にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
ダイヤモンドは買った時と売る時では何故値段が違うのですか?  仕事

長年愛着を持って使用してきたダイヤモンドを使わなくなったり、相続のために手放す時に、

ダイヤモンドは換金性があることが次第に知られてきました。

もし、処分をするときは少しでも高く売りたいのが人情ですよね・・。

そして温泉旅行や他の買い物に、暮らしの為に役立てたいですよね。

ところが、百万円で買ったのに、いざ売る時には半値、8掛け、5割引きのように、

シャレにもならないような、がっかりする値段だったりすると本当に残念ですよね。

ここだけのお話をしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

売る時に買ってくれる人はダイヤモンド専門の買い取り業者だったり、

質屋さんだったり、リサイクル業者さんだったりしますが、

それらの業者は、弊社を含めて買い取ったものを売らなければなりません。

ダイヤモンドは株式市場や「金」プラチナのように公設の市場がなく、

毎日市場があって常に市場価格に手数料を払えば売れるものではなく、

自分で売り先を探し、交渉して売らなければなりません。

従って買う時は売れる値段で買わなければならないのですが、

相場の変動があったり、為替の変動があり、

そして売買は一つ一つが毎回の交渉事ですから、真剣勝負です。

                クリックすると元のサイズで表示します

ところが、皆さんがお買いになった時は、百貨店であったり、宝石店の店頭だったりしますね。

そこで表示されている売値は、指輪にセッティングされたもので、デザインや加工賃が含まれ、

そこで働く人たちの人件費や、家賃、宣伝費、営業経費と利益が上乗せされます。

例えば、洋服や着物でも、綿糸や毛糸の素材の段階から裁断されて

製品として店頭に並ぶまでには

いろいろな流通経路を経て、それぞれの流通経費を上乗せして製品価格となりますよね。

車でも最初は鉄鋼材からタイヤ用のゴムといった素材にいろいろな製造過程を経て

店頭に並ぶように、また電気製品や家具など同じことが言えますね。

ダイヤモンド・宝石も地中深く鉱石として掘り出されてから研磨され、

製品となって店頭に並ぶまでにはいろいろな流通経路を経てきます。

皆さんがお売りになる時には、それらの流通経費を除いた研磨された状態として、

国際市場価格で買い取られて新たに製品として命を得て何処かの人の手元に行くわけです。

正直な話、お買いになった状態の製品として再流通することは殆どないのです。

稀に出来の良いデザインだったりしますと、再加工、仕上げ直しをして

インターネットや同業者に売られたりするケースはありますが、その割合はおよそ一割以下です。

殆どのダイヤモンド・宝石は外して地金は地金で溶かし、

メレーダイヤはメレーダイヤで貯めて輸出したりします。

またインターネットや同業者などへ売られる場合は、素材価格で取引されますから、

皆さんがお買いになった時の付加価値としてのデザイン、製作費、

掛かったであろう流通経費の上乗せ分ははゼロの評価となるわけです。

しかし洋服や家具、電気製品などは素材としての綿糸や木材、

その他の価値は使用するとゼロのなりますよね・・・・。

ところが、ダイヤモンド・宝石は・金・プラチナは素材が劣化しない特性があるので、

素材価格はその時の市場価格で取引されるのです。

またダイヤモンド・「金」などの素材もその時の市場価格や輸入した時の為替によって

価格が違いますので安い時にお買いになったものであれば、

今売れば買った値段よりも高く売れる場合も当然あります。

現実に「金」は市場価格の値上がりで、為替が220円だった32年前の1980年を除けば、

殆どの方たちが流通経費を除いた素材価格で、今処分されても買った値段よりも高く売れます。

ネックレス・ブレスなども付加価値としても製作費も市場競争の激化などで

少ない利益率で売られてきた事情があり、素材価格に若干の流通経費で安く買っていたのです。

今売る方たちは、「え・・・こんな金額になるの」と、驚くほどの大金になります。

私が香港、ニューヨークで商いをするようになった34年前の海外では、

「ダイヤモンド売ります・・買います」が当たり前に宝石店の店頭で行われておりましたが、

日本は30年も40年以上も遅れて、店頭でダイヤモンドも「金」も買えるように、

又、売れるようになりつつあります。

クリックすると元のサイズで表示します

もし、私が30年前にこのような話を公開していたら、

どこかで交通事故にでも巻き込まれていたかも知れませんね・・。

今は情報化時代になって、あらゆることが何方でも知ることができるので

海外の業者の売値もデザインもネットで検索できるので、

むしろ自分に不利益なことを隠すことは、即ち信用を失うことになってしまいます

ダイヤモンド買取(売却する)には判らないこと、不安が多くて・・と思いの方で

またダイヤモンドは買った時と売る時では何故値段が違うのですか?・・と思いの方で

この記事をご覧の方に判りやすく書かれた指南書

プロが伝授する「ダイヤモンドの賢い売り方・買い方」小野寺靖著(弊社社長)を

プレゼントいたします。

以下メールアドレスに送り先のご住所・お名前を書き入れてお送りください

info@melindadiamonds.com

もしくは電話で直接お申し込み下さい・・・0120-228914

・・・・以下のURLをクリックで本の目次内容が見れます。

きっと賢くダイヤモンドを売却出来ます

http://www.melindadiamonds.com/book.html

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ