にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2022/5/10  惜別の歌  漢詩

漢詩を歌うたびに思うことは、やはり自分自身の琴線に触れる詩文に

出合った時ですが、中国梁 の時代400年代の詩人「 范 雲」の別詩も

そうした詩の一つです。


別 詩 (范 雲 )451 〜 503年

洛陽 城 の東 西 長 らく時 を経るの別 れを作 す

昔 去 るとき雪 花 の如 く今 来 るとき花 雪に似 たり


詩の心・・・・都洛陽の町で東と西に別れて以来、そのままになってしまっていたが、

その友をおもい懐かしむ詩です。

叙情と叙景が織り交じって、尽きせぬ思いが伝わってきます。

別れた昔は、雪が散る花のように美しく降っていたが

今ここでは、再び友に会えぬことを悼むかのように、

散る花もあの時の冷たい雪のように思われるのである。

日本吟道学院ではこの詩に小林旭のヒット曲になった

かの古賀政男さんが詩吟の節調こそ「日本人の琴線に最も響く」と言われたそうですが、

良い詩に巡り合い、それを声にして歌うときに自分の琴線に触れる喜びが

詩吟の魅力でもある。




AutoPage最新お知らせ