にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2010/7/30  海霧  海辺の四季

昼過ぎから晴れた金曜日、帰宅した後に九十九里村の

国民宿舎サンライズのプールへ出かけた。

海に近くなると霧が出ている。

浜は海霧で視界は50Mから100Mになりノロノロの運転になる。

「国民宿舎サンライズ」の前に高村光太郎の妻智恵子さんが療養していた

家があり、海辺には「智恵子抄の詩碑」がある。

クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

智恵子夫人の病気には潮風と温暖な九十九里村のこの地が良かったのだろう。

高村光太郎も東京からこの地に度々見舞いに尋ねて来ていたそうだ。

今でこそ一時間余りで都心に行けるが、

往時のことだから沢山の時間も掛かったのだろう。

石碑の向こうは遠浅の砂浜と外海が広がる。

海霧が出て何時もは水平線まで見通せる浜が100M位の視界だ。

クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

地引網を曳く船が置いてある浜辺は人一人居ない。

気温はかなり低く肌寒さを感じる。

浜の人はこうした海霧を潮霧とも言うようだ。

標高の高い山では気温の大きな変化で霧が出ますが、

海辺も気温の差が大きく霧が発生しやすいようです。

クリックすると元のサイズで表示します

国民宿舎サンライズ」の25M・6レーンプールの7時半頃はに

宿泊の方々が夕食時間で7,8人のスイマーだけでガラガラです。

都心のスポーツクラブでは考えられないね。

しかもビジターの入場料が500円(シニアは300円)だ。

つくづく田舎暮らしはいいなァ・・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

  * 晩涼の浜に曳船ぽつねんと

  * 夕涼の浜に海霧湧き立てり



2010/7/29  朝涼の風車忙しく廻りけり  日記

久しぶりに涼しく感じる雨で、気温は30度を下回る過ごし易い一日でした。

知人が「実用書道」の展示会を有楽町の交通会館のギャラリーで開いていたので

書の世界を除いて来ました。

書道はいいなァ・・。

書道は気持ちも落ち着くし精神の修養にも良し・・・墨の匂いまた良し・・。

9月の「日本芸能の集い」でも吟詠を書道のコラボレーションを計画している。

「桂林荘雑詠」、「峨眉山月の歌」、「天草灘に泊す」、「日本を愛す」の詩歌を

吟詠の同じ舞台上で書道の先生に詩文を同時に書いて頂く「書道吟詠」だ。

クリックすると元のサイズで表示します

そして帰りは、お隣の新橋まで足を伸ばして、又新橋駅の発車メロデーの

例の「ウイスキーがお好きでしょう」を聞きたくなってホームに降り立ってみる。

          クリックすると元のサイズで表示します

明日も涼しそうだが、週末から又猛暑がぶり返してくるらしい

ほんの2日ほどの「涼風献上」なのかな・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

  * 駅巡るスタンプラリー朝涼し

  * 朝涼の浜に干されし潜水服

  * 朝涼の風車忙しく廻りけり



2010/7/27  海暮れてプールに暑気を払ひけり  日記

コンクリートジャングルの都心は暑いですね。

日中の外回りは大変です。

こんな日々に会社へ来て頂くお客様は有り難いことです。

夕方家に帰ってから九十九里の海辺にある「国民宿舎のサンライズ」の

プールに久々に出かけてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

帰って枝豆でビール一杯やりたいところですが、

根性を振り絞り・・・ひと運動をして「更にビールを旨く飲もう」と・・・・。

これも「ど根性」。
         
          クリックすると元のサイズで表示します

プールは8レーンの25Mと流れるプールがある広いところですが

平日の7時過ぎですからプールは空いてますね

根性を出せば快適な良い運動になるね・・・・ウン。

クリックすると元のサイズで表示します


  * 発明の偉大を思ふビールかな

  * 海暮れてプールに暑気を払ひけり

2010/7/26  あじさいの花  詩吟

     あじさいの花 高田敏子


   あじさいの花は 散ることをしない

   雨の日を 咲きつづけ

   秋風の中を 咲きつづけ

   咲きつづける心を
   
   そのまま残して 枯れてゆく

   散る花より あわれなさびしさ
   
   ひとりの人を
   
   想いつづける心に にている


高田敏子・・・(1914〜1989)東京都出身、日常の生活に根ざしたやさしい詩を

数多く残し、「台所詩人」、「お母さん詩人」とも言われている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%94%B0%E6%95%8F%E5%AD%90_(%E8%A9%A9%E4%BA%BA)

クリックすると元のサイズで表示します

高田敏子さんのこの詩を女性が好んで吟ずる人が多い。

紫陽花は色を代え「美しくなる為の試行錯誤」のように咲き続け

七変化とも言われる。

その姿は少女から大人の女に母親にそして年を重ねて老いて行く

人生にも重ねられるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

花言葉は「移り気」、「謙虚」のほかに「ひたむきな愛情」とあるが

高田敏子さんの詩はこの「ひたむきな愛情」を紫陽花に感じ取っていたのだろう。

この詩は女性吟士の吟詠には聞きほれるものが多い。

クリックすると元のサイズで表示します

 * あぢさゐにひたむきな愛思ひけり

2010/7/24  大暑の浜辺  海辺の四季

猛暑日の続く土曜日の昼下がり

詩吟の教室を終えて、暑いけど犬を連れて浜辺に出てみた。

暦の上では昨日が二十四節気の一つ「大暑」で、太陽の黄経が120度の時だそうだ。

今日35度以上の猛暑を記録したのは全国152ヶ所だそうで、文字通りの酷暑・極暑だ。

クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

いつもは涼しくなる夕方に海へ散歩に行くのだが、

昼の盛りはパラソルの花が咲き乱れ、さすがに凄い人出だ。

砂浜の砂の温度は犬には55度から60度あるらしいが、波打ち際を歩いても

我が家のシープドッグ犬は、水は苦手らしく寄せ来る波を除け、海には入らない。

クリックすると元のサイズで表示します

この綺麗な九十九里沖に飛行場を作ろうなどと、町長が言っているようだが

とんでもない話だ。

公害と環境汚染の町にするなど誰も賛成しないだろうなァ・・・。

建築業の町長は別にしてね・・。

          クリックすると元のサイズで表示します

ところで全英オープンから帰ってきて練習ラウンドもなく直ぐに

「セガサミー招待」に参加している「石川遼君」は

今週からパターグリップを順手からクロスハンドに代えたようだ。

左手のリードで肩の回転で打てるので良いと言っているようだが、

3日目の今日は26パットとクロスハンドがしっくり合ってきているようだ。

自分もグリップを変えてみるかな。

クリックすると元のサイズで表示します

  * 浮袋大暑の海に揉まれけり

  * パラソルの色とりどりの浜辺かな

  * シャワー浴び着替え幾たび酷暑かな

  * 砂妬くる羊犬海に入らざり

2010/7/23  蕎麦で暑気払い  日記

猛暑びの続いた今週は暑気払いという飲み会もはぼ毎日、

俳句の会、詩吟の会、今日はミニ同窓会を浅草の「手打ち蕎麦の十和田」で

盛り上がった。

クリックすると元のサイズで表示します

         クリックすると元のサイズで表示します

蕎麦は手打ちの「10割蕎麦」・・・性格には10割に近いそうだ。

3、4年前に富山の友人を訪ねて「蕎麦打ち」を指南してもらって

「蕎麦打ちの道具」を買って、一時期蕎麦打ちに嵌まった時期が合ったが

最近は全く打っていないが、美味い蕎麦があると何処へでも足を運ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

馬刺しの新鮮なこと、マグロの大トロとビフテキをミックスしたような?・・美味・

鴨肉や下町の天麩羅も定番・・ワサビ茄子の漬物も、秋田の「イブリガッコ」も

酒のツマミには最高。

まあ、昔から飲兵衛は「蕎麦屋で一杯」が定番だから、

蕎麦屋には美味いお酒の肴のメニューが豊富だ。

美味いものと旨い酒で話は益々盛り上がる。

叔父さん達は蕎麦屋で一杯が好きなのだ。

          クリックすると元のサイズで表示します

今週の暑気払いは居酒屋、イタリアンレストラン、寿司屋、今日の蕎麦屋と

河岸はいろいろだったが、それにしても叔父さん達も飲み会が好きだなあ・・・・・。


十和田のHP↓

http://r.gnavi.co.jp/g061100/

さて週末は休肝日とするかな。

クリックすると元のサイズで表示します

2010/7/21  「ウイスキーがお好きでしょ」  日記

ウイスキーがお好きでしょ」・・・昔こんなCMソングが流行っていた。

JR新橋駅の全8ホームで、電車の発車メロディーとしてサントリーのCMソング

「ウイスキーが、お好きでしょ」の旋律が流れ始めた。

朝からなんともムードのあるCMソングが電車のホームから流れる

サラリーマンの町新橋ならではの狙い撃ちかな・・・。

まあ新橋はビジネス街だけど、飲み屋街が多く、銀座8丁目の玄関駅だ。

19日から新橋駅の発車メロディーがこの曲に変ったそうで、

ふと新橋駅に降り立ってみたら・・・・。

ウイスキーがお好きでしょ 石川さゆり You Cube ↓

http://www.youtube.com/watch?v=nbERJN360Zo

クリックすると元のサイズで表示します

そう言えば昔はみんなウイスキー党だったよね。

大きく分けて「ビールか日本酒かウイスキー」が定番だったね。

サントリーバーやカクテルバーが全盛の頃、スナックやクラブに

サントリーのダルマと呼んだサントリーオールドをボトルキープするのが

ステータスのような憧れがあったね。

サントリーレッドやハイニッカの五百円のウイスキーも人気だった。

        クリックすると元のサイズで表示します

海外旅行に行って、帰りに3本まで免税の洋酒を買って帰ってくるのが

楽しみで、ジョニーウオーカーの赤も高級品で、

ジョニ黒などを持ち帰った日には、鬼の首を取ったみたいなきぶんだったものだ。

やがて、自由化で洋酒も安くなり、焼酎・ワインブームなどの多様化で

ウイスキーを飲む人が少なくなったようだが、最近は「ハイボールブーム」で

復活の兆しもあるとか。

ニューヨークへ仕事で毎月行っていた1980年、1990年代のNYのレストランも

カウンターバーもウイスキーが主力だった。

向こうは関税が安いのでシーバス・リーガルなどが普通の値段で

誰もがシーバスを日本レストランのバーにボトルキープしてあって

NYチョンガーの社交場であった。

何か、あのCMを聞くと今晩はウイスキーの水割りでもの気分になる

全く単純だなァ・・・・。

クリックすると元のサイズで表示します九十九里の青田

石川さゆりの天城越えYou Cube

http://www.youtube.com/watch?v=OKrskFTxG4o

家に帰ってやっぱし、石川さゆりのあの甘ったるい「ウイスキーがお好きでしょ」の

CMソングが耳を離れない・・・・・。

何年ぶりだろうかねェ・・・ウイスキーを取り出して、

口に含んで舐めて、舌で転がし・・・懐かしいなァ・・・。

          クリックすると元のサイズで表示します

ウイスキーも水割りよりも、強いけどストレートを口に少し含んで、

水を少し含む流し込む・・・・ストレート&サイドウオーターだね。

クリックすると元のサイズで表示します

2010/7/20  うざく(鰻の酢の物)  食事

お江戸は猛暑・・・昼間の上野御徒町の街並みも陽炎が立つような暑さだ。

その内40度を越えて新しい言葉が出てくるのでは?

お客さんと「うなぎ」でも食いに行くかと誘われて湯島天神下にある

うなぎの「小福」・・・へ。

うざく(鰻の酢の物)を頂いたが絶品だった。

20年以上前にはこの店の親父さんとゴルフコンペで一緒で帰りのパーテーを

この店でやってたので、昔から頂いていたのだろうが、始めてその美味さに感動。

ゴルフの上手かった親父さん今でも元気で夕方から包丁を握っているらしい。

その内夜にでも出かけて見るかな

クリックすると元のサイズで表示します

写真のうざく料理は「小福」のうざく(鰻酢)とは違います

家庭でも三杯酢と胡瓜とスーパーの鰻を合えて簡単に出来ると思いますよ。

国産の高い鰻を使うか、中国・台湾産の鰻を使うかはそれぞれ自由ですが

うな重と違った夏料理にはお勧めですね。

今晩は6時から俳句の句会です。

小福↓

http://r.gnavi.co.jp/g125300/

          クリックすると元のサイズで表示します

6時からの句会では「海の日の一日海見てゐたりけり」を先生にとって頂いたが

指導を受けて「ひと日」を「一日海を見てゐたり」に代えた。

「焼酎にをんなの意地の枯れずあり」・・も互選では高点を得たが

同じような思いに皆さんあるのかもしれないが・・・。

句の背景のリアルなソースは明かさずに置いた。

俳句の句会は楽しい・・・終わったとは暑気払いで先生を囲んで俳句談義。

まあ昔はくかいも月に5,6回出て揉まれていたが

仕事が忙しく、詩吟を中心に考えると

楽しみな俳句句会も、月に1,2回の出席が精一杯ですかね。

2010/7/20  海の日の一日海見てゐたりけり  海辺の四季

海の日」の19日は文字通り暑い一日だった。

家の中でじっとしていても暑いが、海風は涼しくパラソルの下に居れば

一日昼寝しながら、浜辺の若者と家族連れをウオッチングしているのも海辺の暮らしだ

クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

夕方になると少し肌寒さを覚える。

名残を惜しむように親子連れが波打ち際に遊び、

砂のお城や砂の家が満ち潮に崩されてゆく。

サーファーは疲れを知らぬかのように波間に見え隠れしている。

クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

  * 海の日の遠山の良く晴れ渡り

  * 穂を付けし青田煌めく落暉かな

  * 海の日の一日海見てゐたりけり
タグ: 海の日

2010/7/18  遼君の全英オープンは2アンダー  日記

石川遼君の「全英オープン」最終目は2つ伸ばして、2アンダーで4日間が終了した。

3日目の昨日は日本時間の夜中の2時半過ぎに、

強風の中、アプローチとパターに苦しみ3つ落として望んだ最終日は

スタートの1,2番で蓮続バーデーで好調な出だしだったが、

2,3メートルのパターが決まらず、そのままの2アンダーでのフィニッシュ。

「自分でも文句のつけようがないくらい、いいショットが打てた。

限界が広がった・こういうことができるんだなと、ちょっとビックリしています」・と

晴れ晴れとした表情で日英のインタビューに答えていた。

確かな進歩を感じさせてくれた2週間だったように思う。

今晩は遼君も終わったことだし、早めにお休みなさいですね。

タイガーも5アンダーまで好調な出だしだが、2ダボで失速。

トップは15アンダーで2位に5打差の南アのウエストへーゼンが飄々と5番を終了。

でも、やっぱり面白そうだな。

クリックすると元のサイズで表示します

東北も例年より9日早い梅雨明けだそうだ。

我が家の裏庭でも「」が鳴き始めた。

生まれたばかりの例の「ジー・・・・・・・・」と一本調子のロングトーン。

          クリックすると元のサイズで表示します


明日は「海の日」だ。

九十九里も海も高速道路も浜通りも夏の賑わいだ。

クリックすると元のサイズで表示します

「日本芸能の集い」の4回目の参加者打ち合わせ会が終わり

いよいよ9月の本番に向けてのプログラムの作成、そして練習にも熱が入る。

暑くてゴルフも敬遠してもっぱら犬と夕方海辺の散歩だ

          クリックすると元のサイズで表示します

  * 初蝉にさまざまな人思ひけり

  * 初蝉の翅小刻みに透きとほる

  * 月見草老いゐし苦痛聞かさるる

2010/7/17  青田波潮の香の地に住みゐたり  海辺の四季

真夏の日差しになった九十九里はもう梅雨が明けたようです。

いずれ気象庁は「数日前に梅雨は明けたようだ」と宣言があるのでは。

ネジ花も100%枯れてしまった。

青々とした田圃に涼風が立ち、良く観て見ると稲穂が大分付いている。

そう、九十九里の稲刈りは8月後半から始まるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

         クリックすると元のサイズで表示します

気が付けば一面の向日葵だ・・・やはり梅雨は明けているよね。

クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

潮の香が届く内陸と言っても今日は暑い・・・。

しかし、浜辺は全く別天地の涼しさ・・・カイトサーファーやジェットスキーの

若者が海水浴の終了後の永い日を豪快に楽しんでいる。

浜の地引網を引く小船とリヤカーに詰まれた網が、

九十九里の夏の風物詩だ。

クリックすると元のサイズで表示します

         クリックすると元のサイズで表示します

全英オープン2日目は強風の中、石川遼君は大健闘・・・・3アンダーで予選を通過した。

あの風の中でスコアを崩さず粘られたのは、確実に進化しているようだ。

同伴競技者のトム・ワトソンから「今のままのゴルフでいいぞ」・・・と

去り行く帝王からお褒めの声をかけてもらって、

思わず遼君は感激の余りに涙ぐんでいた。

このような純情な心が多くの人から愛される所以なのだろうな・・・。

タイガー・ウッズも4アンダーで決勝ラウンドへ。

今晩も眠られないなア・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

  * 青田波農道過る小亀かな

  * 海涼しジェットスキーの宙返り

  * 青田波潮の香の地に住みゐたり

  * 夕薄暑浜に干されし地引網



2010/7/15  全英オープン開幕  日記

第139回「ジ・オープン(全英オープン)」が

スコットランドの「セント・アンドリュースオールドコース」で開幕した。

石川遼君は第一日目をすでに終了して、4アンダーで現在13位の好位置をキープして

ゴルフの聖地での初日を終えた。

天候が悪化し始めた午後からの人達は風との戦いで大変そうだ。

何しろ、このスコットランドの24時間は、春から冬の気候が入り混じるのだそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴルフファンには眠られない週末が来た。

青木・羽川の両プロのラウンド開設と戸張さんの豊富なデータによる解説で

この中継は夜7時のゴールデンタイムから夜中までやっているが

これも遼君効果か。

          クリックすると元のサイズで表示します

復帰戦の「タイガー・ウッズ」もピンク系のシャツで好調なプレーで

5アンダーで終了した。

トップは9アンダーで終了した「Rマキロイ」選手。

九十九里も梅雨が明けそうな陽気だ。

梅雨の花で芝生やあぜ道に咲くピンクの「ネジ花(捻花」が

茎の下のほうから枯れ始め90%ほど枯れた

この花が枯れるとカッと夏空になるが週末は九十九里の「海祭り」が開かれる。

クリックすると元のサイズで表示します

2010/7/13  梅雨晴れ間空に張り出すクレーンの手  エッセイ

九州地方は大雨が続き今日も又注意報だが、

お江戸は梅雨の晴れ間でしかも気温が下がり涼しく感じる。

江戸川も荒川も今年は河川敷の運動場やゴルフ場にも冠水はないが

橋桁の水位には水嵩を思わせる。

新東京タワー「スカイツリー」の足場が空に伸びてゆく。

武蔵の国のムサシに因んで最終的には634メートルまで伸びるようだ。

スカイツリーの高さは今でも周囲を圧するが、出来上がったらこれは凄い物だね。

東京スカイツリー↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC

クリックすると元のサイズで表示します

         クリックすると元のサイズで表示します

先日見に行った大網駅前の造園屋さんのリュウゼツラン(竜舌蘭)

花が咲いたかと見に行ってみたが、まだ黄色の花は咲いてない。

何しろ60年に一度だけ花が咲くという悠久の樹木の花は

生涯見ることはないだろうから、気になるところ。

花は一ヶ月ほど咲いているらしく、花が散ると幹から枯れるそうだ。

植木屋の奥さんとそんな話をしながら・・・・。

又見に来よう。

リュウゼツラン↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%84%E3%83%A9%E3%83%B3
       
クリックすると元のサイズで表示します

  * 橋桁の警戒水位梅雨湿り

  * 梅雨晴れ間空に張り出すクレーンの手

  * 同胞の在りし日思ふ夜の秋

  * スカイツリー見上げてゐたり花芙蓉





2010/7/12  国民の審判  エッセイ

参議院選は民主与党に国民の審判は「ノー」を突き付けた。

昨年の政権交代の大きな期待が、「政治と金」、「普天間の迷走」、

「各大臣の無能ぶり」に「何やってんだ・・・民主党」・・が民意だったようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

4年間上げないと言っていた唐突な「消費税10%問題」、

「ああ言えば、こう言う」の弁護士上がりの

「選挙中に連立話を打ち出す」幹事長のアホさ加減に

「政・財・官癒着政治」・・の古い体質の復活で、自民党が圧勝した。

G8に出かけて、英語も話せず、国際政治舞台での自分自身の準備が無く、

財政について、景気対策に対して政策ビジョンの準備無いまま総理に付いた

管総理も「自己の能力に一人悩んでいる」・・・のだろうなア。

夕べの記者会見の一時間遅れも、記者会見の内容も・・・・?

「市民運動化上がりの政治家を総理にしてしまった」日本の国益はどうだろうか?

何しろ総理になって参議院選挙以外はまだ何もしていないのだから

(鳩山・小沢退陣で支持率がV字回復したからと浮かれていただけ) 
   
          クリックすると元のサイズで表示します

これから法案目白押しで「郵政法案」、「外国人地方参政権」、選択的夫婦別姓問題」

人権侵害救済機関設置法案」、「8月末に迫る普天間工程の日米問題と沖縄の民意」、

「公務員削減法案」、「議員定数と報酬削減法案」、「労働派遣問題」、

「30兆円のデフレギャップの解消問題」、「待った無しの景気対策」、「日銀法改正」

「年金問題」、「医療問題」、「税制改革」、「八場ダムやJAL問題」、

「自民党化して来た諸政策」・・・・。

各大臣・政治家の能力と器量が値踏みされている。

クリックすると元のサイズで表示します

今回各党が選挙に避けた日本の根本的な「安全保障問題

政治家は政局をやらずに待った無しに押し迫っている「政治」を

挙党一体となって国民と国家を見据えてやって貰いたいもの。

理屈を並べて、政局に走る政治家がいれば、

我々庶民目線で

所詮自己の名誉心と権力志向の国家のためには不要な政治家としてチェックしよう。

「政局より政治の原点」に立ち返ってもらいたいもの。

マスコミの論調は「まず利害関係を持って世論形成、世論誘導」をしていないか

どうか吟味して咀嚼して聞き、読まなければならんだろうねェ・・・。

今晩のNHKの党首討論会の中にテロップなどで紹介されていた国民の声は

まさに皆同じように見ているのだなア・・と感じた。

やはり政治家自身の姿勢と自分達の身を削ってから増税提案をしろ・・と

ごくごく当たり前のことを言っているのだが・・。

政治ショーより国民感覚のほうが正しいナア・・とつくづく思う。

クリックすると元のサイズで表示します


2010/7/11  選挙速報進む  日記

参議院選の当確速報画進み、議員への就職活動に必死の人達も今やクライマックス。

この20年の日本を食い物にし、駄目にした強欲で無能な政治家には

もう失望している人達も多いと思うが、棄権という行動をとる訳には行かず、

かと言って、「信頼のたる責任政治ができる政党と政治家は見当たらない」・・・。

やれやれ、「それじゃ議員定数削減と報酬削減を声高に叫ぶ、みんなの党はどうか?」

「しかしながら政治担当能力と個人の総合力から見て難しいかなア・・」。

「もう少し長い目で政治家の成長を見守るしかないかなア・・・」。

選挙もマスコミの総力を挙げた国民的就活運動に見えてしまうなあ・・・・。

運動員もサポーターも選挙は熱くなるらしいね。

当選した人達には国家・国民の為の大きな視野に立って活動して欲しいものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

外国のメデア・報道関係の人から見ると、日本のマスコミは、

世論を伝えるのではなく世論を作る役割だと勘違いをしている」・・・ようだ。

マスコミに対して国民は厳しい目で監査し、チェックして行かなくてはね。

          クリックすると元のサイズで表示します

さてどうなりますか?

与党が50議席前後になると政治の混乱を嫌い、株式市場は外人が売り逃げ

為替は円安に振れるだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

  * 揚げ花火閉まり戸のなき海の家

  * 古井戸のある投票所花槿




AutoPage最新お知らせ