にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2015/9/30  「爽やかや歩幅大きく歩きけり  日記

平日でしたがお付き合いで真名CCへ・・。

近いので9時前に家を出る、のんびりゴルフで朝方一仕事も出来ました。

フェアフエィの両側がメタセコイヤでセパレートされたホールもあり、

元が造園会社経営のゴルフ場だけに美しいコースです。

バックから打つと南総CCと変わらぬ距離があり、

饅頭型のツーグリーンで難しいタッチが要求されます。



              

爽やかな秋晴れで、たまにはホームコース以外のゴルフ場もいいね・・。

健康寿命を延ばすにはゴルフが自分には一番良いのかもね・・。

週一回くらい廻れるといいね・・。


2015/9/30  「爽やかや歩幅大きく歩きけり  日記

平日でしたがお付き合いで真名CCへ・・。

近いので9時前に家を出る、のんびりゴルフで朝方一仕事も出来ました。

フェアフエィの両側がメタセコイヤでセパレートされたホールもあり、

元が造園会社経営のゴルフ場だけに美しいコースです。

バックから打つと南総CCと変わらぬ距離があり、

饅頭型のツーグリーンで難しいタッチが要求されます。



              

爽やかな秋晴れで、たまにはホームコース以外のゴルフ場もいいね・・。

健康寿命を延ばすにはゴルフが自分には一番良いのかもね・・。

週一回くらい廻れるといいね・・。


2015/9/30  「爽やかや歩幅大きく歩きけり  日記

平日でしたがお付き合いで真名CCへ・・。

近いので9時前に家を出る、のんびりゴルフで朝方一仕事も出来ました。

フェアフエィの両側がメタセコイヤでセパレートされたホールもあり、

元が造園会社経営のゴルフ場だけに美しいコースです。

バックから打つと南総CCと変わらぬ距離があり、

饅頭型のツーグリーンで難しいタッチが要求されます。



              

爽やかな秋晴れで、たまにはホームコース以外のゴルフ場もいいね・・。

健康寿命を延ばすにはゴルフが自分には一番良いのかもね・・。

週一回くらい廻れるといいね・・。


2015/9/30  「爽やかや歩幅大きく歩きけり  日記

平日でしたがお付き合いで真名CCへ・・。

近いので9時前に家を出る、のんびりゴルフで朝方一仕事も出来ました。

フェアフエィの両側がメタセコイヤでセパレートされたホールもあり、

元が造園会社経営のゴルフ場だけに美しいコースです。

バックから打つと南総CCと変わらぬ距離があり、

饅頭型のツーグリーンで難しいタッチが要求されます。



              

爽やかな秋晴れで、たまにはホームコース以外のゴルフ場もいいね・・。

健康寿命を延ばすにはゴルフが自分には一番良いのかもね・・。

週一回くらい廻れるといいね・・。


2015/9/30  「爽やかや歩幅大きく歩きけり  日記

平日でしたがお付き合いで真名CCへ・・。

近いので9時前に家を出る、のんびりゴルフで朝方一仕事も出来ました。

フェアフエィの両側がメタセコイヤでセパレートされたホールもあり、

元が造園会社経営のゴルフ場だけに美しいコースです。

バックから打つと南総CCと変わらぬ距離があり、

饅頭型のツーグリーンで難しいタッチが要求されます。



              

爽やかな秋晴れで、たまにはホームコース以外のゴルフ場もいいね・・。

健康寿命を延ばすにはゴルフが自分には一番良いのかもね・・。

週一回くらい廻れるといいね・・。


2015/9/30  「爽やかや歩幅大きく歩きけり  日記

平日でしたがお付き合いで真名CCへ・・。

近いので9時前に家を出る、のんびりゴルフで朝方一仕事も出来ました。

フェアフエィの両側がメタセコイヤでセパレートされたホールもあり、

元が造園会社経営のゴルフ場だけに美しいコースです。

バックから打つと南総CCと変わらぬ距離があり、

饅頭型のツーグリーンで難しいタッチが要求されます。



              

爽やかな秋晴れで、たまにはホームコース以外のゴルフ場もいいね・・。

健康寿命を延ばすにはゴルフが自分には一番良いのかもね・・。

週一回くらい廻れるといいね・・。


2015/9/30  「爽やかや歩幅大きく歩きけり  日記

平日でしたがお付き合いで真名CCへ・・。

近いので9時前に家を出る、のんびりゴルフで朝方一仕事も出来ました。

フェアフエィの両側がメタセコイヤでセパレートされたホールもあり、

元が造園会社経営のゴルフ場だけに美しいコースです。

バックから打つと南総CCと変わらぬ距離があり、

饅頭型のツーグリーンで難しいタッチが要求されます。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

爽やかな秋晴れで、たまにはホームコース以外のゴルフ場もいいね・・。

健康寿命を延ばすにはゴルフが自分には一番良いのかもね・・。

週一回くらい廻れるといいね・・。

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 真名CC

2015/9/29  米利上げ観測からNY「金」は下落、1132ドル(14ドル安)  仕事

昨日の欧州時間から弱含みに推移していた「金」相場はNY時間に入り大きく下落しました。

きっかけはニューヨーク連銀のダドリー総裁が、

年内に利上げが実施されるとの見通しを再確認し、

10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でも利上げ決定の可能性があることを示唆したことから、

また先週はイエレンFRB議長も同じ内容の発言を行っており、

16〜17日開催のFOMCが年内利上げは不可能との見方も広がり始める中、

1127ドルまで売られ、1132ドル(14ドル安)近辺でした。

FOMCの9月の会合での利上げ見送りは、

あくまでも国際情勢の不透明化に対応したものであり、

利上げ着手の流れは変わっていないことが、改めて認識されました。

これは当然に「金」価格に対してはネガティブな材料であり、

8月後半からの中国を端とする世界同時株安から安全資産として買われ

上昇した相場の修正局面に入っているのかもしれません。

またNY市場で119円台の円高となったことから、

東京工業品の「金」は10時半現在4359円(前日終値比62円安)で推移しています。



(上は東京工業品の2015年6月からの日足チャートです)

中国経済の低迷、減速懸念から売られた8月末からの世界同時株安では

昨夜のNY市場は16,001ドル(312ドル安)、

今朝の東証株価は11時現在17,072円(572円安)と大きく下落して始まっている。

アジアの株価指数も軒並み安く、中国の経済指数の落ち込みから、

香港ハンセン指数は20,457(728安)と3.55%下落しいる。

10月の中国全人連で大きな経済対策が出てくるまで、世界の株価も安そうですね。

しかし、昔から相場は下がれば買われ、上がれば売られる流れですから、

投資家にとっては転換ポイントの勘所ですかね?

まあ素人は蚊帳の外で市場を眺めて、詳論家になっていた方が賢明ですね。

2015/9/29  米利上げ観測からNY「金」は下落、1132ドル(14ドル安)  仕事

昨日の欧州時間から弱含みに推移していた「金」相場はNY時間に入り大きく下落しました。

きっかけはニューヨーク連銀のダドリー総裁が、

年内に利上げが実施されるとの見通しを再確認し、

10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でも利上げ決定の可能性があることを示唆したことから、

また先週はイエレンFRB議長も同じ内容の発言を行っており、

16〜17日開催のFOMCが年内利上げは不可能との見方も広がり始める中、

1127ドルまで売られ、1132ドル(14ドル安)近辺でした。

FOMCの9月の会合での利上げ見送りは、

あくまでも国際情勢の不透明化に対応したものであり、

利上げ着手の流れは変わっていないことが、改めて認識されました。

これは当然に「金」価格に対してはネガティブな材料であり、

8月後半からの中国を端とする世界同時株安から安全資産として買われ

上昇した相場の修正局面に入っているのかもしれません。

またNY市場で119円台の円高となったことから、

東京工業品の「金」は10時半現在4359円(前日終値比62円安)で推移しています。



(上は東京工業品の2015年6月からの日足チャートです)

中国経済の低迷、減速懸念から売られた8月末からの世界同時株安では

昨夜のNY市場は16,001ドル(312ドル安)、

今朝の東証株価は11時現在17,072円(572円安)と大きく下落して始まっている。

アジアの株価指数も軒並み安く、中国の経済指数の落ち込みから、

香港ハンセン指数は20,457(728安)と3.55%下落しいる。

10月の中国全人連で大きな経済対策が出てくるまで、世界の株価も安そうですね。

しかし、昔から相場は下がれば買われ、上がれば売られる流れですから、

投資家にとっては転換ポイントの勘所ですかね?

まあ素人は蚊帳の外で市場を眺めて、詳論家になっていた方が賢明ですね。

2015/9/29  米利上げ観測からNY「金」は下落、1132ドル(14ドル安)  仕事

昨日の欧州時間から弱含みに推移していた「金」相場はNY時間に入り大きく下落しました。

きっかけはニューヨーク連銀のダドリー総裁が、

年内に利上げが実施されるとの見通しを再確認し、

10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でも利上げ決定の可能性があることを示唆したことから、

また先週はイエレンFRB議長も同じ内容の発言を行っており、

16〜17日開催のFOMCが年内利上げは不可能との見方も広がり始める中、

1127ドルまで売られ、1132ドル(14ドル安)近辺でした。

FOMCの9月の会合での利上げ見送りは、

あくまでも国際情勢の不透明化に対応したものであり、

利上げ着手の流れは変わっていないことが、改めて認識されました。

これは当然に「金」価格に対してはネガティブな材料であり、

8月後半からの中国を端とする世界同時株安から安全資産として買われ

上昇した相場の修正局面に入っているのかもしれません。

またNY市場で119円台の円高となったことから、

東京工業品の「金」は10時半現在4359円(前日終値比62円安)で推移しています。



(上は東京工業品の2015年6月からの日足チャートです)

中国経済の低迷、減速懸念から売られた8月末からの世界同時株安では

昨夜のNY市場は16,001ドル(312ドル安)、

今朝の東証株価は11時現在17,072円(572円安)と大きく下落して始まっている。

アジアの株価指数も軒並み安く、中国の経済指数の落ち込みから、

香港ハンセン指数は20,457(728安)と3.55%下落しいる。

10月の中国全人連で大きな経済対策が出てくるまで、世界の株価も安そうですね。

しかし、昔から相場は下がれば買われ、上がれば売られる流れですから、

投資家にとっては転換ポイントの勘所ですかね?

まあ素人は蚊帳の外で市場を眺めて、詳論家になっていた方が賢明ですね。

2015/9/29  米利上げ観測からNY「金」は下落、1132ドル(14ドル安)  仕事

昨日の欧州時間から弱含みに推移していた「金」相場はNY時間に入り大きく下落しました。

きっかけはニューヨーク連銀のダドリー総裁が、

年内に利上げが実施されるとの見通しを再確認し、

10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でも利上げ決定の可能性があることを示唆したことから、

また先週はイエレンFRB議長も同じ内容の発言を行っており、

16〜17日開催のFOMCが年内利上げは不可能との見方も広がり始める中、

1127ドルまで売られ、1132ドル(14ドル安)近辺でした。

FOMCの9月の会合での利上げ見送りは、

あくまでも国際情勢の不透明化に対応したものであり、

利上げ着手の流れは変わっていないことが、改めて認識されました。

これは当然に「金」価格に対してはネガティブな材料であり、

8月後半からの中国を端とする世界同時株安から安全資産として買われ

上昇した相場の修正局面に入っているのかもしれません。

またNY市場で119円台の円高となったことから、

東京工業品の「金」は10時半現在4359円(前日終値比62円安)で推移しています。



(上は東京工業品の2015年6月からの日足チャートです)

中国経済の低迷、減速懸念から売られた8月末からの世界同時株安では

昨夜のNY市場は16,001ドル(312ドル安)、

今朝の東証株価は11時現在17,072円(572円安)と大きく下落して始まっている。

アジアの株価指数も軒並み安く、中国の経済指数の落ち込みから、

香港ハンセン指数は20,457(728安)と3.55%下落しいる。

10月の中国全人連で大きな経済対策が出てくるまで、世界の株価も安そうですね。

しかし、昔から相場は下がれば買われ、上がれば売られる流れですから、

投資家にとっては転換ポイントの勘所ですかね?

まあ素人は蚊帳の外で市場を眺めて、詳論家になっていた方が賢明ですね。

2015/9/29  米利上げ観測からNY「金」は下落、1132ドル(14ドル安)  仕事

昨日の欧州時間から弱含みに推移していた「金」相場はNY時間に入り大きく下落しました。

きっかけはニューヨーク連銀のダドリー総裁が、

年内に利上げが実施されるとの見通しを再確認し、

10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でも利上げ決定の可能性があることを示唆したことから、

また先週はイエレンFRB議長も同じ内容の発言を行っており、

16〜17日開催のFOMCが年内利上げは不可能との見方も広がり始める中、

1127ドルまで売られ、1132ドル(14ドル安)近辺でした。

FOMCの9月の会合での利上げ見送りは、

あくまでも国際情勢の不透明化に対応したものであり、

利上げ着手の流れは変わっていないことが、改めて認識されました。

これは当然に「金」価格に対してはネガティブな材料であり、

8月後半からの中国を端とする世界同時株安から安全資産として買われ

上昇した相場の修正局面に入っているのかもしれません。

またNY市場で119円台の円高となったことから、

東京工業品の「金」は10時半現在4359円(前日終値比62円安)で推移しています。



(上は東京工業品の2015年6月からの日足チャートです)

中国経済の低迷、減速懸念から売られた8月末からの世界同時株安では

昨夜のNY市場は16,001ドル(312ドル安)、

今朝の東証株価は11時現在17,072円(572円安)と大きく下落して始まっている。

アジアの株価指数も軒並み安く、中国の経済指数の落ち込みから、

香港ハンセン指数は20,457(728安)と3.55%下落しいる。

10月の中国全人連で大きな経済対策が出てくるまで、世界の株価も安そうですね。

しかし、昔から相場は下がれば買われ、上がれば売られる流れですから、

投資家にとっては転換ポイントの勘所ですかね?

まあ素人は蚊帳の外で市場を眺めて、詳論家になっていた方が賢明ですね。

2015/9/29  米利上げ観測からNY「金」は下落、1132ドル(14ドル安)  仕事

昨日の欧州時間から弱含みに推移していた「金」相場はNY時間に入り大きく下落しました。

きっかけはニューヨーク連銀のダドリー総裁が、

年内に利上げが実施されるとの見通しを再確認し、

10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でも利上げ決定の可能性があることを示唆したことから、

また先週はイエレンFRB議長も同じ内容の発言を行っており、

16〜17日開催のFOMCが年内利上げは不可能との見方も広がり始める中、

1127ドルまで売られ、1132ドル(14ドル安)近辺でした。

FOMCの9月の会合での利上げ見送りは、

あくまでも国際情勢の不透明化に対応したものであり、

利上げ着手の流れは変わっていないことが、改めて認識されました。

これは当然に「金」価格に対してはネガティブな材料であり、

8月後半からの中国を端とする世界同時株安から安全資産として買われ

上昇した相場の修正局面に入っているのかもしれません。

またNY市場で119円台の円高となったことから、

東京工業品の「金」は10時半現在4359円(前日終値比62円安)で推移しています。



(上は東京工業品の2015年6月からの日足チャートです)

中国経済の低迷、減速懸念から売られた8月末からの世界同時株安では

昨夜のNY市場は16,001ドル(312ドル安)、

今朝の東証株価は11時現在17,072円(572円安)と大きく下落して始まっている。

アジアの株価指数も軒並み安く、中国の経済指数の落ち込みから、

香港ハンセン指数は20,457(728安)と3.55%下落しいる。

10月の中国全人連で大きな経済対策が出てくるまで、世界の株価も安そうですね。

しかし、昔から相場は下がれば買われ、上がれば売られる流れですから、

投資家にとっては転換ポイントの勘所ですかね?

まあ素人は蚊帳の外で市場を眺めて、詳論家になっていた方が賢明ですね。

2015/9/29  米利上げ観測からNY「金」は下落、1132ドル(14ドル安)  仕事

昨日の欧州時間から弱含みに推移していた「金」相場はNY時間に入り大きく下落しました。

きっかけはニューヨーク連銀のダドリー総裁が、

年内に利上げが実施されるとの見通しを再確認し、

10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でも利上げ決定の可能性があることを示唆したことから、

また先週はイエレンFRB議長も同じ内容の発言を行っており、

16〜17日開催のFOMCが年内利上げは不可能との見方も広がり始める中、

1127ドルまで売られ、1132ドル(14ドル安)近辺でした。

FOMCの9月の会合での利上げ見送りは、

あくまでも国際情勢の不透明化に対応したものであり、

利上げ着手の流れは変わっていないことが、改めて認識されました。

これは当然に「金」価格に対してはネガティブな材料であり、

8月後半からの中国を端とする世界同時株安から安全資産として買われ

上昇した相場の修正局面に入っているのかもしれません。

またNY市場で119円台の円高となったことから、

東京工業品の「金」は10時半現在4359円(前日終値比62円安)で推移しています。

クリックすると元のサイズで表示します

(上は東京工業品の2015年6月からの日足チャートです)

中国経済の低迷、減速懸念から売られた8月末からの世界同時株安では

昨夜のNY市場は16,001ドル(312ドル安)、

今朝の東証株価は11時現在17,072円(572円安)と大きく下落して始まっている。

アジアの株価指数も軒並み安く、中国の経済指数の落ち込みから、

香港ハンセン指数は20,457(728安)と3.55%下落しいる。

10月の中国全人連で大きな経済対策が出てくるまで、世界の株価も安そうですね。

しかし、昔から相場は下がれば買われ、上がれば売られる流れですから、

投資家にとっては転換ポイントの勘所ですかね?

まあ素人は蚊帳の外で市場を眺めて、詳論家になっていた方が賢明ですね。

2015/9/28  名月や優勝マジック点灯す  日記

ヤクルトスワローズが、首位決戦の巨人戦を1勝1敗とし

マジック3が点灯しました。



(昨日の巨人戦で投打に活躍の小さな大エース石川)

2年連続最下位のチームが、優勝まで残り3勝です。

子供の頃から鉄道員であった父の影響で、前身の国鉄スワローズのファンで

18歳で上京したときには産経新聞の販売店に住み込みだったのですが、

その時にはサンケイスワローズで産経新聞が経営を肩代わりしており、

そうしたこともあって、18歳ごろには神宮球場に足を運んだものでした。

その60年を万年Bクラスの弱いチームを応援してきたわけで、

お陰で思い通りにことが運ばない悔しさを子供の頃から味わい、

鍛えられたために、辛抱強い性格が出来たのかもしれない。

37年前の1978年に広岡監督の下で初優勝をしたのだが、

その年の9月にスワローズの優勝を見届けることなく、父が亡くなり残念に思ったものだ。

その後は又低迷したが、1990年代は野村監督の下、何度か優勝をし黄金時代だったが、

2001年に若松監督で優勝して以来は低迷期に入り、

今期の真中新監督の下で優勝にリーチが掛かり、14年ぶりの美酒が目前だ・・。

今夜は神宮で中日戦、明日は広島戦,明後日は阪神戦でほぼ決着が付きそうだが、

今シーズンは何度か通った神宮で、優勝をこの眼で見届けたいが、

もうチッケとが満員で取れない。

家でテレビ観戦になりそうだが、

巨人、阪神、広島フアンのお友達にはすまないが、

お陰で焼酎を片手に美酒に酔ういいシーズンとなった。




AutoPage最新お知らせ