にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2010/11/30  坂の上の雲に思う  エッセイ

司馬遼太郎の、「坂の上の雲」が又始まる。

NHK総合放送の12月5日の再開に合わせて、昨年放送分の6回分の再放送が8時から

総合放送でやっている。

叔父さん達は維新・明治初期を題材したものには惹かれるものがあるのだ。

「坂の上の雲」とは、封建の世から目覚めたばかりの日本が、

そこを登り詰めてさえ行けば、やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家と

いうものを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと憧憬をこめた題名である。



「坂の上の雲」は、松山出身の俳人正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を軸に、

維新から日露戦争の勝利に至る明治日本を描く大河小説。

NHKの放送予定とあらすじ↓

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/story/story01.html

この時代を生きていた人達と、現在の我々の時代の違いは何かを問い

友人とこの話を良くするのだが、

失うものが何も無く食べて行くのが大変な時期に持った純真な志と

生き様を検証してゆけば

物欲と金銭欲にどっぷり浸かった現代を打開する手掛りになるのではないだろうか?


            


司馬遼太郎はこれから展開される日露戦争の旅順攻略、203高知などで出てくる

乃木希典を愚将として取りあげ、国論を二分するのだが、

その評価は今でもそれぞれの見方があるようだ。

乃木は西南戦争で「敵軍に軍旗を奪われた」ことを生涯の恥として生きてゆく訳で

明治天皇崩御の後の殉死もこのことが、大きな原因でもあったと言われているが

このドラマではどのように乃木像を描いてゆくのだろうか。

NHKの昨年の白州次郎を描いたドラマも良かったけど、このドラマもいいね。

NHKは政治報道などには一部偏った報道に走っているきらいはあるが、

いいドキュメンタリー、ドラマを作っているのも事実だ。

NHKにお金を払うのはいやだけど、まあ衛星放送で大リーグ中継で松坂、松井を見せてくれて

PGAゴルフ中継で週末を楽しませてもらっているから・・・まあいいか。



さて、「坂の上の雲」を目指して、大国と肩を並べようと国民に耐乏生活を強いて、

GDPの約半分を軍事費に注ぎ込むような背伸びをした明治時代から、

みんなで駆け上がって見た「坂の上の雲」だったが、

戦争を拡大し、米国との戦争に負けて戦後は米国の意向に沿った日本国となって

繁栄もしてきた訳だが、いつも米国の要求を呑まされ、追随して来たわけだが、

事実、政権の選択は米国の意向が大きく左右していた訳で、

米国の意向を組む「清和会」に属した総理・総裁は今までも安泰で、

それに列を成す官僚・マスコミ・財界は自己を潤し、

国家・国民を憂い米国の「虎の尾」を踏んだ、

田中角栄を始とした経世会の総理・総裁は

ことごとく検察とマスコミによって潰されている。

こうした戦後政治の利権構造を改革しようとした政権交代だったが、

米国と対等な立場で中国に接近する鳩山・小沢路線の民主政権は、

マスコミを駆使した世論操作と、検察権力を用いてまんまと小沢路線を潰し、

意のままとなる管・仙石・前原を立てたが、

この付けはとてつもなく大きかったことに最近気づき始めた。

政権交代を選択した多くの国民は、管政権に失望して支持率も10%台に下がった。

こうした米国の目に見えない意向や、世論作り、検察の闇がネットの普及で

今話題になっている「ウィキリークス」などのような

各国の軍事機密や密約・謀略の内部告発や暴露が出て、

多くの国民が気づく時が近いような気がする。

さて現代の「坂の上の雲」の向こうには何が見え始めてくるのだろうか?

人間性善説を信じたいものだが・・。

  * 十一月尽エコポイント特需果つ

2010/11/30  坂の上の雲に思う  エッセイ

司馬遼太郎の、「坂の上の雲」が又始まる。

NHK総合放送の12月5日の再開に合わせて、昨年放送分の6回分の再放送が8時から

総合放送でやっている。

叔父さん達は維新・明治初期を題材したものには惹かれるものがあるのだ。

「坂の上の雲」とは、封建の世から目覚めたばかりの日本が、

そこを登り詰めてさえ行けば、やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家と

いうものを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと憧憬をこめた題名である。



「坂の上の雲」は、松山出身の俳人正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を軸に、

維新から日露戦争の勝利に至る明治日本を描く大河小説。

NHKの放送予定とあらすじ↓

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/story/story01.html

この時代を生きていた人達と、現在の我々の時代の違いは何かを問い

友人とこの話を良くするのだが、

失うものが何も無く食べて行くのが大変な時期に持った純真な志と

生き様を検証してゆけば

物欲と金銭欲にどっぷり浸かった現代を打開する手掛りになるのではないだろうか?


            


司馬遼太郎はこれから展開される日露戦争の旅順攻略、203高知などで出てくる

乃木希典を愚将として取りあげ、国論を二分するのだが、

その評価は今でもそれぞれの見方があるようだ。

乃木は西南戦争で「敵軍に軍旗を奪われた」ことを生涯の恥として生きてゆく訳で

明治天皇崩御の後の殉死もこのことが、大きな原因でもあったと言われているが

このドラマではどのように乃木像を描いてゆくのだろうか。

NHKの昨年の白州次郎を描いたドラマも良かったけど、このドラマもいいね。

NHKは政治報道などには一部偏った報道に走っているきらいはあるが、

いいドキュメンタリー、ドラマを作っているのも事実だ。

NHKにお金を払うのはいやだけど、まあ衛星放送で大リーグ中継で松坂、松井を見せてくれて

PGAゴルフ中継で週末を楽しませてもらっているから・・・まあいいか。



さて、「坂の上の雲」を目指して、大国と肩を並べようと国民に耐乏生活を強いて、

GDPの約半分を軍事費に注ぎ込むような背伸びをした明治時代から、

みんなで駆け上がって見た「坂の上の雲」だったが、

戦争を拡大し、米国との戦争に負けて戦後は米国の意向に沿った日本国となって

繁栄もしてきた訳だが、いつも米国の要求を呑まされ、追随して来たわけだが、

事実、政権の選択は米国の意向が大きく左右していた訳で、

米国の意向を組む「清和会」に属した総理・総裁は今までも安泰で、

それに列を成す官僚・マスコミ・財界は自己を潤し、

国家・国民を憂い米国の「虎の尾」を踏んだ、

田中角栄を始とした経世会の総理・総裁は

ことごとく検察とマスコミによって潰されている。

こうした戦後政治の利権構造を改革しようとした政権交代だったが、

米国と対等な立場で中国に接近する鳩山・小沢路線の民主政権は、

マスコミを駆使した世論操作と、検察権力を用いてまんまと小沢路線を潰し、

意のままとなる管・仙石・前原を立てたが、

この付けはとてつもなく大きかったことに最近気づき始めた。

政権交代を選択した多くの国民は、管政権に失望して支持率も10%台に下がった。

こうした米国の目に見えない意向や、世論作り、検察の闇がネットの普及で

今話題になっている「ウィキリークス」などのような

各国の軍事機密や密約・謀略の内部告発や暴露が出て、

多くの国民が気づく時が近いような気がする。

さて現代の「坂の上の雲」の向こうには何が見え始めてくるのだろうか?

人間性善説を信じたいものだが・・。

  * 十一月尽エコポイント特需果つ

2010/11/30  坂の上の雲に思う  エッセイ

司馬遼太郎の、「坂の上の雲」が又始まる。

NHK総合放送の12月5日の再開に合わせて、昨年放送分の6回分の再放送が8時から

総合放送でやっている。

叔父さん達は維新・明治初期を題材したものには惹かれるものがあるのだ。

「坂の上の雲」とは、封建の世から目覚めたばかりの日本が、

そこを登り詰めてさえ行けば、やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家と

いうものを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと憧憬をこめた題名である。



「坂の上の雲」は、松山出身の俳人正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を軸に、

維新から日露戦争の勝利に至る明治日本を描く大河小説。

NHKの放送予定とあらすじ↓

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/story/story01.html

この時代を生きていた人達と、現在の我々の時代の違いは何かを問い

友人とこの話を良くするのだが、

失うものが何も無く食べて行くのが大変な時期に持った純真な志と

生き様を検証してゆけば

物欲と金銭欲にどっぷり浸かった現代を打開する手掛りになるのではないだろうか?


            


司馬遼太郎はこれから展開される日露戦争の旅順攻略、203高知などで出てくる

乃木希典を愚将として取りあげ、国論を二分するのだが、

その評価は今でもそれぞれの見方があるようだ。

乃木は西南戦争で「敵軍に軍旗を奪われた」ことを生涯の恥として生きてゆく訳で

明治天皇崩御の後の殉死もこのことが、大きな原因でもあったと言われているが

このドラマではどのように乃木像を描いてゆくのだろうか。

NHKの昨年の白州次郎を描いたドラマも良かったけど、このドラマもいいね。

NHKは政治報道などには一部偏った報道に走っているきらいはあるが、

いいドキュメンタリー、ドラマを作っているのも事実だ。

NHKにお金を払うのはいやだけど、まあ衛星放送で大リーグ中継で松坂、松井を見せてくれて

PGAゴルフ中継で週末を楽しませてもらっているから・・・まあいいか。



さて、「坂の上の雲」を目指して、大国と肩を並べようと国民に耐乏生活を強いて、

GDPの約半分を軍事費に注ぎ込むような背伸びをした明治時代から、

みんなで駆け上がって見た「坂の上の雲」だったが、

戦争を拡大し、米国との戦争に負けて戦後は米国の意向に沿った日本国となって

繁栄もしてきた訳だが、いつも米国の要求を呑まされ、追随して来たわけだが、

事実、政権の選択は米国の意向が大きく左右していた訳で、

米国の意向を組む「清和会」に属した総理・総裁は今までも安泰で、

それに列を成す官僚・マスコミ・財界は自己を潤し、

国家・国民を憂い米国の「虎の尾」を踏んだ、

田中角栄を始とした経世会の総理・総裁は

ことごとく検察とマスコミによって潰されている。

こうした戦後政治の利権構造を改革しようとした政権交代だったが、

米国と対等な立場で中国に接近する鳩山・小沢路線の民主政権は、

マスコミを駆使した世論操作と、検察権力を用いてまんまと小沢路線を潰し、

意のままとなる管・仙石・前原を立てたが、

この付けはとてつもなく大きかったことに最近気づき始めた。

政権交代を選択した多くの国民は、管政権に失望して支持率も10%台に下がった。

こうした米国の目に見えない意向や、世論作り、検察の闇がネットの普及で

今話題になっている「ウィキリークス」などのような

各国の軍事機密や密約・謀略の内部告発や暴露が出て、

多くの国民が気づく時が近いような気がする。

さて現代の「坂の上の雲」の向こうには何が見え始めてくるのだろうか?

人間性善説を信じたいものだが・・。

  * 十一月尽エコポイント特需果つ

2010/11/30  坂の上の雲に思う  エッセイ

司馬遼太郎の、「坂の上の雲」が又始まる。

NHK総合放送の12月5日の再開に合わせて、昨年放送分の6回分の再放送が8時から

総合放送でやっている。

叔父さん達は維新・明治初期を題材したものには惹かれるものがあるのだ。

「坂の上の雲」とは、封建の世から目覚めたばかりの日本が、

そこを登り詰めてさえ行けば、やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家と

いうものを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと憧憬をこめた題名である。



「坂の上の雲」は、松山出身の俳人正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を軸に、

維新から日露戦争の勝利に至る明治日本を描く大河小説。

NHKの放送予定とあらすじ↓

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/story/story01.html

この時代を生きていた人達と、現在の我々の時代の違いは何かを問い

友人とこの話を良くするのだが、

失うものが何も無く食べて行くのが大変な時期に持った純真な志と

生き様を検証してゆけば

物欲と金銭欲にどっぷり浸かった現代を打開する手掛りになるのではないだろうか?


            


司馬遼太郎はこれから展開される日露戦争の旅順攻略、203高知などで出てくる

乃木希典を愚将として取りあげ、国論を二分するのだが、

その評価は今でもそれぞれの見方があるようだ。

乃木は西南戦争で「敵軍に軍旗を奪われた」ことを生涯の恥として生きてゆく訳で

明治天皇崩御の後の殉死もこのことが、大きな原因でもあったと言われているが

このドラマではどのように乃木像を描いてゆくのだろうか。

NHKの昨年の白州次郎を描いたドラマも良かったけど、このドラマもいいね。

NHKは政治報道などには一部偏った報道に走っているきらいはあるが、

いいドキュメンタリー、ドラマを作っているのも事実だ。

NHKにお金を払うのはいやだけど、まあ衛星放送で大リーグ中継で松坂、松井を見せてくれて

PGAゴルフ中継で週末を楽しませてもらっているから・・・まあいいか。



さて、「坂の上の雲」を目指して、大国と肩を並べようと国民に耐乏生活を強いて、

GDPの約半分を軍事費に注ぎ込むような背伸びをした明治時代から、

みんなで駆け上がって見た「坂の上の雲」だったが、

戦争を拡大し、米国との戦争に負けて戦後は米国の意向に沿った日本国となって

繁栄もしてきた訳だが、いつも米国の要求を呑まされ、追随して来たわけだが、

事実、政権の選択は米国の意向が大きく左右していた訳で、

米国の意向を組む「清和会」に属した総理・総裁は今までも安泰で、

それに列を成す官僚・マスコミ・財界は自己を潤し、

国家・国民を憂い米国の「虎の尾」を踏んだ、

田中角栄を始とした経世会の総理・総裁は

ことごとく検察とマスコミによって潰されている。

こうした戦後政治の利権構造を改革しようとした政権交代だったが、

米国と対等な立場で中国に接近する鳩山・小沢路線の民主政権は、

マスコミを駆使した世論操作と、検察権力を用いてまんまと小沢路線を潰し、

意のままとなる管・仙石・前原を立てたが、

この付けはとてつもなく大きかったことに最近気づき始めた。

政権交代を選択した多くの国民は、管政権に失望して支持率も10%台に下がった。

こうした米国の目に見えない意向や、世論作り、検察の闇がネットの普及で

今話題になっている「ウィキリークス」などのような

各国の軍事機密や密約・謀略の内部告発や暴露が出て、

多くの国民が気づく時が近いような気がする。

さて現代の「坂の上の雲」の向こうには何が見え始めてくるのだろうか?

人間性善説を信じたいものだが・・。

  * 十一月尽エコポイント特需果つ

2010/11/30  坂の上の雲に思う  エッセイ

司馬遼太郎の、「坂の上の雲」が又始まる。

NHK総合放送の12月5日の再開に合わせて、昨年放送分の6回分の再放送が8時から

総合放送でやっている。

叔父さん達は維新・明治初期を題材したものには惹かれるものがあるのだ。

「坂の上の雲」とは、封建の世から目覚めたばかりの日本が、

そこを登り詰めてさえ行けば、やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家と

いうものを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと憧憬をこめた題名である。



「坂の上の雲」は、松山出身の俳人正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を軸に、

維新から日露戦争の勝利に至る明治日本を描く大河小説。

NHKの放送予定とあらすじ↓

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/story/story01.html

この時代を生きていた人達と、現在の我々の時代の違いは何かを問い

友人とこの話を良くするのだが、

失うものが何も無く食べて行くのが大変な時期に持った純真な志と

生き様を検証してゆけば

物欲と金銭欲にどっぷり浸かった現代を打開する手掛りになるのではないだろうか?


            


司馬遼太郎はこれから展開される日露戦争の旅順攻略、203高知などで出てくる

乃木希典を愚将として取りあげ、国論を二分するのだが、

その評価は今でもそれぞれの見方があるようだ。

乃木は西南戦争で「敵軍に軍旗を奪われた」ことを生涯の恥として生きてゆく訳で

明治天皇崩御の後の殉死もこのことが、大きな原因でもあったと言われているが

このドラマではどのように乃木像を描いてゆくのだろうか。

NHKの昨年の白州次郎を描いたドラマも良かったけど、このドラマもいいね。

NHKは政治報道などには一部偏った報道に走っているきらいはあるが、

いいドキュメンタリー、ドラマを作っているのも事実だ。

NHKにお金を払うのはいやだけど、まあ衛星放送で大リーグ中継で松坂、松井を見せてくれて

PGAゴルフ中継で週末を楽しませてもらっているから・・・まあいいか。



さて、「坂の上の雲」を目指して、大国と肩を並べようと国民に耐乏生活を強いて、

GDPの約半分を軍事費に注ぎ込むような背伸びをした明治時代から、

みんなで駆け上がって見た「坂の上の雲」だったが、

戦争を拡大し、米国との戦争に負けて戦後は米国の意向に沿った日本国となって

繁栄もしてきた訳だが、いつも米国の要求を呑まされ、追随して来たわけだが、

事実、政権の選択は米国の意向が大きく左右していた訳で、

米国の意向を組む「清和会」に属した総理・総裁は今までも安泰で、

それに列を成す官僚・マスコミ・財界は自己を潤し、

国家・国民を憂い米国の「虎の尾」を踏んだ、

田中角栄を始とした経世会の総理・総裁は

ことごとく検察とマスコミによって潰されている。

こうした戦後政治の利権構造を改革しようとした政権交代だったが、

米国と対等な立場で中国に接近する鳩山・小沢路線の民主政権は、

マスコミを駆使した世論操作と、検察権力を用いてまんまと小沢路線を潰し、

意のままとなる管・仙石・前原を立てたが、

この付けはとてつもなく大きかったことに最近気づき始めた。

政権交代を選択した多くの国民は、管政権に失望して支持率も10%台に下がった。

こうした米国の目に見えない意向や、世論作り、検察の闇がネットの普及で

今話題になっている「ウィキリークス」などのような

各国の軍事機密や密約・謀略の内部告発や暴露が出て、

多くの国民が気づく時が近いような気がする。

さて現代の「坂の上の雲」の向こうには何が見え始めてくるのだろうか?

人間性善説を信じたいものだが・・。

  * 十一月尽エコポイント特需果つ

2010/11/30  坂の上の雲に思う  エッセイ

司馬遼太郎の、「坂の上の雲」が又始まる。

NHK総合放送の12月5日の再開に合わせて、昨年放送分の6回分の再放送が8時から

総合放送でやっている。

叔父さん達は維新・明治初期を題材したものには惹かれるものがあるのだ。

「坂の上の雲」とは、封建の世から目覚めたばかりの日本が、

そこを登り詰めてさえ行けば、やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家と

いうものを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと憧憬をこめた題名である。



「坂の上の雲」は、松山出身の俳人正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を軸に、

維新から日露戦争の勝利に至る明治日本を描く大河小説。

NHKの放送予定とあらすじ↓

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/story/story01.html

この時代を生きていた人達と、現在の我々の時代の違いは何かを問い

友人とこの話を良くするのだが、

失うものが何も無く食べて行くのが大変な時期に持った純真な志と

生き様を検証してゆけば

物欲と金銭欲にどっぷり浸かった現代を打開する手掛りになるのではないだろうか?


            


司馬遼太郎はこれから展開される日露戦争の旅順攻略、203高知などで出てくる

乃木希典を愚将として取りあげ、国論を二分するのだが、

その評価は今でもそれぞれの見方があるようだ。

乃木は西南戦争で「敵軍に軍旗を奪われた」ことを生涯の恥として生きてゆく訳で

明治天皇崩御の後の殉死もこのことが、大きな原因でもあったと言われているが

このドラマではどのように乃木像を描いてゆくのだろうか。

NHKの昨年の白州次郎を描いたドラマも良かったけど、このドラマもいいね。

NHKは政治報道などには一部偏った報道に走っているきらいはあるが、

いいドキュメンタリー、ドラマを作っているのも事実だ。

NHKにお金を払うのはいやだけど、まあ衛星放送で大リーグ中継で松坂、松井を見せてくれて

PGAゴルフ中継で週末を楽しませてもらっているから・・・まあいいか。



さて、「坂の上の雲」を目指して、大国と肩を並べようと国民に耐乏生活を強いて、

GDPの約半分を軍事費に注ぎ込むような背伸びをした明治時代から、

みんなで駆け上がって見た「坂の上の雲」だったが、

戦争を拡大し、米国との戦争に負けて戦後は米国の意向に沿った日本国となって

繁栄もしてきた訳だが、いつも米国の要求を呑まされ、追随して来たわけだが、

事実、政権の選択は米国の意向が大きく左右していた訳で、

米国の意向を組む「清和会」に属した総理・総裁は今までも安泰で、

それに列を成す官僚・マスコミ・財界は自己を潤し、

国家・国民を憂い米国の「虎の尾」を踏んだ、

田中角栄を始とした経世会の総理・総裁は

ことごとく検察とマスコミによって潰されている。

こうした戦後政治の利権構造を改革しようとした政権交代だったが、

米国と対等な立場で中国に接近する鳩山・小沢路線の民主政権は、

マスコミを駆使した世論操作と、検察権力を用いてまんまと小沢路線を潰し、

意のままとなる管・仙石・前原を立てたが、

この付けはとてつもなく大きかったことに最近気づき始めた。

政権交代を選択した多くの国民は、管政権に失望して支持率も10%台に下がった。

こうした米国の目に見えない意向や、世論作り、検察の闇がネットの普及で

今話題になっている「ウィキリークス」などのような

各国の軍事機密や密約・謀略の内部告発や暴露が出て、

多くの国民が気づく時が近いような気がする。

さて現代の「坂の上の雲」の向こうには何が見え始めてくるのだろうか?

人間性善説を信じたいものだが・・。

  * 十一月尽エコポイント特需果つ

2010/11/30  坂の上の雲に思う  エッセイ

司馬遼太郎の、「坂の上の雲」が又始まる。

NHK総合放送の12月5日の再開に合わせて、昨年放送分の6回分の再放送が8時から

総合放送でやっている。

叔父さん達は維新・明治初期を題材したものには惹かれるものがあるのだ。

「坂の上の雲」とは、封建の世から目覚めたばかりの日本が、

そこを登り詰めてさえ行けば、やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家と

いうものを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと憧憬をこめた題名である。



「坂の上の雲」は、松山出身の俳人正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を軸に、

維新から日露戦争の勝利に至る明治日本を描く大河小説。

NHKの放送予定とあらすじ↓

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/story/story01.html

この時代を生きていた人達と、現在の我々の時代の違いは何かを問い

友人とこの話を良くするのだが、

失うものが何も無く食べて行くのが大変な時期に持った純真な志と

生き様を検証してゆけば

物欲と金銭欲にどっぷり浸かった現代を打開する手掛りになるのではないだろうか?


            


司馬遼太郎はこれから展開される日露戦争の旅順攻略、203高知などで出てくる

乃木希典を愚将として取りあげ、国論を二分するのだが、

その評価は今でもそれぞれの見方があるようだ。

乃木は西南戦争で「敵軍に軍旗を奪われた」ことを生涯の恥として生きてゆく訳で

明治天皇崩御の後の殉死もこのことが、大きな原因でもあったと言われているが

このドラマではどのように乃木像を描いてゆくのだろうか。

NHKの昨年の白州次郎を描いたドラマも良かったけど、このドラマもいいね。

NHKは政治報道などには一部偏った報道に走っているきらいはあるが、

いいドキュメンタリー、ドラマを作っているのも事実だ。

NHKにお金を払うのはいやだけど、まあ衛星放送で大リーグ中継で松坂、松井を見せてくれて

PGAゴルフ中継で週末を楽しませてもらっているから・・・まあいいか。



さて、「坂の上の雲」を目指して、大国と肩を並べようと国民に耐乏生活を強いて、

GDPの約半分を軍事費に注ぎ込むような背伸びをした明治時代から、

みんなで駆け上がって見た「坂の上の雲」だったが、

戦争を拡大し、米国との戦争に負けて戦後は米国の意向に沿った日本国となって

繁栄もしてきた訳だが、いつも米国の要求を呑まされ、追随して来たわけだが、

事実、政権の選択は米国の意向が大きく左右していた訳で、

米国の意向を組む「清和会」に属した総理・総裁は今までも安泰で、

それに列を成す官僚・マスコミ・財界は自己を潤し、

国家・国民を憂い米国の「虎の尾」を踏んだ、

田中角栄を始とした経世会の総理・総裁は

ことごとく検察とマスコミによって潰されている。

こうした戦後政治の利権構造を改革しようとした政権交代だったが、

米国と対等な立場で中国に接近する鳩山・小沢路線の民主政権は、

マスコミを駆使した世論操作と、検察権力を用いてまんまと小沢路線を潰し、

意のままとなる管・仙石・前原を立てたが、

この付けはとてつもなく大きかったことに最近気づき始めた。

政権交代を選択した多くの国民は、管政権に失望して支持率も10%台に下がった。

こうした米国の目に見えない意向や、世論作り、検察の闇がネットの普及で

今話題になっている「ウィキリークス」などのような

各国の軍事機密や密約・謀略の内部告発や暴露が出て、

多くの国民が気づく時が近いような気がする。

さて現代の「坂の上の雲」の向こうには何が見え始めてくるのだろうか?

人間性善説を信じたいものだが・・。

  * 十一月尽エコポイント特需果つ

2010/11/30  坂の上の雲に思う  エッセイ

司馬遼太郎の、「坂の上の雲」が又始まる。

NHK総合放送の12月5日の再開に合わせて、昨年放送分の6回分の再放送が8時から

総合放送でやっている。

叔父さん達は維新・明治初期を題材したものには惹かれるものがあるのだ。

「坂の上の雲」とは、封建の世から目覚めたばかりの日本が、

そこを登り詰めてさえ行けば、やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家と

いうものを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと憧憬をこめた題名である。



「坂の上の雲」は、松山出身の俳人正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を軸に、

維新から日露戦争の勝利に至る明治日本を描く大河小説。

NHKの放送予定とあらすじ↓

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/story/story01.html

この時代を生きていた人達と、現在の我々の時代の違いは何かを問い

友人とこの話を良くするのだが、

失うものが何も無く食べて行くのが大変な時期に持った純真な志と

生き様を検証してゆけば

物欲と金銭欲にどっぷり浸かった現代を打開する手掛りになるのではないだろうか?


            


司馬遼太郎はこれから展開される日露戦争の旅順攻略、203高知などで出てくる

乃木希典を愚将として取りあげ、国論を二分するのだが、

その評価は今でもそれぞれの見方があるようだ。

乃木は西南戦争で「敵軍に軍旗を奪われた」ことを生涯の恥として生きてゆく訳で

明治天皇崩御の後の殉死もこのことが、大きな原因でもあったと言われているが

このドラマではどのように乃木像を描いてゆくのだろうか。

NHKの昨年の白州次郎を描いたドラマも良かったけど、このドラマもいいね。

NHKは政治報道などには一部偏った報道に走っているきらいはあるが、

いいドキュメンタリー、ドラマを作っているのも事実だ。

NHKにお金を払うのはいやだけど、まあ衛星放送で大リーグ中継で松坂、松井を見せてくれて

PGAゴルフ中継で週末を楽しませてもらっているから・・・まあいいか。



さて、「坂の上の雲」を目指して、大国と肩を並べようと国民に耐乏生活を強いて、

GDPの約半分を軍事費に注ぎ込むような背伸びをした明治時代から、

みんなで駆け上がって見た「坂の上の雲」だったが、

戦争を拡大し、米国との戦争に負けて戦後は米国の意向に沿った日本国となって

繁栄もしてきた訳だが、いつも米国の要求を呑まされ、追随して来たわけだが、

事実、政権の選択は米国の意向が大きく左右していた訳で、

米国の意向を組む「清和会」に属した総理・総裁は今までも安泰で、

それに列を成す官僚・マスコミ・財界は自己を潤し、

国家・国民を憂い米国の「虎の尾」を踏んだ、

田中角栄を始とした経世会の総理・総裁は

ことごとく検察とマスコミによって潰されている。

こうした戦後政治の利権構造を改革しようとした政権交代だったが、

米国と対等な立場で中国に接近する鳩山・小沢路線の民主政権は、

マスコミを駆使した世論操作と、検察権力を用いてまんまと小沢路線を潰し、

意のままとなる管・仙石・前原を立てたが、

この付けはとてつもなく大きかったことに最近気づき始めた。

政権交代を選択した多くの国民は、管政権に失望して支持率も10%台に下がった。

こうした米国の目に見えない意向や、世論作り、検察の闇がネットの普及で

今話題になっている「ウィキリークス」などのような

各国の軍事機密や密約・謀略の内部告発や暴露が出て、

多くの国民が気づく時が近いような気がする。

さて現代の「坂の上の雲」の向こうには何が見え始めてくるのだろうか?

人間性善説を信じたいものだが・・。

  * 十一月尽エコポイント特需果つ

2010/11/30  坂の上の雲に思う  エッセイ

司馬遼太郎の、「坂の上の雲」が又始まる。

NHK総合放送の12月5日の再開に合わせて、昨年放送分の6回分の再放送が8時から

総合放送でやっている。

叔父さん達は維新・明治初期を題材したものには惹かれるものがあるのだ。

「坂の上の雲」とは、封建の世から目覚めたばかりの日本が、

そこを登り詰めてさえ行けば、やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家と

いうものを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと憧憬をこめた題名である。

クリックすると元のサイズで表示します

「坂の上の雲」は、松山出身の俳人正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を軸に、

維新から日露戦争の勝利に至る明治日本を描く大河小説。

NHKの放送予定とあらすじ↓

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/story/story01.html

この時代を生きていた人達と、現在の我々の時代の違いは何かを問い

友人とこの話を良くするのだが、

失うものが何も無く食べて行くのが大変な時期に持った純真な志と

生き様を検証してゆけば

物欲と金銭欲にどっぷり浸かった現代を打開する手掛りになるのではないだろうか?


            クリックすると元のサイズで表示します


司馬遼太郎はこれから展開される日露戦争の旅順攻略、203高知などで出てくる

乃木希典を愚将として取りあげ、国論を二分するのだが、

その評価は今でもそれぞれの見方があるようだ。

乃木は西南戦争で「敵軍に軍旗を奪われた」ことを生涯の恥として生きてゆく訳で

明治天皇崩御の後の殉死もこのことが、大きな原因でもあったと言われているが

このドラマではどのように乃木像を描いてゆくのだろうか。

NHKの昨年の白州次郎を描いたドラマも良かったけど、このドラマもいいね。

NHKは政治報道などには一部偏った報道に走っているきらいはあるが、

いいドキュメンタリー、ドラマを作っているのも事実だ。

NHKにお金を払うのはいやだけど、まあ衛星放送で大リーグ中継で松坂、松井を見せてくれて

PGAゴルフ中継で週末を楽しませてもらっているから・・・まあいいか。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、「坂の上の雲」を目指して、大国と肩を並べようと国民に耐乏生活を強いて、

GDPの約半分を軍事費に注ぎ込むような背伸びをした明治時代から、

みんなで駆け上がって見た「坂の上の雲」だったが、

戦争を拡大し、米国との戦争に負けて戦後は米国の意向に沿った日本国となって

繁栄もしてきた訳だが、いつも米国の要求を呑まされ、追随して来たわけだが、

事実、政権の選択は米国の意向が大きく左右していた訳で、

米国の意向を組む「清和会」に属した総理・総裁は今までも安泰で、

それに列を成す官僚・マスコミ・財界は自己を潤し、

国家・国民を憂い米国の「虎の尾」を踏んだ、

田中角栄を始とした経世会の総理・総裁は

ことごとく検察とマスコミによって潰されている。

こうした戦後政治の利権構造を改革しようとした政権交代だったが、

米国と対等な立場で中国に接近する鳩山・小沢路線の民主政権は、

マスコミを駆使した世論操作と、検察権力を用いてまんまと小沢路線を潰し、

意のままとなる管・仙石・前原を立てたが、

この付けはとてつもなく大きかったことに最近気づき始めた。

政権交代を選択した多くの国民は、管政権に失望して支持率も10%台に下がった。

こうした米国の目に見えない意向や、世論作り、検察の闇がネットの普及で

今話題になっている「ウィキリークス」などのような

各国の軍事機密や密約・謀略の内部告発や暴露が出て、

多くの国民が気づく時が近いような気がする。

さて現代の「坂の上の雲」の向こうには何が見え始めてくるのだろうか?

人間性善説を信じたいものだが・・。

  * 十一月尽エコポイント特需果つ

2010/11/29  11月28日 のつぶやき  エッセイ

uminoko2 http://twitter.com/uminoko2
11月28日 つぶやきまとめ


12:30
遼君、13番終わって5つ伸ばして10アンダー、トップの松村の12アンダーと2打差、面白くなってきたね。
2010/11/28 Sun 12:30 From web

10:45
遼君、6番終えて二つ伸ばしたて7アンダー、トップと3打差だ。あと5つ6つ伸ばせば可能性があるね。
2010/11/28 Sun 10:45 From web

2010/11/29  11月28日 のつぶやき  エッセイ

uminoko2 http://twitter.com/uminoko2
11月28日 つぶやきまとめ


12:30
遼君、13番終わって5つ伸ばして10アンダー、トップの松村の12アンダーと2打差、面白くなってきたね。
2010/11/28 Sun 12:30 From web

10:45
遼君、6番終えて二つ伸ばしたて7アンダー、トップと3打差だ。あと5つ6つ伸ばせば可能性があるね。
2010/11/28 Sun 10:45 From web

2010/11/29  11月28日 のつぶやき  エッセイ

uminoko2 http://twitter.com/uminoko2
11月28日 つぶやきまとめ


12:30
遼君、13番終わって5つ伸ばして10アンダー、トップの松村の12アンダーと2打差、面白くなってきたね。
2010/11/28 Sun 12:30 From web

10:45
遼君、6番終えて二つ伸ばしたて7アンダー、トップと3打差だ。あと5つ6つ伸ばせば可能性があるね。
2010/11/28 Sun 10:45 From web

2010/11/29  11月28日 のつぶやき  エッセイ

uminoko2 http://twitter.com/uminoko2
11月28日 つぶやきまとめ


12:30
遼君、13番終わって5つ伸ばして10アンダー、トップの松村の12アンダーと2打差、面白くなってきたね。
2010/11/28 Sun 12:30 From web

10:45
遼君、6番終えて二つ伸ばしたて7アンダー、トップと3打差だ。あと5つ6つ伸ばせば可能性があるね。
2010/11/28 Sun 10:45 From web

2010/11/29  11月28日 のつぶやき  エッセイ

uminoko2 http://twitter.com/uminoko2
11月28日 つぶやきまとめ


12:30
遼君、13番終わって5つ伸ばして10アンダー、トップの松村の12アンダーと2打差、面白くなってきたね。
2010/11/28 Sun 12:30 From web

10:45
遼君、6番終えて二つ伸ばしたて7アンダー、トップと3打差だ。あと5つ6つ伸ばせば可能性があるね。
2010/11/28 Sun 10:45 From web

2010/11/29  11月28日 のつぶやき  エッセイ

uminoko2 http://twitter.com/uminoko2
11月28日 つぶやきまとめ


12:30
遼君、13番終わって5つ伸ばして10アンダー、トップの松村の12アンダーと2打差、面白くなってきたね。
2010/11/28 Sun 12:30 From web

10:45
遼君、6番終えて二つ伸ばしたて7アンダー、トップと3打差だ。あと5つ6つ伸ばせば可能性があるね。
2010/11/28 Sun 10:45 From web




AutoPage最新お知らせ