢山有ります。



  秋高し甲板に猫眠りけり

  秋夕焼け小魚跳ねゐる船溜り


近くには高村光太郎が「千鳥と遊ぶ智恵子」、「風に乗る智恵子」など著した
智恵子夫人が療養の為滞在した九十九里真亀地区に智恵子抄の詩碑が海辺に
建っています。



   鳥渡る海に向きゐる智恵子の碑



今晩から北海道、東北は冷え込むそうですね。

2006/10/31  夕暮れの船溜り  日記

クリックすると元のサイズで表示します

秋の夕暮れの入江の船溜りは静かです。
片貝海岸の入江には釣り船が沢山係留しています。朝は夜明け前の5時頃に
沢山の太公望を乗せ、片貝沖、太東沖へ出航し昼過ぎに帰って来ます。
以前よく乗った何隻かの馴染みの船の名も見えます。土、日曜日には午後から
出航の五目釣船も出ますが、平日は昼過ぎに漁を終え、帰って来て甲板、船体を洗われ、
夕方は人の気配も少なく、入江にはカモメが群れ飛び小魚が海面を群れ飛んでいます。
小さな入江にも24時間の顔がありますね。
朝の出航の期待を膨らました慌しい時間や、船宿の女将さん達がおにぎりとお茶で出迎えてくれる帰港の暖かい昼時があり、甲板に猫が居眠りする昼下りがあり、星月夜に照らされる深々とする夜も何れも趣があり、暮らしがありますね。
近くにはイワシ料理など美味しい漁師料理屋さんも沢山有ります。

クリックすると元のサイズで表示します

  秋高し甲板に猫眠りけり

  秋夕焼け小魚跳ねゐる船溜り


近くには高村光太郎が「千鳥と遊ぶ智恵子」、「風に乗る智恵子」など著した
智恵子夫人が療養の為滞在した九十九里真亀地区に智恵子抄の詩碑が海辺に
建っています。

クリックすると元のサイズで表示します

   鳥渡る海に向きゐる智恵子の碑

クリックすると元のサイズで表示します

今晩から北海道、東北は冷え込むそうですね。

2006/10/30  造り滝の紅葉  エッセイ



市原市のゴルフ場の造り滝に少し色づき始めた紅葉です。
この先に養老渓谷がありますがこんなものです。週末は渋滞を嫌って紅葉狩りには
出掛けず九十九里を南下してドライブしてましたが、山の中も又空気が良いものです。



茶店には茶釜でお茶を点て、ちょとした野点気分にさせてくれる。

  薄紅葉商い忘る野点かな


2006/10/30  造り滝の紅葉  エッセイ



市原市のゴルフ場の造り滝に少し色づき始めた紅葉です。
この先に養老渓谷がありますがこんなものです。週末は渋滞を嫌って紅葉狩りには
出掛けず九十九里を南下してドライブしてましたが、山の中も又空気が良いものです。



茶店には茶釜でお茶を点て、ちょとした野点気分にさせてくれる。

  薄紅葉商い忘る野点かな


2006/10/30  造り滝の紅葉  エッセイ



市原市のゴルフ場の造り滝に少し色づき始めた紅葉です。
この先に養老渓谷がありますがこんなものです。週末は渋滞を嫌って紅葉狩りには
出掛けず九十九里を南下してドライブしてましたが、山の中も又空気が良いものです。



茶店には茶釜でお茶を点て、ちょとした野点気分にさせてくれる。

  薄紅葉商い忘る野点かな


2006/10/30  造り滝の紅葉  エッセイ



市原市のゴルフ場の造り滝に少し色づき始めた紅葉です。
この先に養老渓谷がありますがこんなものです。週末は渋滞を嫌って紅葉狩りには
出掛けず九十九里を南下してドライブしてましたが、山の中も又空気が良いものです。



茶店には茶釜でお茶を点て、ちょとした野点気分にさせてくれる。

  薄紅葉商い忘る野点かな


2006/10/30  造り滝の紅葉  エッセイ



市原市のゴルフ場の造り滝に少し色づき始めた紅葉です。
この先に養老渓谷がありますがこんなものです。週末は渋滞を嫌って紅葉狩りには
出掛けず九十九里を南下してドライブしてましたが、山の中も又空気が良いものです。



茶店には茶釜でお茶を点て、ちょとした野点気分にさせてくれる。

  薄紅葉商い忘る野点かな


2006/10/30  造り滝の紅葉  エッセイ



市原市のゴルフ場の造り滝に少し色づき始めた紅葉です。
この先に養老渓谷がありますがこんなものです。週末は渋滞を嫌って紅葉狩りには
出掛けず九十九里を南下してドライブしてましたが、山の中も又空気が良いものです。



茶店には茶釜でお茶を点て、ちょとした野点気分にさせてくれる。

  薄紅葉商い忘る野点かな





AutoPage最新お知らせ