にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2016/10/11  「燗酒に具を熱くせし夜寒かな」  日記

連休明けの火曜日は西浦和での詩吟教室があり午後の会社を出て西浦和へ。

昼に教室をやれば、当然若い人は仕事や学校でこれませんので、

団塊世代以降の愛好者ということですが、

詩吟人口は若い人は少ないので、

割り切って団塊世代以降に割り切って普及活動をしているのですが、

それはそれで楽しいものなのです。

ところで、朝晩はめっきり寒くなりました・・・。

早、熱燗に鍋の季節となりました・・。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

熱かった日々のビールは美味しかったけど、熱燗またよしですね。

今夜は先日の純米酒「大多喜城」をぬる燗で頂く。

五臓六腑に沁みますね。







2016/10/11  強過ぎず弱過ぎずだった米㋈雇用統計を受けての「金」相場はどうなる?  ニュース

強過ぎず弱過ぎずだった米㋈雇用統計を受けての「金」相場はどうなる?

市場が注目した先週末発表の9月雇用統計は、

非農業部門就業者数は前月比15万6千人増(市場予測17万5千人)となり、

8月の16万7千人増を下回った。

また、失業率は4.9%から5.0%まで小幅ながら上昇し、

今年4月以来の5.0%台とやや悪化。一方で、平均時給は前年同月比2.6%上昇した。

これを受けて米連邦準備制度理事会(FRB)が年内に利上げに踏み切る可能性について、

「これで年内利上げの可能性は消えた」との評価と、

「年内利上げの可能性は一段と高まった」と相反する二つの見方に市場は分かれた。

発表を受けてNY市場は一時は1266ドルまで上昇したが、

「利上げの根拠は強くなっている」との見方から1241ドルまで売り込まれる場面があり、

引けにかけては11月FOMCでの利上げリスクは低くなったとして1257ドル近辺に戻して引けた。

年初に1060ドル台で始まったNY「金」は2月上旬以降6月末に上昇し、

7月末から㋇初めにかけて1400ドルの高値となったが、

以降は下落に転じ1310ドル台の100日移動平均線、

1250ドル台の200日移動平均線を立て続けに割り込んで、

ダウントレンド(下落基調)になっている。

クリックすると元のサイズで表示します

(上はNY「金」の2015年4月からの週足チャートです)

現在の「金」相場を見通す上では、@米金利動向、Aドル相場の動向、

B国際金融不安、などが中止されている。

これらの3つの要素が先送りされて来たために「金」相場は

夏以降の下落基調にあったのですが、

今後「金」相場の底入れには、

@見通せる将来の利上げ見送り、

A逆に利上げ着手による材料出尽くし、

B利上げの織り込み一巡といったことが必要とされるに。

今回の9月雇用統計が利上げ着手の決め手にならず、

今後も実際の利上げがいつ実施されるかが依然不透明さがあり、

「金」相場に下振れリスクは付きまとうことになる。

しかし、ドル・円相場が104円を窺う展開になっており、

国内のグラム建て価格は円安によって大きな下落に至らずに済んでいる。

因みに現在の相場水準では1円の為替変動は円安になれば、

グラム当たり約40円高くなり、逆に円高になれば安くなります。

クリックすると元のサイズで表示します

(上は東京工業品の2015年4月からの週足チャートです)




AutoPage最新お知らせ