にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2019/4/26  平家物語(祇園精舎の一節)  日記

常なるものなどなにもなく、権勢を誇っているものもやがては

滅びの道に向かうものである「平家物語の祇園精舎」の始めの言葉だ。

一昨日の豊春の詩吟教室で久々この一節を吟じた。

平家物語(祇園精舎の一節)

祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

盛者必衰の理をあらわす

驕れる人も久しからず

ただ春の夜の夢のごとし

猛き人もついには滅びぬ

偏に風の前の塵に同じ


クリックすると元のサイズで表示します

*祇園精舎の鐘の声

「祇園精舎」はインドにあるお寺の名前を日本語に音訳したもの。「声」は「音」の意。

*諸行無常の響きあり

「諸行」は「万物」、つまりこの世に存在するありとあらゆる物という意味の仏教用語。

前の文と合わせて、鐘をついたときにだんだんと小さくなっていく音に永遠に続くものは

無いと悟らせてくれるような響きがあるという意味のようです。

*沙羅双樹の花の色

沙羅双樹は、ツバキ科落葉樹の「ナツツバキ」のことで、この白い花は朝咲いて夕べには散り、

花びらを散らさず、花が地面にポトンと落ちると言う、いさぎよい散り方をします。

この沙羅双樹の下で釈迦は入滅したとされている。

     (沙羅双樹の花)クリックすると元のサイズで表示します

驕り高ぶった人も、いつまでも驕りに耽っていることは出来ず、

それはあたかも春の夜の夢のように儚いもの、

勇猛な者でさえ、ついには滅びてしまうもの

それはあたかも風の前の塵のようなものだ。

祇園精舎朗読You Tube↓

http://www.youtube.com/watch?v=Gko_5sAj8Ek

平家物語を夢中で読んだ昔もあったが、

誰もが我が人生を振り返り、

我が身とその周辺に盛者必衰の理(ことわり)を見たり感じたりしてきたものです。

歴史の中にある数多の「驕れる人も久しからず」を知り、

今の世の中にも、「偏に風の前の塵に同じ」と切に聞かせてやりたい人も居るかも?・・・。

クリックすると元のサイズで表示します(扇の的を射る那須の与一)

琵琶法師が物語風に津々浦々で平家滅亡の有様を伝えたと言われますが、

詩吟のルーツも琵琶法師から始まっているとの説もあります。

琵琶の先生方が、昭和になって大挙して詩吟に転向した歴史は事実です。

     (安徳天皇入水)クリックすると元のサイズで表示します

清盛の娘で安徳天皇の母、建礼門院徳子は入水後に助けられ、

「平家滅亡の後の菩提を大原で弔ったとされているが「三種の神器」の内

「宝剣」は海に沈み戻らなかったとそうだ。

もう一度ゆっくり平家物語を読み直してみたいと思う。

今日は昨日から一転気温が低く(14度ほど)、午前中は雨、

北日本では桜も散った頃に雪に襲われた。

午後雨が上った畑に出て、昨日買ったトマト、キュウリ、茄子、オグラ、シシトー、

ピーマンなど36本の苗を移植した。

余った畝には何を植えるか、蒔くか考えてみよう・・・。

2019/4/25  馬鈴薯植ゑ土に親しみ暮らしけり  日記

今年から健康寿命を延ばすために、

15年前頃に通っていた「とよだ医院」のキャストとプールの運動をしている。

キャストとは初動付加理論に基づく身体機能のリハビリのようなもので、

器械を使って上半身、下半身の運動をするのですが、筋肉を作るのが目的ではない。

専門のトレーナーの指導のもとに医師の診断に沿って運動メニューを決めてやるので、

無理なくやれるのが続いているのかな・・。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

月、火、水、木の内時間の取れる2回〜3回を目処に1時間弱、プラスプールの歩行を30分して

ベッドで仰向けにねて腰の牽引を20分やってもらう・・・。

結構いい運動になり、パフォーマンスも上っているように感じる。

午前中は毎日2時間ほどが畑仕事です・・。

サツマイモと枝豆を植えたほかに、

明日から夏野菜の苗物を40本ほど畑に移植する予定です・・・。

蚕豆やレタス、ブロッコリーがこれからの収穫予定で、

菜物はほうれん草、小松菜が間もなく採れはじめますか・・。

春蒔き大根とジャガイモは6月頃の収穫予定ですね・・。

畑仕事も忙しくなりました・・まだ虫が出てこないので作業はやりやすいし、

木陰に椅子を出して読書をするのも一年で今が一番良い時ですね・・。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

「とよだキャスト」に行く途中に「つつじ園」が在るのですが、

今日の躑躅は見頃でした・・。

写真は全て本日のつつじ園です・・・。

そんな一日を送っていると結構忙しいかな・・その合間にゴルフが入り

月に16回の詩吟教室がある・・・。





クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2019/4/24  竹の子のレシピを一つ増やしけり  日記

春日部市の豊春教室へ詩吟で出かけました。

11時半に家を出て開始時間の2時少し前の到着です。

各教室で歌謡吟詠の体験教室で新しい吟友の参加があり、各教室共に活気が出てきました。

会員の普及にはやはり何かの仕掛けを常にやることが大事ですね

本日の吟題は「花筏」道元、元号「令和」万葉集より、芭蕉の奥の細道の旅立ちの句

「行く春や鳥啼き魚の目は泪」ですが、俳句をやる前は「魚の目に泪」の意味が判らず、

疑問に思っていましたが、芭蕉の門弟で魚商の杉風のことを「魚」と言っていたのでした。

徳富蘇峰の「落花」は今の季節感でしたから紀友則の短歌と併せ吟じてみました

   落花  徳富蘇峰

ひさかたの光のどけき春の日に しずこころなく花の散るらん (紀友則)

蝶は舞い蜂は歌う到る処宜し 香雲漠々として草は離々たり

早春何ぞ若かん晩春の好きに 満袖の軽風花落つるの時


久々に稽古後の宴席のなく早く帰って家で晩御飯です。

沢山戴いた筍をこの時期、毎日竹の子ご飯でもいいかな・。

焚き合わせ、竹の子のそぼろ煮、竹の子の天麩羅など美味しいですね。

今夜は久々にロックで薩摩の芋焼酎小牧酒造の一刻者(いっこもん)を頂きました。







クリックすると元のサイズで表示します

2019/4/23  「平成を惜しみて躑躅燃へてをり  日記

近所の「ツツジ屋敷」が見頃になってきましたね・・。

やはり手入れの良い所は違いますね・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

             クリックすると元のサイズで表示します

我が家のツツジも垣根代わりに50本位有るのですが、全く手入れもしないし

追肥もやらないので、オオムラサキもこちら様のような良い色が出ません。

クリックすると元のサイズで表示します

             クリックすると元のサイズで表示します

昨日の続き畑作業に精を出し、サツマイモの苗を50本植えました

初めてのサツマイモ作りですが、どうなりますか・・・。

枝豆の第一弾も少し蒔いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

2019/4/22  「耕して切り株に座し春を聞く」  日記

鶯が囀り、雉の親子が闊歩し、蝶は舞い、蜂が飛び、菜の花の香る好時節です。。

ジャガイモや春大根の芽が出てきました・・路地ものの夏野菜を植える準備です・・

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

開墾した畑にはサツマイモと枝豆を植えましょう・・。

ウワミズザクラ、白山吹も咲いてきました。。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

3時間余りも畑に根を詰めていると汗びっしょりです

東京を25度を越したそうで夏日ですね

2019/4/21  筍のもの食べもはや旬には在らず  日記

我が家の庭に棲み付いている雉の親子・楢林の中の虫を啄んで良く太ってますね、

鶯と雉と蝶々と夜の蛙が今の時期の主役ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

昨日戴いた筍が今夜は筍ご飯で出てきました。

やはり旬のものは美味しいね・・。

クリックすると元のサイズで表示します


2019/4/20  竹の子のまず大きさを讃へけり  日記

「筍の存在感の大きかり」

詩吟の仲間より毎年のように新筍を頂きました・・

朝採りりの筍だそうですがそれにしても大きい、

早速灰汁をしたものを頂きました。

やはり旬のものです。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

土曜日は詩吟の日です

午前中は大網、午後は茂原教室です

季節にちなんで監視は徳富蘇峰作の「落花」、俳句は芭蕉の奥の細道の出発点、

千住で読んだ「行く春や鳥啼き魚の目は涙」などを詠う。

行く春を惜しむように鳥は悲しげに啼き、魚(門人の魚商、杉風のこと)の

目にも涙が浮かんでいるようだ

  落花 徳富蘇峰  歌 紀友則

 ひさかたの光のどけき春の日に しずこころなく花のちるらん

蝶は舞い蜂は飛ぶ到る処宜し 香雲漠々として草は離離たり

早春何ぞ若かん晩春の好きに満袖の軽風花落つるの時


2019/4/18  田を植ゑて里山に活気漲れり  日記

桜の花が散り、田植えが始まりました

九十九里は4月後半に田植えが始まりますが、まず村一番の田植えが先週末ありました。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

近所での田植えは4月末までには終り、8月後半には刈り入れが行われます。

子供の頃の岩手では田植えは6月、刈り入れは19月頃で、それぞれに田植え休みや、

稲刈り休みが有って、子供心には休みは嬉しかったものですが、

農家の子達も田圃の仕事では戦力だったわけでした。

昨日は里山の芽吹きの風景が見たくて409号の茂原から市原への房総半島縦断道路を走り

ゴルフ場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

濃淡の色を極めて里山が目に優しい色合いです。


2019/4/16  元号令和を詠う  詩吟

元号 「令和」  万葉集より

初春の  令月に して  気淑く 風和らぎ

梅は  鏡前の粉を 披き  

蘭は  珮後の 香を 薫らす

「令和」の典拠

出 典

万葉集巻五、梅花の歌三十二首

引用文


初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香

書き下し文

初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ

梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす

現代語訳

時あたかも新春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、

梅は美女の鏡の前に装う白粉のごとく白く咲き、

蘭は身を飾った香りの如きかおりをただよわせている。

2019/4/15  山笑ふヤギ・ヒツジらと遊びけり  日記

「体験のパン工房や山笑ふ」

房総半島の中ほど袖ヶ浦市の「ドイツ村」の芝桜を見に行ってきました・・

広い里山は春爛漫でした。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

子供やお年寄りにも楽しい里山で東京ドームの20倍以上はあるでしょうか

車で移動しながら停車しながらの散歩が何とも広々と土地柄で嬉しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

季節ごとの花の主役が植えられ、大きなパターゴルフや釣堀、子供の遊び場が多数、

何時来ても良さそうですね。
タグ: ドイツ村

2019/4/14  蹲の水琴窟に飛花落花かな  日記

さみどりに芽吹く里山と桜の風景を見たく「千葉東植物園」まで高速東金道路をドライブ、

春を惜しむ頃となりますか・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

50代の頃は、この東金道路から京葉道を御徒町の会社まで車を運転して通っていたものでした。

60代になって車をやめて特急電車で通勤し72歳までの47年間商売に精を出したものでした。

芽吹きの東金道路を走っていてふと昔を思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

             クリックすると元のサイズで表示します

木々の名前や山野草の名札の付いた植物園を久しぶりに堪能しました。

五月になるとバラ園が見頃になるかな?

2019/4/13  「飛花落花荒地に肥料耕運機」  日記

土曜日は詩吟の日です・・大網、土気と元号「令和」に節を付けて皆で詠いました・・

「令和」が身近に感じられました。

福島へのお花見で聞こえなかったのが鶯でした・・家に戻って朝から番まで鶯を聞いて

いるとホッとするね・・雉も庭にいて家族のようだけど福島では見なかったね。

畑に出て20年も耕していない裏の畑も掘り起こした・・また枝豆とサツマイモを植えよう。

桜もこの寒さでまだ結構残っていました。

開花から花冷えの日が結構あったというこの春でしたね。

少し気温の低いお隣の町土気の桜並木は散り始めていましたがまだ見頃でした

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 令和

2019/4/11  花人の身構へたるや春の雪  日記

福島へお花見のツアーに乗って出かけてきました

花見山公園は期待以上のスポットでした。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

三春の滝桜は開花したばかりであの雄姿にはお目に掛けれませんでしたが、

千年の古木の生命力を貰ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

                   (満開になるとこんな具合だそうです・・・写真)

会津若松の鶴ヶ城公園の桜は開花が12日で今回のツアーには合いませんでした。

昨年は桜が早くて今頃が見頃だったようでしたが残念でしたが、

詩吟でお馴染みの白虎隊の鶴ヶ城は非常に関心があって天守まで登り、

会津の歴史、白虎隊の様子を城内の係りの方々から聞いてまたまた感涙したものです。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

最終日は雪となり、桜満開の福島が雪化粧になる風情もいい思い出でした。

 白虎隊  作詞:島田磬也   作曲:古賀政男

 @戦雲暗く陽は落ちて孤城に月の 影かなし
  
  誰が吹く笛か知らねども今宵名残の白虎隊

  
 A紅顔可憐の少年が死をもて護るこの保塞
  
  滝沢村の血の雨に濡らす白刃の白虎隊

 詩吟 作 佐原盛純

     南鶴ヶ城を望めば 砲煙あがる
   
     痛哭涙を飲んで 且つ彷徨す
   
     宗社亡びぬ我が事おわる十有九人腹を屠ってたおる

 
 B飯盛山の山頂に秋吹く風は 寒けれど忠烈今も香を残す
   
  花も会津の百」虎隊
 
 
十有六人と十有九人の説がありますが、自刃する絵では16人だったのですが、

実際には19人居たことが、唯一生き残った飯沼貞吉によって明らかになりました。

飯沼貞吉は飯盛山では喉元を脇差で刺したものの死に切れず、

会津藩士・印出新蔵の妻ハツによって介抱されたといわれています。

その後、長岡藩の軍医によって一命をとりとめた飯沼は、新政府軍の長州藩士・楢崎頼三に

見込まれ引き取られ、日清戦争にも従軍し77歳で生涯を閉じています。

2019/4/11  花人に白く覆ひし春の雪  

昨日は福島の花見山公園の爛漫の春を満喫しましたが、

夕方からの雪に、雪の露天風呂に喜んでたら

今朝起こると一面の銀世界です。

お花見に来て雪景色を見ようとはね。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の花見山の桜、レンギョウ、桃の花の園はどうなっているんだろうかね。

2019/4/10  花廻り雪の磐梯山仰ぐ  日記

花を追いかけ、福島の花見山公園に来て見ました。

初めての所ですが、桜は見頃で、桃の花、レンギョウ、菜の花、ハクレン、

コブシ、梅も一斉一斉咲いてます。

郡山市から猪苗代湖の畔を通って素晴らしい花の山です。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

奈良の吉野山は雄大ですが、花見山はこじんまりとしてますが、

一斉に春を競う里山がうつくしい

クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します            
三春の滝桜は開花したばかりで、まだまだ見頃にはもう少しですが、

雨の中でも沢山の客が千年の生命力の力を貰ったと満足した顔です。

鶴ケ城公園はまだ蕾でしたが、天守閣までのぼり、

白虎隊の歴史、会津の歴史に思いを馳せる。

夕方は雪になり、お花見に来て雪の露天風呂となりました。




AutoPage最新お知らせ