にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2006/11/30  勧学の文  詩吟

クリックすると元のサイズで表示します

 勧学の文

謂うなかれ今日学ばずして来日ありと謂うなかれ今年学ばずして来年ありと

日月逝きぬ歳我を延さず嗚呼老いたり是れ誰の過ちぞや
 

中国の漢詩家「朱熹」の勧学の詩ですが歳をとって後悔しないように、今日という
一日を大事にして勉学にいそしむべき事を教えた教訓詩です。
こういう「詩」を吟じて今日も怠惰な我が心を叱咤激励する事とします。

  還暦の日記綴るや冬の月

クリックすると元のサイズで表示します

昨日のNHKの「そのとき歴史は動いた」では漢詩の菅原道真とひらがな文化の
古今和歌集の編纂をした藤原時平を対象とした番組を放送していましたが、小生には
漢詩により多くの名詩、教訓があるように思われますが我田引水でしょうか?
それにしても学校教育から漢詩が無くなったのは寂しい事です。
情操を豊に広い心を持つ教育こそ必要な気がしますが。如何な物でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

NYのロックフェラーセンターのクリスマスツリーに灯が点ったそうです。
十一月も終わり、明日から師走ですね。

  聖樹点り紐育遠くなりにけり




AutoPage最新お知らせ