にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2012/2/23  狙われる日本の珊瑚  宝石ジュエリー

先週開催された「香港国際ジュエリーショー」について

今年の宝飾業界の景気見通しを占う、注目の「香港国際ジュエリーショー」は

先週16日〜21日まで香港島のコンベンションセンターで世界中の国々からの

参加者とバイヤーを集めて開かれました。

弊社からは「珊瑚」製品を担当している社員が、

弊社在庫商品を一週間も前に出荷している為に出品準備で13日から香港入りし、

昨日戻ってきました。

以下は弊社スタッフの現地レポートです。

今回の香港ショーは、欧州債務危機、とりわけギリシャのデフォルト(債務不履行)の

懸念が、未だ収束の道筋が見えない状態での開催であった為、

先のリーマンショックを連想する目先の不安から、様子見を決め込むバイヤーが多く、

予想したより客足が伸びずに大幅に減少したようでした。

関係者及び、弊社の実感としては、例年の客足より四割程度減っていた感じです。

例年は3,6,9,12月の4回開かれていたが、今回の2月開催は例年の主催者とは別の

会社が取り仕切っていましたが、参加者は殆ど例年と変わらず規模も商品も最高でしたが、

欧州景気の落ち込みから対欧州への輸出比率の多い中国景気の落ち込みの懸念と

中国不動産バブルの崩壊などで、タイミングとしては様子見となる要素はあったようです。

取引の成約は顧客動員と比例しますから、

今回の香港ジュエリーショーは参加者の期待通りには行かなかったようです。

結果は出展各社のよって受け止め方が違うのですが、

珊瑚に特化した弊社と華僑業者の共同ブースには珊瑚を買う中国人バイヤーが初日から

押しかけてもらったのは、出店が今回で三度目で、馴染み客、固定客が出来ていたことと、

現地スタッフのマッケッテイングと販売価格帯と品質の設定が功を奏し、

中国の珊瑚ブームのお陰様でそこそこの結果を残すことが出来たようです。

クリックすると元のサイズで表示します

弊社ブースは弊社の長年の取引業者と共同で台湾ブースに出展しましたが、

珊瑚をめがけて中国のバイヤーが来てくれたので、台湾ブースに出て正解でした。

中には、一社で珊瑚だけでも2億円を買ったと見られる業者も居たようですが

世界中に珊瑚のお客が居ることの証明で、品質は高品質の物色が殆どで

珊瑚の産地は高知沖の血赤の珊瑚が重宝されているようです。

又、そのバイヤーさんは珊瑚のみならずダイヤモンド、その他の宝石も買っている様子で

世界には良い顧客を持った、市場を持った人が居るものですね。

バイヤーの仕入れた商品代金の支払い方法は、

銀行に振り込んで貰ってからの現物渡しであったり

中国元の現金、その場決済をする人が多かったようです。

弊社ブースは中国系のお客様が殆どであった為に

中国元、クレジットカード決済が多かったようで、米ドル、香港ドルは少なかった。

受け取りはパートナーの華僑業者の口座で全て行い、

弊社はその業者にボンドで入れた品物で売れた分を輸出手続に切り替えるだけで、

売れ残りはレシップする形になりました。

今は通関業者が迅速に安全にサービスしてくれるので便利です。

昔はNYでもイスラエルでも出荷する時には輸送会社の窓口まで持っていったものですが

今は取りに来てくれるのでセキュリティ上でも大いに助かります。

            クリックすると元のサイズで表示します

珊瑚(コーラル)は中国では七宝の一つとして古来から重宝され、

家運長久、富の象徴として、また魔除けとして、信仰を集めてきました。

昔の日本でも珊瑚に同じような思い入れがあったようです。

日本の珊瑚が海外に売れることは、輸出品としては結構なことなのですが、

産地の高地では原木が昨年高騰して商売がやりにくいとの声が多くあります。

限りある海の贈り物でワシントン条約でも乱獲が禁じられています。

クリックすると元のサイズで表示します

2012/2/23  飛び梅伝説  日記

「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春なわすれそ」

右大臣菅原道真は藤原時平の

「菅原道真は自らの野心のため、醍醐天皇に代わる天皇を立てようと 企てています」 と言う、

身に覚えなき告げ口に九州大宰府に左遷されます。

京を去る時に道真は庭の梅に上掲の歌を詠み枝に結んだのでしたが、

道真が好きだった庭の梅は、道真を慕い、はるばる筑紫の大宰府まで

飛んできて根をおろしたと伝えられている故事が「飛び梅」伝説ですが

20年前に訪れた太宰府天満宮の本殿正面の庭には「飛び梅」と記された梅の木がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

湯島天満宮の本殿横には大宰府天満宮献納の梅が咲き誇っていました。

今年は暖かいのでしょうか?

湯島天神の梅も見頃です

「梅祭り」が始まっているのですが、寒い日があったり、気候は日替わりで、

まだ当分の間楽しめるのが梅の良いところですね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

まんまと道真追放の時平を中心とする藤原氏のクーデターは、まんまと成功したのですが、
 
ところが、この直後から都には次々と異変が起こりだし、旱魃や飢饉が続きます。

そして時平の周囲には不幸が相次ぎます。

道真の後釜として、右大臣となった源光が狩の最中、底なし沼に飲み込まれて死亡。

さらに、時平に近い者が次々に病気や事故で死んでいくのです。

宮中の内裏での評議中に一瞬の雷光が、大納言藤原清貫を直撃します。
 
殆どの人は、菅原道真の祟りだと恐れおののきます。
 
それから毎日のように、都には雷鳴が鳴り響き 醍醐天皇は、思い悩んだあげく退位し、

朱雀帝に譲位しますが、気を病んだまま数ヵ月後に亡くなりました。

時平は毎晩のように、道真の怨霊にうなされ、そして病の床につきます。

時平は毎日、苦しみうなされながら死んでしまいました。

それでも道真の祟りはおさまりません。

天皇后となった時平の娘とその子である皇太子(時平の孫)も相次いで病死します。

さらに時平の三男はじめ、時平の一族ほとんどが一時に病死したのです。

道真の怨霊をどうしたら静められるか」、

このことが内裏における一番の重要課題とされ、

朝廷は、道真の罪を取り消し、もとの大臣の位に復させました。

そんなとき、比良神社の神官のもとに菅原道真の霊が現れ、

「北野の千本の松が生えたあたりに祠を建てよ」とのお告げがあったそうです。

その北野の地には、一夜にして千本の松が生えていました。

そこで朝廷は、その地に壮大な天満宮を建てたのです。

やがて道真の怨霊はおさまり、京は平安に戻ったと伝えられています。

かの北野天満宮を始め、全国にある天満宮はこれに習って、菅原道真を学問の神様と崇め

建てられたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

             クリックすると元のサイズで表示します

道真の菅原家は代々学問に携わってきた家系で道真公も幼少より学問が良く出来たことから

今でも天満宮には合格祈願の絵馬が重ねあって掛けられている

   * 料峭やカタカタとなる祈願絵馬

2012/2/23  2月22日 のつぶやき  エッセイ

uminoko2 http://twitter.com/uminoko2
2月22日 つぶやきまとめ


23:29
急回復の自動車株、カギは米国市場にあり :スクランブル :コラム :マーケット :日本経済新聞 http://t.co/23DPhIop
2012/02/22 Wed 23:29 From Tweet Button

19:43
円、昨年8月の介入後安値下回る 一時80円30銭 :為替概況 :為替・金融 :マーケット :日本経済新聞 http://t.co/yWD6XfHP
2012/02/22 Wed 19:43 From Tweet Button

15:59
「金」ADR先物は1757ドル近辺で推移している・・円80円台、一段安の見方 日本株には追い風 :NQNスペシャル :マーケット :日本経済新聞 http://t.co/ajR6SMts
2012/02/22 Wed 15:59 From Tweet Button

14:35
円、一時80円台 6カ月半ぶり安値 :為替概況 :為替・金融 :マーケット :日本経済新聞 http://t.co/gAhNNro3
2012/02/22 Wed 14:35 From Tweet Button

12:47
鴨川グランドの12年3月期、最終黒字に 東電から賠償金 :業績ニュース :企業 :マーケット :日本経済新聞 http://t.co/5qcY6zlA
2012/02/22 Wed 12:47 From Tweet Button





AutoPage最新お知らせ