にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
日の差して桶の蠟梅香りけり  日記

土曜日は詩吟の日です。

午前中は大網教室、午後は茂原教室です。

茂原の吟友が庭に咲き出した蠟梅と水仙を持って来てくれました。

蠟梅をテーブル飾りながらの吟詠も気持ちの良いもので、

持ち帰った自宅の玄関に香ってます。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

茂原教室では4月26日の全国大会の合吟コンクールに出演する5人の女性チームの練習が

これから14週、14回の合同練習が始まります。

5人はそれぞれ、茂原、大網、土気教室から選抜された5人で7本のキーで詠える人達です。

択んだ吟題は杉浦重剛作の「自訟」です。

 自訟  杉浦重剛

岳に登りて天下を小 とし 自ら誇る意気の豪

其れ山上 の山を奈んせん 之を仰げば一層高し

詩の心・・・英国留学から帰国した重剛には栄達の道も開かれていたが、

作者はそれに甘んずることなく、また、慢心することのないように自ら厳しく戒めて、

この詩を作っている。

自訟とは自らを責める意である。 『

論語に「吾未だ能く其の過ちを見て内に訟 (せ) むる者を見ざるなり」 とある。

教育に情熱を傾けた作者は、一日も勉学を怠ってはならないと自らを戒め、

勉学には終りがないことを訴えようとしたのである。

昨日から暖かかったが今夕から風が強く寒くなってきました。

こんな日は熱燗ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

新潟長岡の池浦酒造の和楽互尊(金印)を熱燗で頂きました。

やや辛口のすっきりした飲み口のお酒です。

名前の由来は「互いに尊びあえば和やかで楽し」・・・なるほどね。

能書きをみて飲むお酒はまた美味しくなりますね。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ