にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2017/10/31  ロシア中央銀行がゴールド「金」の在庫を増やしている  仕事


ロシア中央銀行がゴールドを買い続けています。

IMFへの報告によると、過去2年間でほぼ一年200トンものゴールドを

その外貨準備に加えています。

先月9月には34.2トンのゴールドを購入し、今年の累積購入量は163トンとなり、

今年はまだ3ヶ月あることを考えると200トン以上の購入の可能性は非常に高いようです。


中央銀行の「金」保有高」

1 アメリカ 8,133.5トン  外貨準備に占める割合 75.1 % 

2 ドイツ  3,395.5トン   外貨準備に占める割合  71.9 % 

3 国際通貨基金(IMF) 2,814.0トン  
- 
4 イタリア  2,451.8トン   外貨準備に占める割合 71.3 % 

5 フランス  2,435.4トン   外貨準備に占める割合 71.6 % 

6 中国    1,842.1トン   外貨準備に占める割合 1.6 % 

7ロシア    1,715.0トン   外貨準備に占める割合  9.2 %

8スイス   1,040.1トン   外貨準備に占める割合 14.2 %  

9 日本    765.2トン    外貨準備に占める割合 3.1 %
 
10 オランダ 612.5トン   外貨準備に占める割合  60.2 %


(GFMS Gold Survey 2017)より

ロシアのゴールド保有量は1779トンとなり、国別では世界6位のままですが、

第5位の中国との差は63トンです。

ロシアが外貨準備におけるゴールドの割合を増やすということの裏返は

米ドルへの依存を極力減らし、

西側経済システムから一歩引いた形を作ろうとの意図があるのかもしれません。

2016年年初にロシアルーブルの暴落時に、ロシアが持ちこたえたのは、

大量のゴールドをロシア中央銀行がゴールドを持っているという安心感があったからだそうです

ロシア政府の外貨準備におけるゴールドの割合は17%。まだ増やしていきそうです。

半面、日本のゴールド保有量は僅かに765.2トン、外貨準備の中での比率は僅かに2.4%で、

米国のゴールドの保有比率74%に比べると極端に低く、

ドイツ、フランス、イタリヤの60%台に比べても極端に低く

問題視されるところになっています。





2017/10/31  ロシア中央銀行がゴールド「金」の在庫を増やしている  仕事


ロシア中央銀行がゴールドを買い続けています。

IMFへの報告によると、過去2年間でほぼ一年200トンものゴールドを

その外貨準備に加えています。

先月9月には34.2トンのゴールドを購入し、今年の累積購入量は163トンとなり、

今年はまだ3ヶ月あることを考えると200トン以上の購入の可能性は非常に高いようです。


中央銀行の「金」保有高」

1 アメリカ 8,133.5トン  外貨準備に占める割合 75.1 % 

2 ドイツ  3,395.5トン   外貨準備に占める割合  71.9 % 

3 国際通貨基金(IMF) 2,814.0トン  
- 
4 イタリア  2,451.8トン   外貨準備に占める割合 71.3 % 

5 フランス  2,435.4トン   外貨準備に占める割合 71.6 % 

6 中国    1,842.1トン   外貨準備に占める割合 1.6 % 

7ロシア    1,715.0トン   外貨準備に占める割合  9.2 %

8スイス   1,040.1トン   外貨準備に占める割合 14.2 %  

9 日本    765.2トン    外貨準備に占める割合 3.1 %
 
10 オランダ 612.5トン   外貨準備に占める割合  60.2 %


(GFMS Gold Survey 2017)より

ロシアのゴールド保有量は1779トンとなり、国別では世界6位のままですが、

第5位の中国との差は63トンです。

ロシアが外貨準備におけるゴールドの割合を増やすということの裏返は

米ドルへの依存を極力減らし、

西側経済システムから一歩引いた形を作ろうとの意図があるのかもしれません。

2016年年初にロシアルーブルの暴落時に、ロシアが持ちこたえたのは、

大量のゴールドをロシア中央銀行がゴールドを持っているという安心感があったからだそうです

ロシア政府の外貨準備におけるゴールドの割合は17%。まだ増やしていきそうです。

半面、日本のゴールド保有量は僅かに765.2トン、外貨準備の中での比率は僅かに2.4%で、

米国のゴールドの保有比率74%に比べると極端に低く、

ドイツ、フランス、イタリヤの60%台に比べても極端に低く

問題視されるところになっています。





2017/10/31  ロシア中央銀行がゴールド「金」の在庫を増やしている  仕事


ロシア中央銀行がゴールドを買い続けています。

IMFへの報告によると、過去2年間でほぼ一年200トンものゴールドを

その外貨準備に加えています。

先月9月には34.2トンのゴールドを購入し、今年の累積購入量は163トンとなり、

今年はまだ3ヶ月あることを考えると200トン以上の購入の可能性は非常に高いようです。


中央銀行の「金」保有高」

1 アメリカ 8,133.5トン  外貨準備に占める割合 75.1 % 

2 ドイツ  3,395.5トン   外貨準備に占める割合  71.9 % 

3 国際通貨基金(IMF) 2,814.0トン  
- 
4 イタリア  2,451.8トン   外貨準備に占める割合 71.3 % 

5 フランス  2,435.4トン   外貨準備に占める割合 71.6 % 

6 中国    1,842.1トン   外貨準備に占める割合 1.6 % 

7ロシア    1,715.0トン   外貨準備に占める割合  9.2 %

8スイス   1,040.1トン   外貨準備に占める割合 14.2 %  

9 日本    765.2トン    外貨準備に占める割合 3.1 %
 
10 オランダ 612.5トン   外貨準備に占める割合  60.2 %


(GFMS Gold Survey 2017)より

ロシアのゴールド保有量は1779トンとなり、国別では世界6位のままですが、

第5位の中国との差は63トンです。

ロシアが外貨準備におけるゴールドの割合を増やすということの裏返は

米ドルへの依存を極力減らし、

西側経済システムから一歩引いた形を作ろうとの意図があるのかもしれません。

2016年年初にロシアルーブルの暴落時に、ロシアが持ちこたえたのは、

大量のゴールドをロシア中央銀行がゴールドを持っているという安心感があったからだそうです

ロシア政府の外貨準備におけるゴールドの割合は17%。まだ増やしていきそうです。

半面、日本のゴールド保有量は僅かに765.2トン、外貨準備の中での比率は僅かに2.4%で、

米国のゴールドの保有比率74%に比べると極端に低く、

ドイツ、フランス、イタリヤの60%台に比べても極端に低く

問題視されるところになっています。





2017/10/31  ロシア中央銀行がゴールド「金」の在庫を増やしている  仕事


ロシア中央銀行がゴールドを買い続けています。

IMFへの報告によると、過去2年間でほぼ一年200トンものゴールドを

その外貨準備に加えています。

先月9月には34.2トンのゴールドを購入し、今年の累積購入量は163トンとなり、

今年はまだ3ヶ月あることを考えると200トン以上の購入の可能性は非常に高いようです。


中央銀行の「金」保有高」

1 アメリカ 8,133.5トン  外貨準備に占める割合 75.1 % 

2 ドイツ  3,395.5トン   外貨準備に占める割合  71.9 % 

3 国際通貨基金(IMF) 2,814.0トン  
- 
4 イタリア  2,451.8トン   外貨準備に占める割合 71.3 % 

5 フランス  2,435.4トン   外貨準備に占める割合 71.6 % 

6 中国    1,842.1トン   外貨準備に占める割合 1.6 % 

7ロシア    1,715.0トン   外貨準備に占める割合  9.2 %

8スイス   1,040.1トン   外貨準備に占める割合 14.2 %  

9 日本    765.2トン    外貨準備に占める割合 3.1 %
 
10 オランダ 612.5トン   外貨準備に占める割合  60.2 %


(GFMS Gold Survey 2017)より

ロシアのゴールド保有量は1779トンとなり、国別では世界6位のままですが、

第5位の中国との差は63トンです。

ロシアが外貨準備におけるゴールドの割合を増やすということの裏返は

米ドルへの依存を極力減らし、

西側経済システムから一歩引いた形を作ろうとの意図があるのかもしれません。

2016年年初にロシアルーブルの暴落時に、ロシアが持ちこたえたのは、

大量のゴールドをロシア中央銀行がゴールドを持っているという安心感があったからだそうです

ロシア政府の外貨準備におけるゴールドの割合は17%。まだ増やしていきそうです。

半面、日本のゴールド保有量は僅かに765.2トン、外貨準備の中での比率は僅かに2.4%で、

米国のゴールドの保有比率74%に比べると極端に低く、

ドイツ、フランス、イタリヤの60%台に比べても極端に低く

問題視されるところになっています。





2017/10/31  ロシア中央銀行がゴールド「金」の在庫を増やしている  仕事


ロシア中央銀行がゴールドを買い続けています。

IMFへの報告によると、過去2年間でほぼ一年200トンものゴールドを

その外貨準備に加えています。

先月9月には34.2トンのゴールドを購入し、今年の累積購入量は163トンとなり、

今年はまだ3ヶ月あることを考えると200トン以上の購入の可能性は非常に高いようです。


中央銀行の「金」保有高」

1 アメリカ 8,133.5トン  外貨準備に占める割合 75.1 % 

2 ドイツ  3,395.5トン   外貨準備に占める割合  71.9 % 

3 国際通貨基金(IMF) 2,814.0トン  
- 
4 イタリア  2,451.8トン   外貨準備に占める割合 71.3 % 

5 フランス  2,435.4トン   外貨準備に占める割合 71.6 % 

6 中国    1,842.1トン   外貨準備に占める割合 1.6 % 

7ロシア    1,715.0トン   外貨準備に占める割合  9.2 %

8スイス   1,040.1トン   外貨準備に占める割合 14.2 %  

9 日本    765.2トン    外貨準備に占める割合 3.1 %
 
10 オランダ 612.5トン   外貨準備に占める割合  60.2 %


(GFMS Gold Survey 2017)より

ロシアのゴールド保有量は1779トンとなり、国別では世界6位のままですが、

第5位の中国との差は63トンです。

ロシアが外貨準備におけるゴールドの割合を増やすということの裏返は

米ドルへの依存を極力減らし、

西側経済システムから一歩引いた形を作ろうとの意図があるのかもしれません。

2016年年初にロシアルーブルの暴落時に、ロシアが持ちこたえたのは、

大量のゴールドをロシア中央銀行がゴールドを持っているという安心感があったからだそうです

ロシア政府の外貨準備におけるゴールドの割合は17%。まだ増やしていきそうです。

半面、日本のゴールド保有量は僅かに765.2トン、外貨準備の中での比率は僅かに2.4%で、

米国のゴールドの保有比率74%に比べると極端に低く、

ドイツ、フランス、イタリヤの60%台に比べても極端に低く

問題視されるところになっています。





2017/10/31  ロシア中央銀行がゴールド「金」の在庫を増やしている  仕事


ロシア中央銀行がゴールドを買い続けています。

IMFへの報告によると、過去2年間でほぼ一年200トンものゴールドを

その外貨準備に加えています。

先月9月には34.2トンのゴールドを購入し、今年の累積購入量は163トンとなり、

今年はまだ3ヶ月あることを考えると200トン以上の購入の可能性は非常に高いようです。


中央銀行の「金」保有高」

1 アメリカ 8,133.5トン  外貨準備に占める割合 75.1 % 

2 ドイツ  3,395.5トン   外貨準備に占める割合  71.9 % 

3 国際通貨基金(IMF) 2,814.0トン  
- 
4 イタリア  2,451.8トン   外貨準備に占める割合 71.3 % 

5 フランス  2,435.4トン   外貨準備に占める割合 71.6 % 

6 中国    1,842.1トン   外貨準備に占める割合 1.6 % 

7ロシア    1,715.0トン   外貨準備に占める割合  9.2 %

8スイス   1,040.1トン   外貨準備に占める割合 14.2 %  

9 日本    765.2トン    外貨準備に占める割合 3.1 %
 
10 オランダ 612.5トン   外貨準備に占める割合  60.2 %


(GFMS Gold Survey 2017)より

ロシアのゴールド保有量は1779トンとなり、国別では世界6位のままですが、

第5位の中国との差は63トンです。

ロシアが外貨準備におけるゴールドの割合を増やすということの裏返は

米ドルへの依存を極力減らし、

西側経済システムから一歩引いた形を作ろうとの意図があるのかもしれません。

2016年年初にロシアルーブルの暴落時に、ロシアが持ちこたえたのは、

大量のゴールドをロシア中央銀行がゴールドを持っているという安心感があったからだそうです

ロシア政府の外貨準備におけるゴールドの割合は17%。まだ増やしていきそうです。

半面、日本のゴールド保有量は僅かに765.2トン、外貨準備の中での比率は僅かに2.4%で、

米国のゴールドの保有比率74%に比べると極端に低く、

ドイツ、フランス、イタリヤの60%台に比べても極端に低く

問題視されるところになっています。





2017/10/31  ロシア中央銀行がゴールド「金」の在庫を増やしている  仕事


ロシア中央銀行がゴールドを買い続けています。

IMFへの報告によると、過去2年間でほぼ一年200トンものゴールドを

その外貨準備に加えています。

先月9月には34.2トンのゴールドを購入し、今年の累積購入量は163トンとなり、

今年はまだ3ヶ月あることを考えると200トン以上の購入の可能性は非常に高いようです。


中央銀行の「金」保有高」

1 アメリカ 8,133.5トン  外貨準備に占める割合 75.1 % 

2 ドイツ  3,395.5トン   外貨準備に占める割合  71.9 % 

3 国際通貨基金(IMF) 2,814.0トン  
- 
4 イタリア  2,451.8トン   外貨準備に占める割合 71.3 % 

5 フランス  2,435.4トン   外貨準備に占める割合 71.6 % 

6 中国    1,842.1トン   外貨準備に占める割合 1.6 % 

7ロシア    1,715.0トン   外貨準備に占める割合  9.2 %

8スイス   1,040.1トン   外貨準備に占める割合 14.2 %  

9 日本    765.2トン    外貨準備に占める割合 3.1 %
 
10 オランダ 612.5トン   外貨準備に占める割合  60.2 %


(GFMS Gold Survey 2017)より

ロシアのゴールド保有量は1779トンとなり、国別では世界6位のままですが、

第5位の中国との差は63トンです。

ロシアが外貨準備におけるゴールドの割合を増やすということの裏返は

米ドルへの依存を極力減らし、

西側経済システムから一歩引いた形を作ろうとの意図があるのかもしれません。

2016年年初にロシアルーブルの暴落時に、ロシアが持ちこたえたのは、

大量のゴールドをロシア中央銀行がゴールドを持っているという安心感があったからだそうです

ロシア政府の外貨準備におけるゴールドの割合は17%。まだ増やしていきそうです。

半面、日本のゴールド保有量は僅かに765.2トン、外貨準備の中での比率は僅かに2.4%で、

米国のゴールドの保有比率74%に比べると極端に低く、

ドイツ、フランス、イタリヤの60%台に比べても極端に低く

問題視されるところになっています。




クリックすると元のサイズで表示します

2017/10/30  木枯し一号宝石街に吹き荒るる  日記

週末の寒い雨模様から久々の秋晴れの週明け・・晴れ晴れとした気持ちの出勤です。

こんな日は会社内に一日居るのはもったいない・・。

お昼休みに散歩に出たら気温は暖かそうだが、北風が強く帽子が飛ばされそう・・。

どうやら関東一帯に木枯らし一号が吹いたそうですね・・。

FBなどの個々の記録を見ると、毎年十月の末日近辺に木枯らし一号が吹いている様だ。

宝石の町御徒町を3時間ほど知人の所で昔話をしたり、

今は商売をやめた知人の会社跡を尋ねたり・・思い出も拾って歩きました。

久々のお得意先知人と景気動向を話したり、

ご家族の世間話をしたり、たまには外に出ないとね・・。

2017/10/30  木枯し一号宝石街に吹き荒るる  日記

週末の寒い雨模様から久々の秋晴れの週明け・・晴れ晴れとした気持ちの出勤です。

こんな日は会社内に一日居るのはもったいない・・。

お昼休みに散歩に出たら気温は暖かそうだが、北風が強く帽子が飛ばされそう・・。

どうやら関東一帯に木枯らし一号が吹いたそうですね・・。

FBなどの個々の記録を見ると、毎年十月の末日近辺に木枯らし一号が吹いている様だ。

宝石の町御徒町を3時間ほど知人の所で昔話をしたり、

今は商売をやめた知人の会社跡を尋ねたり・・思い出も拾って歩きました。

久々のお得意先知人と景気動向を話したり、

ご家族の世間話をしたり、たまには外に出ないとね・・。

2017/10/30  木枯し一号宝石街に吹き荒るる  日記

週末の寒い雨模様から久々の秋晴れの週明け・・晴れ晴れとした気持ちの出勤です。

こんな日は会社内に一日居るのはもったいない・・。

お昼休みに散歩に出たら気温は暖かそうだが、北風が強く帽子が飛ばされそう・・。

どうやら関東一帯に木枯らし一号が吹いたそうですね・・。

FBなどの個々の記録を見ると、毎年十月の末日近辺に木枯らし一号が吹いている様だ。

宝石の町御徒町を3時間ほど知人の所で昔話をしたり、

今は商売をやめた知人の会社跡を尋ねたり・・思い出も拾って歩きました。

久々のお得意先知人と景気動向を話したり、

ご家族の世間話をしたり、たまには外に出ないとね・・。

2017/10/30  木枯し一号宝石街に吹き荒るる  日記

週末の寒い雨模様から久々の秋晴れの週明け・・晴れ晴れとした気持ちの出勤です。

こんな日は会社内に一日居るのはもったいない・・。

お昼休みに散歩に出たら気温は暖かそうだが、北風が強く帽子が飛ばされそう・・。

どうやら関東一帯に木枯らし一号が吹いたそうですね・・。

FBなどの個々の記録を見ると、毎年十月の末日近辺に木枯らし一号が吹いている様だ。

宝石の町御徒町を3時間ほど知人の所で昔話をしたり、

今は商売をやめた知人の会社跡を尋ねたり・・思い出も拾って歩きました。

久々のお得意先知人と景気動向を話したり、

ご家族の世間話をしたり、たまには外に出ないとね・・。

2017/10/30  木枯し一号宝石街に吹き荒るる  日記

週末の寒い雨模様から久々の秋晴れの週明け・・晴れ晴れとした気持ちの出勤です。

こんな日は会社内に一日居るのはもったいない・・。

お昼休みに散歩に出たら気温は暖かそうだが、北風が強く帽子が飛ばされそう・・。

どうやら関東一帯に木枯らし一号が吹いたそうですね・・。

FBなどの個々の記録を見ると、毎年十月の末日近辺に木枯らし一号が吹いている様だ。

宝石の町御徒町を3時間ほど知人の所で昔話をしたり、

今は商売をやめた知人の会社跡を尋ねたり・・思い出も拾って歩きました。

久々のお得意先知人と景気動向を話したり、

ご家族の世間話をしたり、たまには外に出ないとね・・。

2017/10/30  木枯し一号宝石街に吹き荒るる  日記

週末の寒い雨模様から久々の秋晴れの週明け・・晴れ晴れとした気持ちの出勤です。

こんな日は会社内に一日居るのはもったいない・・。

お昼休みに散歩に出たら気温は暖かそうだが、北風が強く帽子が飛ばされそう・・。

どうやら関東一帯に木枯らし一号が吹いたそうですね・・。

FBなどの個々の記録を見ると、毎年十月の末日近辺に木枯らし一号が吹いている様だ。

宝石の町御徒町を3時間ほど知人の所で昔話をしたり、

今は商売をやめた知人の会社跡を尋ねたり・・思い出も拾って歩きました。

久々のお得意先知人と景気動向を話したり、

ご家族の世間話をしたり、たまには外に出ないとね・・。

2017/10/30  木枯し一号宝石街に吹き荒るる  日記

週末の寒い雨模様から久々の秋晴れの週明け・・晴れ晴れとした気持ちの出勤です。

こんな日は会社内に一日居るのはもったいない・・。

お昼休みに散歩に出たら気温は暖かそうだが、北風が強く帽子が飛ばされそう・・。

どうやら関東一帯に木枯らし一号が吹いたそうですね・・。

FBなどの個々の記録を見ると、毎年十月の末日近辺に木枯らし一号が吹いている様だ。

宝石の町御徒町を3時間ほど知人の所で昔話をしたり、

今は商売をやめた知人の会社跡を尋ねたり・・思い出も拾って歩きました。

久々のお得意先知人と景気動向を話したり、

ご家族の世間話をしたり、たまには外に出ないとね・・。

2017/10/30  プラチナの憂鬱  仕事


プラチナ相場が冴えない動きが続いています。


NYプラチナの5年間の動きを見ても1900ドル台から800ドル台へ下落して、


現在は930ドル近辺です。


東京工業品のグラム建て価格も5年間で5000円台から3600円近辺に下落しています


それも80円前後から113円前後への円安によって下げ幅が縮小されているので


現在の3600円近辺です。




(上はNYプラチナの2011年からの月足チャートです)


プラチナが弱含んでいるのはプラチナの地上在庫が280トン前後あることや、


プラチナ需要の全体の約6割を占めるとされるデイーゼル自動車の排気ガスの


触媒需要の落ち込みが嫌気されている。


半面ガソリン車が好調なことからガソリン車の触媒需要として使用されるパラジューム需要が


伸びて、プラチナとパラジューム価格が逆転して2001年以来のパラジューム高が続いている。


今後電気自動車の実用化が進み、電気自動車が一般的になれば、排気ガスを出さないために


排気ガス触媒需要は極端に少なくなってゆくであろうプラチナの憂鬱がある。


プラチナカードなどと年間200トン前後の生産量しかない希少品として、


長く「金」よりも高くあり続けたプラチナ上位の展望は予想しがたい。



(上は東京工業品プラチナ相場21011年からの月足チャートです)




AutoPage最新お知らせ