にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2015/3/19  FOMC声明を受けての金市場はどうなる?  仕事

FOMC声明を受けての金市場はどうなる?

19日未明の注目のFOMC声明では、大方の予想通り金利フォワードガイダンスの利上げまで

「辛抱強くいられる」との文言が削除され、

利上げ着手に向けての環境整備を一段と進めた形になりました。

ただ、引き締めが適切になるのは「労働市場が一層改善され、

インフレ率が中期的に2%の目標に戻っていくと合理的に確信した場合」と、

今後の統計次第であることを再確認し、

利上げに対してのタカ派にもハト派にも配慮した表現になり、

最近のインフレ指標の低迷状態を考慮すると、少なくとも利上げが急がれる環境にはなく、

実際に4月会合での利上げについては「依然として、可能性低い」として、

利上げ着手は最短でも6月以降、9月頃の会合になるとの見方を示している。

イエレンFRB議長は、今回の金利フォワードガイダンス修正を受けて、

利上げに対して性急になることは意味しないと、改めて早期利上げ観測を牽制している。

声明を受けて1150ドル近辺のNY「金」は一気に1174ドルまで急反発したのは、

売り方の利益確定の買い戻しが見られたようです。

為替市場に於いても121円近辺から119円29銭まで円高・ドル安が進み、

またユーロに対しても1.06近辺から1.08近辺にドル安が進みドル建ての

「金」価格に割安感が出て買われたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

(上はNY金の2014年11月からの日足チャートです)

またFOMC当局者の金利誘導目標予想では、2015年末が0.625%とされており、

昨年12月時点の1.125%の予想から大きく下方修正されている。

年内の利上げ予想という基本構想には変化がないものの、

当局者の金利上昇期待が後退し、 ドル買い・「金」売りの勢いが一時的に後退した。

しかしながら 「金」相場が本格上昇するような状況にはなく、スピード調整となったようです。

アジア時間に移っての「金」は16時半現在1170ドルを挟んだ動きで、

為替は120円半ばで推移しています。

まあ、「金」を売る人、買う人にとっては思い立った時が吉日ですね。
タグ: FOMC声明




AutoPage最新お知らせ