にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2006/11/8  千の風になって  エッセイ

クリックすると元のサイズで表示します

千の風になって    作者不詳  新井満 訳

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています
あの大きな空を
吹きわたっています

クリックすると元のサイズで表示します

一昨日の月曜日NHKハイビジョンで9時からドキュメンタリードラマ風の
「千の風になって」の放映があった。久々見ごたえのある番組でした。
これは大切な人を亡くした深い悲しみを癒すような上掲の「詩」が嘱目です。
アメリカの同時テロの一周忌に少女が朗読したり、マリリンモンローの追悼式に
詠まれたり、アイルランドの青年が24歳でテロ事件で亡くなられた時、
両親に宛自分が死んだらこの封筒を開けてくださいと残した封筒にこの「詩」が
入っていたそうです。
母の周忌を修したばかりなのか大変感動的な「詩」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

 海へ出て風は何処へ今朝の冬

  畑鋤きて小春の風に吹かれけり




AutoPage最新お知らせ