にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2012/2/6  1月米雇用統計を受けて・・どう動く「金」相場  仕事

1月米雇用統計を受けて・・・どう動く「金」相場

調査・分析レポートが6日18時ドリームニュースより以下の内容が配信されます

注目の1月米雇用統計は非農業部門の雇用者数が24万3千人増と

予想の11万から15万人の増加予想を大きく上回った。

一方の失業率は8.3%とこちらも予想の8.5%を上回り、NY株式・ドルは上昇した。

米国経済の底堅さが映し出された形となりました。

これを受けて「金」は売られ、発表直前の1760ドルか ら1735ドルまで急落、 
   
その後1740ドルまで買い戻されたが、そこで今度はFRBの理事であるBullardが、

「FRBは2014年の前にも金利を上げる必要があるかもしれない。」と発言したと伝えられ

Globex先物での取引で1725ドルに急落。ほぼそのレベルで 一週間が終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

年初の1580ドル台から続いた上昇マーケットにようやく調整が入った形になりました。

先月25日に米連邦公開市場委員会(FOMC)でバーナンキ議長は2013年半ば迄

低金利政策を継続するとした方針を2014年終わり迄低金利政策を延長するとし、

またQE3の可能性にも言及、また膨張したFRBの保有資産は拡大することはあっても、

縮小が検討される状況にはないとの金融緩和環境の長期化方針が再確認されたことで、

市場は「金」上昇のお墨付きを頂いたように買われ、

1660ドル台から一挙に1700ドルを越え、1710ドル台まで上昇して、

その後も堅調に推移していたが、目先の利食い売りに反落しました。

今月2日以降の金相場が大幅続伸となった要因としては、

バーナンキ議長の議会証言から 量的緩和第3弾(QE3)の「匂い」を

感じとったインパクトが大きかったと見られていましたが、

3日の雇用統計は量的緩和第3弾(QE3)が遠のいたとした売りが出てきた形だ。

6日のアジア市場のGLOBEX先物は14時現在1734ドル近辺で4日NYの引け値より高く、

アジアの株式市場は軒並み高く推移している。

円・ドルは76円73銭、ユーロ・ドルは1.3089近辺で推移している

「金」を取り巻く環境は12月、1月の状況とは変化がなく、

1/31現在のシカゴ市場の 先物買い残高は前週から112トン増加し、733トンとなり、

「金」ETFの最大手のSPDRの残高は2日に6.04トン増えて、1277.13トンになっている。

「金」を取り巻く基礎的な要素は変わっていないが以下の通り

@各国政府の公的部門の金購入は昨年の400トンに続き継続の可能性がある

A中国、インドの年間金需要が1700トン超えているなどの実需の増加は続く

B欧州財政金融危機問題が換金売りを誘う懸念がある

C過去最大級の世界的な「金」リサイクルブームの民間の売り圧迫要因

D欧州救済の為の「金」リース市場でのドル資金手当て目的の圧迫要因

Eポールソン、ソロスなどのヘッジファンドの「金」売却懸念

FFOMCは「2014年終わり迄低金利政策を延長する」の政策は継続される

Bのリスク回避の売り材料とされる欧州債務危機だが、

依然としてギリシャの債務問題の解決策は決着せず、

3/20にはギリシャ国債の大きな償還を迎えることから市場は米景気動向と金利の先行き、

ギリシャ他EU各国の金融債務問題を見ながらの動きとなるだろう

「金」の最大の欠点は金利を産まないこと。

従ってFFレートが25べーシスでも「利上げ」となると、

また、出口戦略を匂わせる程度のFOMC(米連邦公開市場委員会) 声明文のニュアンス、

あるいはFRBタカ派理事発言だけでも神経質に売りで反応することになろう。

2012年は米、ロシア、韓国他世界首脳の選挙があり、

中国も習氏への移行と世界の指導者の顔ぶれも変わり、

世界の大きなうねりも予感させられるが、有事の「金」、安全資産として買われるのか、

リスク資産として売られるのか予断を許さないところである。

5年のチャートで見れば600ドル台から雄大な相場チャート描いており、

10年前の270ドル近辺から見れば7倍に上昇した金相場はやはり高い水準にあると言えよう

(レポートは弊社独自の調査・分析によるもので売り買いをお勧めするものではありません、

ご判断は各自でお願いいたします)

クリックすると元のサイズで表示します


























2012/2/6  2月5日 のつぶやき  エッセイ

uminoko2 http://twitter.com/uminoko2
2月5日 つぶやきまとめ


17:53
米雇用者数が1月に24万人増、労働力率は1983年来の最低 (2) - Bloomberg http://t.co/jkSH9rbo
2012/02/05 Sun 17:53 From Tweet Button





AutoPage最新お知らせ