にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2019/4/13  「飛花落花荒地に肥料耕運機」  日記

土曜日は詩吟の日です・・大網、土気と元号「令和」に節を付けて皆で詠いました・・

「令和」が身近に感じられました。

福島へのお花見で聞こえなかったのが鶯でした・・家に戻って朝から番まで鶯を聞いて

いるとホッとするね・・雉も庭にいて家族のようだけど福島では見なかったね。

畑に出て20年も耕していない裏の畑も掘り起こした・・また枝豆とサツマイモを植えよう。

桜もこの寒さでまだ結構残っていました。

開花から花冷えの日が結構あったというこの春でしたね。

少し気温の低いお隣の町土気の桜並木は散り始めていましたがまだ見頃でした

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 令和

2019/4/11  花人の身構へたるや春の雪  日記

福島へお花見のツアーに乗って出かけてきました

花見山公園は期待以上のスポットでした。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

三春の滝桜は開花したばかりであの雄姿にはお目に掛けれませんでしたが、

千年の古木の生命力を貰ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

                   (満開になるとこんな具合だそうです・・・写真)

会津若松の鶴ヶ城公園の桜は開花が12日で今回のツアーには合いませんでした。

昨年は桜が早くて今頃が見頃だったようでしたが残念でしたが、

詩吟でお馴染みの白虎隊の鶴ヶ城は非常に関心があって天守まで登り、

会津の歴史、白虎隊の様子を城内の係りの方々から聞いてまたまた感涙したものです。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

最終日は雪となり、桜満開の福島が雪化粧になる風情もいい思い出でした。

 白虎隊  作詞:島田磬也   作曲:古賀政男

 @戦雲暗く陽は落ちて孤城に月の 影かなし
  
  誰が吹く笛か知らねども今宵名残の白虎隊

  
 A紅顔可憐の少年が死をもて護るこの保塞
  
  滝沢村の血の雨に濡らす白刃の白虎隊

 詩吟 作 佐原盛純

     南鶴ヶ城を望めば 砲煙あがる
   
     痛哭涙を飲んで 且つ彷徨す
   
     宗社亡びぬ我が事おわる十有九人腹を屠ってたおる

 
 B飯盛山の山頂に秋吹く風は 寒けれど忠烈今も香を残す
   
  花も会津の百」虎隊
 
 
十有六人と十有九人の説がありますが、自刃する絵では16人だったのですが、

実際には19人居たことが、唯一生き残った飯沼貞吉によって明らかになりました。

飯沼貞吉は飯盛山では喉元を脇差で刺したものの死に切れず、

会津藩士・印出新蔵の妻ハツによって介抱されたといわれています。

その後、長岡藩の軍医によって一命をとりとめた飯沼は、新政府軍の長州藩士・楢崎頼三に

見込まれ引き取られ、日清戦争にも従軍し77歳で生涯を閉じています。

2019/4/11  花人に白く覆ひし春の雪  

昨日は福島の花見山公園の爛漫の春を満喫しましたが、

夕方からの雪に、雪の露天風呂に喜んでたら

今朝起こると一面の銀世界です。

お花見に来て雪景色を見ようとはね。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の花見山の桜、レンギョウ、桃の花の園はどうなっているんだろうかね。

2019/4/10  花廻り雪の磐梯山仰ぐ  日記

花を追いかけ、福島の花見山公園に来て見ました。

初めての所ですが、桜は見頃で、桃の花、レンギョウ、菜の花、ハクレン、

コブシ、梅も一斉一斉咲いてます。

郡山市から猪苗代湖の畔を通って素晴らしい花の山です。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

奈良の吉野山は雄大ですが、花見山はこじんまりとしてますが、

一斉に春を競う里山がうつくしい

クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します            
三春の滝桜は開花したばかりで、まだまだ見頃にはもう少しですが、

雨の中でも沢山の客が千年の生命力の力を貰ったと満足した顔です。

鶴ケ城公園はまだ蕾でしたが、天守閣までのぼり、

白虎隊の歴史、会津の歴史に思いを馳せる。

夕方は雪になり、お花見に来て雪の露天風呂となりました。

2019/4/8  山吹伝説  日記

我が家の前庭の楢の木の芽吹きが始まってきました

うす緑の楢の葉がうつむきように少しづつ開いてきました。

また、庭の山吹の花が咲き始めました

この頃になるといつも太田道灌の山吹伝説の逸話を思い起こす 

今週末の各詩吟教室では山吹伝説に纏わる「太田道灌蓑を借るの図に題す」をやろう。   

   道灌の追憶

江戸城築きし道灌は広野のなかを降る雨に

笠求むれば乙女子がうら恥ずかしく山吹の

みのなきさまを歌に寄せ贈れば心乱れけり

歌詠む道を諭されて文武にたけき人となる


クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

「七重八重 花は咲けども 山吹の みの一つだに なきぞ悲しき」

古今和歌集のこの歌が江戸城を創ったとされる豪傑太田道灌を変えたのだ。
  
       

太田道灌(道灌蓑を借るの図に題す) 作者不詳
  
  孤鞍雨を衝いて茅茨を叩く 少女為遣る花一枝

  少女言わず花は語らず 英雄の心緒乱れて糸の如し


クリックすると元のサイズで表示します(白山吹)

              クリックすると元のサイズで表示します

通訳・・・太田道潅はただ一騎狩りへ出たが、折からの雨に、とある「あばら屋」

に立ち寄って蓑(みの)を乞うた。出てきた少女は黙って一枝の山吹を差し出すばかり

さすがの英雄も古歌を知らず、なぞを解きかねて心乱れるばかり。

歌読む道を諭された道潅はその後歌人しても名を残す文武に長けた人となった。

この少女を道灌は後日、城に招き入れ、一緒に歌を詠み暮らしたという。

道灌亡き後に、成人した少女は尼となり、今の新宿辺りに、庵を結び余生を過ごしたという。

その公園がは、都庁近くにあり、太田道灌公園として残っている。

大田道灌の墓、銅像も方々にあり、山吹伝説が広く伝わっているのだが

主君上杉定正の館のある神奈川伊勢原の地で、謀略により暗殺されることとなってしまいます。

こうした道灌の非業の死など道灌贔屓もあったのでしょう。

太田道潅・・・室町中期の歌人、上杉定正の家臣、築城・兵馬の法に長じ、

       学問・文事を好んだ。

清風会の旅行で西熱川温泉に行った折、きしくも宿泊した夜に

太田道灌祭りをやっていた・・。

道灌がこの熱川より江戸城建設のための石垣を組む大きな石を運んだ故事に習い、

みんなでその大きな石を当時のように大勢の人で曳いたものだった。

また、10月後半のこの時期に熱川へ行ってみたいものだ。


タグ: 太田道灌

2019/4/7  令和なる地方選挙や花は葉に  日記

近所の満開の桜を見て歩く・・

クリックすると元のサイズで表示します

まだ散ってないので、まだまだ見頃かな花桃もいい感じですね・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

桜は関東から東北も開花が進み列島花盛りのなか、統一地方選挙も行われ、

令和に向かって世の中は着実に動き出していますね・・。

2019/4/5  山笑ふ陽気な里となりにけり  日記

昨日よりもまた今日は暖かな一日でした

お花見をかねてのゴルフです。

ゴルフ場に向かう早朝の房総半島一時間のドライブもお花見のようです。

里山は桜花爛漫です・・。

いつもの南総CC東コースは各ホールに桜が植えて有ります。

各ホールでソメイヨシノ、山桜、里桜と、さくら・さくらの一日でした。

クリックすると元のサイズで表示します

             クリックすると元のサイズで表示します

季節がよいのでゴルフ場も平日なのに沢山のお客さんが入っています。

14,000歩も歩いてさくら・さくら・・・と満喫すれば良くぞ日本に生れたり・・・と思います。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

8時半の早いスタートだったので、2時過ぎには上がり、

帰りは日本桜百選の「茂原公園」に寄ってみました。

満開には少し間が有りますが見頃でした。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

思えばこの後援の奥にある野外ステージで歌謡詩吟をやったのは3月24日でした

あの日もお天気がよく暖かかったのでしたが桜は枝垂れが見頃の他はソメイヨシノは

開花したばかりでした。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

また秋の日和の良い時にやりたいものです・・。

2019/4/4  花の昼平家物語詠じけり  日記

暖かな一日でした・・。

明日も更に気温が上るそうですから一気に桜が見頃になりそうです

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

今年の桜は全体に花付が悪く、例年の華やかさには及ばなかったような気がします

気候の変動など、いろいろ有るのでしょうね?

花が散り始めると思い出すのが平家の滅亡のこの一説を口ずさみます・・。

    平家物語の一節

祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。

奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。

猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ


この詩には無常観が溢れている。

平家の滅亡、平家を倒した源義経も兄より共によって滅ぼされる。

何より哀れを誘うのは平時子が幼い安徳天皇を抱いて壇ノ浦に於いて入水するところです・・。

時子は「波の下にも都があるのです」と泣きながら8歳の安徳天皇に話し、

そして安徳天皇を抱いたまま船から飛び降り、ともに命果てたのです。

安徳天皇は平清盛の孫であり、これで平家の時代が終わるのですが、まさに哀れですね。


2019/4/4  朝桜白き巨船の居るごとし  日記

我が家の桜も見頃です。

朝起きてカーテンを開けるのが楽しみです。

日差しは暖かく、さらに明日は20度を越えるそうで今週末が見頃ですね。

花弁が零れ始めているので満開なのでしょう。

ジャガイモを植えた畑に花びらが零れ始めています。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

やはり、こういう時には「大和桜」の一節を口ずさみます

     大和桜  渡辺龍神

大和桜の雄雄しさは 小枝の先の小蕾が

残ることなく開くまで 待って一時に散るとカや


タグ: 朝桜 大和桜

2019/4/1  「令和なる新元号や花盛  日記

近くの東金「八鶴湖」の桜も見頃になってきました・・

花冷えの寒い日なのに車を停めることができずに、湖を車で一周して渋滞の中戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します

丸亀うどんで「アサリうどん」を頂く

この時期限定のアサリが25個も入っていた・・590円はお値打ちだね。

居酒屋のアサリの酒蒸しより旨い・・。

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の桜も七分程度かな・・・他の2本はまだまだ二分程度なのですが。

花冷えで少し遅くなりそうですね

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ