にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2013/9/27  希少価値ダイヤモンドの夢のようなお話  宝石ジュエリー

59.6ctのピンクダイヤモンドがオークションに

オークション大手のサザビーズは59.6ctのピンクダイヤモンド

「ピンクスター」が11月13日ジュネーブでオークションに掛けられるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

予想落札価格は6,000万ドル(59億2千万円)・・・。

ダイヤモンドのオークション史上の最高価格更新になるかもしれません。

こうした希少価値のダイヤモンドは世界の富裕層がコレクタションとして買うので、

とてつもない値段が付きますが・・・まあ我々庶民にはため息ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

又香港では、非常に希少なブル−ダイヤモンド7.59カラットが

10月7日に競売にかけられることになり

1900万ドル(約18億5000万円)を超える値が期待されている


贅沢抑制策の中国の経済にはかげりが見えるものの

トップクラスのコレクタ−は依然活発な売買を行っており、

この『至高のブル−』を求めて

世界中から収集家たちが駆けつけてくることが期待されている。

日本からでもサザビージャパンを通して上掲2点共入札に参加できますよ

如何ですか?

こうした希少品は10年以上持っていればいい値段で売れるかもね・・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

今年4月にスイスのジュネーブでクリスティーズの競売に掛けられ、

落札された101.73ctのきらめく「涙」のような大粒ペアーシェープの

この貴重なダイヤの大きさ101.73ctはアフリカ南部ボツワナで産出され、

最高品質の透明度のダイヤモンドでした・・・(これも溜息ですね)




2013/9/25  黄金のクリスマスツリー  日記

高島屋日本橋店で25日、10億円相当の黄金のクリスマスツリーが

お目見えした。土台には純金の塊(約6億円)や純金の燭台を並べ、

金色に塗装したツリーにトランプなどの金製品を飾り付けてある。


金色堂の昔より、金閣寺や織田信長の「黄金の間」金の鯱、


黄金風呂」と日本は黄金の国・・金細工が好きなのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

デパートがこうした宣伝を試みるのは、日本人の「金」嗜好を分析して

集客と話題性に宣伝効果を見込んでいるのでしょうね。

製作費が10億円とありますが、その中での純金をどれくらい使っているかの問題が

ありますが、製作者の話を半分として5億円のコストとして

単純に119キロの地金になる(g辺り4,200円として計算)

高島屋の胸算用はこうだ・・・・。

クリスマスまでの宣伝効果を考えても集客で勝算あり・・。

しかも解体しても使用した純金はそのときの価格で直に換金できる・・

安値圏に有る今金地金を買って製作し、解体して売却する時に価格が上っていれば

値上がりメリットがある。

純然とした製作費等が1億円であれば、

テレビや新聞、ネットが話題として各媒体が無料で宣伝してくれて、

宣伝効果は計り知れないものかな?

ご立派な事業計画ですね・・。

2013/9/24  半沢直樹現象  エッセイ

一昨日22日にTBS系から放送された「半沢直樹」は平成になっての最高視聴率を更新したそうだ

あの正義感と巨悪に立ち向かう姿や、

「倍返しだ・・・」、「10倍返しだ・・・」が視聴者の胸のすくところだったんだろうね。

「じぇじぇじぇ・・」と共に今年の流行語大賞かな?

最終回の瞬間最高は関東(46.7%)、関西(50.4%)で、

半沢に衝撃の証券会社への出向という・・・まさかの「左遷通告」が行われ、

半沢が顔を歪めて終わる場面だった。

今までの最高は「家政婦のミタ」だったそうだが、それを大幅に上回ったそうだ。

元銀行員であった直木賞作家の原作だけに、銀行内部の貸付の実態や人事のリアリティがあり、

勧善懲悪のストーリーだっただけに、

大和田常務を土下座させ、父親を自殺に追い込んだ敵を打ち、積年の恨みをはたすのだが

結果の人事では大和田常務は取締への降格、半沢は出向となり、

結果に不満の視聴者も多かったようで、続編を希望するメールや電話がTBSに数千件とか・・。

クリックすると元のサイズで表示します

原作は続きがあるそうで、TBSnoデレクターも商売が上手いというか、

演出が上手いというか、出向先から戻って本店で活躍する第三部がまた来年見られるといいね。

頭取の判断は見る人立場で違うと思うけど、サラリーマン頭取の保身術としての

自身のバランスの取り方としては、納得がゆくが、

オーナー頭取(経営者)であれば別な人事をしたかもね。

どんでん返しの出向にまだまだネット上でも賛否論が続きそうですが、

やっぱりね・・・と覚めた受け止め方をした人は、世の中の辛さをよく知っている人かな?

中国でもこの半沢直樹のドラマが字幕スパーがついて、違法にネット上で見られて

大変な人気なのだそうだ。

中国ではもっとひどい銀行内部の不正や、賄賂がまかり通っているそうだが、

日本のようにこうしてドラマになったりは当局の言論規制で出来ないのだそうだが、

半沢直樹の「倍返し・・・」「100倍返し・・」に溜飲を下げているそうだ。

なんやらもう一つの中国人の実態を表しているようだ。

でも半沢直樹・・・久々に面白かったね

クリックすると元のサイズで表示します

2013/9/23  第五回日本芸能の集いブログ公開(4)  日記

第五回日本芸能の集いブログ公開(4)です

午後から雨も上がり客席の満員になってきました

プロ番号は50番・・明智光秀の本能寺の変を歌った

歌謡吟詠「光秀しぐれ」の詩舞付きの吟詠から始めまります。

クリックすると元のサイズで表示します

続いては津軽三味線まさあき会の会長先生の「北海本唄」です

この先生の津軽三味線、歌を聴きに来るお客様も多いのです

              クリックすると元のサイズで表示します

続いて尺八の演奏「秋の山唄」、黒田節」の松英会の舞台です

クリックすると元のサイズで表示します

続いては日本舞踊坂東流京弘女会の舞台4曲が続きます

彩者は常磐津「お杉お玉」

              クリックすると元のサイズで表示します

続いて小学6年生の踊る小曲「さくら道成寺」、「紅葉の橋」

クリックすると元のサイズで表示します

続いて歌謡「富士と鷹」

              クリックすると元のサイズで表示します

続いては当代の人気者、坂東流京弘女の「誉の黒田節」です

京弘女目当てのお客様も多いのです

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

大トリは「津軽じょんがら節」

              クリックすると元のサイズで表示します

エンデイングの「銚子大漁節」で幕となります

クリックすると元のサイズで表示します

4回に渡って「日本芸能の集い」にお付き合い頂き有難うございます。





2013/9/21  第五回日本芸能の集いブログ公開(3)  日記

9月15日の第五回日本芸能の集いブログ公開の(3)です。

朝からの強い雨も上がり、お客様も大分入ってきました。

昼休み後のオープニングは波の会の三味線と唄「黒田節」、「新庄節」から幕明けです。

クリックすると元のサイズで表示します           

続いて三味線と踊り「大網白里音頭」のご当地ソングに会場内の通路にも踊りの輪が・・・。

              クリックすると元のサイズで表示します

続いては毎年人気の高い股旅舞踊・・・名人上平さんの名演技・・。

クリックすると元のサイズで表示します

続いてまさあき会の津軽三味線「九十九里大漁木遣り唄」です。

クリックすると元のサイズで表示します

8月にはここ東金文化会館同ホールで「九十九里大漁木遣り唄」の全国大会がまさあき会の

会長先生の主導で開かれた。

続いては旭水会の歌謡舞踊「お梶」

クリックすると元のサイズで表示します

続いては花水木会の子供さんの新舞踊に先生が付き添います。

クリックすると元のサイズで表示します

続いては語道吟詠三題で始めに「楓橋夜泊」、「自訟」、荒城月夜の曲」と続きます

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

続いて咲雀会の「大漁押し込み甚句」、「兼六園松づくしの」の二題。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
続いて画道の先生の自作」可楽の酒」

クリックすると元のサイズで表示します

続いて俳句吟詠です・・・俳句は会場のお客様から頂き4句を吟詠

クリックすると元のサイズで表示します






2013/9/19  第五回日本芸能の集いブログ公開(2)  日記

先日15日に東金文化会館で行われた「第五回日本芸能の集い」ブログ公開その(2)です。

午前中のトリは 清風会の構成番組「八重の桜」です。

プロローグ・・「幕末のジャンヌ・ダルク」と称せられた山本八重と幕末維新の

この時代に生きた吉田松陰・佐久間象山・高杉晋作・西郷南洲・勝海舟・乃木希典・広瀬淡窓、

そしてやがて運命の出会いとなる新島襄などの人物像を通して

「映像と語り、詩舞・剣舞・吟詠」で特別構成番組「八重の桜」をお送りします


オープニングはお馴染みの「白虎隊」で幕開けです

クリックすると元のサイズで表示します

You Tubeの映像の「白虎隊」↓



続いて女性の合吟で

鶴ヶ城に立てこもり銃を持って戦った八重が、

鶴ヶ城の降伏・開城と決まった前夜に三の丸の倉庫の壁

に簪(かんざし)を外して刻んだとする辞世の歌です。

「明日よりは何処の誰か眺むらん慣れし御城に残す月影」

              クリックすると元のサイズで表示します

You Tubeの映像の「明日よりは」↓




長州藩士、高杉晋作は吉田松陰門下の逸材で尊皇攘夷運動に活躍、

尊皇・佐幕派に国内は混乱し、外国からは軍艦でもって威嚇されるなど、

内憂外患が噴出し、まさに危急存亡の時に当って、志のある者は身分を問わず、

心を一にして、事に対処すべきである、と、若い藩士たちに、「焦心録」 を書いて激励した。

高杉晋作作・・・焦心録に題す

クリックすると元のサイズで表示します

安政6年吉田松陰は伝馬町の牢で、徹夜で遺書といえる留魂録(りゅうこんろく)を

書き上げました。「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留(とど)め置かまし 大和魂」

その冒頭に書かれた辞世の歌、ここに込められた気概には圧倒されます。

松陰は、松下(しょうか)村塾で若者たちに、志を持たせる教育を行いました。

そしてこの塾より維新回天の事業を成し、明治新政府の中心となる逸材を排出した。

吉田松陰作・・・辞世」

              クリックすると元のサイズで表示します

You Tubeの映像の「辞世」↓



吉田松陰が黒船に乗り密告を企て未遂のうちに牢に繋がれるのを見た

後に同志社大学を創設する新島襄が国禁を犯してアメリカへ密航を企てたのが

1864(元治元)年、函館から支援者の手はずで上海を経由しアメリカに渡り、

アメリカの大学を出た最初の日本人となるのでした。

キリスト教が解禁となる1874年に帰国し,布教活動し、同志社英学校を

山本覚馬や木戸孝允らの協力を得て設立。後に八重と結婚することになる、

新島襄一六歳での函館からの出立(しゅったつ)でした

新島襄作・・函館を居出づ

              クリックすると元のサイズで表示します

幕末の日本にあって佐久間象山(ぞうざん)は世界の趨勢(すうせい)に

最も明るく先見の明のある学者だったが、志士達の中で彼一人が開国論を唱えて、

攘夷論(じょういろん)が大勢を占める当時にあって彼一人が異端児とされたが、

一人、汝(なんじ)のそしるに任せ、知るをもとめず」と信念を通したのだった

佐久間象山作・・・慢吟

クリックすると元のサイズで表示します

圧倒的な兵力と鉄砲隊に錦の御旗を掲げ江戸に攻め上ってきた官軍・・・。

江戸が戦の火の海となるところを救ったのは、官軍の東征(とうせい)総督府参謀の西郷南州と

幕府の陸軍総裁勝海舟の二人による江戸城無血開城の会見が、江戸薩摩屋敷で行われました。

幕末の英雄二人が肝胆相照らし江戸百万の民を救ったと言われます。

この時の西郷の心を動かしたものの一つに天璋院篤姫の

西郷への嘆願書があったことも歴史的に知られており、

上野公園の西郷さんの銅像は江戸・東京を救った東京市民が建てられたとも伝えられている

徳富蘇峰作・・両英雄

              クリックすると元のサイズで表示します

「うつ志(し)世(よ)を神去りましゝ大君(おおきみ)乃(の)みあと志(し)たひて我はゆくなり」
 
明治天皇崩御に夫人と共に殉死した乃木希典の辞世の歌です。

長府藩士から日露戦争の第三軍司令官として旅順攻略の司令官の乃木将軍は二〇三高地を

やっとの思いで攻略したが、一万七千人余の死傷者を出し、

将軍の二人のご子息も犠牲になられた。

将軍の心中は如何ばかりであったろうか?

乃木希輔作・・金州城

クリックすると元のサイズで表示します

広瀬淡窓は江戸末期の教育家で商家の生まれながら、大分の日田(ひた)に私塾・桂林荘を

開き、淡窓を慕い集った師弟は三千人を超えたそうです。

十二年後に「咸宜園」(かんぎえん)と名を変え、当時の士農工商の世で「身分に関係なく

どんな階級出身者でも学ぶことができる」、「学問には偏り(かたより)があってはならない」

などの淡窓の思想があった・・・広瀬淡窓作・・桂林荘雑詠(諸生に示す)

              クリックすると元のサイズで表示します

函館から上海経由で米国に渡り、米国の大学を出た最初の日本人としてキリスト教布教のため

帰国した新島襄は京都に同志社英学校・後の同志社大学を設立し、教育に情熱を注ぎました。

京都府知事顧問の山本覚馬の家で運命の出会いとなった「ハンサムウーマン」こと

八重さんと新居を持った学校敷地内の新居の台所の外に 風雪を犯し、他に先駆けて開く

「寒梅」の精神こそが、自由・平等・博愛思想の根底となったのでした。
  
構成番組の結びは新島襄・八重夫妻の行き方そのものを詠った新島襄作・・「寒梅」

クリックすると元のサイズで表示します

2013/9/19  FOMCを終えて「金」相場の見通し  仕事

世界中が注目したFOMCを終えて「金」相場は急騰しました。

マーケット関係者は、、今月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和政策の縮小が

始まると予想していただけに、景気回復と失業率の改善には慎重な見方を示して

毎月850億ドルの資産買取を継続するとした発表に「金」相場は一気に1368ドルまで

4%も急騰し、NY株式を始め、本日の日本、アジア株式も一斉に上昇、原油は2.65ドルドル高の

108.67、CRB商品指数は289.23(0.985高)とリスクオンの状態で、

ドルは対円、対ユーロに対して下落しました。

バーナンキ議長は「金利上昇による金融圧迫の影響について懸念を示し、

経済と労働市場の改善ペースが鈍化するリスクから、

さらなる確信が持てるまで緩和縮小の実施を待つ」

と発言した、大方の予想と離れたサプライズ当然、「金」市場は反応して急騰し、

アジア市場に戻って来ましたが、

19日14時現在では1364ドルと前日の安値1292ドルからは72ドル高、

東京工業品は4324円と昨日治終値からは156円高で推移しています。

プラチナは同1469ドル、4668円と大幅高ですが、

このまま修正高相場が続くかどうかは甚だ不透明です。

バーナンキ議長は発言の中で、緩和縮小は年内には行いたい意向も示しており、

市場の懸念は先送りされただけで、環境は全く変わっておらず、

今のポジション調整は一時的で、 売り方優位の市場心理も市場環境は変わってなく、

主要な消費国インドの「金」輸入関税が原稿の10%から一気に15%に引き上げられ、

インドの需要の落ち込みが懸念されるのは

買い方にとっては痛く戻った高値を売られる可能性が極めて高いと見る

市場関係者が多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、相場のことは相場に聞くしかなく、

自分も含め、アナリストや市場関係者の予想が当たることは稀ですから

ご判断はご自身でお決めになることが何よりですね。

2013/9/17  第五回日本芸能の集いブログ公開(1)  日記

あいにくの台風の雨でしたが、

朝から楽しみにご来場を頂いたたくさんのお客様有難うございました。

琴の演奏であこがれ」からシットリ幕が開きました

クリックすると元のサイズで表示します

続いて清風会の「画道吟詠」三題、「別詩」、「四海波」「青葉の笛」です

クリックすると元のサイズで表示します

詩文は舞台奥二プロジェクターで大きく映し出されますから、内容は知らない人にも判ります

              クリックすると元のサイズで表示します


隣で画家が詩文のイメージで吟じている2分内に画を描きます・伴奏は尺八と琴です。

クリックすると元のサイズで表示します

続いてはまさあき会の津軽三味線で「磯節」です。

              クリックすると元のサイズで表示します

続いて歌謡吟詠「田原坂」に舞が付いて、雨は降る・・降る人馬は濡れる・・は会場も一緒に

クリックすると元のサイズで表示します

続いて旭水会の新舞踊「鳳凰の舞い」

              クリックすると元のサイズで表示します

清風会のギター吟詠、美空ひばりのヒット曲から「悲しい酒]、「人生の並木道」

クリックすると元のサイズで表示します

You Tube人生の並木道]の動画



津軽三味線合奏「津軽三下り」

              クリックすると元のサイズで表示します

続いて音芽会の」新舞踊「人生道連れ」

クリックすると元のサイズで表示します

続いて咲雀会の民舞「鴨川やんざ節」

              クリックすると元のサイズで表示します

続いて松英会の尺八演奏で童謡メロディ「赤とんぼ、里の秋、紅葉、証誠寺の狸ばやし、故郷」

映し出される詩文を会場の皆さんが一緒に歌います

You Tubu尺八演奏↓



クリックすると元のサイズで表示します

続いて波の会の三味線「米節」、「鋳祖谷の粉ひき歌」

              クリックすると元のサイズで表示します

続いて清風会の吟詠と上総吟詠会の剣舞で平野国臣作「我が胸の」

クリックすると元のサイズで表示します

You Tubu動画「我が胸の」↓



続いて清風会の吟詠と上総吟詠会の剣舞で高杉晋作作「焦心録後に題す」

              クリックすると元のサイズで表示します

続いて清風会の吟詠となずな会の舞で西道仙作「城山」

クリックすると元のサイズで表示します

You Tubu動画「城山」↓



続いて音芽会の新舞踊「芸道一代」

クリックすると元のサイズで表示します

続いて旭水会の新舞踊「高砂の舞」

              クリックすると元のサイズで表示します


続いて清風会の「画道吟詠」三題、「「家兄に寄せて志を言う」、「青の洞門」「荒城月夜の曲」

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します


続いてまさあき会の津軽三味線「真室川音頭」

              クリックすると元のサイズで表示します

歌謡吟詠「青葉の笛」の吟詠と詩舞

クリックすると元のサイズで表示します

続いて咲雀会の民舞「一宮慕情「と「宮津踊り」

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

続いて旭水会の新舞踊「夢しぐれ」

クリックすると元のサイズで表示します

続いてまさあき会の津軽三味線「佐渡おけさ」と「本庄追分」

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

2013/9/17  「金」市場の中立見通しと弱気見通しについて  仕事

8月21日にダマスカス近郊で起きた攻撃で神経ガスのサリンが使用されたとした

シリア情勢の緊張で1361ドルから8月28日の1432ドルまで上昇した「金」相場は、

オバマ大統領の軍事行動・制裁を巡る発言から各国政府の足並みが揃わず、

米議会の承認も不透明、国民の賛同も得られぬオバマを救ったのは、

プーチンシリアの化学兵器を国際管理下に置くという仲介案で、

米国がプーチン案を受け入れたことを歓迎し、

NYタイムズ紙へのプーチンの寄稿文も高い評価を受け

プーチン大統領が世界のリーダーとして輝いた一週間だった。

これを受けてNY株式を始め世界の株式は高騰、

「金」を始め原油・商品は緊張緩和から上昇した分の修正に下落した。

「金」市場は17日、18日に行われるFOMCの行方を注目している。

超金融緩和策(QE1)から三度の超金融緩和策(QE3)で上昇を続けた「金」相場は

今回9月のFOMCで金融緩和縮小制作の実施に舵を切るかもしれないとも観測から

9月12日に44ドル急落し、1321ドルに下げ、昨夜(16日)には瞬間安値1302ドルを付け、

1300ドル割れを試しにかかっている。

次期FRB議長人事をめぐって、

緩和政策の早期解除に積極的と見られていたサマーズ氏の辞退で、

一時1326ドルまでの買い戻しがあったが趨勢は緩和政策の徐々に縮小され、

市場から資金が吸収されて行く流れの売り方優勢の下落基調に傾きつつあるようです。

それでは違った見解を取る大手ヘッジファンドの見方を対比してみましょう。

JPモルガンが「金」の売り推奨から中立へ修正していますが、

JP社は「強気もメンタル」と「米国債務上限問題の協議が再開されること」を

「金」に対する評価を「売り推奨」から「中立」にした理由としています。

6月28日の1179ドルから7月、8月の上昇幅が253ドルだったことから

底入れを確認したと見ているようです。

一方弱気見通しのゴールドマン・サックスは2014年見通しを1050ドルと弱気だ。

短期的にはシリア情勢や米債務上限問題でサポートされるものの

中長期では1200ドル水準からさらに下落基調と見ているようだ。

その理由はFRBの量的緩和政策の縮小を市場はまだ織り込んでおらず、

疑問としており、下落基調をたどるとしている。

クリックすると元のサイズで表示します

(レポートは弊社の調査研究に基づくもので売り買いをお薦めするものではありません)

2013/9/15  「第五回日本芸能の集い」を開催しました  日記

半年の準備を要して進めてきた「日本芸能の集い」が朝からの雨の中、

大勢のお客様にご来場頂き無事終了しました。

津軽三味線、民踊、尺八、琴、新舞踊、三味線、日本舞踊、股旅舞踊、創作舞踊などに

我々清風会の画道吟詠、ギター吟詠、歌謡吟詠、剣・詩舞など57演目を

5時間余りの舞台満員のお客様に堪能して頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

運営もスタッフも清風会会員が舞台の黒子役をやり、

照明、音響も素人ながら5年かもやっていると、慣れてきてプロ?見たいなもの・・。

平均年齢が決して若くないのですが、秒刻みの舞台運営のこの緊張感が何ともたまらない・・。

又一人ひとりが舞台に立ち、主役を演じ、輝くことは素晴らしいことで、

10の参加団体をまとめ、自分達の舞台をこなす大仕事を

みんなの結束で成し遂げた満足感が、終了後の懇親会での笑顔が物語っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

             クリックすると元のサイズで表示します

午後からは雨が上って9時過ぎに又雨台風が来たが、

又上って虫の音が聞こえ始めてきましたね・・・明日は大雨のようですね

ゴルフはやめて休養しようかな・・

2013/9/13  新秋刀魚骨一本を残しけり  日記

「第五回日本芸能の集い」は明日の夜がが全体リハーサル、

明後日が本番を迎えることになった。

クリックすると元のサイズで表示します昨年9月の白虎隊

天気予報は雨予報だが、昨年も朝から一日中雨でだttが、終日客席は満員だったので

気にはしていない。

やれる準備は全てしたので、あとは本番の運営を皆で心を合わせて、

また出演の演目はお客様に感動を与える舞台に自ら楽しんでやることだ。

花金の今宵は6時過ぎに戻って来て、ゆっくり焼酎を飲みながら

初秋刀魚を頂く・・・。

スーパーでは一匹150円そうだったが、油がまだ乗ってない、

所謂・・新秋刀魚を味わう。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

焼酎は明日10人ほど東京・横浜・埼玉の遠方から参加する仲間が

準備のために拙宅に泊まる・・・。

例年の行事に備え、薩摩の小鹿酒造の「美し酒」を取り寄せ、

今晩ほんのお味見・・。


2013/9/10  重陽後一日  漢詩

重陽後一日とされる「九月十日」に当たる今宵は

やはり「菅原道真」の詩を思い出される

845年から903年の人ですから平安の時代、

宇多天皇の時代から信任の厚かった菅原道真は醍醐天皇の右大臣として権勢を誇っていた。

重陽後一日の九月十日、清涼殿では醍醐天皇の主催する詩を作る宴が開かれていた。

その時の醍醐天皇の出された[題」は「秋思」・・・。

居並ぶ重臣が日がな一日、詩を作り、それを発表して一日を送る優雅な貴族文化だった・・。

そこで作った道真の[秋思」の詩に醍醐天皇は痛く感動し、

ご自身の召されていた衣を脱いで道真に褒美として下されたという。


    秋思 菅原道真

  丞相年を度って幾度か楽思す 今宵物に触れて自然に悲し 

  声は寒し絡緯風吹くの処 葉は落つ梧桐雨打つの時 

  君春秋に富み臣漸く老ゆ 恩に涯無く報猶お遅し知らず  

  此の意何かに安慰せん 酒を飲み琴を聴き又詩を詠ず

詩の心・・・自分は多年のわたり、天皇の御恩を授かり、

お蔭でもって、幸運な生活を送ることができた。

今宵は、秋の風に触れ、感傷的になり、悲しくなってきました。

虫の声は寒々としており、吹き渡る風の中に、桐の葉に雨が落ちる音が聞こえ、

それが益々、孤独感を強めていきます。

天皇はは、まだ若く、これからの未来に楽しみもいっぱいあろうかと思いますが、

臣である私共は、既に老境を越えるところにあります。

それゆえ、陛下へのご恩に対して報いるには、時間がないことを悲しみます。

このようなどうしようもない状況で、自分の心を慰める術が見当たりません。

せいぜい、酒を飲み、琴を聴き、詩を詠じて、気を紛らわすしかない状況です。

私が十分にご奉公できないことをお許しください・・と道真の素直な心境を詩に託したもの。

クリックすると元のサイズで表示します

今の社会と変わらないような、同僚のねたみ、嫉みから、道真は天皇に左遷され

九州大宰府に流され、門を一歩も出ることなく蟄居の暮らしの中、

悲嘆のうちに2年後になくなるのですが、その後の都で道真を陥れた左大臣藤原時平親子、

天皇一家が非業の死を遂げ、清涼殿に雷が落ちたり、都には疫病が流行り・・・

道真の祟りと怖れられ、道真の霊を慰めるために天満宮がもうけられ、

代々の学問所の出身である道真を学問の神様として祀り、

全国に天満宮が出来たという。

さて、道真の左遷の理由ですが

「醍醐天皇を廃して、道真の娘が嫁いだ斎世親王(醍醐天皇の弟)の擁立を企てている」

というもので、道真には一言の弁解も許されなかったというのが、通説のようです。

そして、大宰府に流された道真が二年後に作った詩とされるのが

詩吟の最初の頁に出てくる「九月十日」である


      九月十日 菅原道真

   去年の今夜清涼に待す 秋思の詩編独り断腸
 
  
  
   

   恩賜の御衣今此に在り 捧持して毎日余香を拝す


詩の心・・・思えば昨年の今夜、重陽後の宴に召され、

清涼殿で陛下のおそばに侍べっていた。

秋思の題を賜り、諸臣それぞれ詩を作ったが、

ひとり自分の詩だけが悲しみに満ちたものになってしまった。

しかるに、陛下は大層おほめになり、御手みずから御衣をぬいで賜った。

それをいまも大切に持参している。

毎日その御衣を捧げては、その移り香を拝しているのである。

冤罪にてこうして太宰府に流されているのに、少しも君を怨むことはない。

重陽とは五節句の一つで、9月9日のことで、

旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれ、邪気をはらい

小高い山に登って豊作を祝い、宴を催す習慣があったと言う・・・

平安の貴族もこれに習いさまざまな宴を催したのだそうです。

小生は「重陽」の日の涼しくなった今宵・・・

何時ものように焼酎で菊の節句を祝い、道真公を偲びますか・


2013/9/9  重陽の節句  漢詩

九月九日は重陽の節句で平安時代から貴族が邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、

菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしていたそうですが、

最近は五節句の最後を飾る「重陽の節句」が季節感のズレからやや廃れて来たようです。

ところで五節句って?

知っているようで上げてみてと言われると…なんだったっけ・・。

1月7日が人日の節句(七草粥)、3月3日が桃の節句、5月5日が端午の節句、

7月7日が七夕、そして9月9日が重陽の節句・・・・ウン判った・・。

クリックすると元のサイズで表示します

でも重陽の節句は明治以降だんだん廃れて、やはり馴染みが少ない。

古来中国では、奇数は良いことを表す陽数、偶数は悪いことを示す陰数と考え、

その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まり。

その中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節句」と

定め、不老長寿や繁栄を願ってお祝いをしてきました。

芭蕉の句にも重陽を詠んだ句が↓

草の戸や 日暮れてくれし 菊の酒

山中や 菊はたおらぬ 湯の匂 
(奥の細道より)


クリックすると元のサイズで表示します(九十九里の夕焼け)

決して物知りではないが、詩吟や俳句をやっているお陰で、

詩文や季語から紐解き学ぶことが多いのですが、

詩吟の第一歩の菅原道真の「九月十日」の副題が

重陽後一日」となっており、重陽を良く知った次第なのですが・・・。

   九月十日「重陽後一日」 菅原道真


去年の今夜清涼に待す 秋思の詩編独り断腸
 

恩賜の御衣今此に在あり 捧持して毎日余香を拝す



クリックすると元のサイズで表示します

7日には、夜の間に大気が冷え込み、草花に朝露が宿るといわれる白露が過ぎ、

朝晩は涼しくなりました。

夜になると虫の合唱で涼しくなってきた

夕焼けが綺麗でした

クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 重陽後一日

2013/9/9  米8月雇用統計を受けての「金」相場展望  仕事

注目の米8月雇用統計は、

非農業部門雇用者数は予想の18万人増に対して16万9000人増と予想を下回り、

失業率は7.4%から7.3%に改善したもののこれは労働参加率が低下したためで、

前月が63.4%だった労働参加率は63.2%となり、1978年8月以来最低のレベルに落ち込んでいます。

非農業部門雇用者数の前月の速報値16万2000人増は、

10万4000人へ大きく下方修正されました。

これらの数字がFRBの量的緩和縮小時期の延期という観測を大きくし、

「金」は発表後の10分間で1359ドルから20ドル以上跳ね上がり、一時1393ドルまで上昇

その後は1380ドルに戻したものの、週末の引けは1391ドルでした。

これを受けた米金利の低下、

ドル安方向に振れたことも「金」は買い優勢になったのでしたが、

1400ドル以上での実需の買いの減退と、

シリア情勢をめぐる軍事行動の各国の足並みが

今回のG20揃わないことから、有事の買いに入った投機筋の思惑、

そして今回の雇用統計を受けた9月のFOMCをにらみながら神経質な動きが続きそうです。

「金」は12年以上にわたり上昇してきただけに

2011年9月6日の史上最高値1921ドルから本日の1391ドルまで

約27.5%の値下がりとなっているが、投資家も最初は半信半疑だったが、

今年4〜6月の急落で先安観が確信に近いものになった。

3段階の量的緩和(QE)で上昇が加速したので、

量的緩和の縮小が逆コースを連想し易く、

最近はヘッジファンドのみならず、一般投資かも先安を見込んで、

空売りから参入する人たちが増えているようです

週明け9日14時現在ではGLOVEX先物は1387ドル、東京工業品は4454円、

ドル・円は99円70銭で推移しています。

(下は東京工業品の日足チャートです)

クリックすると元のサイズで表示します

2013/9/5  超大粒、高額ダイヤモンドがオークションに  宝石ジュエリー

景気の良さそうな話題を二つほど

至高のブルー」と呼ばれるダイヤ、10月に競売へ香港


【香港AFP=時事】

非常に希少なブル−ダイヤモンドが香港で競売にかけられることになり、

関係者たちは新記録となる1900万ドル(約18億5000万円)を

超える値がつくことを期待している。

クリックすると元のサイズで表示します

(写真は競売に掛けられるダイヤモンド)

競売大手サザビ−ズによると、この7.59カラットのダイヤモンドは

シャツのボタンほどの大きさで、

10月7日に開催される予定のオークションで、

1カラット当たりの価格で新記録をたたき出す可能性があるという。

サザビーズのアジア地区副代表を務める郭進耀氏は、

中国の経済にはかげりが見えるもののトップクラスのコレクタ−は

依然活発に売買を行っており、

「『至高のブル−』と呼ばれるこの宝石が香港でオ−クションにかけられるのは

極めて自然な流れであり、

世界中から収集家たちが駆けつけてくるだろう」と語った。

4月にはロンドンで、5.3カラットのディ−プブル−ダイヤモンドがオ−クションにかけられた。

落札価格は620万ポンド(約9億5000万円)で、

1カラット当たりの価格が180万ドル(約1億7500万円)という新記録をつくっている・・・

(希少性の高いブル−ダイヤモンドの高額な話題を時事通信のままお知らせしました)

また景気の良い話題をもう一つ

同じサザビーズの香港オークション(10/17)に掛けられる

118カラットの超大粒のダイヤモンドです。

クリックすると元のサイズで表示します

前評判では2800万ドルから3500万ドル(28億円から35億円)の落札予定価格だそうですが、

世界にはお金持ちが居るもので、

希少性の高いダイヤモンドは買って、忘れて居れば将来は更に高く売れるのですが、

この希少性とは超大粒の高品質のものや、ブル−、ピンクなどの天然カラ−の珍しいものです。

1カラット以下のものは世界に何十万個、何百万個があり、希少性はありませんので

将来高く売れるものではありませんが、劣化したり壊れることはありませんので

その時の国際価格で、その時の為替で何時でも売れます。

お城の豪邸に住み、専用のジェット機を持つ超富裕層と

スーパーの特売のチラシを吟味する我々庶民と、まるで別世界のような話題ですが、

しかしお値打ち品を持って、お金があって、大きなお屋敷に住めば幸せという事もない。

小さなダイヤでもネックレスでも、そこには大切な思い出と、愛情と幸せを感ずれば

その人が世界で最も輝いている人なのでしょう。




AutoPage最新お知らせ