にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2013/10/1  米財政の崖問題は「金」上昇に繋がらず  仕事

本日(1日)午後に注目した二つの事案があったが、

その一つは、米議会は暫定予算案をめぐるこう着状態を打開できなかった為に、

米政府機関の一部が1日閉鎖となり、

最大82万人の連邦職員が自宅待機するなど政府機関閉鎖は1996年以来17年ぶり。

航空管制や国境警備、警察業務など国民生活に必要不可欠な業務を除き、

連邦政府の多くの機関が閉鎖対象となる国立公園など一部の政府サービスが停止する。

この事態になっても「金」価格はさしたる動意がなく22時現在1295ドル近辺に

急落して推移しています。

財政の崖問題は「金」にとっては経験則で資金の逃避先として買われ、

ポジティブ材料とされたが

連邦債務問題で上昇トレンドを描くことの難しさが再認識され、

金融緩和政策の縮小時期に目先のトレンドを描けば、下値指向になるのかもしれません。

シリア危機で高騰した原油が102ドル台に下落し、

9月19日のFOMCで緩和縮小政策の実施を先送りして高騰した「金」相場には

援軍となるものが一つ一つ消えてしまいました。

残っているのは年内には実施されるであろう量的金融緩和策の

850億ドルの債権買取枠の段階的縮小です

もう一つは安倍総理大臣の消費税率を来年4月から8%に引き上げる と午後に発表されましたが、

株式市場も小幅上昇。為替市場もデフレ脱却への期待感から

ドルやユーロなど主要通貨に対する円売りが広がり、

97円85銭近辺で推移している。




AutoPage最新お知らせ