にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2013/12/31  良い年をお迎え下さい  

2013年も残り一時間になりました

昼は例年のように浜辺を散歩し、夜は子供の家族たちと年越し蕎麦を頂き、

風呂へ入って除夜の鐘を聞く準備です。



              

海辺では明日の初日を見に来る徹夜組の人達の為に、

篝火の薪が高く詰まれており、波はわりと静かで、

沖合いも晴れ、明日は良い初日が見えることでしょう。



年越し蕎麦では、食べ盛りの男の子二人を見て、

義父は珍しく御そばと天麩羅をお代わりしていた。

つられ食いって95歳を過ぎてもあるんだね・・・凄いことだね・・これは。

来年はいい年になるといいですね・・・。

皆さま良い年をお迎え下さい。

2013/12/31  良い年をお迎え下さい  

2013年も残り一時間になりました

昼は例年のように浜辺を散歩し、夜は子供の家族たちと年越し蕎麦を頂き、

風呂へ入って除夜の鐘を聞く準備です。



              

海辺では明日の初日を見に来る徹夜組の人達の為に、

篝火の薪が高く詰まれており、波はわりと静かで、

沖合いも晴れ、明日は良い初日が見えることでしょう。



年越し蕎麦では、食べ盛りの男の子二人を見て、

義父は珍しく御そばと天麩羅をお代わりしていた。

つられ食いって95歳を過ぎてもあるんだね・・・凄いことだね・・これは。

来年はいい年になるといいですね・・・。

皆さま良い年をお迎え下さい。

2013/12/31  良い年をお迎え下さい  

2013年も残り一時間になりました

昼は例年のように浜辺を散歩し、夜は子供の家族たちと年越し蕎麦を頂き、

風呂へ入って除夜の鐘を聞く準備です。



              

海辺では明日の初日を見に来る徹夜組の人達の為に、

篝火の薪が高く詰まれており、波はわりと静かで、

沖合いも晴れ、明日は良い初日が見えることでしょう。



年越し蕎麦では、食べ盛りの男の子二人を見て、

義父は珍しく御そばと天麩羅をお代わりしていた。

つられ食いって95歳を過ぎてもあるんだね・・・凄いことだね・・これは。

来年はいい年になるといいですね・・・。

皆さま良い年をお迎え下さい。

2013/12/31  良い年をお迎え下さい  

2013年も残り一時間になりました

昼は例年のように浜辺を散歩し、夜は子供の家族たちと年越し蕎麦を頂き、

風呂へ入って除夜の鐘を聞く準備です。



              

海辺では明日の初日を見に来る徹夜組の人達の為に、

篝火の薪が高く詰まれており、波はわりと静かで、

沖合いも晴れ、明日は良い初日が見えることでしょう。



年越し蕎麦では、食べ盛りの男の子二人を見て、

義父は珍しく御そばと天麩羅をお代わりしていた。

つられ食いって95歳を過ぎてもあるんだね・・・凄いことだね・・これは。

来年はいい年になるといいですね・・・。

皆さま良い年をお迎え下さい。

2013/12/31  良い年をお迎え下さい  

2013年も残り一時間になりました

昼は例年のように浜辺を散歩し、夜は子供の家族たちと年越し蕎麦を頂き、

風呂へ入って除夜の鐘を聞く準備です。



              

海辺では明日の初日を見に来る徹夜組の人達の為に、

篝火の薪が高く詰まれており、波はわりと静かで、

沖合いも晴れ、明日は良い初日が見えることでしょう。



年越し蕎麦では、食べ盛りの男の子二人を見て、

義父は珍しく御そばと天麩羅をお代わりしていた。

つられ食いって95歳を過ぎてもあるんだね・・・凄いことだね・・これは。

来年はいい年になるといいですね・・・。

皆さま良い年をお迎え下さい。

2013/12/31  良い年をお迎え下さい  

2013年も残り一時間になりました

昼は例年のように浜辺を散歩し、夜は子供の家族たちと年越し蕎麦を頂き、

風呂へ入って除夜の鐘を聞く準備です。



              

海辺では明日の初日を見に来る徹夜組の人達の為に、

篝火の薪が高く詰まれており、波はわりと静かで、

沖合いも晴れ、明日は良い初日が見えることでしょう。



年越し蕎麦では、食べ盛りの男の子二人を見て、

義父は珍しく御そばと天麩羅をお代わりしていた。

つられ食いって95歳を過ぎてもあるんだね・・・凄いことだね・・これは。

来年はいい年になるといいですね・・・。

皆さま良い年をお迎え下さい。

2013/12/31  良い年をお迎え下さい  

2013年も残り一時間になりました

昼は例年のように浜辺を散歩し、夜は子供の家族たちと年越し蕎麦を頂き、

風呂へ入って除夜の鐘を聞く準備です。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

海辺では明日の初日を見に来る徹夜組の人達の為に、

篝火の薪が高く詰まれており、波はわりと静かで、

沖合いも晴れ、明日は良い初日が見えることでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

年越し蕎麦では、食べ盛りの男の子二人を見て、

義父は珍しく御そばと天麩羅をお代わりしていた。

つられ食いって95歳を過ぎてもあるんだね・・・凄いことだね・・これは。

来年はいい年になるといいですね・・・。

皆さま良い年をお迎え下さい。

2013/12/31  2013年の「金」・為替・株式  

2013年のNY「金」相場は年初の1685ドルから12/30の1196ドルまで489ドルの下落(28%)となり、

2001年から続いた12年連続上昇は途切れることになりました。

東京工業品のグラム建ての「金」は年初(1/4)の大発会の4663円から

(12/30)の大納会の4093円まで570円(12%)の下落となりました。

円建ての下落幅が少ないのは年初の87円から105円まで18円下落した円安の為です。

ドル建てのNY「金」相場が下落した大きな原因の第一は米金融政策の正常化に伴う

@米金融政策の転換です。リーマンショック後の2008年から、超金融緩和政策(QE1)が始まり、

QE3と続くFRBの金融緩和策はバーナンキ議長の緩和策の早期縮小を示唆する発言から急落、

そして12月のFOMCで毎月850億ドルの資産買取を750億ドルに縮小することが発表され、

米金利の出口政策が模索される今後はドル高が見込まれ急速に「金」の魅了が減退して、

投機筋の売りものを誘いました。

A今までの上昇を支えた「金」ETFは昨年のピーク時の2632トンから

今年12月には1775トンまで857トンも減少しました。

その中で「金」ETFの最大手SPDRゴールドシェアーズは

年初の1350トンから12/27の801.22トンまで550トン(40%)も残高を減らしています。

またB中央銀行の「金」購入ブームが昨年、一昨年の水準を下回り、

C世界的インフレリスクの後退、

Dインドの「金」輸入に関する抑制策から年間1000トンに実績を持つインドの需要が

落ち込んだことなどが「金」の28%下落の主な要因として上げる事が出来ます。



国内価格は米金融政策の正常化からドル高が進み、年初の87円から105円まで18円(18%)下落、

リーマンショック後の円高からリーマン以前の水準の円安に戻ったことで

輸入価格が円安によって上昇する為に、仮に為替が年初の87円で変わらなければ、

本日のNYの1196ドルではグラム建てでは凡そ3345円近辺の理論価格になるのですが、

昨日は105円台であった為に4093円で終わり、本日の1196ドル換算では4037円近辺になります。



2014年を展望すれば、「金」市場を取り巻く世界情勢、経済金融状況では

ドル高、株高が続き、インフレリスクが後退している中で、

金利を生まない「金」を持つ意義が薄れ、

まだ下値模索が続くものと見る市場関係者が多いようです。

「金」が浮上する環境としては、世界の株式市場の暴落、

戦争などの地政学上のリスクが増大する、

世界的にインフレ懸念が台頭する、中央政府が「金」保有に向かうなどの

大きなインパクトが必要になります。

2013年は日本の株式市場では年間56.7%の上昇と41年ぶりに

あの田中角栄内閣の列島改造計画の時代以来の上昇だったそうで、

原油は100ドル台へ9%の上昇と、商品は「金」を除く殆どのものが上昇、

なんと物価の優等生の象徴と長年言われた、卵が74%も上昇し、

贅沢品のゴルフ会員権相場まで上昇する中、

「金」の下落の深刻さが窺えます。



(レポートは弊社独自の調査・研究によるもので売り買いをお勧めするものではありません)

2013/12/31  2013年の「金」・為替・株式  

2013年のNY「金」相場は年初の1685ドルから12/30の1196ドルまで489ドルの下落(28%)となり、

2001年から続いた12年連続上昇は途切れることになりました。

東京工業品のグラム建ての「金」は年初(1/4)の大発会の4663円から

(12/30)の大納会の4093円まで570円(12%)の下落となりました。

円建ての下落幅が少ないのは年初の87円から105円まで18円下落した円安の為です。

ドル建てのNY「金」相場が下落した大きな原因の第一は米金融政策の正常化に伴う

@米金融政策の転換です。リーマンショック後の2008年から、超金融緩和政策(QE1)が始まり、

QE3と続くFRBの金融緩和策はバーナンキ議長の緩和策の早期縮小を示唆する発言から急落、

そして12月のFOMCで毎月850億ドルの資産買取を750億ドルに縮小することが発表され、

米金利の出口政策が模索される今後はドル高が見込まれ急速に「金」の魅了が減退して、

投機筋の売りものを誘いました。

A今までの上昇を支えた「金」ETFは昨年のピーク時の2632トンから

今年12月には1775トンまで857トンも減少しました。

その中で「金」ETFの最大手SPDRゴールドシェアーズは

年初の1350トンから12/27の801.22トンまで550トン(40%)も残高を減らしています。

またB中央銀行の「金」購入ブームが昨年、一昨年の水準を下回り、

C世界的インフレリスクの後退、

Dインドの「金」輸入に関する抑制策から年間1000トンに実績を持つインドの需要が

落ち込んだことなどが「金」の28%下落の主な要因として上げる事が出来ます。



国内価格は米金融政策の正常化からドル高が進み、年初の87円から105円まで18円(18%)下落、

リーマンショック後の円高からリーマン以前の水準の円安に戻ったことで

輸入価格が円安によって上昇する為に、仮に為替が年初の87円で変わらなければ、

本日のNYの1196ドルではグラム建てでは凡そ3345円近辺の理論価格になるのですが、

昨日は105円台であった為に4093円で終わり、本日の1196ドル換算では4037円近辺になります。



2014年を展望すれば、「金」市場を取り巻く世界情勢、経済金融状況では

ドル高、株高が続き、インフレリスクが後退している中で、

金利を生まない「金」を持つ意義が薄れ、

まだ下値模索が続くものと見る市場関係者が多いようです。

「金」が浮上する環境としては、世界の株式市場の暴落、

戦争などの地政学上のリスクが増大する、

世界的にインフレ懸念が台頭する、中央政府が「金」保有に向かうなどの

大きなインパクトが必要になります。

2013年は日本の株式市場では年間56.7%の上昇と41年ぶりに

あの田中角栄内閣の列島改造計画の時代以来の上昇だったそうで、

原油は100ドル台へ9%の上昇と、商品は「金」を除く殆どのものが上昇、

なんと物価の優等生の象徴と長年言われた、卵が74%も上昇し、

贅沢品のゴルフ会員権相場まで上昇する中、

「金」の下落の深刻さが窺えます。



(レポートは弊社独自の調査・研究によるもので売り買いをお勧めするものではありません)

2013/12/31  2013年の「金」・為替・株式  

2013年のNY「金」相場は年初の1685ドルから12/30の1196ドルまで489ドルの下落(28%)となり、

2001年から続いた12年連続上昇は途切れることになりました。

東京工業品のグラム建ての「金」は年初(1/4)の大発会の4663円から

(12/30)の大納会の4093円まで570円(12%)の下落となりました。

円建ての下落幅が少ないのは年初の87円から105円まで18円下落した円安の為です。

ドル建てのNY「金」相場が下落した大きな原因の第一は米金融政策の正常化に伴う

@米金融政策の転換です。リーマンショック後の2008年から、超金融緩和政策(QE1)が始まり、

QE3と続くFRBの金融緩和策はバーナンキ議長の緩和策の早期縮小を示唆する発言から急落、

そして12月のFOMCで毎月850億ドルの資産買取を750億ドルに縮小することが発表され、

米金利の出口政策が模索される今後はドル高が見込まれ急速に「金」の魅了が減退して、

投機筋の売りものを誘いました。

A今までの上昇を支えた「金」ETFは昨年のピーク時の2632トンから

今年12月には1775トンまで857トンも減少しました。

その中で「金」ETFの最大手SPDRゴールドシェアーズは

年初の1350トンから12/27の801.22トンまで550トン(40%)も残高を減らしています。

またB中央銀行の「金」購入ブームが昨年、一昨年の水準を下回り、

C世界的インフレリスクの後退、

Dインドの「金」輸入に関する抑制策から年間1000トンに実績を持つインドの需要が

落ち込んだことなどが「金」の28%下落の主な要因として上げる事が出来ます。



国内価格は米金融政策の正常化からドル高が進み、年初の87円から105円まで18円(18%)下落、

リーマンショック後の円高からリーマン以前の水準の円安に戻ったことで

輸入価格が円安によって上昇する為に、仮に為替が年初の87円で変わらなければ、

本日のNYの1196ドルではグラム建てでは凡そ3345円近辺の理論価格になるのですが、

昨日は105円台であった為に4093円で終わり、本日の1196ドル換算では4037円近辺になります。



2014年を展望すれば、「金」市場を取り巻く世界情勢、経済金融状況では

ドル高、株高が続き、インフレリスクが後退している中で、

金利を生まない「金」を持つ意義が薄れ、

まだ下値模索が続くものと見る市場関係者が多いようです。

「金」が浮上する環境としては、世界の株式市場の暴落、

戦争などの地政学上のリスクが増大する、

世界的にインフレ懸念が台頭する、中央政府が「金」保有に向かうなどの

大きなインパクトが必要になります。

2013年は日本の株式市場では年間56.7%の上昇と41年ぶりに

あの田中角栄内閣の列島改造計画の時代以来の上昇だったそうで、

原油は100ドル台へ9%の上昇と、商品は「金」を除く殆どのものが上昇、

なんと物価の優等生の象徴と長年言われた、卵が74%も上昇し、

贅沢品のゴルフ会員権相場まで上昇する中、

「金」の下落の深刻さが窺えます。



(レポートは弊社独自の調査・研究によるもので売り買いをお勧めするものではありません)

2013/12/31  2013年の「金」・為替・株式  

2013年のNY「金」相場は年初の1685ドルから12/30の1196ドルまで489ドルの下落(28%)となり、

2001年から続いた12年連続上昇は途切れることになりました。

東京工業品のグラム建ての「金」は年初(1/4)の大発会の4663円から

(12/30)の大納会の4093円まで570円(12%)の下落となりました。

円建ての下落幅が少ないのは年初の87円から105円まで18円下落した円安の為です。

ドル建てのNY「金」相場が下落した大きな原因の第一は米金融政策の正常化に伴う

@米金融政策の転換です。リーマンショック後の2008年から、超金融緩和政策(QE1)が始まり、

QE3と続くFRBの金融緩和策はバーナンキ議長の緩和策の早期縮小を示唆する発言から急落、

そして12月のFOMCで毎月850億ドルの資産買取を750億ドルに縮小することが発表され、

米金利の出口政策が模索される今後はドル高が見込まれ急速に「金」の魅了が減退して、

投機筋の売りものを誘いました。

A今までの上昇を支えた「金」ETFは昨年のピーク時の2632トンから

今年12月には1775トンまで857トンも減少しました。

その中で「金」ETFの最大手SPDRゴールドシェアーズは

年初の1350トンから12/27の801.22トンまで550トン(40%)も残高を減らしています。

またB中央銀行の「金」購入ブームが昨年、一昨年の水準を下回り、

C世界的インフレリスクの後退、

Dインドの「金」輸入に関する抑制策から年間1000トンに実績を持つインドの需要が

落ち込んだことなどが「金」の28%下落の主な要因として上げる事が出来ます。



国内価格は米金融政策の正常化からドル高が進み、年初の87円から105円まで18円(18%)下落、

リーマンショック後の円高からリーマン以前の水準の円安に戻ったことで

輸入価格が円安によって上昇する為に、仮に為替が年初の87円で変わらなければ、

本日のNYの1196ドルではグラム建てでは凡そ3345円近辺の理論価格になるのですが、

昨日は105円台であった為に4093円で終わり、本日の1196ドル換算では4037円近辺になります。



2014年を展望すれば、「金」市場を取り巻く世界情勢、経済金融状況では

ドル高、株高が続き、インフレリスクが後退している中で、

金利を生まない「金」を持つ意義が薄れ、

まだ下値模索が続くものと見る市場関係者が多いようです。

「金」が浮上する環境としては、世界の株式市場の暴落、

戦争などの地政学上のリスクが増大する、

世界的にインフレ懸念が台頭する、中央政府が「金」保有に向かうなどの

大きなインパクトが必要になります。

2013年は日本の株式市場では年間56.7%の上昇と41年ぶりに

あの田中角栄内閣の列島改造計画の時代以来の上昇だったそうで、

原油は100ドル台へ9%の上昇と、商品は「金」を除く殆どのものが上昇、

なんと物価の優等生の象徴と長年言われた、卵が74%も上昇し、

贅沢品のゴルフ会員権相場まで上昇する中、

「金」の下落の深刻さが窺えます。



(レポートは弊社独自の調査・研究によるもので売り買いをお勧めするものではありません)

2013/12/31  2013年の「金」・為替・株式  

2013年のNY「金」相場は年初の1685ドルから12/30の1196ドルまで489ドルの下落(28%)となり、

2001年から続いた12年連続上昇は途切れることになりました。

東京工業品のグラム建ての「金」は年初(1/4)の大発会の4663円から

(12/30)の大納会の4093円まで570円(12%)の下落となりました。

円建ての下落幅が少ないのは年初の87円から105円まで18円下落した円安の為です。

ドル建てのNY「金」相場が下落した大きな原因の第一は米金融政策の正常化に伴う

@米金融政策の転換です。リーマンショック後の2008年から、超金融緩和政策(QE1)が始まり、

QE3と続くFRBの金融緩和策はバーナンキ議長の緩和策の早期縮小を示唆する発言から急落、

そして12月のFOMCで毎月850億ドルの資産買取を750億ドルに縮小することが発表され、

米金利の出口政策が模索される今後はドル高が見込まれ急速に「金」の魅了が減退して、

投機筋の売りものを誘いました。

A今までの上昇を支えた「金」ETFは昨年のピーク時の2632トンから

今年12月には1775トンまで857トンも減少しました。

その中で「金」ETFの最大手SPDRゴールドシェアーズは

年初の1350トンから12/27の801.22トンまで550トン(40%)も残高を減らしています。

またB中央銀行の「金」購入ブームが昨年、一昨年の水準を下回り、

C世界的インフレリスクの後退、

Dインドの「金」輸入に関する抑制策から年間1000トンに実績を持つインドの需要が

落ち込んだことなどが「金」の28%下落の主な要因として上げる事が出来ます。



国内価格は米金融政策の正常化からドル高が進み、年初の87円から105円まで18円(18%)下落、

リーマンショック後の円高からリーマン以前の水準の円安に戻ったことで

輸入価格が円安によって上昇する為に、仮に為替が年初の87円で変わらなければ、

本日のNYの1196ドルではグラム建てでは凡そ3345円近辺の理論価格になるのですが、

昨日は105円台であった為に4093円で終わり、本日の1196ドル換算では4037円近辺になります。



2014年を展望すれば、「金」市場を取り巻く世界情勢、経済金融状況では

ドル高、株高が続き、インフレリスクが後退している中で、

金利を生まない「金」を持つ意義が薄れ、

まだ下値模索が続くものと見る市場関係者が多いようです。

「金」が浮上する環境としては、世界の株式市場の暴落、

戦争などの地政学上のリスクが増大する、

世界的にインフレ懸念が台頭する、中央政府が「金」保有に向かうなどの

大きなインパクトが必要になります。

2013年は日本の株式市場では年間56.7%の上昇と41年ぶりに

あの田中角栄内閣の列島改造計画の時代以来の上昇だったそうで、

原油は100ドル台へ9%の上昇と、商品は「金」を除く殆どのものが上昇、

なんと物価の優等生の象徴と長年言われた、卵が74%も上昇し、

贅沢品のゴルフ会員権相場まで上昇する中、

「金」の下落の深刻さが窺えます。



(レポートは弊社独自の調査・研究によるもので売り買いをお勧めするものではありません)

2013/12/31  2013年の「金」・為替・株式  

2013年のNY「金」相場は年初の1685ドルから12/30の1196ドルまで489ドルの下落(28%)となり、

2001年から続いた12年連続上昇は途切れることになりました。

東京工業品のグラム建ての「金」は年初(1/4)の大発会の4663円から

(12/30)の大納会の4093円まで570円(12%)の下落となりました。

円建ての下落幅が少ないのは年初の87円から105円まで18円下落した円安の為です。

ドル建てのNY「金」相場が下落した大きな原因の第一は米金融政策の正常化に伴う

@米金融政策の転換です。リーマンショック後の2008年から、超金融緩和政策(QE1)が始まり、

QE3と続くFRBの金融緩和策はバーナンキ議長の緩和策の早期縮小を示唆する発言から急落、

そして12月のFOMCで毎月850億ドルの資産買取を750億ドルに縮小することが発表され、

米金利の出口政策が模索される今後はドル高が見込まれ急速に「金」の魅了が減退して、

投機筋の売りものを誘いました。

A今までの上昇を支えた「金」ETFは昨年のピーク時の2632トンから

今年12月には1775トンまで857トンも減少しました。

その中で「金」ETFの最大手SPDRゴールドシェアーズは

年初の1350トンから12/27の801.22トンまで550トン(40%)も残高を減らしています。

またB中央銀行の「金」購入ブームが昨年、一昨年の水準を下回り、

C世界的インフレリスクの後退、

Dインドの「金」輸入に関する抑制策から年間1000トンに実績を持つインドの需要が

落ち込んだことなどが「金」の28%下落の主な要因として上げる事が出来ます。



国内価格は米金融政策の正常化からドル高が進み、年初の87円から105円まで18円(18%)下落、

リーマンショック後の円高からリーマン以前の水準の円安に戻ったことで

輸入価格が円安によって上昇する為に、仮に為替が年初の87円で変わらなければ、

本日のNYの1196ドルではグラム建てでは凡そ3345円近辺の理論価格になるのですが、

昨日は105円台であった為に4093円で終わり、本日の1196ドル換算では4037円近辺になります。



2014年を展望すれば、「金」市場を取り巻く世界情勢、経済金融状況では

ドル高、株高が続き、インフレリスクが後退している中で、

金利を生まない「金」を持つ意義が薄れ、

まだ下値模索が続くものと見る市場関係者が多いようです。

「金」が浮上する環境としては、世界の株式市場の暴落、

戦争などの地政学上のリスクが増大する、

世界的にインフレ懸念が台頭する、中央政府が「金」保有に向かうなどの

大きなインパクトが必要になります。

2013年は日本の株式市場では年間56.7%の上昇と41年ぶりに

あの田中角栄内閣の列島改造計画の時代以来の上昇だったそうで、

原油は100ドル台へ9%の上昇と、商品は「金」を除く殆どのものが上昇、

なんと物価の優等生の象徴と長年言われた、卵が74%も上昇し、

贅沢品のゴルフ会員権相場まで上昇する中、

「金」の下落の深刻さが窺えます。



(レポートは弊社独自の調査・研究によるもので売り買いをお勧めするものではありません)

2013/12/31  2013年の「金」・為替・株式  

2013年のNY「金」相場は年初の1685ドルから12/30の1196ドルまで489ドルの下落(28%)となり、

2001年から続いた12年連続上昇は途切れることになりました。

東京工業品のグラム建ての「金」は年初(1/4)の大発会の4663円から

(12/30)の大納会の4093円まで570円(12%)の下落となりました。

円建ての下落幅が少ないのは年初の87円から105円まで18円下落した円安の為です。

ドル建てのNY「金」相場が下落した大きな原因の第一は米金融政策の正常化に伴う

@米金融政策の転換です。リーマンショック後の2008年から、超金融緩和政策(QE1)が始まり、

QE3と続くFRBの金融緩和策はバーナンキ議長の緩和策の早期縮小を示唆する発言から急落、

そして12月のFOMCで毎月850億ドルの資産買取を750億ドルに縮小することが発表され、

米金利の出口政策が模索される今後はドル高が見込まれ急速に「金」の魅了が減退して、

投機筋の売りものを誘いました。

A今までの上昇を支えた「金」ETFは昨年のピーク時の2632トンから

今年12月には1775トンまで857トンも減少しました。

その中で「金」ETFの最大手SPDRゴールドシェアーズは

年初の1350トンから12/27の801.22トンまで550トン(40%)も残高を減らしています。

またB中央銀行の「金」購入ブームが昨年、一昨年の水準を下回り、

C世界的インフレリスクの後退、

Dインドの「金」輸入に関する抑制策から年間1000トンに実績を持つインドの需要が

落ち込んだことなどが「金」の28%下落の主な要因として上げる事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

国内価格は米金融政策の正常化からドル高が進み、年初の87円から105円まで18円(18%)下落、

リーマンショック後の円高からリーマン以前の水準の円安に戻ったことで

輸入価格が円安によって上昇する為に、仮に為替が年初の87円で変わらなければ、

本日のNYの1196ドルではグラム建てでは凡そ3345円近辺の理論価格になるのですが、

昨日は105円台であった為に4093円で終わり、本日の1196ドル換算では4037円近辺になります。

クリックすると元のサイズで表示します

2014年を展望すれば、「金」市場を取り巻く世界情勢、経済金融状況では

ドル高、株高が続き、インフレリスクが後退している中で、

金利を生まない「金」を持つ意義が薄れ、

まだ下値模索が続くものと見る市場関係者が多いようです。

「金」が浮上する環境としては、世界の株式市場の暴落、

戦争などの地政学上のリスクが増大する、

世界的にインフレ懸念が台頭する、中央政府が「金」保有に向かうなどの

大きなインパクトが必要になります。

2013年は日本の株式市場では年間56.7%の上昇と41年ぶりに

あの田中角栄内閣の列島改造計画の時代以来の上昇だったそうで、

原油は100ドル台へ9%の上昇と、商品は「金」を除く殆どのものが上昇、

なんと物価の優等生の象徴と長年言われた、卵が74%も上昇し、

贅沢品のゴルフ会員権相場まで上昇する中、

「金」の下落の深刻さが窺えます。

クリックすると元のサイズで表示します

(レポートは弊社独自の調査・研究によるもので売り買いをお勧めするものではありません)

2013/12/29  歳晩のアメ横に人押し合へり  日記

昨日土曜日から年末年始の休暇に入りました。

今年は暦の関係で殆どの会社が9連休のの恵まれた年になるようですが、

昨日は免許書き換えに最寄の警察署の行ったが、年末なのでと業務はお休みだったが、

官公庁は恵まれた待遇なのだから、公共サービスすに休みはない訳でもっと考えるべきだね。

休暇初日の土曜日は土気教室で今年最後の詩吟教室があり、

休暇2日目の今日はゴルフに出かけて、英気を養ったが

明日からは溜まっている在庫商品のパソコン処理をを始め、今年を振り返っての総括をして

来年の目標をしっかり立てよう・・・。



今朝の関東地方も冷え込みが今年一番で、氷が張り、霜柱が立ち

ゴルフ場のグリーンもフェアウエイも朝のうちはカチカチでテイが刺さらないほどだったが

スタート時間の10時前には日差しが暖かく、風」もなく絶好のゴルフ日和でした。

テレビでみると会社近くのアメ横は年末の風景ですね・・・。

円安になり、輸入価格が上昇して安売りのアメ横の商店街も今年は苦労しているようです・・。

値段が安いことで年末に200万人もの客を集めているアメ横は値上げが出来ないようで、

利幅を落として踏ん張っているようです。

来年四月の消費税が8%に値上がりしても殆どの中小企業は値上げは出来ず、

今年のアメ横のような経営になるのかもしれませんね。




AutoPage最新お知らせ