にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
カリナン (Cullinan) ダイヤモンド  ジュエリー


カリナン (Cullinan) ダイヤモンド

クリックすると元のサイズで表示します

1905年、世界一大きなダイヤモンド原石として南アフリカのトランスバールで産出しました。

その鉱山会社の主任であり、また所有者でもあった人の名にちなんで、

カリナン・ダイヤモンドと命名されました。 

原石の重さは 3106 カラットありました。 

このカリナン・ダイヤモンドは最後には英国のエドワード七世に献上され、

王はこれをカットして9 個の大きな石と 96 の小さな石にしました。 

そのうちの一つカリナンT (530.20 carats) はペアシェープでアフリカの星と呼ばれるもので、

カットされたダイヤモンドでは世界最大のものです。

現在、タワー・オブ・ロンドンに保管されています。

原石であるカリナンをカットするに当たっては、

当時世界最高と呼ばれたダイヤ加工技師が呼ばれたそうです。

しかし、当時(そして今も)世界最大のダイヤモンド原石を前にした彼は

自信を失いかけたそうです。

それでも彼は何日も不眠不休で原石のどこからカットすればいいのかを調べ、

ダイヤモンドというのは、鉄より硬いその硬度で知られるが、

ある一点をつけば容易に砕ける性質(へき開性)がある。

ところがその一点というのは、経験をつんだ技師にしかわかりえないものである。

どうにか、その一点を見つけた彼はいざ、

そこに一撃を入れようとしたが、確信は持てなかったそうです。

そしてカットしたまさにその時、技師は極度の緊張で失神してしまったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

失神から立ち直った彼は、カットが成功したのを見てまた気絶したという。

カリナンI世〜IX世

クリックすると元のサイズで表示します

ガラスで作られたカリナンI-IXのコピー

「偉大なアフリカの星(The Great Star of Africa)」と呼ばれる

「カリナンI世」は530.20カラット。

これは世界最大のカットダイヤモンドとして有名で、王笏(Royal Scepter)に飾られている

(現在は世界第2位)。

現在もイギリス王室が所有しており、ロンドン塔で永久展示されている。

カリナンII世(317.40カラット)は

「大英帝国王冠(Imperial State Crown of Great Britain)」に飾られている。

クリックすると元のサイズで表示します

カリナンIII世(94.40カラット)、カリナンIV世(63.60カラット)は

「メアリー王女の王冠(Queen Mary's Crown)」に飾られており、

2つを合わせてペンダントとして使うこともできる。

カリナンV世(18.80カラット)はメアリーのブローチに飾られているが、

新たな王冠を作るためにメアリーの王冠からコ・イ・ヌールが外されたため、

その代わりにはめられることもある。

カリナンVI世(11.50カラット)は、エドワード7世が妻アレクサンドラに贈り、

現在ではエリザベス2世所有のネックレスの一部となっている。

カリナンVII世(8.80カラット)とカリナンVIII世(6.80カラット)は

合わせてひとつのブローチとして使われている。

カリナンIX世(4.39カラット)はメアリーのために作られた指輪に飾られている。

伝説ともなっているカリナンダイヤモンドは

Cullinanダイヤモンド鉱山は南アフリカ共和国の

ダイヤモンド大手De Beers(デビアス)傘下の

De Beers Consolidated Mines(DBCM)が所有していたが、

2007年11月にPDCCにトータル10億ランド(149万米ドル)での売却を発表、

2008年7月に売却が完了している






トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ