にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2015/2/28  春望  漢詩

2月最後の土曜日は詩吟の日です。

午前は東金、午後は土気教室では「杜甫」の 春望をみんなで吟じました。

戦乱の世に囚われの身となり家族と離れ離れとなった杜甫の悲嘆沈痛の思いを

漂泊の詩人が謳いあげました。


             

春 望(しゅんぼう)   杜 甫(と ほ )

国破れて山河在あり 

城春しろはるにして草木深そうもくふかし

時に感じては花にも涙を濺そそぎ

別れを恨うらんでは鳥にも心を驚おどろかす

烽火三月ほうかさんげつに連なり

家書万金かしょばんきんに抵あたる

白頭掻はくとうかけば更に短かく

渾すべて簪しんに勝たえざらんと欲ほっす


(解釈)

長安の都は戦に破壊されたが、山と河に変わるところは何もない

その都に春が巡り来て、草も木もみずみずしく生い茂っている

騒乱の時世に心が痛み、美しく咲く花を見れば涙があふれて

親しい人との死別を嘆くたび、鳥の声にも胸騒ぎを覚えてしまう

戦いののろし火は、三ヶ月を経た今も止まず

家族からの手紙は、万金に値するほど懐かしい

白くなった頭を掻くと、髪はすっかり短くなっており

役人時代に冠を留めたかんざしの留め針さえ刺せなくなろうとしている



三陸沖地震、福島の原発事故から早3年になりますが、時代は杜甫の時代とは違っても

杜甫のこの詩と何か重なるものを感じてしまいます。


2015/2/28  春望  漢詩

2月最後の土曜日は詩吟の日です。

午前は東金、午後は土気教室では「杜甫」の 春望をみんなで吟じました。

戦乱の世に囚われの身となり家族と離れ離れとなった杜甫の悲嘆沈痛の思いを

漂泊の詩人が謳いあげました。


             

春 望(しゅんぼう)   杜 甫(と ほ )

国破れて山河在あり 

城春しろはるにして草木深そうもくふかし

時に感じては花にも涙を濺そそぎ

別れを恨うらんでは鳥にも心を驚おどろかす

烽火三月ほうかさんげつに連なり

家書万金かしょばんきんに抵あたる

白頭掻はくとうかけば更に短かく

渾すべて簪しんに勝たえざらんと欲ほっす


(解釈)

長安の都は戦に破壊されたが、山と河に変わるところは何もない

その都に春が巡り来て、草も木もみずみずしく生い茂っている

騒乱の時世に心が痛み、美しく咲く花を見れば涙があふれて

親しい人との死別を嘆くたび、鳥の声にも胸騒ぎを覚えてしまう

戦いののろし火は、三ヶ月を経た今も止まず

家族からの手紙は、万金に値するほど懐かしい

白くなった頭を掻くと、髪はすっかり短くなっており

役人時代に冠を留めたかんざしの留め針さえ刺せなくなろうとしている



三陸沖地震、福島の原発事故から早3年になりますが、時代は杜甫の時代とは違っても

杜甫のこの詩と何か重なるものを感じてしまいます。


2015/2/28  春望  漢詩

2月最後の土曜日は詩吟の日です。

午前は東金、午後は土気教室では「杜甫」の 春望をみんなで吟じました。

戦乱の世に囚われの身となり家族と離れ離れとなった杜甫の悲嘆沈痛の思いを

漂泊の詩人が謳いあげました。


             

春 望(しゅんぼう)   杜 甫(と ほ )

国破れて山河在あり 

城春しろはるにして草木深そうもくふかし

時に感じては花にも涙を濺そそぎ

別れを恨うらんでは鳥にも心を驚おどろかす

烽火三月ほうかさんげつに連なり

家書万金かしょばんきんに抵あたる

白頭掻はくとうかけば更に短かく

渾すべて簪しんに勝たえざらんと欲ほっす


(解釈)

長安の都は戦に破壊されたが、山と河に変わるところは何もない

その都に春が巡り来て、草も木もみずみずしく生い茂っている

騒乱の時世に心が痛み、美しく咲く花を見れば涙があふれて

親しい人との死別を嘆くたび、鳥の声にも胸騒ぎを覚えてしまう

戦いののろし火は、三ヶ月を経た今も止まず

家族からの手紙は、万金に値するほど懐かしい

白くなった頭を掻くと、髪はすっかり短くなっており

役人時代に冠を留めたかんざしの留め針さえ刺せなくなろうとしている



三陸沖地震、福島の原発事故から早3年になりますが、時代は杜甫の時代とは違っても

杜甫のこの詩と何か重なるものを感じてしまいます。


2015/2/28  春望  漢詩

2月最後の土曜日は詩吟の日です。

午前は東金、午後は土気教室では「杜甫」の 春望をみんなで吟じました。

戦乱の世に囚われの身となり家族と離れ離れとなった杜甫の悲嘆沈痛の思いを

漂泊の詩人が謳いあげました。


             

春 望(しゅんぼう)   杜 甫(と ほ )

国破れて山河在あり 

城春しろはるにして草木深そうもくふかし

時に感じては花にも涙を濺そそぎ

別れを恨うらんでは鳥にも心を驚おどろかす

烽火三月ほうかさんげつに連なり

家書万金かしょばんきんに抵あたる

白頭掻はくとうかけば更に短かく

渾すべて簪しんに勝たえざらんと欲ほっす


(解釈)

長安の都は戦に破壊されたが、山と河に変わるところは何もない

その都に春が巡り来て、草も木もみずみずしく生い茂っている

騒乱の時世に心が痛み、美しく咲く花を見れば涙があふれて

親しい人との死別を嘆くたび、鳥の声にも胸騒ぎを覚えてしまう

戦いののろし火は、三ヶ月を経た今も止まず

家族からの手紙は、万金に値するほど懐かしい

白くなった頭を掻くと、髪はすっかり短くなっており

役人時代に冠を留めたかんざしの留め針さえ刺せなくなろうとしている



三陸沖地震、福島の原発事故から早3年になりますが、時代は杜甫の時代とは違っても

杜甫のこの詩と何か重なるものを感じてしまいます。


2015/2/28  春望  漢詩

2月最後の土曜日は詩吟の日です。

午前は東金、午後は土気教室では「杜甫」の 春望をみんなで吟じました。

戦乱の世に囚われの身となり家族と離れ離れとなった杜甫の悲嘆沈痛の思いを

漂泊の詩人が謳いあげました。


             

春 望(しゅんぼう)   杜 甫(と ほ )

国破れて山河在あり 

城春しろはるにして草木深そうもくふかし

時に感じては花にも涙を濺そそぎ

別れを恨うらんでは鳥にも心を驚おどろかす

烽火三月ほうかさんげつに連なり

家書万金かしょばんきんに抵あたる

白頭掻はくとうかけば更に短かく

渾すべて簪しんに勝たえざらんと欲ほっす


(解釈)

長安の都は戦に破壊されたが、山と河に変わるところは何もない

その都に春が巡り来て、草も木もみずみずしく生い茂っている

騒乱の時世に心が痛み、美しく咲く花を見れば涙があふれて

親しい人との死別を嘆くたび、鳥の声にも胸騒ぎを覚えてしまう

戦いののろし火は、三ヶ月を経た今も止まず

家族からの手紙は、万金に値するほど懐かしい

白くなった頭を掻くと、髪はすっかり短くなっており

役人時代に冠を留めたかんざしの留め針さえ刺せなくなろうとしている



三陸沖地震、福島の原発事故から早3年になりますが、時代は杜甫の時代とは違っても

杜甫のこの詩と何か重なるものを感じてしまいます。


2015/2/28  春望  漢詩

2月最後の土曜日は詩吟の日です。

午前は東金、午後は土気教室では「杜甫」の 春望をみんなで吟じました。

戦乱の世に囚われの身となり家族と離れ離れとなった杜甫の悲嘆沈痛の思いを

漂泊の詩人が謳いあげました。


             

春 望(しゅんぼう)   杜 甫(と ほ )

国破れて山河在あり 

城春しろはるにして草木深そうもくふかし

時に感じては花にも涙を濺そそぎ

別れを恨うらんでは鳥にも心を驚おどろかす

烽火三月ほうかさんげつに連なり

家書万金かしょばんきんに抵あたる

白頭掻はくとうかけば更に短かく

渾すべて簪しんに勝たえざらんと欲ほっす


(解釈)

長安の都は戦に破壊されたが、山と河に変わるところは何もない

その都に春が巡り来て、草も木もみずみずしく生い茂っている

騒乱の時世に心が痛み、美しく咲く花を見れば涙があふれて

親しい人との死別を嘆くたび、鳥の声にも胸騒ぎを覚えてしまう

戦いののろし火は、三ヶ月を経た今も止まず

家族からの手紙は、万金に値するほど懐かしい

白くなった頭を掻くと、髪はすっかり短くなっており

役人時代に冠を留めたかんざしの留め針さえ刺せなくなろうとしている



三陸沖地震、福島の原発事故から早3年になりますが、時代は杜甫の時代とは違っても

杜甫のこの詩と何か重なるものを感じてしまいます。


2015/2/28  春望  漢詩

2月最後の土曜日は詩吟の日です。

午前は東金、午後は土気教室では「杜甫」の 春望をみんなで吟じました。

戦乱の世に囚われの身となり家族と離れ離れとなった杜甫の悲嘆沈痛の思いを

漂泊の詩人が謳いあげました。


             クリックすると元のサイズで表示します

春 望(しゅんぼう)   杜 甫(と ほ )

国破れて山河在あり 

城春しろはるにして草木深そうもくふかし

時に感じては花にも涙を濺そそぎ

別れを恨うらんでは鳥にも心を驚おどろかす

烽火三月ほうかさんげつに連なり

家書万金かしょばんきんに抵あたる

白頭掻はくとうかけば更に短かく

渾すべて簪しんに勝たえざらんと欲ほっす


(解釈)

長安の都は戦に破壊されたが、山と河に変わるところは何もない

その都に春が巡り来て、草も木もみずみずしく生い茂っている

騒乱の時世に心が痛み、美しく咲く花を見れば涙があふれて

親しい人との死別を嘆くたび、鳥の声にも胸騒ぎを覚えてしまう

戦いののろし火は、三ヶ月を経た今も止まず

家族からの手紙は、万金に値するほど懐かしい

白くなった頭を掻くと、髪はすっかり短くなっており

役人時代に冠を留めたかんざしの留め針さえ刺せなくなろうとしている

クリックすると元のサイズで表示します

三陸沖地震、福島の原発事故から早3年になりますが、時代は杜甫の時代とは違っても

杜甫のこの詩と何か重なるものを感じてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/2/27  忍字に題す  漢詩

昔大ヒットした朝ドラで「おしん」というのがあったが、

貧苦を耐え忍び、やがて大輪の花を咲かせるドラマで中国でも人気が出たそうだが、

忍耐を百回も重ねると心は春の暖かさに包まれ、

宇宙の全てを楽しく受け入れるようになり、真の境地になると

近江の陽明学者の藤樹先生が400年も前に看破しているが最近の教室でこの詩を吟じている

  忍字に題す 中江藤樹

一たび忍べば七情 皆中和す

再び忍べば五福 皆並び臻(いた)る

忍んで百忍に到れば 満腔の春

熙熙たる宇宙 総べて眞境




人間の感情には、喜・怒・哀・懼(おそれ)・愛・悪(にくむ)・欲 の七種があるが、

初めに一度その感情を抑えるとそのまま心の中で和らげられるるものである。

さらに再び抑えると、長寿・富裕・無病・道徳を楽しみ、また天命を全うするという

五つの幸福が自分に集まるものであると教え諭しているが、藤樹先生の元には

近隣から多くのお弟子さんが集まったそうです。

言葉の解説・・七情・・七つの感情、愛・悪(にくむ)・欲・喜・怒・哀・懼(おそれ)

 五福・・・長生き・富・健康・道徳を好む・天寿を待つの五つ
 
 満腔・・・腹一杯、全身

 熙熙たる・・光が行きわたる、喜び楽しむ

 眞境・・ありさま

            

近江聖人と称された藤樹先生の教えは知行一致の王陽明の思想で

孝を中心として良知に従い行ないを正しくすることに勤めよとのもので、

我々清風会では藤樹先生の「諸生と月を見る」を初めに詠っている 



   諸生と月を見る 中江藤樹

 
 清風座に満ち炎暑を忘る  

 名月天に当って世塵を絶つ

 同士偶然興に乗ずる処

 知らず識らず帝尭の民


詩の大意・・・中国古代に理想の帝王が現れ、国民は理想的な太平の世を送ったとの伝えから

帝王の名をとって尭帝と言い、理想の世を尭帝の治世といった故事が伝えられている。

藤樹先生の思想教育こそ今の世の中に必要なのかも知れない。

松下政経塾では政策や演説などハウツウものを教えられてきたのだろうけど、

あの塾に藤樹先生のような教育者が居ったら今の政界の様子も違っていたかもしれないが

まァー次の選挙で松下政経塾から当選する人は少ないと思うのだが、

維新の会の橋下さんの塾には3000名余りの応募があったそうだが、

次の就職活動に現職の議員も応募している様子だが、

政経塾は年に10人位の人達が4年間びっしり教育を受けたのだそうだが、

維新塾は押して知るべしで、先が見えるようだ。

やはり根本的な人間観、歴史観をもって藤樹先生のように知行一致の行き方が

望まれるように叔父さんは思うけどね・・。

そして政治家を志すものや公僕はボランティアとしてやるべきで、

生活の糧としての考え方をなくすべきで、相応しい人を世の中で送り出すべきと思うけどね・・・。



 

2015/2/27  忍字に題す  漢詩

昔大ヒットした朝ドラで「おしん」というのがあったが、

貧苦を耐え忍び、やがて大輪の花を咲かせるドラマで中国でも人気が出たそうだが、

忍耐を百回も重ねると心は春の暖かさに包まれ、

宇宙の全てを楽しく受け入れるようになり、真の境地になると

近江の陽明学者の藤樹先生が400年も前に看破しているが最近の教室でこの詩を吟じている

  忍字に題す 中江藤樹

一たび忍べば七情 皆中和す

再び忍べば五福 皆並び臻(いた)る

忍んで百忍に到れば 満腔の春

熙熙たる宇宙 総べて眞境




人間の感情には、喜・怒・哀・懼(おそれ)・愛・悪(にくむ)・欲 の七種があるが、

初めに一度その感情を抑えるとそのまま心の中で和らげられるるものである。

さらに再び抑えると、長寿・富裕・無病・道徳を楽しみ、また天命を全うするという

五つの幸福が自分に集まるものであると教え諭しているが、藤樹先生の元には

近隣から多くのお弟子さんが集まったそうです。

言葉の解説・・七情・・七つの感情、愛・悪(にくむ)・欲・喜・怒・哀・懼(おそれ)

 五福・・・長生き・富・健康・道徳を好む・天寿を待つの五つ
 
 満腔・・・腹一杯、全身

 熙熙たる・・光が行きわたる、喜び楽しむ

 眞境・・ありさま

            

近江聖人と称された藤樹先生の教えは知行一致の王陽明の思想で

孝を中心として良知に従い行ないを正しくすることに勤めよとのもので、

我々清風会では藤樹先生の「諸生と月を見る」を初めに詠っている 



   諸生と月を見る 中江藤樹

 
 清風座に満ち炎暑を忘る  

 名月天に当って世塵を絶つ

 同士偶然興に乗ずる処

 知らず識らず帝尭の民


詩の大意・・・中国古代に理想の帝王が現れ、国民は理想的な太平の世を送ったとの伝えから

帝王の名をとって尭帝と言い、理想の世を尭帝の治世といった故事が伝えられている。

藤樹先生の思想教育こそ今の世の中に必要なのかも知れない。

松下政経塾では政策や演説などハウツウものを教えられてきたのだろうけど、

あの塾に藤樹先生のような教育者が居ったら今の政界の様子も違っていたかもしれないが

まァー次の選挙で松下政経塾から当選する人は少ないと思うのだが、

維新の会の橋下さんの塾には3000名余りの応募があったそうだが、

次の就職活動に現職の議員も応募している様子だが、

政経塾は年に10人位の人達が4年間びっしり教育を受けたのだそうだが、

維新塾は押して知るべしで、先が見えるようだ。

やはり根本的な人間観、歴史観をもって藤樹先生のように知行一致の行き方が

望まれるように叔父さんは思うけどね・・。

そして政治家を志すものや公僕はボランティアとしてやるべきで、

生活の糧としての考え方をなくすべきで、相応しい人を世の中で送り出すべきと思うけどね・・・。



 

2015/2/27  忍字に題す  漢詩

昔大ヒットした朝ドラで「おしん」というのがあったが、

貧苦を耐え忍び、やがて大輪の花を咲かせるドラマで中国でも人気が出たそうだが、

忍耐を百回も重ねると心は春の暖かさに包まれ、

宇宙の全てを楽しく受け入れるようになり、真の境地になると

近江の陽明学者の藤樹先生が400年も前に看破しているが最近の教室でこの詩を吟じている

  忍字に題す 中江藤樹

一たび忍べば七情 皆中和す

再び忍べば五福 皆並び臻(いた)る

忍んで百忍に到れば 満腔の春

熙熙たる宇宙 総べて眞境




人間の感情には、喜・怒・哀・懼(おそれ)・愛・悪(にくむ)・欲 の七種があるが、

初めに一度その感情を抑えるとそのまま心の中で和らげられるるものである。

さらに再び抑えると、長寿・富裕・無病・道徳を楽しみ、また天命を全うするという

五つの幸福が自分に集まるものであると教え諭しているが、藤樹先生の元には

近隣から多くのお弟子さんが集まったそうです。

言葉の解説・・七情・・七つの感情、愛・悪(にくむ)・欲・喜・怒・哀・懼(おそれ)

 五福・・・長生き・富・健康・道徳を好む・天寿を待つの五つ
 
 満腔・・・腹一杯、全身

 熙熙たる・・光が行きわたる、喜び楽しむ

 眞境・・ありさま

            

近江聖人と称された藤樹先生の教えは知行一致の王陽明の思想で

孝を中心として良知に従い行ないを正しくすることに勤めよとのもので、

我々清風会では藤樹先生の「諸生と月を見る」を初めに詠っている 



   諸生と月を見る 中江藤樹

 
 清風座に満ち炎暑を忘る  

 名月天に当って世塵を絶つ

 同士偶然興に乗ずる処

 知らず識らず帝尭の民


詩の大意・・・中国古代に理想の帝王が現れ、国民は理想的な太平の世を送ったとの伝えから

帝王の名をとって尭帝と言い、理想の世を尭帝の治世といった故事が伝えられている。

藤樹先生の思想教育こそ今の世の中に必要なのかも知れない。

松下政経塾では政策や演説などハウツウものを教えられてきたのだろうけど、

あの塾に藤樹先生のような教育者が居ったら今の政界の様子も違っていたかもしれないが

まァー次の選挙で松下政経塾から当選する人は少ないと思うのだが、

維新の会の橋下さんの塾には3000名余りの応募があったそうだが、

次の就職活動に現職の議員も応募している様子だが、

政経塾は年に10人位の人達が4年間びっしり教育を受けたのだそうだが、

維新塾は押して知るべしで、先が見えるようだ。

やはり根本的な人間観、歴史観をもって藤樹先生のように知行一致の行き方が

望まれるように叔父さんは思うけどね・・。

そして政治家を志すものや公僕はボランティアとしてやるべきで、

生活の糧としての考え方をなくすべきで、相応しい人を世の中で送り出すべきと思うけどね・・・。



 

2015/2/27  忍字に題す  漢詩

昔大ヒットした朝ドラで「おしん」というのがあったが、

貧苦を耐え忍び、やがて大輪の花を咲かせるドラマで中国でも人気が出たそうだが、

忍耐を百回も重ねると心は春の暖かさに包まれ、

宇宙の全てを楽しく受け入れるようになり、真の境地になると

近江の陽明学者の藤樹先生が400年も前に看破しているが最近の教室でこの詩を吟じている

  忍字に題す 中江藤樹

一たび忍べば七情 皆中和す

再び忍べば五福 皆並び臻(いた)る

忍んで百忍に到れば 満腔の春

熙熙たる宇宙 総べて眞境




人間の感情には、喜・怒・哀・懼(おそれ)・愛・悪(にくむ)・欲 の七種があるが、

初めに一度その感情を抑えるとそのまま心の中で和らげられるるものである。

さらに再び抑えると、長寿・富裕・無病・道徳を楽しみ、また天命を全うするという

五つの幸福が自分に集まるものであると教え諭しているが、藤樹先生の元には

近隣から多くのお弟子さんが集まったそうです。

言葉の解説・・七情・・七つの感情、愛・悪(にくむ)・欲・喜・怒・哀・懼(おそれ)

 五福・・・長生き・富・健康・道徳を好む・天寿を待つの五つ
 
 満腔・・・腹一杯、全身

 熙熙たる・・光が行きわたる、喜び楽しむ

 眞境・・ありさま

            

近江聖人と称された藤樹先生の教えは知行一致の王陽明の思想で

孝を中心として良知に従い行ないを正しくすることに勤めよとのもので、

我々清風会では藤樹先生の「諸生と月を見る」を初めに詠っている 



   諸生と月を見る 中江藤樹

 
 清風座に満ち炎暑を忘る  

 名月天に当って世塵を絶つ

 同士偶然興に乗ずる処

 知らず識らず帝尭の民


詩の大意・・・中国古代に理想の帝王が現れ、国民は理想的な太平の世を送ったとの伝えから

帝王の名をとって尭帝と言い、理想の世を尭帝の治世といった故事が伝えられている。

藤樹先生の思想教育こそ今の世の中に必要なのかも知れない。

松下政経塾では政策や演説などハウツウものを教えられてきたのだろうけど、

あの塾に藤樹先生のような教育者が居ったら今の政界の様子も違っていたかもしれないが

まァー次の選挙で松下政経塾から当選する人は少ないと思うのだが、

維新の会の橋下さんの塾には3000名余りの応募があったそうだが、

次の就職活動に現職の議員も応募している様子だが、

政経塾は年に10人位の人達が4年間びっしり教育を受けたのだそうだが、

維新塾は押して知るべしで、先が見えるようだ。

やはり根本的な人間観、歴史観をもって藤樹先生のように知行一致の行き方が

望まれるように叔父さんは思うけどね・・。

そして政治家を志すものや公僕はボランティアとしてやるべきで、

生活の糧としての考え方をなくすべきで、相応しい人を世の中で送り出すべきと思うけどね・・・。



 

2015/2/27  忍字に題す  漢詩

昔大ヒットした朝ドラで「おしん」というのがあったが、

貧苦を耐え忍び、やがて大輪の花を咲かせるドラマで中国でも人気が出たそうだが、

忍耐を百回も重ねると心は春の暖かさに包まれ、

宇宙の全てを楽しく受け入れるようになり、真の境地になると

近江の陽明学者の藤樹先生が400年も前に看破しているが最近の教室でこの詩を吟じている

  忍字に題す 中江藤樹

一たび忍べば七情 皆中和す

再び忍べば五福 皆並び臻(いた)る

忍んで百忍に到れば 満腔の春

熙熙たる宇宙 総べて眞境




人間の感情には、喜・怒・哀・懼(おそれ)・愛・悪(にくむ)・欲 の七種があるが、

初めに一度その感情を抑えるとそのまま心の中で和らげられるるものである。

さらに再び抑えると、長寿・富裕・無病・道徳を楽しみ、また天命を全うするという

五つの幸福が自分に集まるものであると教え諭しているが、藤樹先生の元には

近隣から多くのお弟子さんが集まったそうです。

言葉の解説・・七情・・七つの感情、愛・悪(にくむ)・欲・喜・怒・哀・懼(おそれ)

 五福・・・長生き・富・健康・道徳を好む・天寿を待つの五つ
 
 満腔・・・腹一杯、全身

 熙熙たる・・光が行きわたる、喜び楽しむ

 眞境・・ありさま

            

近江聖人と称された藤樹先生の教えは知行一致の王陽明の思想で

孝を中心として良知に従い行ないを正しくすることに勤めよとのもので、

我々清風会では藤樹先生の「諸生と月を見る」を初めに詠っている 



   諸生と月を見る 中江藤樹

 
 清風座に満ち炎暑を忘る  

 名月天に当って世塵を絶つ

 同士偶然興に乗ずる処

 知らず識らず帝尭の民


詩の大意・・・中国古代に理想の帝王が現れ、国民は理想的な太平の世を送ったとの伝えから

帝王の名をとって尭帝と言い、理想の世を尭帝の治世といった故事が伝えられている。

藤樹先生の思想教育こそ今の世の中に必要なのかも知れない。

松下政経塾では政策や演説などハウツウものを教えられてきたのだろうけど、

あの塾に藤樹先生のような教育者が居ったら今の政界の様子も違っていたかもしれないが

まァー次の選挙で松下政経塾から当選する人は少ないと思うのだが、

維新の会の橋下さんの塾には3000名余りの応募があったそうだが、

次の就職活動に現職の議員も応募している様子だが、

政経塾は年に10人位の人達が4年間びっしり教育を受けたのだそうだが、

維新塾は押して知るべしで、先が見えるようだ。

やはり根本的な人間観、歴史観をもって藤樹先生のように知行一致の行き方が

望まれるように叔父さんは思うけどね・・。

そして政治家を志すものや公僕はボランティアとしてやるべきで、

生活の糧としての考え方をなくすべきで、相応しい人を世の中で送り出すべきと思うけどね・・・。



 

2015/2/27  忍字に題す  漢詩

昔大ヒットした朝ドラで「おしん」というのがあったが、

貧苦を耐え忍び、やがて大輪の花を咲かせるドラマで中国でも人気が出たそうだが、

忍耐を百回も重ねると心は春の暖かさに包まれ、

宇宙の全てを楽しく受け入れるようになり、真の境地になると

近江の陽明学者の藤樹先生が400年も前に看破しているが最近の教室でこの詩を吟じている

  忍字に題す 中江藤樹

一たび忍べば七情 皆中和す

再び忍べば五福 皆並び臻(いた)る

忍んで百忍に到れば 満腔の春

熙熙たる宇宙 総べて眞境




人間の感情には、喜・怒・哀・懼(おそれ)・愛・悪(にくむ)・欲 の七種があるが、

初めに一度その感情を抑えるとそのまま心の中で和らげられるるものである。

さらに再び抑えると、長寿・富裕・無病・道徳を楽しみ、また天命を全うするという

五つの幸福が自分に集まるものであると教え諭しているが、藤樹先生の元には

近隣から多くのお弟子さんが集まったそうです。

言葉の解説・・七情・・七つの感情、愛・悪(にくむ)・欲・喜・怒・哀・懼(おそれ)

 五福・・・長生き・富・健康・道徳を好む・天寿を待つの五つ
 
 満腔・・・腹一杯、全身

 熙熙たる・・光が行きわたる、喜び楽しむ

 眞境・・ありさま

            

近江聖人と称された藤樹先生の教えは知行一致の王陽明の思想で

孝を中心として良知に従い行ないを正しくすることに勤めよとのもので、

我々清風会では藤樹先生の「諸生と月を見る」を初めに詠っている 



   諸生と月を見る 中江藤樹

 
 清風座に満ち炎暑を忘る  

 名月天に当って世塵を絶つ

 同士偶然興に乗ずる処

 知らず識らず帝尭の民


詩の大意・・・中国古代に理想の帝王が現れ、国民は理想的な太平の世を送ったとの伝えから

帝王の名をとって尭帝と言い、理想の世を尭帝の治世といった故事が伝えられている。

藤樹先生の思想教育こそ今の世の中に必要なのかも知れない。

松下政経塾では政策や演説などハウツウものを教えられてきたのだろうけど、

あの塾に藤樹先生のような教育者が居ったら今の政界の様子も違っていたかもしれないが

まァー次の選挙で松下政経塾から当選する人は少ないと思うのだが、

維新の会の橋下さんの塾には3000名余りの応募があったそうだが、

次の就職活動に現職の議員も応募している様子だが、

政経塾は年に10人位の人達が4年間びっしり教育を受けたのだそうだが、

維新塾は押して知るべしで、先が見えるようだ。

やはり根本的な人間観、歴史観をもって藤樹先生のように知行一致の行き方が

望まれるように叔父さんは思うけどね・・。

そして政治家を志すものや公僕はボランティアとしてやるべきで、

生活の糧としての考え方をなくすべきで、相応しい人を世の中で送り出すべきと思うけどね・・・。



 

2015/2/27  忍字に題す  漢詩

昔大ヒットした朝ドラで「おしん」というのがあったが、

貧苦を耐え忍び、やがて大輪の花を咲かせるドラマで中国でも人気が出たそうだが、

忍耐を百回も重ねると心は春の暖かさに包まれ、

宇宙の全てを楽しく受け入れるようになり、真の境地になると

近江の陽明学者の藤樹先生が400年も前に看破しているが最近の教室でこの詩を吟じている

  忍字に題す 中江藤樹

一たび忍べば七情 皆中和す

再び忍べば五福 皆並び臻(いた)る

忍んで百忍に到れば 満腔の春

熙熙たる宇宙 総べて眞境


クリックすると元のサイズで表示します

人間の感情には、喜・怒・哀・懼(おそれ)・愛・悪(にくむ)・欲 の七種があるが、

初めに一度その感情を抑えるとそのまま心の中で和らげられるるものである。

さらに再び抑えると、長寿・富裕・無病・道徳を楽しみ、また天命を全うするという

五つの幸福が自分に集まるものであると教え諭しているが、藤樹先生の元には

近隣から多くのお弟子さんが集まったそうです。

言葉の解説・・七情・・七つの感情、愛・悪(にくむ)・欲・喜・怒・哀・懼(おそれ)

 五福・・・長生き・富・健康・道徳を好む・天寿を待つの五つ
 
 満腔・・・腹一杯、全身

 熙熙たる・・光が行きわたる、喜び楽しむ

 眞境・・ありさま

            クリックすると元のサイズで表示します

近江聖人と称された藤樹先生の教えは知行一致の王陽明の思想で

孝を中心として良知に従い行ないを正しくすることに勤めよとのもので、

我々清風会では藤樹先生の「諸生と月を見る」を初めに詠っている 

クリックすると元のサイズで表示します

   諸生と月を見る 中江藤樹

 
 清風座に満ち炎暑を忘る  

 名月天に当って世塵を絶つ

 同士偶然興に乗ずる処

 知らず識らず帝尭の民


詩の大意・・・中国古代に理想の帝王が現れ、国民は理想的な太平の世を送ったとの伝えから

帝王の名をとって尭帝と言い、理想の世を尭帝の治世といった故事が伝えられている。

藤樹先生の思想教育こそ今の世の中に必要なのかも知れない。

松下政経塾では政策や演説などハウツウものを教えられてきたのだろうけど、

あの塾に藤樹先生のような教育者が居ったら今の政界の様子も違っていたかもしれないが

まァー次の選挙で松下政経塾から当選する人は少ないと思うのだが、

維新の会の橋下さんの塾には3000名余りの応募があったそうだが、

次の就職活動に現職の議員も応募している様子だが、

政経塾は年に10人位の人達が4年間びっしり教育を受けたのだそうだが、

維新塾は押して知るべしで、先が見えるようだ。

やはり根本的な人間観、歴史観をもって藤樹先生のように知行一致の行き方が

望まれるように叔父さんは思うけどね・・。

そして政治家を志すものや公僕はボランティアとしてやるべきで、

生活の糧としての考え方をなくすべきで、相応しい人を世の中で送り出すべきと思うけどね・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

 

2015/2/26  春の夜の薀蓄語り酒を酌む  日記

いつも愛飲の薩摩芋焼酎の「小鹿」の本にごり焼酎を取り寄せて一杯・・・。

「昔のいも焼酎は、濃厚でうまみが深かった…」

その昔好まれていたなつかしい味わいを再現したのが

この「にごり焼酎小鹿」・・。



すっきりした芋の味に慣れている所為か濃厚さを感じる・・・。

オンザ・ロック、お湯割り共にこの濃厚さが段々に引き込んでくるが、

ロック派の自分でも本にごりはお湯割がいいかもと思う。

毎度のお酒の話で恐縮なのですが、

こうしたお酒の薀蓄を語りながら飲んだ、最大の飲み友達が昨年亡くなって

その追悼のように酒の薀蓄を語り杯を、グラスを掲げながら

今は彼岸に行った友を偲んでいるのかもしれない。




AutoPage最新お知らせ