にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2019/4/4  花の昼平家物語詠じけり  日記

暖かな一日でした・・。

明日も更に気温が上るそうですから一気に桜が見頃になりそうです

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

今年の桜は全体に花付が悪く、例年の華やかさには及ばなかったような気がします

気候の変動など、いろいろ有るのでしょうね?

花が散り始めると思い出すのが平家の滅亡のこの一説を口ずさみます・・。

    平家物語の一節

祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。

奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。

猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ


この詩には無常観が溢れている。

平家の滅亡、平家を倒した源義経も兄より共によって滅ぼされる。

何より哀れを誘うのは平時子が幼い安徳天皇を抱いて壇ノ浦に於いて入水するところです・・。

時子は「波の下にも都があるのです」と泣きながら8歳の安徳天皇に話し、

そして安徳天皇を抱いたまま船から飛び降り、ともに命果てたのです。

安徳天皇は平清盛の孫であり、これで平家の時代が終わるのですが、まさに哀れですね。


2019/4/4  朝桜白き巨船の居るごとし  日記

我が家の桜も見頃です。

朝起きてカーテンを開けるのが楽しみです。

日差しは暖かく、さらに明日は20度を越えるそうで今週末が見頃ですね。

花弁が零れ始めているので満開なのでしょう。

ジャガイモを植えた畑に花びらが零れ始めています。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

やはり、こういう時には「大和桜」の一節を口ずさみます

     大和桜  渡辺龍神

大和桜の雄雄しさは 小枝の先の小蕾が

残ることなく開くまで 待って一時に散るとカや


タグ: 朝桜 大和桜




AutoPage最新お知らせ