にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
インドのお祭りDiwali(ディワリ)  日記

インド政府が現行の500ルピー、1,000ルピー紙幣の使用中止を発表後、

消費者は「金」やジュエリーへの換金を急いでいると外電が伝えているが、

一般銀行での500ルピー、1,000ルピー紙幣の換金期限は12月31日までで、

11/8の突然の使用停止に 国民の動揺は続くが、

さてインドの今年のディワリは10月30日から11月3日までの5日間でしたが、

Diwali(ディワリ)はヒンズー教徒の間で最も重要な宗教的な祭りですが、

日本にいるインド人もこの時期は例年お里帰りをする人たちも多く、長い休暇を取り、

ダイヤモンド研磨工場は21日頃から仕事を再開するそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

ディワリは、ヒンズー教徒の間で最も重要な宗教的な祭りで、

また、 ディーパバリとして知られているディワリは、

また、 光の祭りとして知られています。

このDiwali期間中のジュエリー売上高は最近下落した「金」価格の後押しもあり、

「金」製品を中心に売れているそうです。

結婚シーズンでもあるこの時期インドでは花嫁に父親は持参金代わりに

沢山の「金」製品を持たせるのですが、

自国の通貨を信用せずに自分の財産を「金」に換える習慣が

インド人には歴史的にあるようです。

小生がインド人を見かけたのは、30歳ごろに香港に仕事で行くようになり、

香港の街で、宝石店や銀行の入り口の警備に立っている頑強なインド人でしたが、

あれから40年、インドの発展は目を見張るばかりで、世界の彼方此方で活躍しています。

やはり、「金」・ダイヤモンドの相場動向も

インドと中国の景気動向がカギを握っているのですが、

やや風邪気味の中国に代わり、機関車としてのインドの消費動向が注目されます。

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ