にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2007/6/30  偲ぶ会  日記



先月亡くなった同級生を「偲ぶ会」をお台場日航ホテルの「唐宮」で在京の
11名と奥さんを亡くしたご主人の12名で在りし日の友を偲んだ。

           

レインボーブリッジの見えるお台場を選んだのは、新しい活気のある若い町で
亡き人を偲び、お互いのこれからの力としようとの試みがありました。



幸いにも亡き人のご主人にご参加を頂き、ご夫婦の37年の結婚生活の思い出を話を
して頂きとても良い「偲ぶ会」となりました。

          

   亡き人を終の別れと弔えど

      こころは消えずありしおもかげ

                内柴御風



2007/6/30  偲ぶ会  日記



先月亡くなった同級生を「偲ぶ会」をお台場日航ホテルの「唐宮」で在京の
11名と奥さんを亡くしたご主人の12名で在りし日の友を偲んだ。

           

レインボーブリッジの見えるお台場を選んだのは、新しい活気のある若い町で
亡き人を偲び、お互いのこれからの力としようとの試みがありました。



幸いにも亡き人のご主人にご参加を頂き、ご夫婦の37年の結婚生活の思い出を話を
して頂きとても良い「偲ぶ会」となりました。

          

   亡き人を終の別れと弔えど

      こころは消えずありしおもかげ

                内柴御風



2007/6/30  偲ぶ会  日記



先月亡くなった同級生を「偲ぶ会」をお台場日航ホテルの「唐宮」で在京の
11名と奥さんを亡くしたご主人の12名で在りし日の友を偲んだ。

           

レインボーブリッジの見えるお台場を選んだのは、新しい活気のある若い町で
亡き人を偲び、お互いのこれからの力としようとの試みがありました。



幸いにも亡き人のご主人にご参加を頂き、ご夫婦の37年の結婚生活の思い出を話を
して頂きとても良い「偲ぶ会」となりました。

          

   亡き人を終の別れと弔えど

      こころは消えずありしおもかげ

                内柴御風



2007/6/30  偲ぶ会  日記



先月亡くなった同級生を「偲ぶ会」をお台場日航ホテルの「唐宮」で在京の
11名と奥さんを亡くしたご主人の12名で在りし日の友を偲んだ。

           

レインボーブリッジの見えるお台場を選んだのは、新しい活気のある若い町で
亡き人を偲び、お互いのこれからの力としようとの試みがありました。



幸いにも亡き人のご主人にご参加を頂き、ご夫婦の37年の結婚生活の思い出を話を
して頂きとても良い「偲ぶ会」となりました。

          

   亡き人を終の別れと弔えど

      こころは消えずありしおもかげ

                内柴御風



2007/6/30  偲ぶ会  日記



先月亡くなった同級生を「偲ぶ会」をお台場日航ホテルの「唐宮」で在京の
11名と奥さんを亡くしたご主人の12名で在りし日の友を偲んだ。

           

レインボーブリッジの見えるお台場を選んだのは、新しい活気のある若い町で
亡き人を偲び、お互いのこれからの力としようとの試みがありました。



幸いにも亡き人のご主人にご参加を頂き、ご夫婦の37年の結婚生活の思い出を話を
して頂きとても良い「偲ぶ会」となりました。

          

   亡き人を終の別れと弔えど

      こころは消えずありしおもかげ

                内柴御風



2007/6/30  偲ぶ会  日記



先月亡くなった同級生を「偲ぶ会」をお台場日航ホテルの「唐宮」で在京の
11名と奥さんを亡くしたご主人の12名で在りし日の友を偲んだ。

           

レインボーブリッジの見えるお台場を選んだのは、新しい活気のある若い町で
亡き人を偲び、お互いのこれからの力としようとの試みがありました。



幸いにも亡き人のご主人にご参加を頂き、ご夫婦の37年の結婚生活の思い出を話を
して頂きとても良い「偲ぶ会」となりました。

          

   亡き人を終の別れと弔えど

      こころは消えずありしおもかげ

                内柴御風



2007/6/30  偲ぶ会  日記



先月亡くなった同級生を「偲ぶ会」をお台場日航ホテルの「唐宮」で在京の
11名と奥さんを亡くしたご主人の12名で在りし日の友を偲んだ。

           

レインボーブリッジの見えるお台場を選んだのは、新しい活気のある若い町で
亡き人を偲び、お互いのこれからの力としようとの試みがありました。



幸いにも亡き人のご主人にご参加を頂き、ご夫婦の37年の結婚生活の思い出を話を
して頂きとても良い「偲ぶ会」となりました。

          

   亡き人を終の別れと弔えど

      こころは消えずありしおもかげ

                内柴御風



2007/6/30  偲ぶ会  日記



先月亡くなった同級生を「偲ぶ会」をお台場日航ホテルの「唐宮」で在京の
11名と奥さんを亡くしたご主人の12名で在りし日の友を偲んだ。

           

レインボーブリッジの見えるお台場を選んだのは、新しい活気のある若い町で
亡き人を偲び、お互いのこれからの力としようとの試みがありました。



幸いにも亡き人のご主人にご参加を頂き、ご夫婦の37年の結婚生活の思い出を話を
して頂きとても良い「偲ぶ会」となりました。

          

   亡き人を終の別れと弔えど

      こころは消えずありしおもかげ

                内柴御風



2007/6/30  偲ぶ会  日記

クリックすると元のサイズで表示します

先月亡くなった同級生を「偲ぶ会」をお台場日航ホテルの「唐宮」で在京の
11名と奥さんを亡くしたご主人の12名で在りし日の友を偲んだ。

           クリックすると元のサイズで表示します

レインボーブリッジの見えるお台場を選んだのは、新しい活気のある若い町で
亡き人を偲び、お互いのこれからの力としようとの試みがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

幸いにも亡き人のご主人にご参加を頂き、ご夫婦の37年の結婚生活の思い出を話を
して頂きとても良い「偲ぶ会」となりました。

          クリックすると元のサイズで表示します

   亡き人を終の別れと弔えど

      こころは消えずありしおもかげ

                内柴御風


クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/29  立葵  四季の草花



夏の花立葵があちこちの庭に畑に綺麗な立ち姿です。

          

葵」とはふつうこの「立葵」のことを 指すらしい(葉がどんどん太陽の方に
向かうのところから「あうひ」(仰日)の意味のようだ。



京都で毎年5月15日に行われる 「葵祭り(あおいまつり)」の「葵」は
この立葵ではなくて、江戸徳川家の紋所 として知られる「双葉葵(ふたばあおい)」
という名の草だそうです。




2007/6/29  立葵  四季の草花



夏の花立葵があちこちの庭に畑に綺麗な立ち姿です。

          

葵」とはふつうこの「立葵」のことを 指すらしい(葉がどんどん太陽の方に
向かうのところから「あうひ」(仰日)の意味のようだ。



京都で毎年5月15日に行われる 「葵祭り(あおいまつり)」の「葵」は
この立葵ではなくて、江戸徳川家の紋所 として知られる「双葉葵(ふたばあおい)」
という名の草だそうです。




2007/6/29  立葵  四季の草花



夏の花立葵があちこちの庭に畑に綺麗な立ち姿です。

          

葵」とはふつうこの「立葵」のことを 指すらしい(葉がどんどん太陽の方に
向かうのところから「あうひ」(仰日)の意味のようだ。



京都で毎年5月15日に行われる 「葵祭り(あおいまつり)」の「葵」は
この立葵ではなくて、江戸徳川家の紋所 として知られる「双葉葵(ふたばあおい)」
という名の草だそうです。




2007/6/29  立葵  四季の草花



夏の花立葵があちこちの庭に畑に綺麗な立ち姿です。

          

葵」とはふつうこの「立葵」のことを 指すらしい(葉がどんどん太陽の方に
向かうのところから「あうひ」(仰日)の意味のようだ。



京都で毎年5月15日に行われる 「葵祭り(あおいまつり)」の「葵」は
この立葵ではなくて、江戸徳川家の紋所 として知られる「双葉葵(ふたばあおい)」
という名の草だそうです。




2007/6/29  立葵  四季の草花



夏の花立葵があちこちの庭に畑に綺麗な立ち姿です。

          

葵」とはふつうこの「立葵」のことを 指すらしい(葉がどんどん太陽の方に
向かうのところから「あうひ」(仰日)の意味のようだ。



京都で毎年5月15日に行われる 「葵祭り(あおいまつり)」の「葵」は
この立葵ではなくて、江戸徳川家の紋所 として知られる「双葉葵(ふたばあおい)」
という名の草だそうです。




2007/6/29  立葵  四季の草花



夏の花立葵があちこちの庭に畑に綺麗な立ち姿です。

          

葵」とはふつうこの「立葵」のことを 指すらしい(葉がどんどん太陽の方に
向かうのところから「あうひ」(仰日)の意味のようだ。



京都で毎年5月15日に行われる 「葵祭り(あおいまつり)」の「葵」は
この立葵ではなくて、江戸徳川家の紋所 として知られる「双葉葵(ふたばあおい)」
という名の草だそうです。







AutoPage最新お知らせ