にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2015/3/7  啓蟄に長寿を目指し吟じけり  漢詩

暦の上では啓蟄を過ぎそろそろジャガイモを植える畑の準備ですね。

梅も満開の頃を迎え、畑の土も黒々と柔らかくなってきました。

水仙も芽が伸びてきて、早咲きの黄水仙は開き始めました。

一気に春が来てますが三寒四温の日々ですね。

この週末は三寒なのかも知れませんが、土曜日は詩吟の日で午前は大網、午後は土気でした。

先日なくなった吟友のH氏を偲び「哀悼の詩」の献吟をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

  哀悼の詩 本宮三香

百歳の人生ついにに全ったからず 哀しむ君が客と為りて黄泉に到るを

墓前 涙を呑んで冥福を祈る 腸は断ず薫香一片の煙



詩の心・・・百歳まで生きるべき命を全うすることなく痛ましくも

君は永久に帰らぬ人となってしまった。

お墓の前で、涙をおさえて君の冥福を祈り、線香の煙に断腸の思いでいっぱいである。

クリックすると元のサイズで表示します

(短歌)
 
亡き人を終いの別れと弔えど

        心は消えずありし面影


その後に期せずして会員の方から起こったのは「長寿の吟」でした。

人生五十花なら蕾 六十七十働き盛り

九十になって迎えが来たら 百まで待てと追い返せ


その心意気や良しと朗吟高らかに長寿を互いに目指すこととします。







AutoPage最新お知らせ