にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2019/8/14  種田山頭火  詩吟

山頭火の詩歌の陰陽取り合わせの吟じ方が好きな人達が結構多い詩吟教室です。

陰陽の伴奏のCDが出来てから詠い易くなった所為でもあるようです・・。

 山頭火連吟(しぐれの旅) 種田山頭火

しぐるるやしぐるる山にへ歩み入る

へうへうとして水を味う

笠も漏り出したか

ほろほろ酔うて木の葉ふる

すべってころんで山がひっそり

            クリックすると元のサイズで表示します

山頭火連吟 (ふるさと) 種田山頭火

生まれた家はあとかたもないほうたるほうたる

雨ふるふるさとははだしで歩く

かすんで重なって山がふるさと

ひとりの火の燃えさかりゆくを

うれしいこともかなしいことも草しげる

太字の部分を陽旋律で詠い、他を陰旋律で詠うのですが、伴奏の切り替えには

陽へ転換するにはミソラと陰へ転換するにはラドミときっかけの音を出してあげると

吟者は吟じ安くなります。

種田山頭火は、1882 (明治15)年、山口県防府市に大地主の長男として生まれた。

若くして文学の才能を現したが、子供の頃に井戸に身を投げた母親の自殺、

大酒造家であった本家の事業失敗、一家離散とその人生は波瀾に満ちたものであった。

クリックすると元のサイズで表示します

43歳の時、熊本で泥酔して進行中の電車を止め、

かつぎこまれた禅寺でそのまま仏門に入ったという。

45歳から一鉢一笠の行脚を始め、妻子を捨てて山陰、山陽、四国、

九州、近畿、東海各地を放浪し句作を続けたそうっだ。

(晩年を過ごした一草庵)クリックすると元のサイズで表示します

日本吟道学院の2代目総裁の渡辺吟神先生は子供の頃に

托鉢姿の山頭火を見かけて、その奇抜な姿に驚いた記憶があると

生前に仰っていた。

山頭火の詩には多くのファンが多いが、

俳句の詩形とは聊か離れている彼の句を理解するのはなかなか難しい。






AutoPage最新お知らせ