にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2016/2/29  「蕗味噌にそれぞれにある母の味」  日記

庭の片隅の「ふきのとう」を摘み、蕗味噌を作ってもらい頂きました。

少し花が開き気味でしたが、独特のほろ苦い味にご飯も進みますね・・・。

昔の人のこれを味噌和えにする智慧に感謝しながら、

蕗味噌に天麩羅に刻んで味噌汁に入れたりして春を頂いていますが、

山菜はアクが強いので少し頂くところが美味しいところですね。



              

薩摩の大海酒造の芋焼酎「大海」を頂きました。

昔ながらの芋の風味豊かな味をお湯割で頂きました。



              

北海道は猛吹雪で大変なようです・・・春の訪れを一日も早くお届けしたいものですね。

2016/2/29  「蕗味噌にそれぞれにある母の味」  日記

庭の片隅の「ふきのとう」を摘み、蕗味噌を作ってもらい頂きました。

少し花が開き気味でしたが、独特のほろ苦い味にご飯も進みますね・・・。

昔の人のこれを味噌和えにする智慧に感謝しながら、

蕗味噌に天麩羅に刻んで味噌汁に入れたりして春を頂いていますが、

山菜はアクが強いので少し頂くところが美味しいところですね。



              

薩摩の大海酒造の芋焼酎「大海」を頂きました。

昔ながらの芋の風味豊かな味をお湯割で頂きました。



              

北海道は猛吹雪で大変なようです・・・春の訪れを一日も早くお届けしたいものですね。

2016/2/29  「蕗味噌にそれぞれにある母の味」  日記

庭の片隅の「ふきのとう」を摘み、蕗味噌を作ってもらい頂きました。

少し花が開き気味でしたが、独特のほろ苦い味にご飯も進みますね・・・。

昔の人のこれを味噌和えにする智慧に感謝しながら、

蕗味噌に天麩羅に刻んで味噌汁に入れたりして春を頂いていますが、

山菜はアクが強いので少し頂くところが美味しいところですね。



              

薩摩の大海酒造の芋焼酎「大海」を頂きました。

昔ながらの芋の風味豊かな味をお湯割で頂きました。



              

北海道は猛吹雪で大変なようです・・・春の訪れを一日も早くお届けしたいものですね。

2016/2/29  「蕗味噌にそれぞれにある母の味」  日記

庭の片隅の「ふきのとう」を摘み、蕗味噌を作ってもらい頂きました。

少し花が開き気味でしたが、独特のほろ苦い味にご飯も進みますね・・・。

昔の人のこれを味噌和えにする智慧に感謝しながら、

蕗味噌に天麩羅に刻んで味噌汁に入れたりして春を頂いていますが、

山菜はアクが強いので少し頂くところが美味しいところですね。



              

薩摩の大海酒造の芋焼酎「大海」を頂きました。

昔ながらの芋の風味豊かな味をお湯割で頂きました。



              

北海道は猛吹雪で大変なようです・・・春の訪れを一日も早くお届けしたいものですね。

2016/2/29  「蕗味噌にそれぞれにある母の味」  日記

庭の片隅の「ふきのとう」を摘み、蕗味噌を作ってもらい頂きました。

少し花が開き気味でしたが、独特のほろ苦い味にご飯も進みますね・・・。

昔の人のこれを味噌和えにする智慧に感謝しながら、

蕗味噌に天麩羅に刻んで味噌汁に入れたりして春を頂いていますが、

山菜はアクが強いので少し頂くところが美味しいところですね。



              

薩摩の大海酒造の芋焼酎「大海」を頂きました。

昔ながらの芋の風味豊かな味をお湯割で頂きました。



              

北海道は猛吹雪で大変なようです・・・春の訪れを一日も早くお届けしたいものですね。

2016/2/29  「蕗味噌にそれぞれにある母の味」  日記

庭の片隅の「ふきのとう」を摘み、蕗味噌を作ってもらい頂きました。

少し花が開き気味でしたが、独特のほろ苦い味にご飯も進みますね・・・。

昔の人のこれを味噌和えにする智慧に感謝しながら、

蕗味噌に天麩羅に刻んで味噌汁に入れたりして春を頂いていますが、

山菜はアクが強いので少し頂くところが美味しいところですね。



              

薩摩の大海酒造の芋焼酎「大海」を頂きました。

昔ながらの芋の風味豊かな味をお湯割で頂きました。



              

北海道は猛吹雪で大変なようです・・・春の訪れを一日も早くお届けしたいものですね。

2016/2/29  「蕗味噌にそれぞれにある母の味」  日記

庭の片隅の「ふきのとう」を摘み、蕗味噌を作ってもらい頂きました。

少し花が開き気味でしたが、独特のほろ苦い味にご飯も進みますね・・・。

昔の人のこれを味噌和えにする智慧に感謝しながら、

蕗味噌に天麩羅に刻んで味噌汁に入れたりして春を頂いていますが、

山菜はアクが強いので少し頂くところが美味しいところですね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

薩摩の大海酒造の芋焼酎「大海」を頂きました。

昔ながらの芋の風味豊かな味をお湯割で頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

北海道は猛吹雪で大変なようです・・・春の訪れを一日も早くお届けしたいものですね。






2016/2/29  輝きを増しているゴールド  時事

世界の株式市場が乱高下し、さえない中で「金」相場が上昇している。

年末に1060ドルだったNY「金」は2/11に1264ドルの高値まで上昇し、

2/29現在では1225ドル近辺で推移している 。

@米国の追加利上げ観測の後退、

A日銀のマイナス金利政策の導入

B「金」ETFの増加に見られるようにヘッジフアンドを中心にした

 中・長期の資金が「金」市場に流れている。

Cロシア・中国を始め中央銀行の外貨準備に組み入れる「金」買いが

 毎月コンスタントに流入している。

Dサウジ・イランの国交断絶や北朝鮮の水爆実験、

 ミサイル発射などの地政学的リスクからの有事の「金」買いがある。

従来からの習性で、米ドルが強いと金利の付かない「金」が売られ、安くなるのですが、

米国の経済指標が強弱両面が出る中、ヘッジファンドの資金が「金」に向いているようです。

「金」ETFの最大手SPDR ゴールドシェアーズの残高は

昨年末の642.37トンから1月は26.86トン増加の669.23トンに、

更に2月に入ってからは、93.18トン増加の762.41トンに急増している。

「金」の現物に裏付けされたSPDR ゴールドシェアーズの証券は

2/19と2/22の2営業日で38.66トンも増加した。

またロシア中央政府が1月に22トンの「金」を買い、

中国政府も毎月20トン前後の「金」を買っていることから

中央政府の「金」需要も堅調で、中国の景気低迷による「金」の需要が減少しているが、

市場には1300ドルを目指し、底堅いとの見方が台頭しています。

2/10にゴールドマン・サックス社が年内の「金」の予想を、

米金利の引き上げから年内は1,000ドルに下落するとの

予想をご紹介しましたが、米金利引き上げの後退観測が台頭する中、

市場の動きに変化が出てきたようです。

週末の上海でのG20会議は金利引き下げ 競争に批判が出てましたが、

「金」市場への影響は少なく

週明けGLOVEX先物市場の29日13時現在では、1223.6ドル、為替は113円29銭近辺で推移している。



(上はNY金」の2015年11月からの日足チャートです)

2016/2/29  輝きを増しているゴールド  時事

世界の株式市場が乱高下し、さえない中で「金」相場が上昇している。

年末に1060ドルだったNY「金」は2/11に1264ドルの高値まで上昇し、

2/29現在では1225ドル近辺で推移している 。

@米国の追加利上げ観測の後退、

A日銀のマイナス金利政策の導入

B「金」ETFの増加に見られるようにヘッジフアンドを中心にした

 中・長期の資金が「金」市場に流れている。

Cロシア・中国を始め中央銀行の外貨準備に組み入れる「金」買いが

 毎月コンスタントに流入している。

Dサウジ・イランの国交断絶や北朝鮮の水爆実験、

 ミサイル発射などの地政学的リスクからの有事の「金」買いがある。

従来からの習性で、米ドルが強いと金利の付かない「金」が売られ、安くなるのですが、

米国の経済指標が強弱両面が出る中、ヘッジファンドの資金が「金」に向いているようです。

「金」ETFの最大手SPDR ゴールドシェアーズの残高は

昨年末の642.37トンから1月は26.86トン増加の669.23トンに、

更に2月に入ってからは、93.18トン増加の762.41トンに急増している。

「金」の現物に裏付けされたSPDR ゴールドシェアーズの証券は

2/19と2/22の2営業日で38.66トンも増加した。

またロシア中央政府が1月に22トンの「金」を買い、

中国政府も毎月20トン前後の「金」を買っていることから

中央政府の「金」需要も堅調で、中国の景気低迷による「金」の需要が減少しているが、

市場には1300ドルを目指し、底堅いとの見方が台頭しています。

2/10にゴールドマン・サックス社が年内の「金」の予想を、

米金利の引き上げから年内は1,000ドルに下落するとの

予想をご紹介しましたが、米金利引き上げの後退観測が台頭する中、

市場の動きに変化が出てきたようです。

週末の上海でのG20会議は金利引き下げ 競争に批判が出てましたが、

「金」市場への影響は少なく

週明けGLOVEX先物市場の29日13時現在では、1223.6ドル、為替は113円29銭近辺で推移している。



(上はNY金」の2015年11月からの日足チャートです)

2016/2/29  輝きを増しているゴールド  時事

世界の株式市場が乱高下し、さえない中で「金」相場が上昇している。

年末に1060ドルだったNY「金」は2/11に1264ドルの高値まで上昇し、

2/29現在では1225ドル近辺で推移している 。

@米国の追加利上げ観測の後退、

A日銀のマイナス金利政策の導入

B「金」ETFの増加に見られるようにヘッジフアンドを中心にした

 中・長期の資金が「金」市場に流れている。

Cロシア・中国を始め中央銀行の外貨準備に組み入れる「金」買いが

 毎月コンスタントに流入している。

Dサウジ・イランの国交断絶や北朝鮮の水爆実験、

 ミサイル発射などの地政学的リスクからの有事の「金」買いがある。

従来からの習性で、米ドルが強いと金利の付かない「金」が売られ、安くなるのですが、

米国の経済指標が強弱両面が出る中、ヘッジファンドの資金が「金」に向いているようです。

「金」ETFの最大手SPDR ゴールドシェアーズの残高は

昨年末の642.37トンから1月は26.86トン増加の669.23トンに、

更に2月に入ってからは、93.18トン増加の762.41トンに急増している。

「金」の現物に裏付けされたSPDR ゴールドシェアーズの証券は

2/19と2/22の2営業日で38.66トンも増加した。

またロシア中央政府が1月に22トンの「金」を買い、

中国政府も毎月20トン前後の「金」を買っていることから

中央政府の「金」需要も堅調で、中国の景気低迷による「金」の需要が減少しているが、

市場には1300ドルを目指し、底堅いとの見方が台頭しています。

2/10にゴールドマン・サックス社が年内の「金」の予想を、

米金利の引き上げから年内は1,000ドルに下落するとの

予想をご紹介しましたが、米金利引き上げの後退観測が台頭する中、

市場の動きに変化が出てきたようです。

週末の上海でのG20会議は金利引き下げ 競争に批判が出てましたが、

「金」市場への影響は少なく

週明けGLOVEX先物市場の29日13時現在では、1223.6ドル、為替は113円29銭近辺で推移している。



(上はNY金」の2015年11月からの日足チャートです)

2016/2/29  輝きを増しているゴールド  時事

世界の株式市場が乱高下し、さえない中で「金」相場が上昇している。

年末に1060ドルだったNY「金」は2/11に1264ドルの高値まで上昇し、

2/29現在では1225ドル近辺で推移している 。

@米国の追加利上げ観測の後退、

A日銀のマイナス金利政策の導入

B「金」ETFの増加に見られるようにヘッジフアンドを中心にした

 中・長期の資金が「金」市場に流れている。

Cロシア・中国を始め中央銀行の外貨準備に組み入れる「金」買いが

 毎月コンスタントに流入している。

Dサウジ・イランの国交断絶や北朝鮮の水爆実験、

 ミサイル発射などの地政学的リスクからの有事の「金」買いがある。

従来からの習性で、米ドルが強いと金利の付かない「金」が売られ、安くなるのですが、

米国の経済指標が強弱両面が出る中、ヘッジファンドの資金が「金」に向いているようです。

「金」ETFの最大手SPDR ゴールドシェアーズの残高は

昨年末の642.37トンから1月は26.86トン増加の669.23トンに、

更に2月に入ってからは、93.18トン増加の762.41トンに急増している。

「金」の現物に裏付けされたSPDR ゴールドシェアーズの証券は

2/19と2/22の2営業日で38.66トンも増加した。

またロシア中央政府が1月に22トンの「金」を買い、

中国政府も毎月20トン前後の「金」を買っていることから

中央政府の「金」需要も堅調で、中国の景気低迷による「金」の需要が減少しているが、

市場には1300ドルを目指し、底堅いとの見方が台頭しています。

2/10にゴールドマン・サックス社が年内の「金」の予想を、

米金利の引き上げから年内は1,000ドルに下落するとの

予想をご紹介しましたが、米金利引き上げの後退観測が台頭する中、

市場の動きに変化が出てきたようです。

週末の上海でのG20会議は金利引き下げ 競争に批判が出てましたが、

「金」市場への影響は少なく

週明けGLOVEX先物市場の29日13時現在では、1223.6ドル、為替は113円29銭近辺で推移している。



(上はNY金」の2015年11月からの日足チャートです)

2016/2/29  輝きを増しているゴールド  時事

世界の株式市場が乱高下し、さえない中で「金」相場が上昇している。

年末に1060ドルだったNY「金」は2/11に1264ドルの高値まで上昇し、

2/29現在では1225ドル近辺で推移している 。

@米国の追加利上げ観測の後退、

A日銀のマイナス金利政策の導入

B「金」ETFの増加に見られるようにヘッジフアンドを中心にした

 中・長期の資金が「金」市場に流れている。

Cロシア・中国を始め中央銀行の外貨準備に組み入れる「金」買いが

 毎月コンスタントに流入している。

Dサウジ・イランの国交断絶や北朝鮮の水爆実験、

 ミサイル発射などの地政学的リスクからの有事の「金」買いがある。

従来からの習性で、米ドルが強いと金利の付かない「金」が売られ、安くなるのですが、

米国の経済指標が強弱両面が出る中、ヘッジファンドの資金が「金」に向いているようです。

「金」ETFの最大手SPDR ゴールドシェアーズの残高は

昨年末の642.37トンから1月は26.86トン増加の669.23トンに、

更に2月に入ってからは、93.18トン増加の762.41トンに急増している。

「金」の現物に裏付けされたSPDR ゴールドシェアーズの証券は

2/19と2/22の2営業日で38.66トンも増加した。

またロシア中央政府が1月に22トンの「金」を買い、

中国政府も毎月20トン前後の「金」を買っていることから

中央政府の「金」需要も堅調で、中国の景気低迷による「金」の需要が減少しているが、

市場には1300ドルを目指し、底堅いとの見方が台頭しています。

2/10にゴールドマン・サックス社が年内の「金」の予想を、

米金利の引き上げから年内は1,000ドルに下落するとの

予想をご紹介しましたが、米金利引き上げの後退観測が台頭する中、

市場の動きに変化が出てきたようです。

週末の上海でのG20会議は金利引き下げ 競争に批判が出てましたが、

「金」市場への影響は少なく

週明けGLOVEX先物市場の29日13時現在では、1223.6ドル、為替は113円29銭近辺で推移している。



(上はNY金」の2015年11月からの日足チャートです)

2016/2/29  輝きを増しているゴールド  時事

世界の株式市場が乱高下し、さえない中で「金」相場が上昇している。

年末に1060ドルだったNY「金」は2/11に1264ドルの高値まで上昇し、

2/29現在では1225ドル近辺で推移している 。

@米国の追加利上げ観測の後退、

A日銀のマイナス金利政策の導入

B「金」ETFの増加に見られるようにヘッジフアンドを中心にした

 中・長期の資金が「金」市場に流れている。

Cロシア・中国を始め中央銀行の外貨準備に組み入れる「金」買いが

 毎月コンスタントに流入している。

Dサウジ・イランの国交断絶や北朝鮮の水爆実験、

 ミサイル発射などの地政学的リスクからの有事の「金」買いがある。

従来からの習性で、米ドルが強いと金利の付かない「金」が売られ、安くなるのですが、

米国の経済指標が強弱両面が出る中、ヘッジファンドの資金が「金」に向いているようです。

「金」ETFの最大手SPDR ゴールドシェアーズの残高は

昨年末の642.37トンから1月は26.86トン増加の669.23トンに、

更に2月に入ってからは、93.18トン増加の762.41トンに急増している。

「金」の現物に裏付けされたSPDR ゴールドシェアーズの証券は

2/19と2/22の2営業日で38.66トンも増加した。

またロシア中央政府が1月に22トンの「金」を買い、

中国政府も毎月20トン前後の「金」を買っていることから

中央政府の「金」需要も堅調で、中国の景気低迷による「金」の需要が減少しているが、

市場には1300ドルを目指し、底堅いとの見方が台頭しています。

2/10にゴールドマン・サックス社が年内の「金」の予想を、

米金利の引き上げから年内は1,000ドルに下落するとの

予想をご紹介しましたが、米金利引き上げの後退観測が台頭する中、

市場の動きに変化が出てきたようです。

週末の上海でのG20会議は金利引き下げ 競争に批判が出てましたが、

「金」市場への影響は少なく

週明けGLOVEX先物市場の29日13時現在では、1223.6ドル、為替は113円29銭近辺で推移している。



(上はNY金」の2015年11月からの日足チャートです)

2016/2/29  輝きを増しているゴールド  時事

世界の株式市場が乱高下し、さえない中で「金」相場が上昇している。

年末に1060ドルだったNY「金」は2/11に1264ドルの高値まで上昇し、

2/29現在では1225ドル近辺で推移している 。

@米国の追加利上げ観測の後退、

A日銀のマイナス金利政策の導入

B「金」ETFの増加に見られるようにヘッジフアンドを中心にした

 中・長期の資金が「金」市場に流れている。

Cロシア・中国を始め中央銀行の外貨準備に組み入れる「金」買いが

 毎月コンスタントに流入している。

Dサウジ・イランの国交断絶や北朝鮮の水爆実験、

 ミサイル発射などの地政学的リスクからの有事の「金」買いがある。

従来からの習性で、米ドルが強いと金利の付かない「金」が売られ、安くなるのですが、

米国の経済指標が強弱両面が出る中、ヘッジファンドの資金が「金」に向いているようです。

「金」ETFの最大手SPDR ゴールドシェアーズの残高は

昨年末の642.37トンから1月は26.86トン増加の669.23トンに、

更に2月に入ってからは、93.18トン増加の762.41トンに急増している。

「金」の現物に裏付けされたSPDR ゴールドシェアーズの証券は

2/19と2/22の2営業日で38.66トンも増加した。

またロシア中央政府が1月に22トンの「金」を買い、

中国政府も毎月20トン前後の「金」を買っていることから

中央政府の「金」需要も堅調で、中国の景気低迷による「金」の需要が減少しているが、

市場には1300ドルを目指し、底堅いとの見方が台頭しています。

2/10にゴールドマン・サックス社が年内の「金」の予想を、

米金利の引き上げから年内は1,000ドルに下落するとの

予想をご紹介しましたが、米金利引き上げの後退観測が台頭する中、

市場の動きに変化が出てきたようです。

週末の上海でのG20会議は金利引き下げ 競争に批判が出てましたが、

「金」市場への影響は少なく

週明けGLOVEX先物市場の29日13時現在では、1223.6ドル、為替は113円29銭近辺で推移している。

クリックすると元のサイズで表示します

(上はNY金」の2015年11月からの日足チャートです)



2016/2/28  「伸びやかに枝葉広げての野梅かな」  日記

暖かな日曜日は絶好のゴルフ日和でした・・・。

梅も見頃を過ぎてきたでしょうか?・・・。



              

河津桜が方々で見頃です。

九十九里方面では、河津桜が植えられるようになったみたいです。

我が家の庭にも河津桜を植えようかな。



梅と桜が一緒に咲いているのは北国の風情と同じですね

ゴルフ場へのドライブの途中では田圃の畔を焼いている風景も春ですね・・。

うす緑の芽吹き始めの頃の里山の風景が、桜や連翹などのピンクと黄色の今トラスで

最も美しいように思います、




AutoPage最新お知らせ