にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2017/1/24  円高でグラム建て「金」価格が下落  日記

112円台の円高に「金」は1220ドルに11月ぶりの高値  

トランプ米大統領の掲げる大型減税や規制緩和など景気刺激策の具体像がまだ見えず、

政策期待からドルの買い持ち高を積み上げていた投資家が

持ち高整理が進み円高・ドル安となり

昨夜のNY「金」市場は7.7ドルの上昇だったが1円以上の円高に相殺されて

今日のグラム建ての国内金価格は33円の下落となりました。

米財務長官に指名されているムニューチン氏が過度なドル高を

けん制する趣旨の発言をしたと伝わったこともドル売りを促したようです。

現在の金価格と為替相場では一円の為替変動はグラム当たり約39円幅あり

円高になるとグラム建て価格は安くなり、逆に円安になるとグラム建て価格は高くなります 。

トランプ大統領と新しいホワイトハウスの動きを見ながらの

為替、株式、金相場が続きそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

(上は東京工業品の2016年9月からのグラム建て日足チャートです)

24日13時現在の東京工業品は4402円(前日終値比24円安)、

GLOVEX先物のドル建て価格は1216.7ドルで推移しています。

世界の政財界は異色の大統領の顔色を見ながらの対策に

本音では困った人が世界のリーダーになったものだと思っているに違いない。

しかし米国の豊かな生活に、時代に取り残された不満層がトランプ氏を選び、

彼は彼らに光を当てようと雇用を政策の柱にしているのだ。

従ってドル高は米国の国益に反するとして、ドル安政策を取ることも厭わないかもしれない。

何故か寛容で広島を訪問し、オバマケアなど人間愛に満ちていた

オバマ元大統領の格調高い演説を懐かしむ人が多いようだ。






AutoPage最新お知らせ