にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2009/7/30  ダイヤモンドリング  エッセイ



一週間前の皆既日食、硫黄島からの中継が美しく、社内ではみんな暫し

仕事の手を留めて、天然ショーを見入った物でした。

太陽がすっぽりと月の影に入り真っ黒な太陽となり、急に暗くなり

コロナ現象が現れ、太陽の縁取りがリングのようになり、月の窪みを映して、リングの上にダイヤモンドが留まったような、

所謂「ダイヤモンドリング」と呼ばれる美しさに大勢の人達が息を飲む。

     

30分ほどの宇宙の天然ショーを見ながら、静かにダイヤモンドビジネスに

身を投じた37年前の、当時25歳の頃からのさまざまな歴史が思い起された

ものでした。香港、ニューヨーク,イスラエルと海外路線を敷き、

出稼ぎのように世界を飛び廻った30代から40代、円熟してきた50代、

母親の介護に「セミリタイヤ」し、畑仕事に転じた50代後半、

再び復帰して第一線に戻った60代、叉時代はオイルショックの後の昭和48年、

ダイヤモンドがブームとなった55年頃、ダイヤモンドの1ct、3ctが売れ始めた

58年から昭和天皇の重病期の華美、祝い事を慎んだ世相、

平成となってバブル景気に湧いた日本列島、そしてバブル崩壊、

為替も260円の頃から、140円そして179円、NYプラザ合意から始まった一気の円高は

79円をまで進み、その後に130円台に戻し叉89円までの円高から5円の現在、

1990年頃からのバブル崩壊とデフレ経済に落ちていった失われた10年、

立ち直った後のITバブル、経済が立ち直り、平成の好景気を迎え、

そして昨年のリーマンショックからの世界同時不況と走馬灯の如く思い出される。

その間に同業の仲間業者も鬼籍に入ったり、引退したり、NYの会社の盟友であった

A女子も今年になって彼岸の人となり、イスラエルの会社のパートナーも引退した。

昔は2万軒は有った日本の宝石小売店の数も今や8千軒、

弊社のダイヤモンド輸入業は輸出業に変わり、

卸売業は買取業に業態も大きく比重が変わり、

今や宝石はネットで販売する時代に変りつつある。

皆既日食の天然ショー「ダイヤモンドリング」を見ながら,そして後日に思わず

走馬灯として過るのでした。

 * 三十七年 浮き沈みあり 走馬灯 

 * 戦友と 呼びゐし人あり 走馬灯


  


2009/7/30  ダイヤモンドリング  エッセイ



一週間前の皆既日食、硫黄島からの中継が美しく、社内ではみんな暫し

仕事の手を留めて、天然ショーを見入った物でした。

太陽がすっぽりと月の影に入り真っ黒な太陽となり、急に暗くなり

コロナ現象が現れ、太陽の縁取りがリングのようになり、月の窪みを映して、リングの上にダイヤモンドが留まったような、

所謂「ダイヤモンドリング」と呼ばれる美しさに大勢の人達が息を飲む。

     

30分ほどの宇宙の天然ショーを見ながら、静かにダイヤモンドビジネスに

身を投じた37年前の、当時25歳の頃からのさまざまな歴史が思い起された

ものでした。香港、ニューヨーク,イスラエルと海外路線を敷き、

出稼ぎのように世界を飛び廻った30代から40代、円熟してきた50代、

母親の介護に「セミリタイヤ」し、畑仕事に転じた50代後半、

再び復帰して第一線に戻った60代、叉時代はオイルショックの後の昭和48年、

ダイヤモンドがブームとなった55年頃、ダイヤモンドの1ct、3ctが売れ始めた

58年から昭和天皇の重病期の華美、祝い事を慎んだ世相、

平成となってバブル景気に湧いた日本列島、そしてバブル崩壊、

為替も260円の頃から、140円そして179円、NYプラザ合意から始まった一気の円高は

79円をまで進み、その後に130円台に戻し叉89円までの円高から5円の現在、

1990年頃からのバブル崩壊とデフレ経済に落ちていった失われた10年、

立ち直った後のITバブル、経済が立ち直り、平成の好景気を迎え、

そして昨年のリーマンショックからの世界同時不況と走馬灯の如く思い出される。

その間に同業の仲間業者も鬼籍に入ったり、引退したり、NYの会社の盟友であった

A女子も今年になって彼岸の人となり、イスラエルの会社のパートナーも引退した。

昔は2万軒は有った日本の宝石小売店の数も今や8千軒、

弊社のダイヤモンド輸入業は輸出業に変わり、

卸売業は買取業に業態も大きく比重が変わり、

今や宝石はネットで販売する時代に変りつつある。

皆既日食の天然ショー「ダイヤモンドリング」を見ながら,そして後日に思わず

走馬灯として過るのでした。

 * 三十七年 浮き沈みあり 走馬灯 

 * 戦友と 呼びゐし人あり 走馬灯


  


2009/7/30  ダイヤモンドリング  エッセイ



一週間前の皆既日食、硫黄島からの中継が美しく、社内ではみんな暫し

仕事の手を留めて、天然ショーを見入った物でした。

太陽がすっぽりと月の影に入り真っ黒な太陽となり、急に暗くなり

コロナ現象が現れ、太陽の縁取りがリングのようになり、月の窪みを映して、リングの上にダイヤモンドが留まったような、

所謂「ダイヤモンドリング」と呼ばれる美しさに大勢の人達が息を飲む。

     

30分ほどの宇宙の天然ショーを見ながら、静かにダイヤモンドビジネスに

身を投じた37年前の、当時25歳の頃からのさまざまな歴史が思い起された

ものでした。香港、ニューヨーク,イスラエルと海外路線を敷き、

出稼ぎのように世界を飛び廻った30代から40代、円熟してきた50代、

母親の介護に「セミリタイヤ」し、畑仕事に転じた50代後半、

再び復帰して第一線に戻った60代、叉時代はオイルショックの後の昭和48年、

ダイヤモンドがブームとなった55年頃、ダイヤモンドの1ct、3ctが売れ始めた

58年から昭和天皇の重病期の華美、祝い事を慎んだ世相、

平成となってバブル景気に湧いた日本列島、そしてバブル崩壊、

為替も260円の頃から、140円そして179円、NYプラザ合意から始まった一気の円高は

79円をまで進み、その後に130円台に戻し叉89円までの円高から5円の現在、

1990年頃からのバブル崩壊とデフレ経済に落ちていった失われた10年、

立ち直った後のITバブル、経済が立ち直り、平成の好景気を迎え、

そして昨年のリーマンショックからの世界同時不況と走馬灯の如く思い出される。

その間に同業の仲間業者も鬼籍に入ったり、引退したり、NYの会社の盟友であった

A女子も今年になって彼岸の人となり、イスラエルの会社のパートナーも引退した。

昔は2万軒は有った日本の宝石小売店の数も今や8千軒、

弊社のダイヤモンド輸入業は輸出業に変わり、

卸売業は買取業に業態も大きく比重が変わり、

今や宝石はネットで販売する時代に変りつつある。

皆既日食の天然ショー「ダイヤモンドリング」を見ながら,そして後日に思わず

走馬灯として過るのでした。

 * 三十七年 浮き沈みあり 走馬灯 

 * 戦友と 呼びゐし人あり 走馬灯


  


2009/7/30  ダイヤモンドリング  エッセイ



一週間前の皆既日食、硫黄島からの中継が美しく、社内ではみんな暫し

仕事の手を留めて、天然ショーを見入った物でした。

太陽がすっぽりと月の影に入り真っ黒な太陽となり、急に暗くなり

コロナ現象が現れ、太陽の縁取りがリングのようになり、月の窪みを映して、リングの上にダイヤモンドが留まったような、

所謂「ダイヤモンドリング」と呼ばれる美しさに大勢の人達が息を飲む。

     

30分ほどの宇宙の天然ショーを見ながら、静かにダイヤモンドビジネスに

身を投じた37年前の、当時25歳の頃からのさまざまな歴史が思い起された

ものでした。香港、ニューヨーク,イスラエルと海外路線を敷き、

出稼ぎのように世界を飛び廻った30代から40代、円熟してきた50代、

母親の介護に「セミリタイヤ」し、畑仕事に転じた50代後半、

再び復帰して第一線に戻った60代、叉時代はオイルショックの後の昭和48年、

ダイヤモンドがブームとなった55年頃、ダイヤモンドの1ct、3ctが売れ始めた

58年から昭和天皇の重病期の華美、祝い事を慎んだ世相、

平成となってバブル景気に湧いた日本列島、そしてバブル崩壊、

為替も260円の頃から、140円そして179円、NYプラザ合意から始まった一気の円高は

79円をまで進み、その後に130円台に戻し叉89円までの円高から5円の現在、

1990年頃からのバブル崩壊とデフレ経済に落ちていった失われた10年、

立ち直った後のITバブル、経済が立ち直り、平成の好景気を迎え、

そして昨年のリーマンショックからの世界同時不況と走馬灯の如く思い出される。

その間に同業の仲間業者も鬼籍に入ったり、引退したり、NYの会社の盟友であった

A女子も今年になって彼岸の人となり、イスラエルの会社のパートナーも引退した。

昔は2万軒は有った日本の宝石小売店の数も今や8千軒、

弊社のダイヤモンド輸入業は輸出業に変わり、

卸売業は買取業に業態も大きく比重が変わり、

今や宝石はネットで販売する時代に変りつつある。

皆既日食の天然ショー「ダイヤモンドリング」を見ながら,そして後日に思わず

走馬灯として過るのでした。

 * 三十七年 浮き沈みあり 走馬灯 

 * 戦友と 呼びゐし人あり 走馬灯


  


2009/7/30  ダイヤモンドリング  エッセイ



一週間前の皆既日食、硫黄島からの中継が美しく、社内ではみんな暫し

仕事の手を留めて、天然ショーを見入った物でした。

太陽がすっぽりと月の影に入り真っ黒な太陽となり、急に暗くなり

コロナ現象が現れ、太陽の縁取りがリングのようになり、月の窪みを映して、リングの上にダイヤモンドが留まったような、

所謂「ダイヤモンドリング」と呼ばれる美しさに大勢の人達が息を飲む。

     

30分ほどの宇宙の天然ショーを見ながら、静かにダイヤモンドビジネスに

身を投じた37年前の、当時25歳の頃からのさまざまな歴史が思い起された

ものでした。香港、ニューヨーク,イスラエルと海外路線を敷き、

出稼ぎのように世界を飛び廻った30代から40代、円熟してきた50代、

母親の介護に「セミリタイヤ」し、畑仕事に転じた50代後半、

再び復帰して第一線に戻った60代、叉時代はオイルショックの後の昭和48年、

ダイヤモンドがブームとなった55年頃、ダイヤモンドの1ct、3ctが売れ始めた

58年から昭和天皇の重病期の華美、祝い事を慎んだ世相、

平成となってバブル景気に湧いた日本列島、そしてバブル崩壊、

為替も260円の頃から、140円そして179円、NYプラザ合意から始まった一気の円高は

79円をまで進み、その後に130円台に戻し叉89円までの円高から5円の現在、

1990年頃からのバブル崩壊とデフレ経済に落ちていった失われた10年、

立ち直った後のITバブル、経済が立ち直り、平成の好景気を迎え、

そして昨年のリーマンショックからの世界同時不況と走馬灯の如く思い出される。

その間に同業の仲間業者も鬼籍に入ったり、引退したり、NYの会社の盟友であった

A女子も今年になって彼岸の人となり、イスラエルの会社のパートナーも引退した。

昔は2万軒は有った日本の宝石小売店の数も今や8千軒、

弊社のダイヤモンド輸入業は輸出業に変わり、

卸売業は買取業に業態も大きく比重が変わり、

今や宝石はネットで販売する時代に変りつつある。

皆既日食の天然ショー「ダイヤモンドリング」を見ながら,そして後日に思わず

走馬灯として過るのでした。

 * 三十七年 浮き沈みあり 走馬灯 

 * 戦友と 呼びゐし人あり 走馬灯


  


2009/7/30  ダイヤモンドリング  エッセイ



一週間前の皆既日食、硫黄島からの中継が美しく、社内ではみんな暫し

仕事の手を留めて、天然ショーを見入った物でした。

太陽がすっぽりと月の影に入り真っ黒な太陽となり、急に暗くなり

コロナ現象が現れ、太陽の縁取りがリングのようになり、月の窪みを映して、リングの上にダイヤモンドが留まったような、

所謂「ダイヤモンドリング」と呼ばれる美しさに大勢の人達が息を飲む。

     

30分ほどの宇宙の天然ショーを見ながら、静かにダイヤモンドビジネスに

身を投じた37年前の、当時25歳の頃からのさまざまな歴史が思い起された

ものでした。香港、ニューヨーク,イスラエルと海外路線を敷き、

出稼ぎのように世界を飛び廻った30代から40代、円熟してきた50代、

母親の介護に「セミリタイヤ」し、畑仕事に転じた50代後半、

再び復帰して第一線に戻った60代、叉時代はオイルショックの後の昭和48年、

ダイヤモンドがブームとなった55年頃、ダイヤモンドの1ct、3ctが売れ始めた

58年から昭和天皇の重病期の華美、祝い事を慎んだ世相、

平成となってバブル景気に湧いた日本列島、そしてバブル崩壊、

為替も260円の頃から、140円そして179円、NYプラザ合意から始まった一気の円高は

79円をまで進み、その後に130円台に戻し叉89円までの円高から5円の現在、

1990年頃からのバブル崩壊とデフレ経済に落ちていった失われた10年、

立ち直った後のITバブル、経済が立ち直り、平成の好景気を迎え、

そして昨年のリーマンショックからの世界同時不況と走馬灯の如く思い出される。

その間に同業の仲間業者も鬼籍に入ったり、引退したり、NYの会社の盟友であった

A女子も今年になって彼岸の人となり、イスラエルの会社のパートナーも引退した。

昔は2万軒は有った日本の宝石小売店の数も今や8千軒、

弊社のダイヤモンド輸入業は輸出業に変わり、

卸売業は買取業に業態も大きく比重が変わり、

今や宝石はネットで販売する時代に変りつつある。

皆既日食の天然ショー「ダイヤモンドリング」を見ながら,そして後日に思わず

走馬灯として過るのでした。

 * 三十七年 浮き沈みあり 走馬灯 

 * 戦友と 呼びゐし人あり 走馬灯


  


2009/7/30  ダイヤモンドリング  エッセイ



一週間前の皆既日食、硫黄島からの中継が美しく、社内ではみんな暫し

仕事の手を留めて、天然ショーを見入った物でした。

太陽がすっぽりと月の影に入り真っ黒な太陽となり、急に暗くなり

コロナ現象が現れ、太陽の縁取りがリングのようになり、月の窪みを映して、リングの上にダイヤモンドが留まったような、

所謂「ダイヤモンドリング」と呼ばれる美しさに大勢の人達が息を飲む。

     

30分ほどの宇宙の天然ショーを見ながら、静かにダイヤモンドビジネスに

身を投じた37年前の、当時25歳の頃からのさまざまな歴史が思い起された

ものでした。香港、ニューヨーク,イスラエルと海外路線を敷き、

出稼ぎのように世界を飛び廻った30代から40代、円熟してきた50代、

母親の介護に「セミリタイヤ」し、畑仕事に転じた50代後半、

再び復帰して第一線に戻った60代、叉時代はオイルショックの後の昭和48年、

ダイヤモンドがブームとなった55年頃、ダイヤモンドの1ct、3ctが売れ始めた

58年から昭和天皇の重病期の華美、祝い事を慎んだ世相、

平成となってバブル景気に湧いた日本列島、そしてバブル崩壊、

為替も260円の頃から、140円そして179円、NYプラザ合意から始まった一気の円高は

79円をまで進み、その後に130円台に戻し叉89円までの円高から5円の現在、

1990年頃からのバブル崩壊とデフレ経済に落ちていった失われた10年、

立ち直った後のITバブル、経済が立ち直り、平成の好景気を迎え、

そして昨年のリーマンショックからの世界同時不況と走馬灯の如く思い出される。

その間に同業の仲間業者も鬼籍に入ったり、引退したり、NYの会社の盟友であった

A女子も今年になって彼岸の人となり、イスラエルの会社のパートナーも引退した。

昔は2万軒は有った日本の宝石小売店の数も今や8千軒、

弊社のダイヤモンド輸入業は輸出業に変わり、

卸売業は買取業に業態も大きく比重が変わり、

今や宝石はネットで販売する時代に変りつつある。

皆既日食の天然ショー「ダイヤモンドリング」を見ながら,そして後日に思わず

走馬灯として過るのでした。

 * 三十七年 浮き沈みあり 走馬灯 

 * 戦友と 呼びゐし人あり 走馬灯


  


2009/7/30  ダイヤモンドリング  エッセイ



一週間前の皆既日食、硫黄島からの中継が美しく、社内ではみんな暫し

仕事の手を留めて、天然ショーを見入った物でした。

太陽がすっぽりと月の影に入り真っ黒な太陽となり、急に暗くなり

コロナ現象が現れ、太陽の縁取りがリングのようになり、月の窪みを映して、リングの上にダイヤモンドが留まったような、

所謂「ダイヤモンドリング」と呼ばれる美しさに大勢の人達が息を飲む。

     

30分ほどの宇宙の天然ショーを見ながら、静かにダイヤモンドビジネスに

身を投じた37年前の、当時25歳の頃からのさまざまな歴史が思い起された

ものでした。香港、ニューヨーク,イスラエルと海外路線を敷き、

出稼ぎのように世界を飛び廻った30代から40代、円熟してきた50代、

母親の介護に「セミリタイヤ」し、畑仕事に転じた50代後半、

再び復帰して第一線に戻った60代、叉時代はオイルショックの後の昭和48年、

ダイヤモンドがブームとなった55年頃、ダイヤモンドの1ct、3ctが売れ始めた

58年から昭和天皇の重病期の華美、祝い事を慎んだ世相、

平成となってバブル景気に湧いた日本列島、そしてバブル崩壊、

為替も260円の頃から、140円そして179円、NYプラザ合意から始まった一気の円高は

79円をまで進み、その後に130円台に戻し叉89円までの円高から5円の現在、

1990年頃からのバブル崩壊とデフレ経済に落ちていった失われた10年、

立ち直った後のITバブル、経済が立ち直り、平成の好景気を迎え、

そして昨年のリーマンショックからの世界同時不況と走馬灯の如く思い出される。

その間に同業の仲間業者も鬼籍に入ったり、引退したり、NYの会社の盟友であった

A女子も今年になって彼岸の人となり、イスラエルの会社のパートナーも引退した。

昔は2万軒は有った日本の宝石小売店の数も今や8千軒、

弊社のダイヤモンド輸入業は輸出業に変わり、

卸売業は買取業に業態も大きく比重が変わり、

今や宝石はネットで販売する時代に変りつつある。

皆既日食の天然ショー「ダイヤモンドリング」を見ながら,そして後日に思わず

走馬灯として過るのでした。

 * 三十七年 浮き沈みあり 走馬灯 

 * 戦友と 呼びゐし人あり 走馬灯


  


2009/7/30  ダイヤモンドリング  エッセイ

クリックすると元のサイズで表示します

一週間前の皆既日食、硫黄島からの中継が美しく、社内ではみんな暫し

仕事の手を留めて、天然ショーを見入った物でした。

太陽がすっぽりと月の影に入り真っ黒な太陽となり、急に暗くなり

コロナ現象が現れ、太陽の縁取りがリングのようになり、月の窪みを映して、リングの上にダイヤモンドが留まったような、

所謂「ダイヤモンドリング」と呼ばれる美しさに大勢の人達が息を飲む。

     クリックすると元のサイズで表示します

30分ほどの宇宙の天然ショーを見ながら、静かにダイヤモンドビジネスに

身を投じた37年前の、当時25歳の頃からのさまざまな歴史が思い起された

ものでした。香港、ニューヨーク,イスラエルと海外路線を敷き、

出稼ぎのように世界を飛び廻った30代から40代、円熟してきた50代、

母親の介護に「セミリタイヤ」し、畑仕事に転じた50代後半、

再び復帰して第一線に戻った60代、叉時代はオイルショックの後の昭和48年、

ダイヤモンドがブームとなった55年頃、ダイヤモンドの1ct、3ctが売れ始めた

58年から昭和天皇の重病期の華美、祝い事を慎んだ世相、

平成となってバブル景気に湧いた日本列島、そしてバブル崩壊、

為替も260円の頃から、140円そして179円、NYプラザ合意から始まった一気の円高は

79円をまで進み、その後に130円台に戻し叉89円までの円高から5円の現在、

1990年頃からのバブル崩壊とデフレ経済に落ちていった失われた10年、

立ち直った後のITバブル、経済が立ち直り、平成の好景気を迎え、

そして昨年のリーマンショックからの世界同時不況と走馬灯の如く思い出される。

その間に同業の仲間業者も鬼籍に入ったり、引退したり、NYの会社の盟友であった

A女子も今年になって彼岸の人となり、イスラエルの会社のパートナーも引退した。

昔は2万軒は有った日本の宝石小売店の数も今や8千軒、

弊社のダイヤモンド輸入業は輸出業に変わり、

卸売業は買取業に業態も大きく比重が変わり、

今や宝石はネットで販売する時代に変りつつある。

皆既日食の天然ショー「ダイヤモンドリング」を見ながら,そして後日に思わず

走馬灯として過るのでした。

 * 三十七年 浮き沈みあり 走馬灯 

 * 戦友と 呼びゐし人あり 走馬灯


  


2009/7/29  ラグビーW杯 日本開催  スポーツ

元全日本大畑選手と森協会会長

2019年のワールドカップ(W杯)ラグビーのが日本で開催される事がダブリンで開いた

理事会で決定・・とビッグニュースが飛び込んできた。

ラグビーはサッカーや野球のメジャースポーツに比べると、今や人気衰退しているが

36歳から46歳まで草ラグビーチームでやっていた小生にとっては嬉しいニュースだ。

早明戦などの大学ラグビーが華やかだった頃は、明治の松尾、同志社の平尾、

大八木、早稲田の宿沢、堀越など往年の名選手がお正月ラグビーの国立競技場を

満員にしたものでした。

昔、新日鉄釜石が連覇を続けたのは明治からスタンド・オフの松尾雄二選手が

はるばる岩手の新日鉄釜石に入社してからだった。

昔々、ポッポ屋の父が釜石駅に勤務していた事があって(当時は小生は高校生だった)

当時、富士製鉄釜石と言われていた頃から釜石の近くのグラウンドには練習を見に

行ったものでした。

我が家の子供がまだ小さかった頃の日曜日は、良く秩父宮ラグビー場に連れて行った

ものだったが、思えば30年以上も前になるのだろうか。

その後、縁があってラグビーチーム「ガマクラブ」に入ってラグビーを始めたのは

36歳頃、高校生の頃やってた以来の、鈍った体に鞭打って、練習して

、夏には菅平合宿にも毎年参加し、商売の合間に多摩川グラウンドで

日曜日毎の試合や、新潟遠征や地方への遠征試合もしたものだった。

多摩川グラウンドで試合をやってその足で成田へ行ってNY便に乗った事や

NYから帰った翌日に多摩川グラウンドへ行った事ももあった。

オーストラリアへ遠征試合に出かけ、現地のチームと2試合、懇親会も含めて

良い思い出だった。

当時のガマクラブのメンバーも今は殆どが、アラー還、古希を過ぎているけど

みんな同じ様な思いで、このニュースを見ているだろうな。

10年後に古希のジャージーを来てみんなで観に行ったら楽しいだろうな。



   * 青き春 楕円を追ひて ビール浴ぶ

2009/7/29  ラグビーW杯 日本開催  スポーツ

元全日本大畑選手と森協会会長

2019年のワールドカップ(W杯)ラグビーのが日本で開催される事がダブリンで開いた

理事会で決定・・とビッグニュースが飛び込んできた。

ラグビーはサッカーや野球のメジャースポーツに比べると、今や人気衰退しているが

36歳から46歳まで草ラグビーチームでやっていた小生にとっては嬉しいニュースだ。

早明戦などの大学ラグビーが華やかだった頃は、明治の松尾、同志社の平尾、

大八木、早稲田の宿沢、堀越など往年の名選手がお正月ラグビーの国立競技場を

満員にしたものでした。

昔、新日鉄釜石が連覇を続けたのは明治からスタンド・オフの松尾雄二選手が

はるばる岩手の新日鉄釜石に入社してからだった。

昔々、ポッポ屋の父が釜石駅に勤務していた事があって(当時は小生は高校生だった)

当時、富士製鉄釜石と言われていた頃から釜石の近くのグラウンドには練習を見に

行ったものでした。

我が家の子供がまだ小さかった頃の日曜日は、良く秩父宮ラグビー場に連れて行った

ものだったが、思えば30年以上も前になるのだろうか。

その後、縁があってラグビーチーム「ガマクラブ」に入ってラグビーを始めたのは

36歳頃、高校生の頃やってた以来の、鈍った体に鞭打って、練習して

、夏には菅平合宿にも毎年参加し、商売の合間に多摩川グラウンドで

日曜日毎の試合や、新潟遠征や地方への遠征試合もしたものだった。

多摩川グラウンドで試合をやってその足で成田へ行ってNY便に乗った事や

NYから帰った翌日に多摩川グラウンドへ行った事ももあった。

オーストラリアへ遠征試合に出かけ、現地のチームと2試合、懇親会も含めて

良い思い出だった。

当時のガマクラブのメンバーも今は殆どが、アラー還、古希を過ぎているけど

みんな同じ様な思いで、このニュースを見ているだろうな。

10年後に古希のジャージーを来てみんなで観に行ったら楽しいだろうな。



   * 青き春 楕円を追ひて ビール浴ぶ

2009/7/29  ラグビーW杯 日本開催  スポーツ

元全日本大畑選手と森協会会長

2019年のワールドカップ(W杯)ラグビーのが日本で開催される事がダブリンで開いた

理事会で決定・・とビッグニュースが飛び込んできた。

ラグビーはサッカーや野球のメジャースポーツに比べると、今や人気衰退しているが

36歳から46歳まで草ラグビーチームでやっていた小生にとっては嬉しいニュースだ。

早明戦などの大学ラグビーが華やかだった頃は、明治の松尾、同志社の平尾、

大八木、早稲田の宿沢、堀越など往年の名選手がお正月ラグビーの国立競技場を

満員にしたものでした。

昔、新日鉄釜石が連覇を続けたのは明治からスタンド・オフの松尾雄二選手が

はるばる岩手の新日鉄釜石に入社してからだった。

昔々、ポッポ屋の父が釜石駅に勤務していた事があって(当時は小生は高校生だった)

当時、富士製鉄釜石と言われていた頃から釜石の近くのグラウンドには練習を見に

行ったものでした。

我が家の子供がまだ小さかった頃の日曜日は、良く秩父宮ラグビー場に連れて行った

ものだったが、思えば30年以上も前になるのだろうか。

その後、縁があってラグビーチーム「ガマクラブ」に入ってラグビーを始めたのは

36歳頃、高校生の頃やってた以来の、鈍った体に鞭打って、練習して

、夏には菅平合宿にも毎年参加し、商売の合間に多摩川グラウンドで

日曜日毎の試合や、新潟遠征や地方への遠征試合もしたものだった。

多摩川グラウンドで試合をやってその足で成田へ行ってNY便に乗った事や

NYから帰った翌日に多摩川グラウンドへ行った事ももあった。

オーストラリアへ遠征試合に出かけ、現地のチームと2試合、懇親会も含めて

良い思い出だった。

当時のガマクラブのメンバーも今は殆どが、アラー還、古希を過ぎているけど

みんな同じ様な思いで、このニュースを見ているだろうな。

10年後に古希のジャージーを来てみんなで観に行ったら楽しいだろうな。



   * 青き春 楕円を追ひて ビール浴ぶ

2009/7/29  ラグビーW杯 日本開催  スポーツ

元全日本大畑選手と森協会会長

2019年のワールドカップ(W杯)ラグビーのが日本で開催される事がダブリンで開いた

理事会で決定・・とビッグニュースが飛び込んできた。

ラグビーはサッカーや野球のメジャースポーツに比べると、今や人気衰退しているが

36歳から46歳まで草ラグビーチームでやっていた小生にとっては嬉しいニュースだ。

早明戦などの大学ラグビーが華やかだった頃は、明治の松尾、同志社の平尾、

大八木、早稲田の宿沢、堀越など往年の名選手がお正月ラグビーの国立競技場を

満員にしたものでした。

昔、新日鉄釜石が連覇を続けたのは明治からスタンド・オフの松尾雄二選手が

はるばる岩手の新日鉄釜石に入社してからだった。

昔々、ポッポ屋の父が釜石駅に勤務していた事があって(当時は小生は高校生だった)

当時、富士製鉄釜石と言われていた頃から釜石の近くのグラウンドには練習を見に

行ったものでした。

我が家の子供がまだ小さかった頃の日曜日は、良く秩父宮ラグビー場に連れて行った

ものだったが、思えば30年以上も前になるのだろうか。

その後、縁があってラグビーチーム「ガマクラブ」に入ってラグビーを始めたのは

36歳頃、高校生の頃やってた以来の、鈍った体に鞭打って、練習して

、夏には菅平合宿にも毎年参加し、商売の合間に多摩川グラウンドで

日曜日毎の試合や、新潟遠征や地方への遠征試合もしたものだった。

多摩川グラウンドで試合をやってその足で成田へ行ってNY便に乗った事や

NYから帰った翌日に多摩川グラウンドへ行った事ももあった。

オーストラリアへ遠征試合に出かけ、現地のチームと2試合、懇親会も含めて

良い思い出だった。

当時のガマクラブのメンバーも今は殆どが、アラー還、古希を過ぎているけど

みんな同じ様な思いで、このニュースを見ているだろうな。

10年後に古希のジャージーを来てみんなで観に行ったら楽しいだろうな。



   * 青き春 楕円を追ひて ビール浴ぶ

2009/7/29  ラグビーW杯 日本開催  スポーツ

元全日本大畑選手と森協会会長

2019年のワールドカップ(W杯)ラグビーのが日本で開催される事がダブリンで開いた

理事会で決定・・とビッグニュースが飛び込んできた。

ラグビーはサッカーや野球のメジャースポーツに比べると、今や人気衰退しているが

36歳から46歳まで草ラグビーチームでやっていた小生にとっては嬉しいニュースだ。

早明戦などの大学ラグビーが華やかだった頃は、明治の松尾、同志社の平尾、

大八木、早稲田の宿沢、堀越など往年の名選手がお正月ラグビーの国立競技場を

満員にしたものでした。

昔、新日鉄釜石が連覇を続けたのは明治からスタンド・オフの松尾雄二選手が

はるばる岩手の新日鉄釜石に入社してからだった。

昔々、ポッポ屋の父が釜石駅に勤務していた事があって(当時は小生は高校生だった)

当時、富士製鉄釜石と言われていた頃から釜石の近くのグラウンドには練習を見に

行ったものでした。

我が家の子供がまだ小さかった頃の日曜日は、良く秩父宮ラグビー場に連れて行った

ものだったが、思えば30年以上も前になるのだろうか。

その後、縁があってラグビーチーム「ガマクラブ」に入ってラグビーを始めたのは

36歳頃、高校生の頃やってた以来の、鈍った体に鞭打って、練習して

、夏には菅平合宿にも毎年参加し、商売の合間に多摩川グラウンドで

日曜日毎の試合や、新潟遠征や地方への遠征試合もしたものだった。

多摩川グラウンドで試合をやってその足で成田へ行ってNY便に乗った事や

NYから帰った翌日に多摩川グラウンドへ行った事ももあった。

オーストラリアへ遠征試合に出かけ、現地のチームと2試合、懇親会も含めて

良い思い出だった。

当時のガマクラブのメンバーも今は殆どが、アラー還、古希を過ぎているけど

みんな同じ様な思いで、このニュースを見ているだろうな。

10年後に古希のジャージーを来てみんなで観に行ったら楽しいだろうな。



   * 青き春 楕円を追ひて ビール浴ぶ

2009/7/29  ラグビーW杯 日本開催  スポーツ

元全日本大畑選手と森協会会長

2019年のワールドカップ(W杯)ラグビーのが日本で開催される事がダブリンで開いた

理事会で決定・・とビッグニュースが飛び込んできた。

ラグビーはサッカーや野球のメジャースポーツに比べると、今や人気衰退しているが

36歳から46歳まで草ラグビーチームでやっていた小生にとっては嬉しいニュースだ。

早明戦などの大学ラグビーが華やかだった頃は、明治の松尾、同志社の平尾、

大八木、早稲田の宿沢、堀越など往年の名選手がお正月ラグビーの国立競技場を

満員にしたものでした。

昔、新日鉄釜石が連覇を続けたのは明治からスタンド・オフの松尾雄二選手が

はるばる岩手の新日鉄釜石に入社してからだった。

昔々、ポッポ屋の父が釜石駅に勤務していた事があって(当時は小生は高校生だった)

当時、富士製鉄釜石と言われていた頃から釜石の近くのグラウンドには練習を見に

行ったものでした。

我が家の子供がまだ小さかった頃の日曜日は、良く秩父宮ラグビー場に連れて行った

ものだったが、思えば30年以上も前になるのだろうか。

その後、縁があってラグビーチーム「ガマクラブ」に入ってラグビーを始めたのは

36歳頃、高校生の頃やってた以来の、鈍った体に鞭打って、練習して

、夏には菅平合宿にも毎年参加し、商売の合間に多摩川グラウンドで

日曜日毎の試合や、新潟遠征や地方への遠征試合もしたものだった。

多摩川グラウンドで試合をやってその足で成田へ行ってNY便に乗った事や

NYから帰った翌日に多摩川グラウンドへ行った事ももあった。

オーストラリアへ遠征試合に出かけ、現地のチームと2試合、懇親会も含めて

良い思い出だった。

当時のガマクラブのメンバーも今は殆どが、アラー還、古希を過ぎているけど

みんな同じ様な思いで、このニュースを見ているだろうな。

10年後に古希のジャージーを来てみんなで観に行ったら楽しいだろうな。



   * 青き春 楕円を追ひて ビール浴ぶ




AutoPage最新お知らせ