にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2016/8/30  プラザ合意(為替の過去の話)  仕事


プラザ合意(為替の過去の話)

1985年9月22日NYのセントラルパークを見下ろすプラザホテルに

米・西独・仏・英・日の主要先進国蔵相が集まり、

レーガン政権が前政権から引き継いだ高インフレ抑制策として

金融引き締め政策を敷いていましたが、

政策的にドル安に合意し・円高に誘導する合意がされました。

その時にNYに居たのですが、当時230円近辺で推移していたドル・円が

一日で20円も円高となり、当時の竹下蔵相はその様子について、

まだ一段の円高に進むであろうと自信を持って語っていた。

(結果86年2月には200円、87年4月には150円、87年12月には120円まで円高が進んだのですが)

当時の輸入企業はコスト減による増収効果が経営にプラスになり、

輸出企業は売り上げを国内に移したり、国内生産を海外に移したり、

部品調達を海外から行うなどの対策を講じ、大きなマイナスにはならず、

国内物価も下がり円高が契機のプラスになるという理解も進むようになりました。

我々輸入業者には神風のようなもので、

決済時に一割も、二割も安くドルを調達して支払うことで収益に貢献したのですが、

更なる円高・ドル安を見越しインパクトローンのドルを借りて決済し、

円高になって借りたドルを返すことによって、為替の利益を享受し、

その為替利益分を安き販売することでより販売競争力をつけ、

当時は日本に帰ってきても、何時帰ったかは、

常に緘口令を敷き、会う人には「昨夜帰りました」と同じことを言っていました。

お客様は一番早くに商品を見せてくれることを望んでいたのです。

国内需要の振るわない今日は夢のような昔話ですが、

中国や東南アジアのこれから需要が浸透している国には

同じような現象が来ていることでしょう。

為替はこのプラザ合意の後、

75円32銭の歴史的円高をみるまで25年間も上げ下げを繰り返しながら

円高基調が続くのですが、日銀の異次元金融緩和策によって、

長い円高基調から円安トレンドに転換したのでしたが、

125円台で円安のピークとなり、100円に向かっての円高基調から、

一時99円台を示現し、8/30では102円台前半で推移しています。

クリックすると元のサイズで表示します

(ドル円相場長期チャート1998年以降)

今の時代の日本には円安が物価高を招き、

賃金のあがらない時代に暮らしに影響を与えてますが、

自動車や電気製品の代表される輸出企業には追い風になります。

ダイヤモンド・宝石・貴金属業界にとっても

メリットの少ない中では円安の方が追い風になることはいうまでもありません。

特に買取を進める弊社にとっては円安はお客様からより高くお買取が出来るので

輸出中心の弊社にとっては円安は高くダイヤモンドを買い取り出来るので

円安方向は歓迎するところです。

為替相場商売柄40年以上も見てますが、

これだけは、予測は難しく、まず当たらないものです。

最近はFXの為替取引が家庭の主婦まで巻き込み、ミセスワタナベなどと

持て囃されてますが、まず損をすると思って博打はやらないほうが賢明ですね。

ドルの現物を持つ分には長期的な資産配分としては賛成できますがね。

2016/8/28  「爽やかに優勝カップ掲げけり」  日記

比較的涼しい日曜日でしたが、朝寝坊をしてゴルフに行きそびれ、

9時過ぎからスカパーで男子ゴルフを昼間で見てて、

その後、民放で石川遼君が、2位に5打差をつけて初日からトップを守り完全優勝を見届け、

女子も「笠りつ子」のが逆転勝利で強いイボミとのプレーオフを制し、

ゴルフ観戦の一日でした。

クリックすると元のサイズで表示します

             クリックすると元のサイズで表示します

6時からNHKの真田丸も見終わって、食事してナイター観戦、

9時からドラマ「仰げば尊し」ですね。

夕方散歩に出て、近所の田圃の様子などを見てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

22日の嵐で倒された黄金田、それを刈入れた刈田、

又、台風が迫っているだけに農家の人も困っているでしょうね。


2016/8/27  台風の後片付け  日記

土曜日は詩吟の日です・・・午前は東金、午後は土気教室です。

先日22日の台風直撃で倒れた前庭の杉の大木数本の片付けに

知り合いの業者さんが、重機を持ち込んで4人で朝から作業してもらいましたが、

一日で終わらなかったみたい・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

来週火曜日には台風が心配されている・・たまらんね。

25年前のこの庭には松の木、楢の木の林でしたが、

松喰い虫や、楢の木を食う虫に都合200本以上の木を伐ったりしましたが、

台風でこれだけ倒されたのは初めてです。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

近所の田圃も刈入れを前に先日の台風で水が溜まったままだが、

次の台風の来る前の明日、明後日が刈入れをピークでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します



2016/8/25  吟品と言うには遠し秋の空  詩吟

我々を含め全国の詩吟愛好家の諸兄は

なぜ詩吟に没頭するのかなと・・・

分析すると「詩文」に理由があるような気がする。

クリックすると元のサイズで表示します

歌の歌詞としての詞に対して、詩は歌われることを期待したり、

目的として作られるものではなく、

それ自体が言語芸術としての文学の分野に属しているとされています。

されていると言うのは、少なくても詩人といわれる人達は、

そのように自負しているからです。

吟詠の対象としている漢詩、和歌、俳句、新体詩、現代詩等はすべて文学としての詩です。

従って、吟詠は歌われるものではないものを対象としているところに、

一般の歌物との最大の違いが有ります。

            クリックすると元のサイズで表示します

節をつけて歌うが如くにみえても、歌謡や民謡等とことなるのは、

その対象が詞か詩かとの違いがあるからなのです。

では、この詞と詩の大きな違いはどこにあるのでしょうか?

詞はとメロデー一体になって人に聴かせるものですから、

聴いてすぐその意味と情景が伝わることが求められます。

それに対して詩は読者が読んで味わうものですから、

聴覚的な要件はさほど必要とせず、言葉の裏にある作者の心、

あるいは散りばめられた詩語に触発される読者の連想に重きが置かれます。

クリックすると元のサイズで表示します

その詩人の深い思いを込めた短い詩の品格は冒すことが出来ない品格が人の心を動かす。

だからこそ吟詠をする態度には礼節・謙虚さと俗碑をさけ、

巧まざる品格が必要とされるのだろう。


クリックすると元のサイズで表示します
 

タグ: 詩吟の品格

2016/8/23  ローソクの灯やはらかし台風の夜  日記

昨日の房総半島に上陸した台風は前庭の大きな杉の木や、楢の木が5本ほど根こそぎ倒れたり、

今までの記憶では最大級でした。

今朝は進入路に散乱した樹木や枝の折れたのを片付けて、やっと車が出せました。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

昨日午後2時過ぎから停電したまま、今朝になっても回復せず、

夕べはローソクと懐中電灯とラジオでじっとしてました。

やっと今日昼前に電気が点きました。

約20時間の停電で冷蔵庫は全滅です。

駅への途中で大きな樹木が何本も倒れて道の端に置かれてました。

今日の外房線の特急は全運休で速めに出かけて電車を乗り継いで会社に。

感心するのはあれだけの暴風雨の中、蝉や虫たちはどこかに身を潜め

夕べ台風が過ぎると蝉が鳴き始め、夜には虫たちが鳴いています。

自然の猛威に最も弱いのが人間世界かもしれませんね。

電車は止まるし、停電が20時間以上続いたことから、

 電線や電信柱がダメージを受けたのでしょうね。

2016/8/20   知らしめず、寄らしめず  日記

知らしめず、寄らしめず

ネットで日記を公開し、ツィッターで分刻みの自分の行動や思いを伝える。

「知らしめず、寄らしめず」は死後になった。

テレビドラマの水戸黄門は普遍的な人気番組で、

特に年配の方々には人気番組です。

「知らしめず、寄らしめず」と言うと、悪代官や悪徳商人が悪巧みをして、

民から搾取しているような印象がある。

今で言えば、為政者や行政官で国民に必要なことや大事なことを教えず税金を取って、

我が身を肥やしている人たちを思い起こす。

ユダヤ社会のダイヤモンド・ビジネスに触れて、

「知らしめず、寄らしめず」を身に染みて感じたものだった。

『ネゴシエーション』の項目でも触れたが、ダイヤモンドの知識、

原石の性質、流通の仕組み、相手の仕入れソース、販売ルートなどの情報は、

ネゴシエーション(交渉)において「敵を知り己を知らば……」の孫子の兵法に

繋がる大切な要素である。

自分の交渉ごとを有利にするためには、いろいろな策を講じなければならない。

ユダヤ人はこれらの知識や情報を親しい間柄でも決して喋らない、知らせないのだ。

例えばA社に電話した際に社長が外出中だったとする。

電話を受けたセクレタリー(秘書)は、

「社長は不在です(Boss is not here)」とそっけない。

日本の会社なら「ご用件をお伝えいたします……」とか、

「すぐにご連絡をいたします」とか、相手に失礼のないように気を配るが、

彼らの社会では、ボスが誰に会っているとか、どこへ行ったとか、

不必要な情報を与えてはならない。

非常にあっさりしたものである。

電話をかけたほうも、それが当たり前と考えている。

「知らしめず、寄らしめず」によって、

日本のダイヤモンド業者が長いこと知り得なかったことがいくつかある。

ダイヤモンドには性質の一つとして「蛍光性」というものがあるが、

35年程前の日本の市場では、あまり問題視していなかった。

強い蛍光性(ストロングブルー)のあるものも、蛍光性のないものも、

同じような値段で同業者間でも売買されていた。

実際には二割程度の価格差があるが、これが認知されたのは業界でも25年程前で、

消費者に知れ渡ったのは近年である。

もうひとつは鑑定の話。鑑別所のカット評価が同じ「グッド」で、

同じ石目(カラット数)のダイヤモンドでも直径の大きさによって

値段が二割から三割も違うものがある。

そのことも日本の業者は知らなかった。

ユダヤ人の商いの知恵かもしれないが、

仕入れの際のお客の交渉価格が市場価格から若干離れていても、

その人が仕入れできる値段と販売できる値段は人それぞれなので、

彼らは忠告をしたり余計なことを言ったりしない。

そんなユダヤ・ビジネスの「知らしめず、寄らしめず」の考え方があるから、

ダイヤモンドがファミリービジネスとして長年生き残ってきたのだろう。

私は、実はこの考え方の間逆とも言える、ダイヤモンドの原価の秘密、

賢くダイヤモンドを仕入れする方法や買う方法を「知らしめ、寄らしめて」いるが、

もし仮に私が40年前にこの本を書き、世に出していたら、

とうの昔に誰かに消されて今はいないかしれない。

時代は変わった。今は直接一般の人たちからダイヤモンドを買い取り、

またはインターネットで直接販売するため、なお一層の情報の開示が求められている。

商品も会社も個人もコンプライアンス(情報の開示)が必要な時代である。

インターネットを使って、誰でもどこでもいろいろな情報を入手することができ、

それをツイッターで呟やき、自身のブログで日記までも公開する。

「知らしめず、寄らしめず」は、もはや死語となった。


2016/8/19  ユダヤ人と共存する(ニューヨークの思い出)  日記

ユダヤ人と共存する(ニューヨークの思い出)

大分前の事になるのですが、NYでの商売のことを真夏の夢に出てきたりします。

ニューヨークに進出した頃の1979年頃のニューヨークは

実にエキサイティングな街で、あらゆる業種も時代の先端を走りたくて

ニューヨークにオフィス、駐在事務所を作り、

また研修社員を送り視察団を波状攻撃のように送っていた時代でした。

音楽家の卵もブロードウエイに憧れて、着の身着のまま住み着いて

みんなが夢を追いかけていた時代でした。

もちろんバブルのずーっと前で右肩上がり経済の、総中流意識が芽生える前です。

当会社がマンハッタンの五番街の角のビル580のビル8階のユダヤ人の会社を間借りして、

パートナーにコミッションを支払ってスタートしたことは正解でした。

お蔭でユダヤ人の商法「寄らしめず、知らしめず」の

ユダヤ人同士の生の取引を知ることが出来ました。

この時のパートナーB氏は、最初にNYに行って何10件か会った業者で

最も相性の良さそうな人でした。

何度か日本の会社にも招待したりし、日本食好きの、日本贔屓でもありました。

自分の亡くなった父親と同じ年配の人でしたが、ダイヤモンドビジネスだけでなく、

経済や歴史にも詳しく、彼から学ぶことが多かったのでした。

ある時、ミスターオー(小野寺の通称を彼らはこう呼んでいた)は

飛行機に乗ることが多いので、万が一のビジネス上の支払の為に

保険に加入してくれ」と申し出があり、

彼の友人の保険会社のセールスマンが来て、面白い話を聞くのですが、

「ミスターオーはタバコを吸うか?」と聞かれるので、

当時メンソレ入りのモアというタバコをアクセサリー代わりに持っていて、

「吹かす」程度で煙を肺まで吸い込んだことはありませんでした。

B氏の友人の保険セールスマン曰く、

「明日保険会社のドクターがインタビューに来るが、タバコは?と聞かれたら

「今まで一度も吸ったことがない」と答えてくれと言うのです。

何故?

「保険料が倍以上も違うから」ということでした。

判ったことは、37年以上も前のことですが、いかにタバコは健康に有害であるかが、

この保険セールスマンの一言で知り、その日からタバコは辞めて、

一本も吸ったことがないのです。

そのセールマンと接して、やはり米国の保険セールスマンは

社会的に尊敬される立派な地位を持っていることを感じたのでした。

その後から保険業の方には「良い仕事をしているね」・・・と

心から話しかけるようにもなったのですが・・。

暫くして取引先が引越しで、彼のオフィスが空くので、

「使わないか」と申し出があり、

B氏とパートナーを解消し47丁目の通りを挟んだ20WESTのビル14階の

広いオフィスに引っ越しました。

このオスィスからメリンダ・ダイヤモンドの歴史が日本のバブル景気に乗って、

大きく動き出すのでした。

1982年の秋でした。

クリックすると元のサイズで表示します

日本では中曽根内閣が発足した年で、

羽田沖に日航のジャンボ機が機長の狂乱で逆噴射して墜落した年でした。

ほどなくハシディクジューのブローカー諸君の紹介で、

彼らの仲間の黒マントのジューが当社に入り仕入れを担当するようになったので、

ユダヤ人ハシデック仲間を採用した日本人の自分を親しく感じてくれたのかもしれません。

当初にパートナーとしてお付き合いのあったB氏も20年前に亡くなって

また最初のNYメリンダの基礎を作ってくれた、

弊社の有能な秘書であり、NYメリンダのI女子も亡くなって8年、

この商売の長い歴史を感じるのですが、この頃のNYと東京を行ったりきたりしていた20余年の

思い出が強く残っています。

ユダヤ人はまだまだダイヤモンドビジネスの中心ですが、

今は当時の日本人バイヤーに変わり、インド人、中国人が大きく

台頭してきました。

かれこれと45年間もこの業界で、今も現役で当初からオーナー経営を細々とやっている訳です。







2016/8/17  「腸の苦味確かむ初秋刀魚」  日記

夏休みが終わり、今日から平常営業に戻りました。

夏休み明けに来て頂けるお客様は神様ですね・・有り難いものです。

家に帰ると、カミサンが新秋刀魚がスーパーに出ていたそうで初物の秋刀魚です。

クリックすると元のサイズで表示します

日中は台風通過後で暑かったですが、季節は稲穂が実り、秋刀魚の出てくる秋ですね・・・。

小鹿酒造の焼酎「美し酒」の封を切ります・・・これはまことに美味しいね。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/8/16  「台風に波除の砂積み上ぐる」  日記

13日からの夏休みも最終日です。

この休みは何処にも出かけず、オリンピックを昼夜見ながら、昼寝をしながらの

のんびりしたものでした。

今夜から明日未明に掛けて台風が近づくそうですが、

散歩に出かけた九十九里の海水浴場では波打ち際で家族連れが遊んでいますが、

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

一方、海の家や駐車場に高波が押し寄せるのを防ぐ為の

砂の防波壁を重機が積み上げてます・・。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方5時ごろには強い雨が降り始めてきましたね。

明日の朝の出勤に影響がなければいいですね・・。


2016/8/13  迎へ火に様々なこと思ひけり  日記

今日から16日まで夏休みです。

夏休み初日は土曜日で詩吟の日で、東金、大網の教室を回り、

熱心な会員の皆さんと「奥の細道平泉の一説」や「原爆少女の像」を謳いあげました。

ところで愛犬「ハナ」が旅立って3週間、

13年間毎日家の中で一緒だっただけに、居ないのに慣れるには時間が掛かりそうです。

カミさんは父親の初盆で岩手に出かけており、一人でご飯を食べることになる・・・

こんな時でもいつも「ハナ」と一緒にご飯を食べたり、話をしていたので寂しいものです。

あれから今朝初めて毎日「ハナ」と散歩した近所の畦道、川土手を、

昨日夕方は海辺を一人で散歩、

稲穂は黄金色に大分重たそうで稲刈りも近いですね・・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

今は見渡す限りの見事な黄金田ですが、

8月末には一斉に稲刈りが始まり、田圃は刈田と風景を変えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

(海辺での愛犬ハナは元気だった頃の写真です)。



2016/8/12  蓮の花様々な人思ひけり  日記

仕事で先方のWEB関係の会社を訪ね、

久しぶりの銀座の街並みを歩きました。

帰りは銀座線で上野広小路で降りて

不忍池の蓮の花をを午後4時でしたが訪ねてみました・・・。

午後ですから午前に開いた蓮の花は当然しぼんでいるのですが、人がたくさん出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

世界遺産の西洋美術館から上野公園を通り不忍池の道は観光散歩道です。

とてもホッとする会社からの散歩道でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 不忍池の蓮

2016/8/12  肅肅(べんせいしゅくしゅく)夜川を渡る」  漢詩


会社も明日から16日まで夏休みです

しかし夏休みの間でも、詩吟教室は予定通り、今日12日の横浜教室、

明日は東金、大網、土気教室、16日は幕張、西浦和教室です。

新しく入られた方はまず、詩吟と言えば

肅肅(べんせいしゅくしゅく)夜川を渡る」・・・の一説を何となく聞いた覚えがあると

一様に仰います・・・まあ詩吟と言えば肅肅(べんせいしゅくしゅく)」が代名詞ですかね。

お盆休みの詩吟の教室は基本に返って頼山陽作の「川中島」をやりますかね。

450年その昔、三太刀七太刀切り込めば

軍配団扇で打ち払う甲越主将の一騎打ち

 降るとみて笠とる暇もなかりけり

 川中島の夕立の雨

鞭聲肅肅夜河を過る 曉に見る千兵の大牙を擁するを

遺恨なり十年一劍を磨き 流星光底長蛇を逸す


詩の心・・・副題を「不識庵 機山を打つの図に題す」とあり

不識庵(上杉謙信)が機山(武田信玄)を襲う図である

馬の鞭の音さえもたてないよう、

上杉謙信軍は静かに夜に乗じて川を渡った。

夜が明けると武田軍の目の前までに迫っていた。

しかし長い年月で磨き上げた謙信の腕前もかいなく、

流れ星のごとく一瞬の差で、信玄を打ち逃がしてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

川中島の戦いの主な戦闘は、計5回、12年余りに及び

実際に「川中島」で戦闘が行われたのは、

第二次の犀川の戦いと第四次のみであり、

一般に「川中島の戦い」と言った場合、

最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を

指すことが多いようです。

この戦いの模様を頼山陽が生き生きと描写したのが上掲の詩で

詩吟といえば「鞭聲肅肅(べんせいしゅくしゅく)」とも言われている。

You Cubeの川中島の戦いの映像も実際の上杉軍の車懸りの陣や

武田軍の鶴翼の陣などを再現した臨場感があります↓

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=O3j1iWJiI_c

クリックすると元のサイズで表示します

石原詢子さんの吟じる川中島(不識庵機山を撃つの図に題す)と武田武士もいい↓

http://www.youtube.com/watch?v=olguD6WJ3Qc

2016/8/9  寄する波常に新し原爆忌  日記

6日の広島原爆記念日に続き、

今日9日の長崎原爆記念日の式典はいつもの暑い中で、行われました。

戦後の教科書では戦争を早く終わらせる為に、原爆を投下し、広島・長崎の尊い犠牲で

多くの国民の命が救われたと、占領軍の教科書で日本国民は洗脳されたが、

米国の公文書の公開によって、この爆弾は戦後を睨んだソビエト共産圏の牽制と

米国の世界戦略のために広島にウラン235型爆弾を、

長崎に更に1.5倍の破壊力を持つプルトニュウム爆弾を

核実験のために既に日本の降伏が時間の問題であったにも関わらず、

非人道的大量殺戮をした・・・というのが歴史の真実でした。

最近はアメリカ国内からもこの真実を直視する人たちも多く、

有名な映画監督もそうした活動を続けている、ドキュメントをみましたが、

当時のソ連をけん制する為に、報復の全く危険の無い日本に原爆実験をしたというのが、

歴史の事実のようですが、戦後70年近くなってその歴史の事実が解明されてきたようです。

米国のオバマ大統領が今年5月に広島を訪れたのは意義深いことだったが、

戦後71年目を経て初めてだった

今朝がたはリオから体操男子団体の「金」メダルの素晴らしい中継が流れ

日の丸がセンターにロシアと中国の国旗を従えて上ったのは何とも溜飲の下がることか・・。

広島で被爆した佐々木禎子さん(当時12歳)を詠った「原爆少女の像」の詩を吟じ、

今日は原爆記念日の喪に服することとする。


 原爆少女の像  平池南桑

閃光嫩葉を炮き 紅涙墟中に満つ

白塔千羽の鶴  長鳴す落爆の空


原爆の記録・・昭和20年8月6日いつもの暑い夏が始まろうとしていた

8時過ぎ、空襲警報が解除され、ほっと日常の暮らしにもどる頃、

雲ひとつない青空に飛来したB29一機、8時15分、9600上空からウラン235型

爆弾を投下、それが600M上空に達した時に、大閃光を発して爆発、

一瞬にして広島市の六割を破壊、し、爆心地の500M 以内に居た人々は即死、

広島市の人口35万人のうち9万〜16万6千人が被爆から2〜4カ月以内に死亡し

今なお多くの人が原爆後遺症で苦しんでいる

言葉の通釈

閃光・・・原爆のピカッ  嫩葉(どんよう)・・若い葉

紅涙・・血の涙  墟中に満つ・・廃墟の中に満ちている

落爆の空・・・原爆の落ちた空

白塔・・平和記念公園にある原爆の子の白い塔

クリックすると元のサイズで表示します

この少女、佐々木禎子さん(当時12歳)は、2歳のときに被爆したが、

外傷もなく、その後元気に成長しましたしが、

9年後の小学校6年生の秋(昭和29年)に突然、病のきざしが現れ、

翌年2月に白血病と診断され広島赤十字病院に入院。

回復を願って包み紙などで鶴を折り続けましたが、

8か月の闘病生活の後、昭和30年に亡くなりました。

禎子さんの死をきっかけに、

原爆で亡くなった子どもたちの霊を慰め平和を築くための像をつくろうという運動が始まり、

全国からの募金で平和記念公園内に「原爆の子の像」が完成しました。

その後この話は世界に広がり、

今も「原爆の子の像」には日本国内をはじめ世界各国から折り鶴が捧げられ、

その数は年間約1千万羽にもなると言われています。

              クリックすると元のサイズで表示します

佐々木禎子さんの悲劇を伝え、原爆少女の像として折り紙によって、

今の子供たちにも伝えられるようになったのは、

広島女学院の校務員河本一郎さんでしたが、2001年に他界され、

最近では[貞子さん」を歌い伝えるミュジシャンも出て以下の詩を

詠い伝えているそうです。

「INORI」の歌

別れがくると知っていたけど 本当の気持ち言えなかった

色とりどりの折り鶴たちに こっそり話しかけていました

愛する人たちのやさしさ 見るものすべて愛しかった

もう少しだけでいいから 皆のそばにいさせて下さい

泣いて泣いて泣き疲れて 怖くて怖くて震えてた

祈り祈り祈り続けて 生きたいと思う毎日でした

折り鶴を一羽折るたび 辛さがこみ上げてきました

だけど千羽に届けば 暖かい家にまた戻れる

願いは必ずかなうと 信じて折り続けました

だけど涙が止まらない 近づく別れを肌で 感じていたから

泣いて泣いて泣き疲れて 折り鶴にいつも励まされて

祈り祈り祈り続けて 夢をつなげた毎日でした

別れがきたと感じます だから最後に伝えたい

本当に本当にありがとう 私はずっと幸せでした

泣いて泣いて泣き疲れて 折り鶴にいつも励まされて

祈り祈り祈り続けて 夢をつなげた毎日でした

めぐりめぐり行く季節をこえて 今でも今でも祈ってる

二度と二度と辛い思いは 誰にもしてほしくはない

誰にもしてほしくはない


            

2016/8/8  週末の良好な米雇用統計を受けての「金」相場  仕事

前週末5日のNY「金」先物相場は、

注目の7月の米雇用統計で非農業部門就業者数が25.5万人増となり、

市場予想(18万人増)を大幅に上回り、これを受けて、米国の早期利上げ観測が再燃し、

金利を生まない「金」を売る動きが膨らみ、この日の高値の1361ドルから1334ドルまで売られ、

1335ドル(25ドル安)近辺で週明けのアジア市場に戻ってきましたが、

GLOBEX先物はこの良好な米雇用統計を受け急落した流れを引き継ぎ、反落して始まった後は、

13331ドルの安値から1336.7ドルへ戻し、

プラチナも1135ドルの今朝がたの安値から1146ドル近辺で、

クリックすると元のサイズで表示します

(上はNY「金」の2016年4月からの日足チャートです)

東京工業品のグラム建て価格は、円相場が102円を挟んだ小動きの中、

4372円の安値から4390円(週末終値比44円安)、

プラチナは3720円の安値から、3753円(同18円安)と安値幅を切り上げて推移している。


クリックすると元のサイズで表示します

(上は東京工業品の2016年4月からの日足チャートです)



2016/8/7  涼しさよ貸し借りの無き友ばかり  日記

昨日から2日間、川口市のリリアホールで(公益社団法人)日本吟道学院の詩吟の

夏期講座に鹿児島から北海道まで全国から約800人の会員が集り、

朝10時から4時過ぎまで10人の講師による熱心な講義が行われました。

お昼休みの休憩などには日頃ご無沙汰の全国の吟友に逢えるのが楽しみです。

お互い利害関係も何もない趣味の仲間ですから、

何十年の知己に遭う如く、お互い喜び合います。

漢詩の他、短歌、俳句、新体詩、歌謡吟詠など様々なジャンルの講義が続き

2日間九十九里から埼玉まで大網地区からも5人通いました・・・詩吟はパワーの源ですね。

明日からの仕事も気合を入れてゆこう

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ