にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2015/3/30  「花の雲笑顔で歩く人ばかり」  日記

上野公園の桜は満開ですね・・平日の午後なのに人・人・人です。

20度を超える暖かさというか、暑い感じですね。

夜桜宴会には暖かくて最高でしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

いつもこの時期にはリクルートスーツの新入社員と思しき若い人が

お花見の席を取ってご座の上で夕方まで手持ち無沙汰に横になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

最近の所謂女子会も多くなりましたね・・昼から盛り上がってますね。

外国人の花見客が多くなり、彼らも席取りをして盛り上がってますね。

きっと日本のお花見文化に憧れてこの時期に上野公園にやってくるのですね。

野外で大勢でお酒を飲む交わす文化は日本だけかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/3/29  花開く水辺に近き小枝より  日記

日曜日はゴルフの日ですが、愛犬と春の訪ねて近所を散策・・・。

寒桜は見頃、ソメイヨシノは開花したばかり、辛夷は散り始め、水仙も盛りです。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

野遊びに良い日和になりました。

あちこちを歩きたくなりますね。

明日会社の昼の散歩には上野公園の見頃の桜が待ってますね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

夕方から雨になりそうですから、小松菜を畑に一列蒔きましょうかね。
タグ: 桜開花

2015/3/28  今日の暖かさで2分ほど開いて来ました  日記

今朝の桜は一分程度でしたが、豊島区大塚での詩吟大会から帰った7時ごろは

かなり開いていました・・(夕方で写真は撮れずでした)

しかし遅い桜木は花びらが僅かに開花ですね

日当たりの差でしょうかね?

クリックすると元のサイズで表示します

水仙もいい感じですね。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は雨予報ですがゴルフどうしますかね?
タグ: 桜開花

2015/3/27  「金塊」を活用した戦時中の日本について  仕事

サウジアラビアがイエメンでハディ氏と対立するイスラム教シーア派系の

武装組織「フーシ」への空爆を行ったことで、


中東のきな臭さから地政学的リスクへのヘッジとして昨日は「金」が

この報道に一気に1219ドルに駆け上がったが、

本日(27日)12時現在では1204ドル近辺で推移しているが、

戦争当事国の通貨は信用されず、安全資産としての「金」が買われて来たのは、

歴史的に通貨の一面を持っている「金」のもう一つの顔ですが、

戦時中の日本でも「金」を活用せざるを得なかった時代がありました。

1943年に上海の日本大使館事務所の総務部長であった岡崎嘉平太氏は当時を述懐して、

金塊を日本から20トン移送し、現地で信用されなくなった日本の通貨、軍票に変わって「

「金塊」で軍需物資の綿布等を買い付けたと言う。

当時の日本の産金量の半分に当たる虎の子の「金塊」でなければ、

物を調達できなかったのです。

日銀の資料によれば戦時中に中国に移送した「金塊」は53トンだそうで、

現在の時価では2400億円になります。

「金塊」輸送は飛行機、潜水艦で行われたと記録に残っています。

クリックすると元のサイズで表示します


当時の同盟国であったドイツからジェットエンジンなどの最新兵器の購入も、

ドイツから円やマルクでの支払いを拒否され、

「金塊」での支払いを要求され2トンの金塊を潜水艦で運んだと日銀の記録に残っている。

どの国も「金塊」を活用して国難を乗り越えた歴史を持っており、

それが故に外貨準備の中に占める「金塊」の比率が6割、7割になっているのですが、

日本は1.2兆ドルの外貨準備高に占める「金」の割合は僅かに1%です、

日本国は占領軍の方針から「金」を持たずに、

せっせと米国債を買って米国の財政を支援してきたのですね。

ご存知のように一ドルが360円の為替管理時代が長く続き、

やがて308円に200円に100円にドルは値下がりし、

「金」は一オンス35ドルの金・ドル本位制の時代から、

1971年にニクソンショックと呼ばれたドルと「金」の交換停止の時代を経て、

現在は1200ドル近辺になっているのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

全ては官僚、政治家の決断によっての日本の舵取りですが、

それによって得た日本の戦後復興と高度経済成長、

反面失った政策による「国の富」を将来の歴史家はどのように論表するのだろうか?

しかし個人投資家は賢いもので自分の財産ヘッジに「金」や金の宝飾品を買い、

またそれを売却して現金に替えるなど自在な判断をされます。

誰の顔色を見て、利益を受けようともせず、

また決算に追われることもない個人投資家の優れたところですね。






2015/3/26  上野公園の桜  日記

上野公園の桜も週末から見頃となりそうです。

大寒桜などは満開ですが、ソメイヨシノは開き始めたところですね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

蕾は赤く、桜並木は赤く染まって見えます。

一分、二分ほどと開いてますので初桜が楽しめますね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

気の早い人達は花見の宴に盛り上がってますが、

昼の暖かい内のお花見宴会は良いのでしょうが、夜桜はまだまだ寒くて大変でしょう。

明日は花金で、昼の気温も高いようで夜桜も人が増えるでしょうね。

気温が20度以上になる明日から3日間だそうで

週明け頃が見頃になるのかな?

クリックすると元のサイズで表示します

             クリックすると元のサイズで表示します

我が家の桜はまだ開花しませんが、

蕾も赤く膨らみこの週末が開花しそうです。

毎日花を追いかけて行きたいワクワクした日和ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

2015/3/25  日本の「金」保有が米国の10分の1以下、ロシアや中国以下と何故少ないのか?  仕事

2014年の「金」の年間需要は3923.7トンと

前年を4%減とWGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)より発表になりました。

内訳は宝飾需要が2152.9トン(前年比10%減)

投資需要が904 .6トン((同2%増)

テクノロジー(工業関係需要)が387トン(同4.7%減)

中央銀行が477.2トン(同16.6%増)と2013年の409トンを68トン上回り、

2012年の544トンに次ぐ大幅な増加になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

その中でもウクライナ問題を抱えるロシアが173トン増加の1208トンに

外貨準備の内12%の相当を占めるようになり、

次いでカザフスタン、イラクは各々48トン増、アゼルバイジャン10トン増、

トルコ9.4% トン増になっていますが、

日本は相変わらず3年間も増減なしの765.2トンで外貨準備に占める「金」の割合は

僅かに1%です。

他の先進国に比べ圧倒的に少ない日本の「金」の保有は何故なのでしょうか。

戦後の経済発展で目まぐるしい成長を遂げたドイツは「金」を買い

その保有残高は3384トン(外貨準備の内68%)に

一方の日本は米国債を買ったのですが、

米国は8133トン(同73%)、イタリアは2814トン(同67%)、

フランス2435トン(同66%)と

世界の先進国は自国の外貨準備の中で、

紙の紙幣のヘッジとして実物資産としての「金」の比率が高いのですが、

日本政府は戦後ひたすら米国債を買い米国の財政赤字を補填することで

日米安全保障の恩恵を受けてきた背景があるようです。

日本のもうひとつの見返りは

輸出の伸びによって拡大を保つことができてきたのが事実かもしれません。

一般には、「金」は通貨を保有する代わりとされ、

外貨準備に積み立てられる「金」は為替介入や

対外債務返済のための資金になっているのですが、

戦後日本の対米関係の縮図が「金」保有政策にも顕著に現れているように思われます。

有事に於いては通貨は効力がなく実物資産の「金」が国家を救った話は

枚挙にいとまないほど日本の過去の歴史も世界の歴史が雄弁に物語っているのですが、

米国追従の戦後は米軍基地が国内数箇所に依然として残っているように

本当の国益と日本の未来に関しては考えさせられますね。








2015/3/24  吉田松陰  漢詩

今年のNHK大河ドラマは「花燃ゆ」。

吉田松陰の妹「文」さんが先週は久坂玄瑞と結婚しました。

やがて安政の大獄で僅か30歳で世を去る吉田松陰

幕末の尊皇攘夷の思想家・教育家・兵学者として

維新の回天に活躍した高杉晋作、久坂玄瑞、木戸孝允(桂小五郎)、吉田稔磨、

品川弥三郎、入江九一、後の総理大臣・伊藤博文、山縣有明などの

名立たる維新の指導者を育てたとされる。

辺野古埋め立てで混迷する現在の国の安全保障問題を維新の尊王攘夷の頃と重ねて見たくなった

クリックすると元のサイズで表示します

松蔭によく似てる絵 クリックすると元のサイズで表示します

松陰の教育の原点となった野山獄に松陰が投獄されてから1年2か月が経ち、

野山獄を出た松陰は藩から自宅謹慎を命じられ、

実家の杉家に「幽囚」の身として戻る。

出獄後、松陰は自宅に設けられた幽囚室で、

親族・近隣の者を相手に「孟子」の講義を再開。幽囚室での「孟子」講義は、

単なる解説ではなく、松陰独自の解釈で高い評判となり、

次第に萩城下に広がっていくこととなる。

松陰は学問を「人間とは何かを学ぶことである」と言った。

また「学者になってはいけない。 実行しなければならない」とも言い、

学んだことを活かし実行に移す大切さを強く説いた。

脱藩や密航を試みるなど、実行に実行を重ねる松陰であったからこそ、

門弟に対し説得力があったののだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

当時の熟の写真らしいクリックすると元のサイズで表示します

松蔭の教えの骨子を抜き出してみると以下のような言葉が並ぶようだ。

「至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり」

「志を立ててもって万事の源となす」

「志士は溝壑に在るを忘れず」

「己に真の志あれば、無志はおのずから引き去る 恐るるにたらず」

「凡そ生まれて人たらば宜しく人の禽獣に異なる所以を知るべし」

「体は私なり、心は公なり 」

「公を役にして私に殉う者を小人と為す」

「人賢愚ありと雖も各々十二の才能なきはなし」

「湊合して大成する時は必ず全備する所あらん」

以下の二つの死生観は松蔭の生き様そのものなのだろう

死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし

生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし


この考え方が死を恐れず、彼の短い人生が後の世まで人の心を打つのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

密航の罪で捕らえられ、野山獄から伝馬町の獄に移された後

評定所の役人の態度から死を覚悟した松陰は、

家族への「永訣の書」と門下生達に向けた「留魂録」を

伝馬町牢獄で記した「留魂録」は、門下生達によっていくつも複写され、

志士たちのバイブルとなる。

クリックすると元のサイズで表示します 「留魂録」

立志尚特異 (志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない)

俗流與議難 (世俗の意見に惑わされてもいけない)
 
不思身後業 (死んだ後の業苦を思い煩うな)

且偸目前安 (目先の安楽は一時しのぎと知れ)

百年一瞬耳 (百年の時は一瞬にすぎない)

君子勿素餐 (君たちはどうかいたずらに時を過ごすことなかれ)

30年に足らぬ人生の中から、どうしてこのような生きる哲学が松蔭に出来たのだろうか

今は大学まで進むことが平均となり、書物も豊富で又、インターネットによって

松蔭の学んだ孟子も何でも学べる時代だが、

どうしたことか松蔭のような国を親を思い、自身の心を高める思想が育たず、

拝金主義と享楽、人に対する思いやりも足りないような気がするが・・・・。

文部省の教育や家庭の教育環境、親の子に対する、又社会が子供に対する

取り組み姿勢、あり方など沢山の問題があり、今後に課題があるのだろう。


そして安政6年(1859年)10月27日、評定所から「死罪」が言い渡され、

即日処刑が行なわれた。

吉田松陰、30歳という若さであった。

死に際しても平静かつ潔い松陰の姿に、首切り役人などは胸を打たれ、

その様子を後々まで回顧したといわれている。

維新の先駆者となり、その死を持って門下生達へと強烈に引き継がれた松陰の想い、

志は、後の世で大きく花開くこととなる。

その時の辞世の歌と知られる以下の句を詩吟愛好家は松蔭のような気持ちになって

口ずさみ、心から吟じ、己の魂を揺さぶられるのだ。

 * 身はたとい 武蔵の野辺に 朽ちぬとも とどめおかまし やまとだましい

 * 親思う 心にまさる 親ごころ 今日のおとずれ 何と聞くらむ


親に当てた自分が親を思う以上に、親は自分のことを思っていてくれる、

親に先立つ不幸を松蔭は思ったのだろう・・この辺が松蔭の人間味溢れるところだ。

 吾今国の為に死す 死すとも君と親とに背かず

 悠々たる天地の事 鑑照は明神にあり


最近の詩吟教室では吟道誌に掲載されていることもあり松蔭の詩を吟じる機会が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

松蔭が主宰した松下(しょうか)村塾に対し、あの松下幸之助氏が主宰した

松下政経塾出身の政治家が最近は多いようですが、

果たして松蔭が育てた維新の傑物のように平成維新の回天事業を果たし

歴史に名を残し、幸之助氏の名も高まることが期待されるが・・・・。

2世、3世議員が政治の中心であった平成以降失われた20年を取り戻す意味でも

祈るような気持ちで・・・・。

松下政経塾出身の議員一覧↓

http://www.mskj.or.jp/sotsu/giin.html


2015/3/23   不要な宝石は売ったほうが良い  仕事

不要な宝石は売ったほうが良い

宝石を買ったり・売ったりする時代

クリックすると元のサイズで表示します


世は「断・捨・離」の時代・・・長い間使ってないものは捨てた方が良い・・。

それが売れるものであれば、そしてお金になればなお幸な事です。

家具や電気製品、台所品、衣類、日用品は時として処分するには逆にお金が掛かりますが、

タンスの中に眠っていた宝石・貴金属はお金になるので最近は売る時代となりました。

「金」・プラチナの高騰でネックレス・指輪などが意外に高く売れたりしますが、

劣化しないダイヤモンド・宝石も高く売れます。

インターネットのオークションでダイヤモンド・宝石をお買いになる方も増えてきました・・。

弊社のヤフーメリンダオークションも週末の最低落札価格なしの商品は

沢山の方達が入札に参加して頂き、

100円から始まる宝石が一週間の入札期間で落札されます・・・・。

ご自分のジュエリーとして楽しみ、或いはプレゼントにされる方など用途は多様ですが、

最近の傾向としてはネットでお買いになる方は、買いっぱなしではなく、

時として売り手になって弊社の買取りの部門に売って頂くことも多くなったきました。

宝石の場合はネットで買った品物に飽きたら売り、

又新しいものをネットでお買いになる事が多くなってきたようです。

ネットショップは通常のお店よりかなり安くなっているのは今や世間の常識ですが、

最低落札価格なしのネットオークションは時としてコストよりも下

(原価を下回る)で落札される事も日常茶飯事で、

直ぐそれを売却しても逆に儲かる場合があったりもします。

所謂売り買いの価格差がなくなって売り買いのゲーム感覚で

楽しむ人も現われているようです・・。

デパートや宝石専門店で、或いはブランド正規店で買うと

当然製造コスト・流通コスト・利潤が加味されますから、

原材料の何倍かになってしまうのですが、

リサイクル品の多いネットオークションは原材料費用に僅かな付加価値代と

少ない経費の為に元よりコストが低いので、

ネットで買ったものを買取り業者に売っても価格差がなかったり、

地金の高騰で逆に高く売れたりします。

(リサイクル品は新品仕上げをすると商品としては新品と大差がないのです)

クリックすると元のサイズで表示します

賢い消費者は優れた売り手でもあるネット時代が到来したようです。

売るのは宅配便などのサービスがあるので全国何処からでも簡単に売れるのです。

ネットで買った宝石をまとめて売られる方も最近は珍しくなくなったようです。

この記事に対するお問い合わせ・・・無料査定は↓

Tel 0120-228914(輝く石)

メールでのお問い合わせ、買取のホームページは

http://www.melindadiamonds.com/buyit/online.html

クリックすると元のサイズで表示します


2015/3/22  「馬鈴薯植う約束ごと果たすやうに」  日記

昨日より暖かな日曜日です。

お彼岸にジャガイモを植えるのは20年来の習慣になってきました。

今年は「男爵」と「北あかり」を植えました。

去年収穫のジャガイモが先週で無くなったそうで、

梅雨明けの収穫までは、スーパー勝って食べるようになりますね。

肉ジャガやポテサラ、煮物に味噌汁に入れてもジャガイモは万能ですね。

これから今年もサトイモ、サツマイモも沢山植えてみよう。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

雪柳も白い花をつけ、水仙も咲き揃ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

辛夷も大分開いてきました。

一刻の春を楽しめるようになって来ましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/3/21  故山出でて50余年花辛夷  日記

我が家の辛夷は2今週の暖かさで日前から開き始めました。

赤子のこぶしが開いた形に似ていることからコブシと言ったそうですが、

清楚で可憐な花で、やはり里山に似合いますでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

祭日の土曜日は詩吟がお休みで久々土曜日のゴルフです。

土曜日のゴルフ場は例によって日曜日よりも客が入っているので

進行が遅くてくたびれますが、久々の16,000歩に心地よい疲れです。

水仙もこの2、3日でどんどん開いてきました。

いい季節になって来ましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 花辛夷

2015/3/20  竹皮に包み竹の子握り飯  日記

お昼の弁当は

さあこれを持って何処かへ散歩にでも出かけたら?

謎かけみたいな道中お弁当。

筍のおにぎりですね・・・。

上野公園にでも行って頂きましょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

花粉が多く飛んでいる外に出るのも大変だしね。

食べる時はマスクをはずしね・・さてどうしましょうか?
タグ: 筍おむすび

2015/3/19  FOMC声明を受けての金市場はどうなる?  仕事

FOMC声明を受けての金市場はどうなる?

19日未明の注目のFOMC声明では、大方の予想通り金利フォワードガイダンスの利上げまで

「辛抱強くいられる」との文言が削除され、

利上げ着手に向けての環境整備を一段と進めた形になりました。

ただ、引き締めが適切になるのは「労働市場が一層改善され、

インフレ率が中期的に2%の目標に戻っていくと合理的に確信した場合」と、

今後の統計次第であることを再確認し、

利上げに対してのタカ派にもハト派にも配慮した表現になり、

最近のインフレ指標の低迷状態を考慮すると、少なくとも利上げが急がれる環境にはなく、

実際に4月会合での利上げについては「依然として、可能性低い」として、

利上げ着手は最短でも6月以降、9月頃の会合になるとの見方を示している。

イエレンFRB議長は、今回の金利フォワードガイダンス修正を受けて、

利上げに対して性急になることは意味しないと、改めて早期利上げ観測を牽制している。

声明を受けて1150ドル近辺のNY「金」は一気に1174ドルまで急反発したのは、

売り方の利益確定の買い戻しが見られたようです。

為替市場に於いても121円近辺から119円29銭まで円高・ドル安が進み、

またユーロに対しても1.06近辺から1.08近辺にドル安が進みドル建ての

「金」価格に割安感が出て買われたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

(上はNY金の2014年11月からの日足チャートです)

またFOMC当局者の金利誘導目標予想では、2015年末が0.625%とされており、

昨年12月時点の1.125%の予想から大きく下方修正されている。

年内の利上げ予想という基本構想には変化がないものの、

当局者の金利上昇期待が後退し、 ドル買い・「金」売りの勢いが一時的に後退した。

しかしながら 「金」相場が本格上昇するような状況にはなく、スピード調整となったようです。

アジア時間に移っての「金」は16時半現在1170ドルを挟んだ動きで、

為替は120円半ばで推移しています。

まあ、「金」を売る人、買う人にとっては思い立った時が吉日ですね。
タグ: FOMC声明

2015/3/16  愕一つ弾きハクレン開きけり  日記

今日も暖かで、マフラー、手袋を手放し、、今週は気温が一段と高くなってくるようです。

長持ちをする梅もそろそろ終盤の頃ですね。

近所の河津桜が見頃ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

大網。東金地区は江戸の頃より植木の瀑布御用達であった土地で、

その名残が彼方此方にあり、栽培し出荷する農家があります。

クリックすると元のサイズで表示します

河津桜の次は白木蓮ですね・・・。

駅前の観測地点のハクレンも愕を脱ぎ治始めました。

間もなく白い花びらが弾けることでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

庭の喇叭水仙の早咲きも開き始めました。

もう少しで庭が水仙で一杯となる春が間もなくでね、

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 河津桜 白木蓮 水仙

2015/3/15  「浜ことば試食の干物焼きハマグリ」  日記

九十九里を南下した大原漁港で朝市が第三日曜日に開催されてます。

先月も行ったのですが、花粉の飛ぶゴルフ場は避けて浜辺に来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

今日も沢山のお客様で広い駐車場も市場から大分離れたところに停めて、

サメの焼き物やら、干物の試食をつまみ、鰯のツミレ汁などを頂いていると、

サザエやハマグリ、イカ等を買ってバーべキュウもその場で出来るので、

今日はバーベキューでもと意気込んで行ったけど、ハマグリの試食も頂いてお腹一杯に。

白子町の浜通りに植えられた河津桜も満開でした。


2015/3/13  一期一会の心  日記

古今東西、お金の融通には金貸し業があり、庶民には馴染み深い質屋さんがあります。

先日テレビのドキュメントでヨーロッパの質屋さんでお金を借りる若者の映像を見ました。

昔から放牧民族にとって自身の所有物を売り、

またはそれを担保にお金を借りるのは歴史的習慣で、

自分の財産を相続以外には手放すことの少ない農耕民族とは意識に差があるようです。

特に自分達やその上の年代には物を手放す、捨てる感覚がなく、

まして、自分の所有物を売ると言った発想は中々なかったのですが

世の中は大分変わってきて、

ブランド品も借りて使うのも一般的になってきたようです。

若い人達の中には着なくなった洋服や子供服などをリサイクル品としてフリーマーケットや

ガレージセールに逞しく出店することも当たり前になってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

「金」プラチナ買いますの「ノボリやチラシ」が全国に溢れて18金のネックレスや

壊れた指輪も片方のピアスも直ぐに換金出切るのが知られてきましたが

使わなくなったブランド品や貴金属の他にダイヤモンド・宝石も換金できる事が

だんだん知られるようになりました。

昔からニューヨークの5番街と6番街の間、47丁目の宝石街の一階には

「ダイヤモンド買います・売ります」の看板がありましたが、

日本にもここ数年「ダイヤモンド・宝石買います」の看板を上げる業者が増えてきました。

弊社も輸出入卸業44年の経験を元に、8年前からこのダイヤモンド・宝石・金買取りの

ビジネスを始めましたが、予想以上の反響で連日店頭に、

又全国から宅急便で品物を送って頂くようになり、

どんな会社なの?

社長はどんな人?

会社の歴史は?

の疑問にお応えする会社の情報開示の必要性から、

ホームページにいろいろな情報を公開するようになり

「メリンダ社長のブログ」も毎日書き続けてゆくうちに

9年目、2800回も更新になりました。


ダイヤモンドの輸出入卸業にあったときは「寄らしめず、近しめず・・余計な事は云わずの

秘密主義から随分と変わって来たわけですが、

時には、ボヤキながらの、こんな生き方も悪くないなあ・・・と思うこの頃ですが

茶道に「一期一会」という言葉がありますが、

お客様との「一期一会」の心をもって接するようにいつも自身を戒め、

社員にも同じ心を持つように徹している。

買取の査定に来られるお客様には商品の量や、金額の多寡ではなく

同じ心で接し、特に金額の少ないお客様に対しては丁寧に接するように心がけている。

            クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ