にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2013/1/21  熱燗に五十年余年を語りけり  食事

50年来の友人4人と遅い新年会を、西日暮里の韓国家庭料理「大栄」で夕方から・・。

最近はまっている「マッコリ」でキムチ、ナムル,チャプチェの定番から始める。

マッコリは乳酸飲料のようなもので、アルコールも6度とビール並みで韓国領には合うのだ。



最近の定番「ジャガイモ鍋(カムジャタン)」。の牛の背骨にくっついている肉を、

骨を手で崩しながらしゃぶるように食べるのも最近は少し上手くなってきたみたい。

しかし何といってもこの煮込まれたスープと煮崩れたジャガイモにご飯を入れての

仕上げは絶品だ・・・。

まあ上品な食べ方ではなかなか上手くゆかないけど、この鍋は絶品だ。



50年来の友人で年何回か会っている仲間なので、

話が何処に飛んでも共通の話題になるのが、いいところだが、

家族や友人の病気の話になると、こうして元気に飲んで食べれるのは幸せなこと・・・と

話が収まりますが、お互いに元気を分け合って糧にしていることには違いない。

              

仕上げは「サンゲタン(参鶏湯)」、韓国の薬膳料理と言われるそうですが、

スープは独特の旨さがある。

お陰で明日は3食要りません・・・の満腹です。

我々民間レベルでは、竹島問題も慰安婦謝罪問題も全くそこにはなく、

隣人、お馴染み同士の付き合いなんですけどね・・。

2013/1/21  熱燗に五十年余年を語りけり  食事

50年来の友人4人と遅い新年会を、西日暮里の韓国家庭料理「大栄」で夕方から・・。

最近はまっている「マッコリ」でキムチ、ナムル,チャプチェの定番から始める。

マッコリは乳酸飲料のようなもので、アルコールも6度とビール並みで韓国領には合うのだ。



最近の定番「ジャガイモ鍋(カムジャタン)」。の牛の背骨にくっついている肉を、

骨を手で崩しながらしゃぶるように食べるのも最近は少し上手くなってきたみたい。

しかし何といってもこの煮込まれたスープと煮崩れたジャガイモにご飯を入れての

仕上げは絶品だ・・・。

まあ上品な食べ方ではなかなか上手くゆかないけど、この鍋は絶品だ。



50年来の友人で年何回か会っている仲間なので、

話が何処に飛んでも共通の話題になるのが、いいところだが、

家族や友人の病気の話になると、こうして元気に飲んで食べれるのは幸せなこと・・・と

話が収まりますが、お互いに元気を分け合って糧にしていることには違いない。

              

仕上げは「サンゲタン(参鶏湯)」、韓国の薬膳料理と言われるそうですが、

スープは独特の旨さがある。

お陰で明日は3食要りません・・・の満腹です。

我々民間レベルでは、竹島問題も慰安婦謝罪問題も全くそこにはなく、

隣人、お馴染み同士の付き合いなんですけどね・・。

2013/1/21  熱燗に五十年余年を語りけり  食事

50年来の友人4人と遅い新年会を、西日暮里の韓国家庭料理「大栄」で夕方から・・。

最近はまっている「マッコリ」でキムチ、ナムル,チャプチェの定番から始める。

マッコリは乳酸飲料のようなもので、アルコールも6度とビール並みで韓国領には合うのだ。



最近の定番「ジャガイモ鍋(カムジャタン)」。の牛の背骨にくっついている肉を、

骨を手で崩しながらしゃぶるように食べるのも最近は少し上手くなってきたみたい。

しかし何といってもこの煮込まれたスープと煮崩れたジャガイモにご飯を入れての

仕上げは絶品だ・・・。

まあ上品な食べ方ではなかなか上手くゆかないけど、この鍋は絶品だ。



50年来の友人で年何回か会っている仲間なので、

話が何処に飛んでも共通の話題になるのが、いいところだが、

家族や友人の病気の話になると、こうして元気に飲んで食べれるのは幸せなこと・・・と

話が収まりますが、お互いに元気を分け合って糧にしていることには違いない。

              

仕上げは「サンゲタン(参鶏湯)」、韓国の薬膳料理と言われるそうですが、

スープは独特の旨さがある。

お陰で明日は3食要りません・・・の満腹です。

我々民間レベルでは、竹島問題も慰安婦謝罪問題も全くそこにはなく、

隣人、お馴染み同士の付き合いなんですけどね・・。

2013/1/21  熱燗に五十年余年を語りけり  食事

50年来の友人4人と遅い新年会を、西日暮里の韓国家庭料理「大栄」で夕方から・・。

最近はまっている「マッコリ」でキムチ、ナムル,チャプチェの定番から始める。

マッコリは乳酸飲料のようなもので、アルコールも6度とビール並みで韓国領には合うのだ。



最近の定番「ジャガイモ鍋(カムジャタン)」。の牛の背骨にくっついている肉を、

骨を手で崩しながらしゃぶるように食べるのも最近は少し上手くなってきたみたい。

しかし何といってもこの煮込まれたスープと煮崩れたジャガイモにご飯を入れての

仕上げは絶品だ・・・。

まあ上品な食べ方ではなかなか上手くゆかないけど、この鍋は絶品だ。



50年来の友人で年何回か会っている仲間なので、

話が何処に飛んでも共通の話題になるのが、いいところだが、

家族や友人の病気の話になると、こうして元気に飲んで食べれるのは幸せなこと・・・と

話が収まりますが、お互いに元気を分け合って糧にしていることには違いない。

              

仕上げは「サンゲタン(参鶏湯)」、韓国の薬膳料理と言われるそうですが、

スープは独特の旨さがある。

お陰で明日は3食要りません・・・の満腹です。

我々民間レベルでは、竹島問題も慰安婦謝罪問題も全くそこにはなく、

隣人、お馴染み同士の付き合いなんですけどね・・。

2013/1/21  熱燗に五十年余年を語りけり  食事

50年来の友人4人と遅い新年会を、西日暮里の韓国家庭料理「大栄」で夕方から・・。

最近はまっている「マッコリ」でキムチ、ナムル,チャプチェの定番から始める。

マッコリは乳酸飲料のようなもので、アルコールも6度とビール並みで韓国領には合うのだ。



最近の定番「ジャガイモ鍋(カムジャタン)」。の牛の背骨にくっついている肉を、

骨を手で崩しながらしゃぶるように食べるのも最近は少し上手くなってきたみたい。

しかし何といってもこの煮込まれたスープと煮崩れたジャガイモにご飯を入れての

仕上げは絶品だ・・・。

まあ上品な食べ方ではなかなか上手くゆかないけど、この鍋は絶品だ。



50年来の友人で年何回か会っている仲間なので、

話が何処に飛んでも共通の話題になるのが、いいところだが、

家族や友人の病気の話になると、こうして元気に飲んで食べれるのは幸せなこと・・・と

話が収まりますが、お互いに元気を分け合って糧にしていることには違いない。

              

仕上げは「サンゲタン(参鶏湯)」、韓国の薬膳料理と言われるそうですが、

スープは独特の旨さがある。

お陰で明日は3食要りません・・・の満腹です。

我々民間レベルでは、竹島問題も慰安婦謝罪問題も全くそこにはなく、

隣人、お馴染み同士の付き合いなんですけどね・・。

2013/1/21  熱燗に五十年余年を語りけり  食事

50年来の友人4人と遅い新年会を、西日暮里の韓国家庭料理「大栄」で夕方から・・。

最近はまっている「マッコリ」でキムチ、ナムル,チャプチェの定番から始める。

マッコリは乳酸飲料のようなもので、アルコールも6度とビール並みで韓国領には合うのだ。



最近の定番「ジャガイモ鍋(カムジャタン)」。の牛の背骨にくっついている肉を、

骨を手で崩しながらしゃぶるように食べるのも最近は少し上手くなってきたみたい。

しかし何といってもこの煮込まれたスープと煮崩れたジャガイモにご飯を入れての

仕上げは絶品だ・・・。

まあ上品な食べ方ではなかなか上手くゆかないけど、この鍋は絶品だ。



50年来の友人で年何回か会っている仲間なので、

話が何処に飛んでも共通の話題になるのが、いいところだが、

家族や友人の病気の話になると、こうして元気に飲んで食べれるのは幸せなこと・・・と

話が収まりますが、お互いに元気を分け合って糧にしていることには違いない。

              

仕上げは「サンゲタン(参鶏湯)」、韓国の薬膳料理と言われるそうですが、

スープは独特の旨さがある。

お陰で明日は3食要りません・・・の満腹です。

我々民間レベルでは、竹島問題も慰安婦謝罪問題も全くそこにはなく、

隣人、お馴染み同士の付き合いなんですけどね・・。

2013/1/21  熱燗に五十年余年を語りけり  食事

50年来の友人4人と遅い新年会を、西日暮里の韓国家庭料理「大栄」で夕方から・・。

最近はまっている「マッコリ」でキムチ、ナムル,チャプチェの定番から始める。

マッコリは乳酸飲料のようなもので、アルコールも6度とビール並みで韓国領には合うのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

最近の定番「ジャガイモ鍋(カムジャタン)」。の牛の背骨にくっついている肉を、

骨を手で崩しながらしゃぶるように食べるのも最近は少し上手くなってきたみたい。

しかし何といってもこの煮込まれたスープと煮崩れたジャガイモにご飯を入れての

仕上げは絶品だ・・・。

まあ上品な食べ方ではなかなか上手くゆかないけど、この鍋は絶品だ。

クリックすると元のサイズで表示します

50年来の友人で年何回か会っている仲間なので、

話が何処に飛んでも共通の話題になるのが、いいところだが、

家族や友人の病気の話になると、こうして元気に飲んで食べれるのは幸せなこと・・・と

話が収まりますが、お互いに元気を分け合って糧にしていることには違いない。

              クリックすると元のサイズで表示します

仕上げは「サンゲタン(参鶏湯)」、韓国の薬膳料理と言われるそうですが、

スープは独特の旨さがある。

お陰で明日は3食要りません・・・の満腹です。

我々民間レベルでは、竹島問題も慰安婦謝罪問題も全くそこにはなく、

隣人、お馴染み同士の付き合いなんですけどね・・。

2012/11/7  コーシャフード  食事

 コーシャフード

また昔話で恐縮ですが

ニューヨーク、イスラエルでダイヤモンドの仕事をしていると

その相手は殆どがユダヤ人です。

彼らの食事とその思い出ですが、

ユダヤ教の食事に関する掟に即した適性食品を習慣にしている彼らは、

殆どがお弁当を持ってくるか、DDC(ダイヤモンドデイーラーズクラブ)の食堂で

コーシャフードを食しますので、一緒にランチを食べに行くことや、

「どう今夜一杯?・・・」ということはありませんが、

NY市内にはコーシャフードレストランが沢山あり、

背広のユダヤ人業者と一緒に行ったことがありますが、

味は殆ど変わらず美味しかった記憶があります。

コーシャフードでは豚肉、貝類、甲殻類、ウロコのない魚、動物性油脂などが禁じられており、

肉とチーズを混ぜてはダメなのでハムとチーズの組み合わせ、チーズバーガーはダメ、

エビ、タコ、イカ、カニの甲殻類も切って血が出ないものはダメ、ウナギも鱗のない魚だからダメ、

ヒラメも地を這う魚だからダメとパンもイースト菌を使って焼いたものはダメで、

いろいろな制限があるようですが、彼らには宗教の教えに沿った大事なことなのです。

コーシャフードは、総じて「ヘルシーフード」と言えますが、結構なメタボ叔父さんも見かけます。

何故、黒マントを一年中着ているかと言えば、

昔からユダヤ人であることが人目で判るためのものだそうですが、

黒の帽子の形がシナゴーグ(お寺)毎にランク毎に若干違うようです。

彼らはイーストリバーを渡ったクイーンズ地区の下にある

ブルックリン地区(JFK空港の南)に住んでおり、


毎日専用のバスが送り迎えしていますが、男女で乗るバスが別々になっており、

ハシデックソングもダンスも好きな陽気な彼らですが、ダンスも踊るのは男性同士だったり、

シナゴーグでもお祈りの場所は一階、二階に男女が分けられるようです。

彼らは子沢山の家庭が多く、十人以上の子供がいるのは珍しくありません

話はそれますが、ダイヤモンドの仕入れの現場ではダイヤモンドのテーブルの広さについて、

直径の大きさに対しての比率で53%から58%がエクセレントの基準内なのですが、

60%程度のバランスが美しく見えます(ロシアンメークなどがこんなバランスです)が

63%、65%のテーブルの広いダイヤも手作業の昔は沢山有り、

それらを持ってきたハシデイックのブローカーはその欠点を突かれると

彼らはジョークに大家族には大きなテーブルが必要だなどと反撃して、よく笑ったものです。



ところで宝石タウンの御徒町村にはインド人が家族でたくさん住んでいて

彼らと一緒に食事をする機会が多いのですが、ベジタリアンの彼らは食べ物はやはり

自分たちで作ったものか、インド料理屋さんからデリバリーしたものしか食べません。

先週も九十九里のホテルで業者の遠出の商いがあり、宴会でインド人は房総の魚料理の

美味しい会席料理に箸は付けず、特注で生野菜をドレッシングなしの食塩で、

パスタを茹でただけで何も味付けせずに生のパスタだけ食べていましたが、

お国柄によって宗教によって違うものですが、

31歳の時に香港で会社を作って香港を往復したのも

中華料理の魅力があったのかな?

その後のニューヨークもシーフードレストランや、

イタリアンレストランが魅力だったかな?

こうして見ると食べ物の誘惑で世界を歩いてきたのかな?

まあ中華も、イタリアンも、フレンチも美味しいですが、

歳を重ねてくるとやはり日本食が一番ですかね。



2012/11/7  コーシャフード  食事

 コーシャフード

また昔話で恐縮ですが

ニューヨーク、イスラエルでダイヤモンドの仕事をしていると

その相手は殆どがユダヤ人です。

彼らの食事とその思い出ですが、

ユダヤ教の食事に関する掟に即した適性食品を習慣にしている彼らは、

殆どがお弁当を持ってくるか、DDC(ダイヤモンドデイーラーズクラブ)の食堂で

コーシャフードを食しますので、一緒にランチを食べに行くことや、

「どう今夜一杯?・・・」ということはありませんが、

NY市内にはコーシャフードレストランが沢山あり、

背広のユダヤ人業者と一緒に行ったことがありますが、

味は殆ど変わらず美味しかった記憶があります。

コーシャフードでは豚肉、貝類、甲殻類、ウロコのない魚、動物性油脂などが禁じられており、

肉とチーズを混ぜてはダメなのでハムとチーズの組み合わせ、チーズバーガーはダメ、

エビ、タコ、イカ、カニの甲殻類も切って血が出ないものはダメ、ウナギも鱗のない魚だからダメ、

ヒラメも地を這う魚だからダメとパンもイースト菌を使って焼いたものはダメで、

いろいろな制限があるようですが、彼らには宗教の教えに沿った大事なことなのです。

コーシャフードは、総じて「ヘルシーフード」と言えますが、結構なメタボ叔父さんも見かけます。

何故、黒マントを一年中着ているかと言えば、

昔からユダヤ人であることが人目で判るためのものだそうですが、

黒の帽子の形がシナゴーグ(お寺)毎にランク毎に若干違うようです。

彼らはイーストリバーを渡ったクイーンズ地区の下にある

ブルックリン地区(JFK空港の南)に住んでおり、


毎日専用のバスが送り迎えしていますが、男女で乗るバスが別々になっており、

ハシデックソングもダンスも好きな陽気な彼らですが、ダンスも踊るのは男性同士だったり、

シナゴーグでもお祈りの場所は一階、二階に男女が分けられるようです。

彼らは子沢山の家庭が多く、十人以上の子供がいるのは珍しくありません

話はそれますが、ダイヤモンドの仕入れの現場ではダイヤモンドのテーブルの広さについて、

直径の大きさに対しての比率で53%から58%がエクセレントの基準内なのですが、

60%程度のバランスが美しく見えます(ロシアンメークなどがこんなバランスです)が

63%、65%のテーブルの広いダイヤも手作業の昔は沢山有り、

それらを持ってきたハシデイックのブローカーはその欠点を突かれると

彼らはジョークに大家族には大きなテーブルが必要だなどと反撃して、よく笑ったものです。



ところで宝石タウンの御徒町村にはインド人が家族でたくさん住んでいて

彼らと一緒に食事をする機会が多いのですが、ベジタリアンの彼らは食べ物はやはり

自分たちで作ったものか、インド料理屋さんからデリバリーしたものしか食べません。

先週も九十九里のホテルで業者の遠出の商いがあり、宴会でインド人は房総の魚料理の

美味しい会席料理に箸は付けず、特注で生野菜をドレッシングなしの食塩で、

パスタを茹でただけで何も味付けせずに生のパスタだけ食べていましたが、

お国柄によって宗教によって違うものですが、

31歳の時に香港で会社を作って香港を往復したのも

中華料理の魅力があったのかな?

その後のニューヨークもシーフードレストランや、

イタリアンレストランが魅力だったかな?

こうして見ると食べ物の誘惑で世界を歩いてきたのかな?

まあ中華も、イタリアンも、フレンチも美味しいですが、

歳を重ねてくるとやはり日本食が一番ですかね。



2012/11/7  コーシャフード  食事

 コーシャフード

また昔話で恐縮ですが

ニューヨーク、イスラエルでダイヤモンドの仕事をしていると

その相手は殆どがユダヤ人です。

彼らの食事とその思い出ですが、

ユダヤ教の食事に関する掟に即した適性食品を習慣にしている彼らは、

殆どがお弁当を持ってくるか、DDC(ダイヤモンドデイーラーズクラブ)の食堂で

コーシャフードを食しますので、一緒にランチを食べに行くことや、

「どう今夜一杯?・・・」ということはありませんが、

NY市内にはコーシャフードレストランが沢山あり、

背広のユダヤ人業者と一緒に行ったことがありますが、

味は殆ど変わらず美味しかった記憶があります。

コーシャフードでは豚肉、貝類、甲殻類、ウロコのない魚、動物性油脂などが禁じられており、

肉とチーズを混ぜてはダメなのでハムとチーズの組み合わせ、チーズバーガーはダメ、

エビ、タコ、イカ、カニの甲殻類も切って血が出ないものはダメ、ウナギも鱗のない魚だからダメ、

ヒラメも地を這う魚だからダメとパンもイースト菌を使って焼いたものはダメで、

いろいろな制限があるようですが、彼らには宗教の教えに沿った大事なことなのです。

コーシャフードは、総じて「ヘルシーフード」と言えますが、結構なメタボ叔父さんも見かけます。

何故、黒マントを一年中着ているかと言えば、

昔からユダヤ人であることが人目で判るためのものだそうですが、

黒の帽子の形がシナゴーグ(お寺)毎にランク毎に若干違うようです。

彼らはイーストリバーを渡ったクイーンズ地区の下にある

ブルックリン地区(JFK空港の南)に住んでおり、


毎日専用のバスが送り迎えしていますが、男女で乗るバスが別々になっており、

ハシデックソングもダンスも好きな陽気な彼らですが、ダンスも踊るのは男性同士だったり、

シナゴーグでもお祈りの場所は一階、二階に男女が分けられるようです。

彼らは子沢山の家庭が多く、十人以上の子供がいるのは珍しくありません

話はそれますが、ダイヤモンドの仕入れの現場ではダイヤモンドのテーブルの広さについて、

直径の大きさに対しての比率で53%から58%がエクセレントの基準内なのですが、

60%程度のバランスが美しく見えます(ロシアンメークなどがこんなバランスです)が

63%、65%のテーブルの広いダイヤも手作業の昔は沢山有り、

それらを持ってきたハシデイックのブローカーはその欠点を突かれると

彼らはジョークに大家族には大きなテーブルが必要だなどと反撃して、よく笑ったものです。



ところで宝石タウンの御徒町村にはインド人が家族でたくさん住んでいて

彼らと一緒に食事をする機会が多いのですが、ベジタリアンの彼らは食べ物はやはり

自分たちで作ったものか、インド料理屋さんからデリバリーしたものしか食べません。

先週も九十九里のホテルで業者の遠出の商いがあり、宴会でインド人は房総の魚料理の

美味しい会席料理に箸は付けず、特注で生野菜をドレッシングなしの食塩で、

パスタを茹でただけで何も味付けせずに生のパスタだけ食べていましたが、

お国柄によって宗教によって違うものですが、

31歳の時に香港で会社を作って香港を往復したのも

中華料理の魅力があったのかな?

その後のニューヨークもシーフードレストランや、

イタリアンレストランが魅力だったかな?

こうして見ると食べ物の誘惑で世界を歩いてきたのかな?

まあ中華も、イタリアンも、フレンチも美味しいですが、

歳を重ねてくるとやはり日本食が一番ですかね。



2012/11/7  コーシャフード  食事

 コーシャフード

また昔話で恐縮ですが

ニューヨーク、イスラエルでダイヤモンドの仕事をしていると

その相手は殆どがユダヤ人です。

彼らの食事とその思い出ですが、

ユダヤ教の食事に関する掟に即した適性食品を習慣にしている彼らは、

殆どがお弁当を持ってくるか、DDC(ダイヤモンドデイーラーズクラブ)の食堂で

コーシャフードを食しますので、一緒にランチを食べに行くことや、

「どう今夜一杯?・・・」ということはありませんが、

NY市内にはコーシャフードレストランが沢山あり、

背広のユダヤ人業者と一緒に行ったことがありますが、

味は殆ど変わらず美味しかった記憶があります。

コーシャフードでは豚肉、貝類、甲殻類、ウロコのない魚、動物性油脂などが禁じられており、

肉とチーズを混ぜてはダメなのでハムとチーズの組み合わせ、チーズバーガーはダメ、

エビ、タコ、イカ、カニの甲殻類も切って血が出ないものはダメ、ウナギも鱗のない魚だからダメ、

ヒラメも地を這う魚だからダメとパンもイースト菌を使って焼いたものはダメで、

いろいろな制限があるようですが、彼らには宗教の教えに沿った大事なことなのです。

コーシャフードは、総じて「ヘルシーフード」と言えますが、結構なメタボ叔父さんも見かけます。

何故、黒マントを一年中着ているかと言えば、

昔からユダヤ人であることが人目で判るためのものだそうですが、

黒の帽子の形がシナゴーグ(お寺)毎にランク毎に若干違うようです。

彼らはイーストリバーを渡ったクイーンズ地区の下にある

ブルックリン地区(JFK空港の南)に住んでおり、


毎日専用のバスが送り迎えしていますが、男女で乗るバスが別々になっており、

ハシデックソングもダンスも好きな陽気な彼らですが、ダンスも踊るのは男性同士だったり、

シナゴーグでもお祈りの場所は一階、二階に男女が分けられるようです。

彼らは子沢山の家庭が多く、十人以上の子供がいるのは珍しくありません

話はそれますが、ダイヤモンドの仕入れの現場ではダイヤモンドのテーブルの広さについて、

直径の大きさに対しての比率で53%から58%がエクセレントの基準内なのですが、

60%程度のバランスが美しく見えます(ロシアンメークなどがこんなバランスです)が

63%、65%のテーブルの広いダイヤも手作業の昔は沢山有り、

それらを持ってきたハシデイックのブローカーはその欠点を突かれると

彼らはジョークに大家族には大きなテーブルが必要だなどと反撃して、よく笑ったものです。



ところで宝石タウンの御徒町村にはインド人が家族でたくさん住んでいて

彼らと一緒に食事をする機会が多いのですが、ベジタリアンの彼らは食べ物はやはり

自分たちで作ったものか、インド料理屋さんからデリバリーしたものしか食べません。

先週も九十九里のホテルで業者の遠出の商いがあり、宴会でインド人は房総の魚料理の

美味しい会席料理に箸は付けず、特注で生野菜をドレッシングなしの食塩で、

パスタを茹でただけで何も味付けせずに生のパスタだけ食べていましたが、

お国柄によって宗教によって違うものですが、

31歳の時に香港で会社を作って香港を往復したのも

中華料理の魅力があったのかな?

その後のニューヨークもシーフードレストランや、

イタリアンレストランが魅力だったかな?

こうして見ると食べ物の誘惑で世界を歩いてきたのかな?

まあ中華も、イタリアンも、フレンチも美味しいですが、

歳を重ねてくるとやはり日本食が一番ですかね。



2012/11/7  コーシャフード  食事

 コーシャフード

また昔話で恐縮ですが

ニューヨーク、イスラエルでダイヤモンドの仕事をしていると

その相手は殆どがユダヤ人です。

彼らの食事とその思い出ですが、

ユダヤ教の食事に関する掟に即した適性食品を習慣にしている彼らは、

殆どがお弁当を持ってくるか、DDC(ダイヤモンドデイーラーズクラブ)の食堂で

コーシャフードを食しますので、一緒にランチを食べに行くことや、

「どう今夜一杯?・・・」ということはありませんが、

NY市内にはコーシャフードレストランが沢山あり、

背広のユダヤ人業者と一緒に行ったことがありますが、

味は殆ど変わらず美味しかった記憶があります。

コーシャフードでは豚肉、貝類、甲殻類、ウロコのない魚、動物性油脂などが禁じられており、

肉とチーズを混ぜてはダメなのでハムとチーズの組み合わせ、チーズバーガーはダメ、

エビ、タコ、イカ、カニの甲殻類も切って血が出ないものはダメ、ウナギも鱗のない魚だからダメ、

ヒラメも地を這う魚だからダメとパンもイースト菌を使って焼いたものはダメで、

いろいろな制限があるようですが、彼らには宗教の教えに沿った大事なことなのです。

コーシャフードは、総じて「ヘルシーフード」と言えますが、結構なメタボ叔父さんも見かけます。

何故、黒マントを一年中着ているかと言えば、

昔からユダヤ人であることが人目で判るためのものだそうですが、

黒の帽子の形がシナゴーグ(お寺)毎にランク毎に若干違うようです。

彼らはイーストリバーを渡ったクイーンズ地区の下にある

ブルックリン地区(JFK空港の南)に住んでおり、


毎日専用のバスが送り迎えしていますが、男女で乗るバスが別々になっており、

ハシデックソングもダンスも好きな陽気な彼らですが、ダンスも踊るのは男性同士だったり、

シナゴーグでもお祈りの場所は一階、二階に男女が分けられるようです。

彼らは子沢山の家庭が多く、十人以上の子供がいるのは珍しくありません

話はそれますが、ダイヤモンドの仕入れの現場ではダイヤモンドのテーブルの広さについて、

直径の大きさに対しての比率で53%から58%がエクセレントの基準内なのですが、

60%程度のバランスが美しく見えます(ロシアンメークなどがこんなバランスです)が

63%、65%のテーブルの広いダイヤも手作業の昔は沢山有り、

それらを持ってきたハシデイックのブローカーはその欠点を突かれると

彼らはジョークに大家族には大きなテーブルが必要だなどと反撃して、よく笑ったものです。



ところで宝石タウンの御徒町村にはインド人が家族でたくさん住んでいて

彼らと一緒に食事をする機会が多いのですが、ベジタリアンの彼らは食べ物はやはり

自分たちで作ったものか、インド料理屋さんからデリバリーしたものしか食べません。

先週も九十九里のホテルで業者の遠出の商いがあり、宴会でインド人は房総の魚料理の

美味しい会席料理に箸は付けず、特注で生野菜をドレッシングなしの食塩で、

パスタを茹でただけで何も味付けせずに生のパスタだけ食べていましたが、

お国柄によって宗教によって違うものですが、

31歳の時に香港で会社を作って香港を往復したのも

中華料理の魅力があったのかな?

その後のニューヨークもシーフードレストランや、

イタリアンレストランが魅力だったかな?

こうして見ると食べ物の誘惑で世界を歩いてきたのかな?

まあ中華も、イタリアンも、フレンチも美味しいですが、

歳を重ねてくるとやはり日本食が一番ですかね。



2012/11/7  コーシャフード  食事

 コーシャフード

また昔話で恐縮ですが

ニューヨーク、イスラエルでダイヤモンドの仕事をしていると

その相手は殆どがユダヤ人です。

彼らの食事とその思い出ですが、

ユダヤ教の食事に関する掟に即した適性食品を習慣にしている彼らは、

殆どがお弁当を持ってくるか、DDC(ダイヤモンドデイーラーズクラブ)の食堂で

コーシャフードを食しますので、一緒にランチを食べに行くことや、

「どう今夜一杯?・・・」ということはありませんが、

NY市内にはコーシャフードレストランが沢山あり、

背広のユダヤ人業者と一緒に行ったことがありますが、

味は殆ど変わらず美味しかった記憶があります。

コーシャフードでは豚肉、貝類、甲殻類、ウロコのない魚、動物性油脂などが禁じられており、

肉とチーズを混ぜてはダメなのでハムとチーズの組み合わせ、チーズバーガーはダメ、

エビ、タコ、イカ、カニの甲殻類も切って血が出ないものはダメ、ウナギも鱗のない魚だからダメ、

ヒラメも地を這う魚だからダメとパンもイースト菌を使って焼いたものはダメで、

いろいろな制限があるようですが、彼らには宗教の教えに沿った大事なことなのです。

コーシャフードは、総じて「ヘルシーフード」と言えますが、結構なメタボ叔父さんも見かけます。

何故、黒マントを一年中着ているかと言えば、

昔からユダヤ人であることが人目で判るためのものだそうですが、

黒の帽子の形がシナゴーグ(お寺)毎にランク毎に若干違うようです。

彼らはイーストリバーを渡ったクイーンズ地区の下にある

ブルックリン地区(JFK空港の南)に住んでおり、


毎日専用のバスが送り迎えしていますが、男女で乗るバスが別々になっており、

ハシデックソングもダンスも好きな陽気な彼らですが、ダンスも踊るのは男性同士だったり、

シナゴーグでもお祈りの場所は一階、二階に男女が分けられるようです。

彼らは子沢山の家庭が多く、十人以上の子供がいるのは珍しくありません

話はそれますが、ダイヤモンドの仕入れの現場ではダイヤモンドのテーブルの広さについて、

直径の大きさに対しての比率で53%から58%がエクセレントの基準内なのですが、

60%程度のバランスが美しく見えます(ロシアンメークなどがこんなバランスです)が

63%、65%のテーブルの広いダイヤも手作業の昔は沢山有り、

それらを持ってきたハシデイックのブローカーはその欠点を突かれると

彼らはジョークに大家族には大きなテーブルが必要だなどと反撃して、よく笑ったものです。



ところで宝石タウンの御徒町村にはインド人が家族でたくさん住んでいて

彼らと一緒に食事をする機会が多いのですが、ベジタリアンの彼らは食べ物はやはり

自分たちで作ったものか、インド料理屋さんからデリバリーしたものしか食べません。

先週も九十九里のホテルで業者の遠出の商いがあり、宴会でインド人は房総の魚料理の

美味しい会席料理に箸は付けず、特注で生野菜をドレッシングなしの食塩で、

パスタを茹でただけで何も味付けせずに生のパスタだけ食べていましたが、

お国柄によって宗教によって違うものですが、

31歳の時に香港で会社を作って香港を往復したのも

中華料理の魅力があったのかな?

その後のニューヨークもシーフードレストランや、

イタリアンレストランが魅力だったかな?

こうして見ると食べ物の誘惑で世界を歩いてきたのかな?

まあ中華も、イタリアンも、フレンチも美味しいですが、

歳を重ねてくるとやはり日本食が一番ですかね。



2012/11/7  コーシャフード  食事

 コーシャフード

また昔話で恐縮ですが

ニューヨーク、イスラエルでダイヤモンドの仕事をしていると

その相手は殆どがユダヤ人です。

彼らの食事とその思い出ですが、

ユダヤ教の食事に関する掟に即した適性食品を習慣にしている彼らは、

殆どがお弁当を持ってくるか、DDC(ダイヤモンドデイーラーズクラブ)の食堂で

コーシャフードを食しますので、一緒にランチを食べに行くことや、

「どう今夜一杯?・・・」ということはありませんが、

NY市内にはコーシャフードレストランが沢山あり、

背広のユダヤ人業者と一緒に行ったことがありますが、

味は殆ど変わらず美味しかった記憶があります。

コーシャフードでは豚肉、貝類、甲殻類、ウロコのない魚、動物性油脂などが禁じられており、

肉とチーズを混ぜてはダメなのでハムとチーズの組み合わせ、チーズバーガーはダメ、

エビ、タコ、イカ、カニの甲殻類も切って血が出ないものはダメ、ウナギも鱗のない魚だからダメ、

ヒラメも地を這う魚だからダメとパンもイースト菌を使って焼いたものはダメで、

いろいろな制限があるようですが、彼らには宗教の教えに沿った大事なことなのです。

コーシャフードは、総じて「ヘルシーフード」と言えますが、結構なメタボ叔父さんも見かけます。

何故、黒マントを一年中着ているかと言えば、

昔からユダヤ人であることが人目で判るためのものだそうですが、

黒の帽子の形がシナゴーグ(お寺)毎にランク毎に若干違うようです。

彼らはイーストリバーを渡ったクイーンズ地区の下にある

ブルックリン地区(JFK空港の南)に住んでおり、


毎日専用のバスが送り迎えしていますが、男女で乗るバスが別々になっており、

ハシデックソングもダンスも好きな陽気な彼らですが、ダンスも踊るのは男性同士だったり、

シナゴーグでもお祈りの場所は一階、二階に男女が分けられるようです。

彼らは子沢山の家庭が多く、十人以上の子供がいるのは珍しくありません

話はそれますが、ダイヤモンドの仕入れの現場ではダイヤモンドのテーブルの広さについて、

直径の大きさに対しての比率で53%から58%がエクセレントの基準内なのですが、

60%程度のバランスが美しく見えます(ロシアンメークなどがこんなバランスです)が

63%、65%のテーブルの広いダイヤも手作業の昔は沢山有り、

それらを持ってきたハシデイックのブローカーはその欠点を突かれると

彼らはジョークに大家族には大きなテーブルが必要だなどと反撃して、よく笑ったものです。



ところで宝石タウンの御徒町村にはインド人が家族でたくさん住んでいて

彼らと一緒に食事をする機会が多いのですが、ベジタリアンの彼らは食べ物はやはり

自分たちで作ったものか、インド料理屋さんからデリバリーしたものしか食べません。

先週も九十九里のホテルで業者の遠出の商いがあり、宴会でインド人は房総の魚料理の

美味しい会席料理に箸は付けず、特注で生野菜をドレッシングなしの食塩で、

パスタを茹でただけで何も味付けせずに生のパスタだけ食べていましたが、

お国柄によって宗教によって違うものですが、

31歳の時に香港で会社を作って香港を往復したのも

中華料理の魅力があったのかな?

その後のニューヨークもシーフードレストランや、

イタリアンレストランが魅力だったかな?

こうして見ると食べ物の誘惑で世界を歩いてきたのかな?

まあ中華も、イタリアンも、フレンチも美味しいですが、

歳を重ねてくるとやはり日本食が一番ですかね。





2012/9/7  新米甘し一粒の粘りかな  食事

稲刈りの済んだ近所の農家から早速新米を分けてもらった。

100%新米だからねと・・・袋に詰めながらおばさんの表情も収穫の喜びに満ちている。

先週刈り入れをしたそうで、以前は子供たちを連れて

みんなで「体験稲刈り」もこの農家でさせて貰ったこともある。



              

新米は何もおかずが要らないね・・・・。

光って一粒一粒に粘りがある・・・水も炊飯器へかなり少なめで丁度良いみたい。

先週スーパーで九州の新米というのを買ったけど、

やはり食べてみると古米が混じっているのが判り、新米の感激がなかったけど、

今日は新米の感激が存分にあった。

お陰でビールも焼酎も今日は抜きかな?

さて岩手のお百姓さんの「ひとめぼれ」の新米が待ち遠しいね・・・。




AutoPage最新お知らせ