にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2013/1/31  枯蓮の枯れ尽くしなほ枯れきれず  日記

ここ数日14.15度と暖かかったので、湯島天神の早梅が開いたのではと期待し

5時前に会社を出て天満宮へ見に行きましたが、

まだまだ蕾は固く一輪も開いていませんでした。

まあ昨年も2月8日に早梅が2分ほど咲き始めた位でしたから・・・まだでしょうね。



              

相変わらずたくさんの合格祈願絵馬が幾重にも折り重なって掛けられていましたが、

全ての皆さんの希望が叶うといいですね・・・。

  * 合格甘酒啜る乙女や一月尽

狭い境内ですが、泉鏡花の筆塚があり、小さな梅園があり、

湯島の白梅で歌われた、当時のガス燈などもあり、

天満宮の大太鼓がなり、屋台のお店がたくさん軒を連ね、

祈願絵馬が幾重にも掛けられ、たくさんのお御籤が結ばれており

歴史が残る都会の真ん中のオアシスですね。



              

  * 筆塚に春のせせらぎ惜しみなく

湯島天神から不忍池を通り抜ける頃には、日が落ちて仄暗くなってなってきましたが

不忍池の蓮は枯れてなお,枯れきれずに万策尽きたごとくに

枯れてゆきますが、これが又結構な時間を要するのですね・・。

 * 待春のみどりの蕾>膨らめり

早春賦 (You Cubu↓


2013/1/31  枯蓮の枯れ尽くしなほ枯れきれず  日記

ここ数日14.15度と暖かかったので、湯島天神の早梅が開いたのではと期待し

5時前に会社を出て天満宮へ見に行きましたが、

まだまだ蕾は固く一輪も開いていませんでした。

まあ昨年も2月8日に早梅が2分ほど咲き始めた位でしたから・・・まだでしょうね。



              

相変わらずたくさんの合格祈願絵馬が幾重にも折り重なって掛けられていましたが、

全ての皆さんの希望が叶うといいですね・・・。

  * 合格甘酒啜る乙女や一月尽

狭い境内ですが、泉鏡花の筆塚があり、小さな梅園があり、

湯島の白梅で歌われた、当時のガス燈などもあり、

天満宮の大太鼓がなり、屋台のお店がたくさん軒を連ね、

祈願絵馬が幾重にも掛けられ、たくさんのお御籤が結ばれており

歴史が残る都会の真ん中のオアシスですね。



              

  * 筆塚に春のせせらぎ惜しみなく

湯島天神から不忍池を通り抜ける頃には、日が落ちて仄暗くなってなってきましたが

不忍池の蓮は枯れてなお,枯れきれずに万策尽きたごとくに

枯れてゆきますが、これが又結構な時間を要するのですね・・。

 * 待春のみどりの蕾>膨らめり

早春賦 (You Cubu↓


2013/1/31  枯蓮の枯れ尽くしなほ枯れきれず  日記

ここ数日14.15度と暖かかったので、湯島天神の早梅が開いたのではと期待し

5時前に会社を出て天満宮へ見に行きましたが、

まだまだ蕾は固く一輪も開いていませんでした。

まあ昨年も2月8日に早梅が2分ほど咲き始めた位でしたから・・・まだでしょうね。



              

相変わらずたくさんの合格祈願絵馬が幾重にも折り重なって掛けられていましたが、

全ての皆さんの希望が叶うといいですね・・・。

  * 合格甘酒啜る乙女や一月尽

狭い境内ですが、泉鏡花の筆塚があり、小さな梅園があり、

湯島の白梅で歌われた、当時のガス燈などもあり、

天満宮の大太鼓がなり、屋台のお店がたくさん軒を連ね、

祈願絵馬が幾重にも掛けられ、たくさんのお御籤が結ばれており

歴史が残る都会の真ん中のオアシスですね。



              

  * 筆塚に春のせせらぎ惜しみなく

湯島天神から不忍池を通り抜ける頃には、日が落ちて仄暗くなってなってきましたが

不忍池の蓮は枯れてなお,枯れきれずに万策尽きたごとくに

枯れてゆきますが、これが又結構な時間を要するのですね・・。

 * 待春のみどりの蕾>膨らめり

早春賦 (You Cubu↓


2013/1/31  枯蓮の枯れ尽くしなほ枯れきれず  日記

ここ数日14.15度と暖かかったので、湯島天神の早梅が開いたのではと期待し

5時前に会社を出て天満宮へ見に行きましたが、

まだまだ蕾は固く一輪も開いていませんでした。

まあ昨年も2月8日に早梅が2分ほど咲き始めた位でしたから・・・まだでしょうね。



              

相変わらずたくさんの合格祈願絵馬が幾重にも折り重なって掛けられていましたが、

全ての皆さんの希望が叶うといいですね・・・。

  * 合格甘酒啜る乙女や一月尽

狭い境内ですが、泉鏡花の筆塚があり、小さな梅園があり、

湯島の白梅で歌われた、当時のガス燈などもあり、

天満宮の大太鼓がなり、屋台のお店がたくさん軒を連ね、

祈願絵馬が幾重にも掛けられ、たくさんのお御籤が結ばれており

歴史が残る都会の真ん中のオアシスですね。



              

  * 筆塚に春のせせらぎ惜しみなく

湯島天神から不忍池を通り抜ける頃には、日が落ちて仄暗くなってなってきましたが

不忍池の蓮は枯れてなお,枯れきれずに万策尽きたごとくに

枯れてゆきますが、これが又結構な時間を要するのですね・・。

 * 待春のみどりの蕾>膨らめり

早春賦 (You Cubu↓


2013/1/31  枯蓮の枯れ尽くしなほ枯れきれず  日記

ここ数日14.15度と暖かかったので、湯島天神の早梅が開いたのではと期待し

5時前に会社を出て天満宮へ見に行きましたが、

まだまだ蕾は固く一輪も開いていませんでした。

まあ昨年も2月8日に早梅が2分ほど咲き始めた位でしたから・・・まだでしょうね。



              

相変わらずたくさんの合格祈願絵馬が幾重にも折り重なって掛けられていましたが、

全ての皆さんの希望が叶うといいですね・・・。

  * 合格甘酒啜る乙女や一月尽

狭い境内ですが、泉鏡花の筆塚があり、小さな梅園があり、

湯島の白梅で歌われた、当時のガス燈などもあり、

天満宮の大太鼓がなり、屋台のお店がたくさん軒を連ね、

祈願絵馬が幾重にも掛けられ、たくさんのお御籤が結ばれており

歴史が残る都会の真ん中のオアシスですね。



              

  * 筆塚に春のせせらぎ惜しみなく

湯島天神から不忍池を通り抜ける頃には、日が落ちて仄暗くなってなってきましたが

不忍池の蓮は枯れてなお,枯れきれずに万策尽きたごとくに

枯れてゆきますが、これが又結構な時間を要するのですね・・。

 * 待春のみどりの蕾>膨らめり

早春賦 (You Cubu↓


2013/1/31  枯蓮の枯れ尽くしなほ枯れきれず  日記

ここ数日14.15度と暖かかったので、湯島天神の早梅が開いたのではと期待し

5時前に会社を出て天満宮へ見に行きましたが、

まだまだ蕾は固く一輪も開いていませんでした。

まあ昨年も2月8日に早梅が2分ほど咲き始めた位でしたから・・・まだでしょうね。



              

相変わらずたくさんの合格祈願絵馬が幾重にも折り重なって掛けられていましたが、

全ての皆さんの希望が叶うといいですね・・・。

  * 合格甘酒啜る乙女や一月尽

狭い境内ですが、泉鏡花の筆塚があり、小さな梅園があり、

湯島の白梅で歌われた、当時のガス燈などもあり、

天満宮の大太鼓がなり、屋台のお店がたくさん軒を連ね、

祈願絵馬が幾重にも掛けられ、たくさんのお御籤が結ばれており

歴史が残る都会の真ん中のオアシスですね。



              

  * 筆塚に春のせせらぎ惜しみなく

湯島天神から不忍池を通り抜ける頃には、日が落ちて仄暗くなってなってきましたが

不忍池の蓮は枯れてなお,枯れきれずに万策尽きたごとくに

枯れてゆきますが、これが又結構な時間を要するのですね・・。

 * 待春のみどりの蕾>膨らめり

早春賦 (You Cubu↓


2013/1/31  枯蓮の枯れ尽くしなほ枯れきれず  日記

ここ数日14.15度と暖かかったので、湯島天神の早梅が開いたのではと期待し

5時前に会社を出て天満宮へ見に行きましたが、

まだまだ蕾は固く一輪も開いていませんでした。

まあ昨年も2月8日に早梅が2分ほど咲き始めた位でしたから・・・まだでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

相変わらずたくさんの合格祈願絵馬が幾重にも折り重なって掛けられていましたが、

全ての皆さんの希望が叶うといいですね・・・。

  * 合格甘酒啜る乙女や一月尽

狭い境内ですが、泉鏡花の筆塚があり、小さな梅園があり、

湯島の白梅で歌われた、当時のガス燈などもあり、

天満宮の大太鼓がなり、屋台のお店がたくさん軒を連ね、

祈願絵馬が幾重にも掛けられ、たくさんのお御籤が結ばれており

歴史が残る都会の真ん中のオアシスですね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

  * 筆塚に春のせせらぎ惜しみなく

湯島天神から不忍池を通り抜ける頃には、日が落ちて仄暗くなってなってきましたが

不忍池の蓮は枯れてなお,枯れきれずに万策尽きたごとくに

枯れてゆきますが、これが又結構な時間を要するのですね・・。

 * 待春のみどりの蕾>膨らめり

早春賦 (You Cubu↓


2013/1/31   「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました  仕事

「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました

昨夜(30日)のNY市場では、

米国21012年10−12月期のGDPの速報値が予想を下回る-0.1%であったことで、

金融緩和継続期待が再び強まったことでドル建ての「金」市場は

1662ドルから1685ドルまで大きく上昇しました。

引け値1676ドルは200日移動平均線の1664ドル近辺を4営業日振りに下から上抜けし、

1650ドルから1700ドルのレンジ相場を確認したようです。

注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)は30日、

現行の事実上のゼロ金利政策と量的緩和策を維持することを決めた。

米景気について「悪天候やほかの一時的要因で成長が足踏みしている」との認識を示した。

今回追加緩和を見送ったものの、

労働市場の先行きに改善がみられない限りは現状の資産買い取り策を続け、

必要に応じ追加措置を講じるとしている。

FRBは、当面は毎月850億ドルペースの資産購入が継続される見通しであり、

米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシートが過去最大を更新する流れは続くことになる。

特に声明文の内容には目立った変化が見られなかったことが、

「金」相場の下値不安を後退させたようです。



国内相場は為替に当面は目を向けなければならないようです。

90円を割り込み、調整場面かと思わえたドル・円は昨日91円台の円安に戻り、国内価格を押し上げ、

田中貴金属工業など大手地金商の小売価格も本日(31日)、

前日比57円高の1グラム5189円に上昇し,32年4カ月ぶりの高値水準となっています。


為替一円の変動はグラム当たり約54円の変動があり、円安になれば高くなります。

逆に円高になれば安くなるわけです。

32年4ヶ月前の高値とは 1980年にドル建ての最高高値850ドルだったのですが、

210円近辺の円安であったためにグラム建て価格は5000円近辺に上昇したことがありました。

1980年9月に第一次湾岸戦争と呼ばれたイラン・イラク戦争の勃発で300ドル台だった「金」相場は

急騰しましたが翌年以降に400ドル台に、そして1982年以降は300ドル台に下落し、

20年間の鍋底相場となったのでした。

現在のドル建て価格は1680ドル近辺ですが、仮に為替が当時の210円であれば、

グラム当たり11,300円位になりますが、

世界情勢も為替状況も当時とは様変わりし、米ドルの実行レートに変動して動き、

2005年以前はIMFを始め各国中央政府が「金」を売却してきたのですが、

最近は逆に中央政府が「金」を外貨準備の一環として買うようになり、

その中央政府の売り越しが平均400トンあったものが、逆に400ー500トンの買い越しになり,

その差額800トンから900トンの買いが増えたことがこの12年間連続して値上がりした

原因の一つでもあります。


しかしながら相場のことは神のみぞ知るで、

「金」価格の行方も、ドル・円相場の行方は誰もわかりません。

売るのも買うのも自己判断ということになります。

(このレポートは弊社独自の調査・分析によるもので、売り買いをお薦めするものではありません)

(下はロンドン「金」の10年チャートです)


2013/1/31   「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました  仕事

「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました

昨夜(30日)のNY市場では、

米国21012年10−12月期のGDPの速報値が予想を下回る-0.1%であったことで、

金融緩和継続期待が再び強まったことでドル建ての「金」市場は

1662ドルから1685ドルまで大きく上昇しました。

引け値1676ドルは200日移動平均線の1664ドル近辺を4営業日振りに下から上抜けし、

1650ドルから1700ドルのレンジ相場を確認したようです。

注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)は30日、

現行の事実上のゼロ金利政策と量的緩和策を維持することを決めた。

米景気について「悪天候やほかの一時的要因で成長が足踏みしている」との認識を示した。

今回追加緩和を見送ったものの、

労働市場の先行きに改善がみられない限りは現状の資産買い取り策を続け、

必要に応じ追加措置を講じるとしている。

FRBは、当面は毎月850億ドルペースの資産購入が継続される見通しであり、

米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシートが過去最大を更新する流れは続くことになる。

特に声明文の内容には目立った変化が見られなかったことが、

「金」相場の下値不安を後退させたようです。



国内相場は為替に当面は目を向けなければならないようです。

90円を割り込み、調整場面かと思わえたドル・円は昨日91円台の円安に戻り、国内価格を押し上げ、

田中貴金属工業など大手地金商の小売価格も本日(31日)、

前日比57円高の1グラム5189円に上昇し,32年4カ月ぶりの高値水準となっています。


為替一円の変動はグラム当たり約54円の変動があり、円安になれば高くなります。

逆に円高になれば安くなるわけです。

32年4ヶ月前の高値とは 1980年にドル建ての最高高値850ドルだったのですが、

210円近辺の円安であったためにグラム建て価格は5000円近辺に上昇したことがありました。

1980年9月に第一次湾岸戦争と呼ばれたイラン・イラク戦争の勃発で300ドル台だった「金」相場は

急騰しましたが翌年以降に400ドル台に、そして1982年以降は300ドル台に下落し、

20年間の鍋底相場となったのでした。

現在のドル建て価格は1680ドル近辺ですが、仮に為替が当時の210円であれば、

グラム当たり11,300円位になりますが、

世界情勢も為替状況も当時とは様変わりし、米ドルの実行レートに変動して動き、

2005年以前はIMFを始め各国中央政府が「金」を売却してきたのですが、

最近は逆に中央政府が「金」を外貨準備の一環として買うようになり、

その中央政府の売り越しが平均400トンあったものが、逆に400ー500トンの買い越しになり,

その差額800トンから900トンの買いが増えたことがこの12年間連続して値上がりした

原因の一つでもあります。


しかしながら相場のことは神のみぞ知るで、

「金」価格の行方も、ドル・円相場の行方は誰もわかりません。

売るのも買うのも自己判断ということになります。

(このレポートは弊社独自の調査・分析によるもので、売り買いをお薦めするものではありません)

(下はロンドン「金」の10年チャートです)


2013/1/31   「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました  仕事

「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました

昨夜(30日)のNY市場では、

米国21012年10−12月期のGDPの速報値が予想を下回る-0.1%であったことで、

金融緩和継続期待が再び強まったことでドル建ての「金」市場は

1662ドルから1685ドルまで大きく上昇しました。

引け値1676ドルは200日移動平均線の1664ドル近辺を4営業日振りに下から上抜けし、

1650ドルから1700ドルのレンジ相場を確認したようです。

注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)は30日、

現行の事実上のゼロ金利政策と量的緩和策を維持することを決めた。

米景気について「悪天候やほかの一時的要因で成長が足踏みしている」との認識を示した。

今回追加緩和を見送ったものの、

労働市場の先行きに改善がみられない限りは現状の資産買い取り策を続け、

必要に応じ追加措置を講じるとしている。

FRBは、当面は毎月850億ドルペースの資産購入が継続される見通しであり、

米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシートが過去最大を更新する流れは続くことになる。

特に声明文の内容には目立った変化が見られなかったことが、

「金」相場の下値不安を後退させたようです。



国内相場は為替に当面は目を向けなければならないようです。

90円を割り込み、調整場面かと思わえたドル・円は昨日91円台の円安に戻り、国内価格を押し上げ、

田中貴金属工業など大手地金商の小売価格も本日(31日)、

前日比57円高の1グラム5189円に上昇し,32年4カ月ぶりの高値水準となっています。


為替一円の変動はグラム当たり約54円の変動があり、円安になれば高くなります。

逆に円高になれば安くなるわけです。

32年4ヶ月前の高値とは 1980年にドル建ての最高高値850ドルだったのですが、

210円近辺の円安であったためにグラム建て価格は5000円近辺に上昇したことがありました。

1980年9月に第一次湾岸戦争と呼ばれたイラン・イラク戦争の勃発で300ドル台だった「金」相場は

急騰しましたが翌年以降に400ドル台に、そして1982年以降は300ドル台に下落し、

20年間の鍋底相場となったのでした。

現在のドル建て価格は1680ドル近辺ですが、仮に為替が当時の210円であれば、

グラム当たり11,300円位になりますが、

世界情勢も為替状況も当時とは様変わりし、米ドルの実行レートに変動して動き、

2005年以前はIMFを始め各国中央政府が「金」を売却してきたのですが、

最近は逆に中央政府が「金」を外貨準備の一環として買うようになり、

その中央政府の売り越しが平均400トンあったものが、逆に400ー500トンの買い越しになり,

その差額800トンから900トンの買いが増えたことがこの12年間連続して値上がりした

原因の一つでもあります。


しかしながら相場のことは神のみぞ知るで、

「金」価格の行方も、ドル・円相場の行方は誰もわかりません。

売るのも買うのも自己判断ということになります。

(このレポートは弊社独自の調査・分析によるもので、売り買いをお薦めするものではありません)

(下はロンドン「金」の10年チャートです)


2013/1/31   「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました  仕事

「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました

昨夜(30日)のNY市場では、

米国21012年10−12月期のGDPの速報値が予想を下回る-0.1%であったことで、

金融緩和継続期待が再び強まったことでドル建ての「金」市場は

1662ドルから1685ドルまで大きく上昇しました。

引け値1676ドルは200日移動平均線の1664ドル近辺を4営業日振りに下から上抜けし、

1650ドルから1700ドルのレンジ相場を確認したようです。

注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)は30日、

現行の事実上のゼロ金利政策と量的緩和策を維持することを決めた。

米景気について「悪天候やほかの一時的要因で成長が足踏みしている」との認識を示した。

今回追加緩和を見送ったものの、

労働市場の先行きに改善がみられない限りは現状の資産買い取り策を続け、

必要に応じ追加措置を講じるとしている。

FRBは、当面は毎月850億ドルペースの資産購入が継続される見通しであり、

米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシートが過去最大を更新する流れは続くことになる。

特に声明文の内容には目立った変化が見られなかったことが、

「金」相場の下値不安を後退させたようです。



国内相場は為替に当面は目を向けなければならないようです。

90円を割り込み、調整場面かと思わえたドル・円は昨日91円台の円安に戻り、国内価格を押し上げ、

田中貴金属工業など大手地金商の小売価格も本日(31日)、

前日比57円高の1グラム5189円に上昇し,32年4カ月ぶりの高値水準となっています。


為替一円の変動はグラム当たり約54円の変動があり、円安になれば高くなります。

逆に円高になれば安くなるわけです。

32年4ヶ月前の高値とは 1980年にドル建ての最高高値850ドルだったのですが、

210円近辺の円安であったためにグラム建て価格は5000円近辺に上昇したことがありました。

1980年9月に第一次湾岸戦争と呼ばれたイラン・イラク戦争の勃発で300ドル台だった「金」相場は

急騰しましたが翌年以降に400ドル台に、そして1982年以降は300ドル台に下落し、

20年間の鍋底相場となったのでした。

現在のドル建て価格は1680ドル近辺ですが、仮に為替が当時の210円であれば、

グラム当たり11,300円位になりますが、

世界情勢も為替状況も当時とは様変わりし、米ドルの実行レートに変動して動き、

2005年以前はIMFを始め各国中央政府が「金」を売却してきたのですが、

最近は逆に中央政府が「金」を外貨準備の一環として買うようになり、

その中央政府の売り越しが平均400トンあったものが、逆に400ー500トンの買い越しになり,

その差額800トンから900トンの買いが増えたことがこの12年間連続して値上がりした

原因の一つでもあります。


しかしながら相場のことは神のみぞ知るで、

「金」価格の行方も、ドル・円相場の行方は誰もわかりません。

売るのも買うのも自己判断ということになります。

(このレポートは弊社独自の調査・分析によるもので、売り買いをお薦めするものではありません)

(下はロンドン「金」の10年チャートです)


2013/1/31   「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました  仕事

「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました

昨夜(30日)のNY市場では、

米国21012年10−12月期のGDPの速報値が予想を下回る-0.1%であったことで、

金融緩和継続期待が再び強まったことでドル建ての「金」市場は

1662ドルから1685ドルまで大きく上昇しました。

引け値1676ドルは200日移動平均線の1664ドル近辺を4営業日振りに下から上抜けし、

1650ドルから1700ドルのレンジ相場を確認したようです。

注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)は30日、

現行の事実上のゼロ金利政策と量的緩和策を維持することを決めた。

米景気について「悪天候やほかの一時的要因で成長が足踏みしている」との認識を示した。

今回追加緩和を見送ったものの、

労働市場の先行きに改善がみられない限りは現状の資産買い取り策を続け、

必要に応じ追加措置を講じるとしている。

FRBは、当面は毎月850億ドルペースの資産購入が継続される見通しであり、

米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシートが過去最大を更新する流れは続くことになる。

特に声明文の内容には目立った変化が見られなかったことが、

「金」相場の下値不安を後退させたようです。



国内相場は為替に当面は目を向けなければならないようです。

90円を割り込み、調整場面かと思わえたドル・円は昨日91円台の円安に戻り、国内価格を押し上げ、

田中貴金属工業など大手地金商の小売価格も本日(31日)、

前日比57円高の1グラム5189円に上昇し,32年4カ月ぶりの高値水準となっています。


為替一円の変動はグラム当たり約54円の変動があり、円安になれば高くなります。

逆に円高になれば安くなるわけです。

32年4ヶ月前の高値とは 1980年にドル建ての最高高値850ドルだったのですが、

210円近辺の円安であったためにグラム建て価格は5000円近辺に上昇したことがありました。

1980年9月に第一次湾岸戦争と呼ばれたイラン・イラク戦争の勃発で300ドル台だった「金」相場は

急騰しましたが翌年以降に400ドル台に、そして1982年以降は300ドル台に下落し、

20年間の鍋底相場となったのでした。

現在のドル建て価格は1680ドル近辺ですが、仮に為替が当時の210円であれば、

グラム当たり11,300円位になりますが、

世界情勢も為替状況も当時とは様変わりし、米ドルの実行レートに変動して動き、

2005年以前はIMFを始め各国中央政府が「金」を売却してきたのですが、

最近は逆に中央政府が「金」を外貨準備の一環として買うようになり、

その中央政府の売り越しが平均400トンあったものが、逆に400ー500トンの買い越しになり,

その差額800トンから900トンの買いが増えたことがこの12年間連続して値上がりした

原因の一つでもあります。


しかしながら相場のことは神のみぞ知るで、

「金」価格の行方も、ドル・円相場の行方は誰もわかりません。

売るのも買うのも自己判断ということになります。

(このレポートは弊社独自の調査・分析によるもので、売り買いをお薦めするものではありません)

(下はロンドン「金」の10年チャートです)


2013/1/31   「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました  仕事

「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました

昨夜(30日)のNY市場では、

米国21012年10−12月期のGDPの速報値が予想を下回る-0.1%であったことで、

金融緩和継続期待が再び強まったことでドル建ての「金」市場は

1662ドルから1685ドルまで大きく上昇しました。

引け値1676ドルは200日移動平均線の1664ドル近辺を4営業日振りに下から上抜けし、

1650ドルから1700ドルのレンジ相場を確認したようです。

注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)は30日、

現行の事実上のゼロ金利政策と量的緩和策を維持することを決めた。

米景気について「悪天候やほかの一時的要因で成長が足踏みしている」との認識を示した。

今回追加緩和を見送ったものの、

労働市場の先行きに改善がみられない限りは現状の資産買い取り策を続け、

必要に応じ追加措置を講じるとしている。

FRBは、当面は毎月850億ドルペースの資産購入が継続される見通しであり、

米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシートが過去最大を更新する流れは続くことになる。

特に声明文の内容には目立った変化が見られなかったことが、

「金」相場の下値不安を後退させたようです。



国内相場は為替に当面は目を向けなければならないようです。

90円を割り込み、調整場面かと思わえたドル・円は昨日91円台の円安に戻り、国内価格を押し上げ、

田中貴金属工業など大手地金商の小売価格も本日(31日)、

前日比57円高の1グラム5189円に上昇し,32年4カ月ぶりの高値水準となっています。


為替一円の変動はグラム当たり約54円の変動があり、円安になれば高くなります。

逆に円高になれば安くなるわけです。

32年4ヶ月前の高値とは 1980年にドル建ての最高高値850ドルだったのですが、

210円近辺の円安であったためにグラム建て価格は5000円近辺に上昇したことがありました。

1980年9月に第一次湾岸戦争と呼ばれたイラン・イラク戦争の勃発で300ドル台だった「金」相場は

急騰しましたが翌年以降に400ドル台に、そして1982年以降は300ドル台に下落し、

20年間の鍋底相場となったのでした。

現在のドル建て価格は1680ドル近辺ですが、仮に為替が当時の210円であれば、

グラム当たり11,300円位になりますが、

世界情勢も為替状況も当時とは様変わりし、米ドルの実行レートに変動して動き、

2005年以前はIMFを始め各国中央政府が「金」を売却してきたのですが、

最近は逆に中央政府が「金」を外貨準備の一環として買うようになり、

その中央政府の売り越しが平均400トンあったものが、逆に400ー500トンの買い越しになり,

その差額800トンから900トンの買いが増えたことがこの12年間連続して値上がりした

原因の一つでもあります。


しかしながら相場のことは神のみぞ知るで、

「金」価格の行方も、ドル・円相場の行方は誰もわかりません。

売るのも買うのも自己判断ということになります。

(このレポートは弊社独自の調査・分析によるもので、売り買いをお薦めするものではありません)

(下はロンドン「金」の10年チャートです)


2013/1/31   「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました  仕事

「金」の小売価格は5,189円、32年4ヶ月振りの高値を更新しました

昨夜(30日)のNY市場では、

米国21012年10−12月期のGDPの速報値が予想を下回る-0.1%であったことで、

金融緩和継続期待が再び強まったことでドル建ての「金」市場は

1662ドルから1685ドルまで大きく上昇しました。

引け値1676ドルは200日移動平均線の1664ドル近辺を4営業日振りに下から上抜けし、

1650ドルから1700ドルのレンジ相場を確認したようです。

注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)は30日、

現行の事実上のゼロ金利政策と量的緩和策を維持することを決めた。

米景気について「悪天候やほかの一時的要因で成長が足踏みしている」との認識を示した。

今回追加緩和を見送ったものの、

労働市場の先行きに改善がみられない限りは現状の資産買い取り策を続け、

必要に応じ追加措置を講じるとしている。

FRBは、当面は毎月850億ドルペースの資産購入が継続される見通しであり、

米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシートが過去最大を更新する流れは続くことになる。

特に声明文の内容には目立った変化が見られなかったことが、

「金」相場の下値不安を後退させたようです。



国内相場は為替に当面は目を向けなければならないようです。

90円を割り込み、調整場面かと思わえたドル・円は昨日91円台の円安に戻り、国内価格を押し上げ、

田中貴金属工業など大手地金商の小売価格も本日(31日)、

前日比57円高の1グラム5189円に上昇し,32年4カ月ぶりの高値水準となっています。


為替一円の変動はグラム当たり約54円の変動があり、円安になれば高くなります。

逆に円高になれば安くなるわけです。

32年4ヶ月前の高値とは 1980年にドル建ての最高高値850ドルだったのですが、

210円近辺の円安であったためにグラム建て価格は5000円近辺に上昇したことがありました。

1980年9月に第一次湾岸戦争と呼ばれたイラン・イラク戦争の勃発で300ドル台だった「金」相場は

急騰しましたが翌年以降に400ドル台に、そして1982年以降は300ドル台に下落し、

20年間の鍋底相場となったのでした。

現在のドル建て価格は1680ドル近辺ですが、仮に為替が当時の210円であれば、

グラム当たり11,300円位になりますが、

世界情勢も為替状況も当時とは様変わりし、米ドルの実行レートに変動して動き、

2005年以前はIMFを始め各国中央政府が「金」を売却してきたのですが、

最近は逆に中央政府が「金」を外貨準備の一環として買うようになり、

その中央政府の売り越しが平均400トンあったものが、逆に400ー500トンの買い越しになり,

その差額800トンから900トンの買いが増えたことがこの12年間連続して値上がりした

原因の一つでもあります。


しかしながら相場のことは神のみぞ知るで、

「金」価格の行方も、ドル・円相場の行方は誰もわかりません。

売るのも買うのも自己判断ということになります。

(このレポートは弊社独自の調査・分析によるもので、売り買いをお薦めするものではありません)

(下はロンドン「金」の10年チャートです)

クリックすると元のサイズで表示します

2013/1/31  1月30日 のつぶやき  エッセイ

uminoko2 http://twitter.com/uminoko2
1月30日 つぶやきまとめ


23:23
次の @YouTube 動画を高く評価しました: http://t.co/WxMyHvVV
2013/01/30 Wed 23:23 From Google

13:07
ブログを更新しました。 『中央銀行の「金」保有高について』 http://t.co/ICoZf1qg
2013/01/30 Wed 13:07 From Ameba_Blog

11:55
ブログを更新しました。 『金準備を拡大する国、縮小する国、』 http://t.co/883FEuIC
2013/01/30 Wed 11:55 From Ameba_Blog

11:55
ブログを更新しました。 『1/30 「メリンダダイヤモンド」の金・プラチナ買取価格と、リ・タナカ、同業大手他社さんとの比較』 http://t.co/adGbplbC
2013/01/30 Wed 11:55 From Ameba_Blog

10:18
ブログを更新しました。 『本日(1/30)の弊社買取価格K18は3635円(29円高)、Pt900は4406円(56円高)』 http://t.co/niK7Gluh
2013/01/30 Wed 10:18 From Ameba_Blog

07:51
ブログを更新しました。 『NY「金」1663ドル、90円66銭』 http://t.co/c6HgC9Rs
2013/01/30 Wed 07:51 From Ameba_Blog




AutoPage最新お知らせ