にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2015/1/11  カリナン (Cullinan) ダイヤモンド  ジュエリー


カリナン (Cullinan) ダイヤモンド



1905年、世界一大きなダイヤモンド原石として南アフリカのトランスバールで産出しました。

その鉱山会社の主任であり、また所有者でもあった人の名にちなんで、

カリナン・ダイヤモンドと命名されました。 

原石の重さは 3106 カラットありました。 

このカリナン・ダイヤモンドは最後には英国のエドワード七世に献上され、

王はこれをカットして9 個の大きな石と 96 の小さな石にしました。 

そのうちの一つカリナンT (530.20 carats) はペアシェープでアフリカの星と呼ばれるもので、

カットされたダイヤモンドでは世界最大のものです。

現在、タワー・オブ・ロンドンに保管されています。

原石であるカリナンをカットするに当たっては、

当時世界最高と呼ばれたダイヤ加工技師が呼ばれたそうです。

しかし、当時(そして今も)世界最大のダイヤモンド原石を前にした彼は

自信を失いかけたそうです。

それでも彼は何日も不眠不休で原石のどこからカットすればいいのかを調べ、

ダイヤモンドというのは、鉄より硬いその硬度で知られるが、

ある一点をつけば容易に砕ける性質(へき開性)がある。

ところがその一点というのは、経験をつんだ技師にしかわかりえないものである。

どうにか、その一点を見つけた彼はいざ、

そこに一撃を入れようとしたが、確信は持てなかったそうです。

そしてカットしたまさにその時、技師は極度の緊張で失神してしまったそうです。



失神から立ち直った彼は、カットが成功したのを見てまた気絶したという。

カリナンI世〜IX世



ガラスで作られたカリナンI-IXのコピー

「偉大なアフリカの星(The Great Star of Africa)」と呼ばれる

「カリナンI世」は530.20カラット。

これは世界最大のカットダイヤモンドとして有名で、王笏(Royal Scepter)に飾られている

(現在は世界第2位)。

現在もイギリス王室が所有しており、ロンドン塔で永久展示されている。

カリナンII世(317.40カラット)は

「大英帝国王冠(Imperial State Crown of Great Britain)」に飾られている。



カリナンIII世(94.40カラット)、カリナンIV世(63.60カラット)は

「メアリー王女の王冠(Queen Mary's Crown)」に飾られており、

2つを合わせてペンダントとして使うこともできる。

カリナンV世(18.80カラット)はメアリーのブローチに飾られているが、

新たな王冠を作るためにメアリーの王冠からコ・イ・ヌールが外されたため、

その代わりにはめられることもある。

カリナンVI世(11.50カラット)は、エドワード7世が妻アレクサンドラに贈り、

現在ではエリザベス2世所有のネックレスの一部となっている。

カリナンVII世(8.80カラット)とカリナンVIII世(6.80カラット)は

合わせてひとつのブローチとして使われている。

カリナンIX世(4.39カラット)はメアリーのために作られた指輪に飾られている。

伝説ともなっているカリナンダイヤモンドは

Cullinanダイヤモンド鉱山は南アフリカ共和国の

ダイヤモンド大手De Beers(デビアス)傘下の

De Beers Consolidated Mines(DBCM)が所有していたが、

2007年11月にPDCCにトータル10億ランド(149万米ドル)での売却を発表、

2008年7月に売却が完了している

2015/1/11  カリナン (Cullinan) ダイヤモンド  ジュエリー


カリナン (Cullinan) ダイヤモンド



1905年、世界一大きなダイヤモンド原石として南アフリカのトランスバールで産出しました。

その鉱山会社の主任であり、また所有者でもあった人の名にちなんで、

カリナン・ダイヤモンドと命名されました。 

原石の重さは 3106 カラットありました。 

このカリナン・ダイヤモンドは最後には英国のエドワード七世に献上され、

王はこれをカットして9 個の大きな石と 96 の小さな石にしました。 

そのうちの一つカリナンT (530.20 carats) はペアシェープでアフリカの星と呼ばれるもので、

カットされたダイヤモンドでは世界最大のものです。

現在、タワー・オブ・ロンドンに保管されています。

原石であるカリナンをカットするに当たっては、

当時世界最高と呼ばれたダイヤ加工技師が呼ばれたそうです。

しかし、当時(そして今も)世界最大のダイヤモンド原石を前にした彼は

自信を失いかけたそうです。

それでも彼は何日も不眠不休で原石のどこからカットすればいいのかを調べ、

ダイヤモンドというのは、鉄より硬いその硬度で知られるが、

ある一点をつけば容易に砕ける性質(へき開性)がある。

ところがその一点というのは、経験をつんだ技師にしかわかりえないものである。

どうにか、その一点を見つけた彼はいざ、

そこに一撃を入れようとしたが、確信は持てなかったそうです。

そしてカットしたまさにその時、技師は極度の緊張で失神してしまったそうです。



失神から立ち直った彼は、カットが成功したのを見てまた気絶したという。

カリナンI世〜IX世



ガラスで作られたカリナンI-IXのコピー

「偉大なアフリカの星(The Great Star of Africa)」と呼ばれる

「カリナンI世」は530.20カラット。

これは世界最大のカットダイヤモンドとして有名で、王笏(Royal Scepter)に飾られている

(現在は世界第2位)。

現在もイギリス王室が所有しており、ロンドン塔で永久展示されている。

カリナンII世(317.40カラット)は

「大英帝国王冠(Imperial State Crown of Great Britain)」に飾られている。



カリナンIII世(94.40カラット)、カリナンIV世(63.60カラット)は

「メアリー王女の王冠(Queen Mary's Crown)」に飾られており、

2つを合わせてペンダントとして使うこともできる。

カリナンV世(18.80カラット)はメアリーのブローチに飾られているが、

新たな王冠を作るためにメアリーの王冠からコ・イ・ヌールが外されたため、

その代わりにはめられることもある。

カリナンVI世(11.50カラット)は、エドワード7世が妻アレクサンドラに贈り、

現在ではエリザベス2世所有のネックレスの一部となっている。

カリナンVII世(8.80カラット)とカリナンVIII世(6.80カラット)は

合わせてひとつのブローチとして使われている。

カリナンIX世(4.39カラット)はメアリーのために作られた指輪に飾られている。

伝説ともなっているカリナンダイヤモンドは

Cullinanダイヤモンド鉱山は南アフリカ共和国の

ダイヤモンド大手De Beers(デビアス)傘下の

De Beers Consolidated Mines(DBCM)が所有していたが、

2007年11月にPDCCにトータル10億ランド(149万米ドル)での売却を発表、

2008年7月に売却が完了している

2015/1/11  カリナン (Cullinan) ダイヤモンド  ジュエリー


カリナン (Cullinan) ダイヤモンド



1905年、世界一大きなダイヤモンド原石として南アフリカのトランスバールで産出しました。

その鉱山会社の主任であり、また所有者でもあった人の名にちなんで、

カリナン・ダイヤモンドと命名されました。 

原石の重さは 3106 カラットありました。 

このカリナン・ダイヤモンドは最後には英国のエドワード七世に献上され、

王はこれをカットして9 個の大きな石と 96 の小さな石にしました。 

そのうちの一つカリナンT (530.20 carats) はペアシェープでアフリカの星と呼ばれるもので、

カットされたダイヤモンドでは世界最大のものです。

現在、タワー・オブ・ロンドンに保管されています。

原石であるカリナンをカットするに当たっては、

当時世界最高と呼ばれたダイヤ加工技師が呼ばれたそうです。

しかし、当時(そして今も)世界最大のダイヤモンド原石を前にした彼は

自信を失いかけたそうです。

それでも彼は何日も不眠不休で原石のどこからカットすればいいのかを調べ、

ダイヤモンドというのは、鉄より硬いその硬度で知られるが、

ある一点をつけば容易に砕ける性質(へき開性)がある。

ところがその一点というのは、経験をつんだ技師にしかわかりえないものである。

どうにか、その一点を見つけた彼はいざ、

そこに一撃を入れようとしたが、確信は持てなかったそうです。

そしてカットしたまさにその時、技師は極度の緊張で失神してしまったそうです。



失神から立ち直った彼は、カットが成功したのを見てまた気絶したという。

カリナンI世〜IX世



ガラスで作られたカリナンI-IXのコピー

「偉大なアフリカの星(The Great Star of Africa)」と呼ばれる

「カリナンI世」は530.20カラット。

これは世界最大のカットダイヤモンドとして有名で、王笏(Royal Scepter)に飾られている

(現在は世界第2位)。

現在もイギリス王室が所有しており、ロンドン塔で永久展示されている。

カリナンII世(317.40カラット)は

「大英帝国王冠(Imperial State Crown of Great Britain)」に飾られている。



カリナンIII世(94.40カラット)、カリナンIV世(63.60カラット)は

「メアリー王女の王冠(Queen Mary's Crown)」に飾られており、

2つを合わせてペンダントとして使うこともできる。

カリナンV世(18.80カラット)はメアリーのブローチに飾られているが、

新たな王冠を作るためにメアリーの王冠からコ・イ・ヌールが外されたため、

その代わりにはめられることもある。

カリナンVI世(11.50カラット)は、エドワード7世が妻アレクサンドラに贈り、

現在ではエリザベス2世所有のネックレスの一部となっている。

カリナンVII世(8.80カラット)とカリナンVIII世(6.80カラット)は

合わせてひとつのブローチとして使われている。

カリナンIX世(4.39カラット)はメアリーのために作られた指輪に飾られている。

伝説ともなっているカリナンダイヤモンドは

Cullinanダイヤモンド鉱山は南アフリカ共和国の

ダイヤモンド大手De Beers(デビアス)傘下の

De Beers Consolidated Mines(DBCM)が所有していたが、

2007年11月にPDCCにトータル10億ランド(149万米ドル)での売却を発表、

2008年7月に売却が完了している

2015/1/11  カリナン (Cullinan) ダイヤモンド  ジュエリー


カリナン (Cullinan) ダイヤモンド



1905年、世界一大きなダイヤモンド原石として南アフリカのトランスバールで産出しました。

その鉱山会社の主任であり、また所有者でもあった人の名にちなんで、

カリナン・ダイヤモンドと命名されました。 

原石の重さは 3106 カラットありました。 

このカリナン・ダイヤモンドは最後には英国のエドワード七世に献上され、

王はこれをカットして9 個の大きな石と 96 の小さな石にしました。 

そのうちの一つカリナンT (530.20 carats) はペアシェープでアフリカの星と呼ばれるもので、

カットされたダイヤモンドでは世界最大のものです。

現在、タワー・オブ・ロンドンに保管されています。

原石であるカリナンをカットするに当たっては、

当時世界最高と呼ばれたダイヤ加工技師が呼ばれたそうです。

しかし、当時(そして今も)世界最大のダイヤモンド原石を前にした彼は

自信を失いかけたそうです。

それでも彼は何日も不眠不休で原石のどこからカットすればいいのかを調べ、

ダイヤモンドというのは、鉄より硬いその硬度で知られるが、

ある一点をつけば容易に砕ける性質(へき開性)がある。

ところがその一点というのは、経験をつんだ技師にしかわかりえないものである。

どうにか、その一点を見つけた彼はいざ、

そこに一撃を入れようとしたが、確信は持てなかったそうです。

そしてカットしたまさにその時、技師は極度の緊張で失神してしまったそうです。



失神から立ち直った彼は、カットが成功したのを見てまた気絶したという。

カリナンI世〜IX世



ガラスで作られたカリナンI-IXのコピー

「偉大なアフリカの星(The Great Star of Africa)」と呼ばれる

「カリナンI世」は530.20カラット。

これは世界最大のカットダイヤモンドとして有名で、王笏(Royal Scepter)に飾られている

(現在は世界第2位)。

現在もイギリス王室が所有しており、ロンドン塔で永久展示されている。

カリナンII世(317.40カラット)は

「大英帝国王冠(Imperial State Crown of Great Britain)」に飾られている。



カリナンIII世(94.40カラット)、カリナンIV世(63.60カラット)は

「メアリー王女の王冠(Queen Mary's Crown)」に飾られており、

2つを合わせてペンダントとして使うこともできる。

カリナンV世(18.80カラット)はメアリーのブローチに飾られているが、

新たな王冠を作るためにメアリーの王冠からコ・イ・ヌールが外されたため、

その代わりにはめられることもある。

カリナンVI世(11.50カラット)は、エドワード7世が妻アレクサンドラに贈り、

現在ではエリザベス2世所有のネックレスの一部となっている。

カリナンVII世(8.80カラット)とカリナンVIII世(6.80カラット)は

合わせてひとつのブローチとして使われている。

カリナンIX世(4.39カラット)はメアリーのために作られた指輪に飾られている。

伝説ともなっているカリナンダイヤモンドは

Cullinanダイヤモンド鉱山は南アフリカ共和国の

ダイヤモンド大手De Beers(デビアス)傘下の

De Beers Consolidated Mines(DBCM)が所有していたが、

2007年11月にPDCCにトータル10億ランド(149万米ドル)での売却を発表、

2008年7月に売却が完了している

2015/1/11  カリナン (Cullinan) ダイヤモンド  ジュエリー


カリナン (Cullinan) ダイヤモンド

クリックすると元のサイズで表示します

1905年、世界一大きなダイヤモンド原石として南アフリカのトランスバールで産出しました。

その鉱山会社の主任であり、また所有者でもあった人の名にちなんで、

カリナン・ダイヤモンドと命名されました。 

原石の重さは 3106 カラットありました。 

このカリナン・ダイヤモンドは最後には英国のエドワード七世に献上され、

王はこれをカットして9 個の大きな石と 96 の小さな石にしました。 

そのうちの一つカリナンT (530.20 carats) はペアシェープでアフリカの星と呼ばれるもので、

カットされたダイヤモンドでは世界最大のものです。

現在、タワー・オブ・ロンドンに保管されています。

原石であるカリナンをカットするに当たっては、

当時世界最高と呼ばれたダイヤ加工技師が呼ばれたそうです。

しかし、当時(そして今も)世界最大のダイヤモンド原石を前にした彼は

自信を失いかけたそうです。

それでも彼は何日も不眠不休で原石のどこからカットすればいいのかを調べ、

ダイヤモンドというのは、鉄より硬いその硬度で知られるが、

ある一点をつけば容易に砕ける性質(へき開性)がある。

ところがその一点というのは、経験をつんだ技師にしかわかりえないものである。

どうにか、その一点を見つけた彼はいざ、

そこに一撃を入れようとしたが、確信は持てなかったそうです。

そしてカットしたまさにその時、技師は極度の緊張で失神してしまったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

失神から立ち直った彼は、カットが成功したのを見てまた気絶したという。

カリナンI世〜IX世

クリックすると元のサイズで表示します

ガラスで作られたカリナンI-IXのコピー

「偉大なアフリカの星(The Great Star of Africa)」と呼ばれる

「カリナンI世」は530.20カラット。

これは世界最大のカットダイヤモンドとして有名で、王笏(Royal Scepter)に飾られている

(現在は世界第2位)。

現在もイギリス王室が所有しており、ロンドン塔で永久展示されている。

カリナンII世(317.40カラット)は

「大英帝国王冠(Imperial State Crown of Great Britain)」に飾られている。

クリックすると元のサイズで表示します

カリナンIII世(94.40カラット)、カリナンIV世(63.60カラット)は

「メアリー王女の王冠(Queen Mary's Crown)」に飾られており、

2つを合わせてペンダントとして使うこともできる。

カリナンV世(18.80カラット)はメアリーのブローチに飾られているが、

新たな王冠を作るためにメアリーの王冠からコ・イ・ヌールが外されたため、

その代わりにはめられることもある。

カリナンVI世(11.50カラット)は、エドワード7世が妻アレクサンドラに贈り、

現在ではエリザベス2世所有のネックレスの一部となっている。

カリナンVII世(8.80カラット)とカリナンVIII世(6.80カラット)は

合わせてひとつのブローチとして使われている。

カリナンIX世(4.39カラット)はメアリーのために作られた指輪に飾られている。

伝説ともなっているカリナンダイヤモンドは

Cullinanダイヤモンド鉱山は南アフリカ共和国の

ダイヤモンド大手De Beers(デビアス)傘下の

De Beers Consolidated Mines(DBCM)が所有していたが、

2007年11月にPDCCにトータル10億ランド(149万米ドル)での売却を発表、

2008年7月に売却が完了している




2013/1/13  メレーダイヤに混じる模造石について  ジュエリー

メレーダイヤに混じる模造石について

連休の真ん中の暖かな日曜日いかがお過ごしでしょうか?

さて、数年前に焼酎やお酒に事故米が混じっていて全国の左党を嘆かせ、

酒造メーカーや販売店が苦しんでいたことがありました。

病院などの給食にも事故米が納入されて、

今や賞味期限偽装、産地偽装の偽や嘘があちこちから出てきたり、

賞味期限を偽って売っていた商品もあり、企業人のモラルが問われる事件も多々ありました。

さてダイヤ・宝石・「金」の買い取りショップ様からはお買取になった指輪から外した

メレーダイヤを貯めて、少しまとまったらお送り頂いて、

メレーダイヤをお買取させていただいていますが、

中には模造石のメレーやジルコニアが混じっている事があります。

宝飾業界にも恥ずかしながら、冒頭のような偽せ、嘘がたまたま混じっている事があります。

本来メレーダイヤはインドやバンコク、スリランカなどから輸入業者を通じて

日本へ入ってくるので、この段階で合成が混じる事はありませんが、

国内には元々模造石、合成の色石などに使う模造石メレーを製造しているメーカー、

販売業者があり、これらの模造石が不注意で石合わせ、

石止めの段階で混在してしまう事はたまたまありえます。

メレーダイヤは元々が安い屑ダイヤといえども人の手や、

機械を通して58面にカットされ、

メレーダイヤも億年の眠りから地上に出てきた地球からの贈り物ですが

それにしてはお値打ちが安すぎますね。

それでは天然のメレーダイヤと模造石、ジルコニアとの見分け方のお話ですが、

プロの見方を説明しますと、カットしてある稜線のエッジを特に見ます。

本物はエッジが肉眼にもシャープに見えます。

模造石はこの面と面との線である稜線のエッジが甘い(丸みを帯びた線)のです。

慣れると一目で判ります。

又ガードル周りにも注目しますが、

合成のガードルはダレた感じでガードル周りもエッジ同様の丸みを帯びた感じを受けます。

ダイヤモンドテスターを使用してチェックすれば簡単に答えは出ますが、

プロの世界では長年見てきた自分の目と勘を大切にしています。

貴金属業界のガリバーといわれる「田中貴金属工業」さんは

どなたでもご存知の「金」地金の販売・買取をしている超大手会社ですが

18金やプラチナの指輪、ネックレス窓などスクラップの地金も

買い取ってくれますが、メレーダイヤや、ダイヤモンドのセンターストーンは

買い取ってくれずに、お客様にお返しをしているようです。

度々、その買い取ってくれなくて戻されたダイヤモンドを弊社へ

お持ち頂くことがあり、丁寧の値踏みしてお買取をしていますが、

やはり、ダイヤモンドの専門家でないと「金」のように国際相場が毎日建ち、

均一な品質と違い、ダイヤモンドの模造品などの

見分けがつかないのと、品質が全て違っていて、買い取り価格も判らず

買い取ったものの転売先がないので,判らない物は手を出さない・・・と

言ったところのようです。

やはり、堅実な大会社は自分の領分を知っているもので、

その昔、日商岩井や、住友商事、日綿実業などの大手商社がダイヤモンド・宝石に

豊富な資金と人材を擁して参入してきましたが、

品質がそれぞれ違うダイヤモンド・宝石の仕入れに失敗し、

複雑な流通機構に振り回され、撤退した事実がありますが、

やはり餅屋は餅屋なのでしょうか?


2013/1/13  メレーダイヤに混じる模造石について  ジュエリー

メレーダイヤに混じる模造石について

連休の真ん中の暖かな日曜日いかがお過ごしでしょうか?

さて、数年前に焼酎やお酒に事故米が混じっていて全国の左党を嘆かせ、

酒造メーカーや販売店が苦しんでいたことがありました。

病院などの給食にも事故米が納入されて、

今や賞味期限偽装、産地偽装の偽や嘘があちこちから出てきたり、

賞味期限を偽って売っていた商品もあり、企業人のモラルが問われる事件も多々ありました。

さてダイヤ・宝石・「金」の買い取りショップ様からはお買取になった指輪から外した

メレーダイヤを貯めて、少しまとまったらお送り頂いて、

メレーダイヤをお買取させていただいていますが、

中には模造石のメレーやジルコニアが混じっている事があります。

宝飾業界にも恥ずかしながら、冒頭のような偽せ、嘘がたまたま混じっている事があります。

本来メレーダイヤはインドやバンコク、スリランカなどから輸入業者を通じて

日本へ入ってくるので、この段階で合成が混じる事はありませんが、

国内には元々模造石、合成の色石などに使う模造石メレーを製造しているメーカー、

販売業者があり、これらの模造石が不注意で石合わせ、

石止めの段階で混在してしまう事はたまたまありえます。

メレーダイヤは元々が安い屑ダイヤといえども人の手や、

機械を通して58面にカットされ、

メレーダイヤも億年の眠りから地上に出てきた地球からの贈り物ですが

それにしてはお値打ちが安すぎますね。

それでは天然のメレーダイヤと模造石、ジルコニアとの見分け方のお話ですが、

プロの見方を説明しますと、カットしてある稜線のエッジを特に見ます。

本物はエッジが肉眼にもシャープに見えます。

模造石はこの面と面との線である稜線のエッジが甘い(丸みを帯びた線)のです。

慣れると一目で判ります。

又ガードル周りにも注目しますが、

合成のガードルはダレた感じでガードル周りもエッジ同様の丸みを帯びた感じを受けます。

ダイヤモンドテスターを使用してチェックすれば簡単に答えは出ますが、

プロの世界では長年見てきた自分の目と勘を大切にしています。

貴金属業界のガリバーといわれる「田中貴金属工業」さんは

どなたでもご存知の「金」地金の販売・買取をしている超大手会社ですが

18金やプラチナの指輪、ネックレス窓などスクラップの地金も

買い取ってくれますが、メレーダイヤや、ダイヤモンドのセンターストーンは

買い取ってくれずに、お客様にお返しをしているようです。

度々、その買い取ってくれなくて戻されたダイヤモンドを弊社へ

お持ち頂くことがあり、丁寧の値踏みしてお買取をしていますが、

やはり、ダイヤモンドの専門家でないと「金」のように国際相場が毎日建ち、

均一な品質と違い、ダイヤモンドの模造品などの

見分けがつかないのと、品質が全て違っていて、買い取り価格も判らず

買い取ったものの転売先がないので,判らない物は手を出さない・・・と

言ったところのようです。

やはり、堅実な大会社は自分の領分を知っているもので、

その昔、日商岩井や、住友商事、日綿実業などの大手商社がダイヤモンド・宝石に

豊富な資金と人材を擁して参入してきましたが、

品質がそれぞれ違うダイヤモンド・宝石の仕入れに失敗し、

複雑な流通機構に振り回され、撤退した事実がありますが、

やはり餅屋は餅屋なのでしょうか?


2013/1/13  メレーダイヤに混じる模造石について  ジュエリー

メレーダイヤに混じる模造石について

連休の真ん中の暖かな日曜日いかがお過ごしでしょうか?

さて、数年前に焼酎やお酒に事故米が混じっていて全国の左党を嘆かせ、

酒造メーカーや販売店が苦しんでいたことがありました。

病院などの給食にも事故米が納入されて、

今や賞味期限偽装、産地偽装の偽や嘘があちこちから出てきたり、

賞味期限を偽って売っていた商品もあり、企業人のモラルが問われる事件も多々ありました。

さてダイヤ・宝石・「金」の買い取りショップ様からはお買取になった指輪から外した

メレーダイヤを貯めて、少しまとまったらお送り頂いて、

メレーダイヤをお買取させていただいていますが、

中には模造石のメレーやジルコニアが混じっている事があります。

宝飾業界にも恥ずかしながら、冒頭のような偽せ、嘘がたまたま混じっている事があります。

本来メレーダイヤはインドやバンコク、スリランカなどから輸入業者を通じて

日本へ入ってくるので、この段階で合成が混じる事はありませんが、

国内には元々模造石、合成の色石などに使う模造石メレーを製造しているメーカー、

販売業者があり、これらの模造石が不注意で石合わせ、

石止めの段階で混在してしまう事はたまたまありえます。

メレーダイヤは元々が安い屑ダイヤといえども人の手や、

機械を通して58面にカットされ、

メレーダイヤも億年の眠りから地上に出てきた地球からの贈り物ですが

それにしてはお値打ちが安すぎますね。

それでは天然のメレーダイヤと模造石、ジルコニアとの見分け方のお話ですが、

プロの見方を説明しますと、カットしてある稜線のエッジを特に見ます。

本物はエッジが肉眼にもシャープに見えます。

模造石はこの面と面との線である稜線のエッジが甘い(丸みを帯びた線)のです。

慣れると一目で判ります。

又ガードル周りにも注目しますが、

合成のガードルはダレた感じでガードル周りもエッジ同様の丸みを帯びた感じを受けます。

ダイヤモンドテスターを使用してチェックすれば簡単に答えは出ますが、

プロの世界では長年見てきた自分の目と勘を大切にしています。

貴金属業界のガリバーといわれる「田中貴金属工業」さんは

どなたでもご存知の「金」地金の販売・買取をしている超大手会社ですが

18金やプラチナの指輪、ネックレス窓などスクラップの地金も

買い取ってくれますが、メレーダイヤや、ダイヤモンドのセンターストーンは

買い取ってくれずに、お客様にお返しをしているようです。

度々、その買い取ってくれなくて戻されたダイヤモンドを弊社へ

お持ち頂くことがあり、丁寧の値踏みしてお買取をしていますが、

やはり、ダイヤモンドの専門家でないと「金」のように国際相場が毎日建ち、

均一な品質と違い、ダイヤモンドの模造品などの

見分けがつかないのと、品質が全て違っていて、買い取り価格も判らず

買い取ったものの転売先がないので,判らない物は手を出さない・・・と

言ったところのようです。

やはり、堅実な大会社は自分の領分を知っているもので、

その昔、日商岩井や、住友商事、日綿実業などの大手商社がダイヤモンド・宝石に

豊富な資金と人材を擁して参入してきましたが、

品質がそれぞれ違うダイヤモンド・宝石の仕入れに失敗し、

複雑な流通機構に振り回され、撤退した事実がありますが、

やはり餅屋は餅屋なのでしょうか?


2013/1/13  メレーダイヤに混じる模造石について  ジュエリー

メレーダイヤに混じる模造石について

連休の真ん中の暖かな日曜日いかがお過ごしでしょうか?

さて、数年前に焼酎やお酒に事故米が混じっていて全国の左党を嘆かせ、

酒造メーカーや販売店が苦しんでいたことがありました。

病院などの給食にも事故米が納入されて、

今や賞味期限偽装、産地偽装の偽や嘘があちこちから出てきたり、

賞味期限を偽って売っていた商品もあり、企業人のモラルが問われる事件も多々ありました。

さてダイヤ・宝石・「金」の買い取りショップ様からはお買取になった指輪から外した

メレーダイヤを貯めて、少しまとまったらお送り頂いて、

メレーダイヤをお買取させていただいていますが、

中には模造石のメレーやジルコニアが混じっている事があります。

宝飾業界にも恥ずかしながら、冒頭のような偽せ、嘘がたまたま混じっている事があります。

本来メレーダイヤはインドやバンコク、スリランカなどから輸入業者を通じて

日本へ入ってくるので、この段階で合成が混じる事はありませんが、

国内には元々模造石、合成の色石などに使う模造石メレーを製造しているメーカー、

販売業者があり、これらの模造石が不注意で石合わせ、

石止めの段階で混在してしまう事はたまたまありえます。

メレーダイヤは元々が安い屑ダイヤといえども人の手や、

機械を通して58面にカットされ、

メレーダイヤも億年の眠りから地上に出てきた地球からの贈り物ですが

それにしてはお値打ちが安すぎますね。

それでは天然のメレーダイヤと模造石、ジルコニアとの見分け方のお話ですが、

プロの見方を説明しますと、カットしてある稜線のエッジを特に見ます。

本物はエッジが肉眼にもシャープに見えます。

模造石はこの面と面との線である稜線のエッジが甘い(丸みを帯びた線)のです。

慣れると一目で判ります。

又ガードル周りにも注目しますが、

合成のガードルはダレた感じでガードル周りもエッジ同様の丸みを帯びた感じを受けます。

ダイヤモンドテスターを使用してチェックすれば簡単に答えは出ますが、

プロの世界では長年見てきた自分の目と勘を大切にしています。

貴金属業界のガリバーといわれる「田中貴金属工業」さんは

どなたでもご存知の「金」地金の販売・買取をしている超大手会社ですが

18金やプラチナの指輪、ネックレス窓などスクラップの地金も

買い取ってくれますが、メレーダイヤや、ダイヤモンドのセンターストーンは

買い取ってくれずに、お客様にお返しをしているようです。

度々、その買い取ってくれなくて戻されたダイヤモンドを弊社へ

お持ち頂くことがあり、丁寧の値踏みしてお買取をしていますが、

やはり、ダイヤモンドの専門家でないと「金」のように国際相場が毎日建ち、

均一な品質と違い、ダイヤモンドの模造品などの

見分けがつかないのと、品質が全て違っていて、買い取り価格も判らず

買い取ったものの転売先がないので,判らない物は手を出さない・・・と

言ったところのようです。

やはり、堅実な大会社は自分の領分を知っているもので、

その昔、日商岩井や、住友商事、日綿実業などの大手商社がダイヤモンド・宝石に

豊富な資金と人材を擁して参入してきましたが、

品質がそれぞれ違うダイヤモンド・宝石の仕入れに失敗し、

複雑な流通機構に振り回され、撤退した事実がありますが、

やはり餅屋は餅屋なのでしょうか?


2013/1/13  メレーダイヤに混じる模造石について  ジュエリー

メレーダイヤに混じる模造石について

連休の真ん中の暖かな日曜日いかがお過ごしでしょうか?

さて、数年前に焼酎やお酒に事故米が混じっていて全国の左党を嘆かせ、

酒造メーカーや販売店が苦しんでいたことがありました。

病院などの給食にも事故米が納入されて、

今や賞味期限偽装、産地偽装の偽や嘘があちこちから出てきたり、

賞味期限を偽って売っていた商品もあり、企業人のモラルが問われる事件も多々ありました。

さてダイヤ・宝石・「金」の買い取りショップ様からはお買取になった指輪から外した

メレーダイヤを貯めて、少しまとまったらお送り頂いて、

メレーダイヤをお買取させていただいていますが、

中には模造石のメレーやジルコニアが混じっている事があります。

宝飾業界にも恥ずかしながら、冒頭のような偽せ、嘘がたまたま混じっている事があります。

本来メレーダイヤはインドやバンコク、スリランカなどから輸入業者を通じて

日本へ入ってくるので、この段階で合成が混じる事はありませんが、

国内には元々模造石、合成の色石などに使う模造石メレーを製造しているメーカー、

販売業者があり、これらの模造石が不注意で石合わせ、

石止めの段階で混在してしまう事はたまたまありえます。

メレーダイヤは元々が安い屑ダイヤといえども人の手や、

機械を通して58面にカットされ、

メレーダイヤも億年の眠りから地上に出てきた地球からの贈り物ですが

それにしてはお値打ちが安すぎますね。

それでは天然のメレーダイヤと模造石、ジルコニアとの見分け方のお話ですが、

プロの見方を説明しますと、カットしてある稜線のエッジを特に見ます。

本物はエッジが肉眼にもシャープに見えます。

模造石はこの面と面との線である稜線のエッジが甘い(丸みを帯びた線)のです。

慣れると一目で判ります。

又ガードル周りにも注目しますが、

合成のガードルはダレた感じでガードル周りもエッジ同様の丸みを帯びた感じを受けます。

ダイヤモンドテスターを使用してチェックすれば簡単に答えは出ますが、

プロの世界では長年見てきた自分の目と勘を大切にしています。

貴金属業界のガリバーといわれる「田中貴金属工業」さんは

どなたでもご存知の「金」地金の販売・買取をしている超大手会社ですが

18金やプラチナの指輪、ネックレス窓などスクラップの地金も

買い取ってくれますが、メレーダイヤや、ダイヤモンドのセンターストーンは

買い取ってくれずに、お客様にお返しをしているようです。

度々、その買い取ってくれなくて戻されたダイヤモンドを弊社へ

お持ち頂くことがあり、丁寧の値踏みしてお買取をしていますが、

やはり、ダイヤモンドの専門家でないと「金」のように国際相場が毎日建ち、

均一な品質と違い、ダイヤモンドの模造品などの

見分けがつかないのと、品質が全て違っていて、買い取り価格も判らず

買い取ったものの転売先がないので,判らない物は手を出さない・・・と

言ったところのようです。

やはり、堅実な大会社は自分の領分を知っているもので、

その昔、日商岩井や、住友商事、日綿実業などの大手商社がダイヤモンド・宝石に

豊富な資金と人材を擁して参入してきましたが、

品質がそれぞれ違うダイヤモンド・宝石の仕入れに失敗し、

複雑な流通機構に振り回され、撤退した事実がありますが、

やはり餅屋は餅屋なのでしょうか?


2013/1/13  メレーダイヤに混じる模造石について  ジュエリー

メレーダイヤに混じる模造石について

連休の真ん中の暖かな日曜日いかがお過ごしでしょうか?

さて、数年前に焼酎やお酒に事故米が混じっていて全国の左党を嘆かせ、

酒造メーカーや販売店が苦しんでいたことがありました。

病院などの給食にも事故米が納入されて、

今や賞味期限偽装、産地偽装の偽や嘘があちこちから出てきたり、

賞味期限を偽って売っていた商品もあり、企業人のモラルが問われる事件も多々ありました。

さてダイヤ・宝石・「金」の買い取りショップ様からはお買取になった指輪から外した

メレーダイヤを貯めて、少しまとまったらお送り頂いて、

メレーダイヤをお買取させていただいていますが、

中には模造石のメレーやジルコニアが混じっている事があります。

宝飾業界にも恥ずかしながら、冒頭のような偽せ、嘘がたまたま混じっている事があります。

本来メレーダイヤはインドやバンコク、スリランカなどから輸入業者を通じて

日本へ入ってくるので、この段階で合成が混じる事はありませんが、

国内には元々模造石、合成の色石などに使う模造石メレーを製造しているメーカー、

販売業者があり、これらの模造石が不注意で石合わせ、

石止めの段階で混在してしまう事はたまたまありえます。

メレーダイヤは元々が安い屑ダイヤといえども人の手や、

機械を通して58面にカットされ、

メレーダイヤも億年の眠りから地上に出てきた地球からの贈り物ですが

それにしてはお値打ちが安すぎますね。

それでは天然のメレーダイヤと模造石、ジルコニアとの見分け方のお話ですが、

プロの見方を説明しますと、カットしてある稜線のエッジを特に見ます。

本物はエッジが肉眼にもシャープに見えます。

模造石はこの面と面との線である稜線のエッジが甘い(丸みを帯びた線)のです。

慣れると一目で判ります。

又ガードル周りにも注目しますが、

合成のガードルはダレた感じでガードル周りもエッジ同様の丸みを帯びた感じを受けます。

ダイヤモンドテスターを使用してチェックすれば簡単に答えは出ますが、

プロの世界では長年見てきた自分の目と勘を大切にしています。

貴金属業界のガリバーといわれる「田中貴金属工業」さんは

どなたでもご存知の「金」地金の販売・買取をしている超大手会社ですが

18金やプラチナの指輪、ネックレス窓などスクラップの地金も

買い取ってくれますが、メレーダイヤや、ダイヤモンドのセンターストーンは

買い取ってくれずに、お客様にお返しをしているようです。

度々、その買い取ってくれなくて戻されたダイヤモンドを弊社へ

お持ち頂くことがあり、丁寧の値踏みしてお買取をしていますが、

やはり、ダイヤモンドの専門家でないと「金」のように国際相場が毎日建ち、

均一な品質と違い、ダイヤモンドの模造品などの

見分けがつかないのと、品質が全て違っていて、買い取り価格も判らず

買い取ったものの転売先がないので,判らない物は手を出さない・・・と

言ったところのようです。

やはり、堅実な大会社は自分の領分を知っているもので、

その昔、日商岩井や、住友商事、日綿実業などの大手商社がダイヤモンド・宝石に

豊富な資金と人材を擁して参入してきましたが、

品質がそれぞれ違うダイヤモンド・宝石の仕入れに失敗し、

複雑な流通機構に振り回され、撤退した事実がありますが、

やはり餅屋は餅屋なのでしょうか?


2013/1/13  メレーダイヤに混じる模造石について  ジュエリー

メレーダイヤに混じる模造石について

連休の真ん中の暖かな日曜日いかがお過ごしでしょうか?

さて、数年前に焼酎やお酒に事故米が混じっていて全国の左党を嘆かせ、

酒造メーカーや販売店が苦しんでいたことがありました。

病院などの給食にも事故米が納入されて、

今や賞味期限偽装、産地偽装の偽や嘘があちこちから出てきたり、

賞味期限を偽って売っていた商品もあり、企業人のモラルが問われる事件も多々ありました。

さてダイヤ・宝石・「金」の買い取りショップ様からはお買取になった指輪から外した

メレーダイヤを貯めて、少しまとまったらお送り頂いて、

メレーダイヤをお買取させていただいていますが、

中には模造石のメレーやジルコニアが混じっている事があります。

宝飾業界にも恥ずかしながら、冒頭のような偽せ、嘘がたまたま混じっている事があります。

本来メレーダイヤはインドやバンコク、スリランカなどから輸入業者を通じて

日本へ入ってくるので、この段階で合成が混じる事はありませんが、

国内には元々模造石、合成の色石などに使う模造石メレーを製造しているメーカー、

販売業者があり、これらの模造石が不注意で石合わせ、

石止めの段階で混在してしまう事はたまたまありえます。

メレーダイヤは元々が安い屑ダイヤといえども人の手や、

機械を通して58面にカットされ、

メレーダイヤも億年の眠りから地上に出てきた地球からの贈り物ですが

それにしてはお値打ちが安すぎますね。

それでは天然のメレーダイヤと模造石、ジルコニアとの見分け方のお話ですが、

プロの見方を説明しますと、カットしてある稜線のエッジを特に見ます。

本物はエッジが肉眼にもシャープに見えます。

模造石はこの面と面との線である稜線のエッジが甘い(丸みを帯びた線)のです。

慣れると一目で判ります。

又ガードル周りにも注目しますが、

合成のガードルはダレた感じでガードル周りもエッジ同様の丸みを帯びた感じを受けます。

ダイヤモンドテスターを使用してチェックすれば簡単に答えは出ますが、

プロの世界では長年見てきた自分の目と勘を大切にしています。

貴金属業界のガリバーといわれる「田中貴金属工業」さんは

どなたでもご存知の「金」地金の販売・買取をしている超大手会社ですが

18金やプラチナの指輪、ネックレス窓などスクラップの地金も

買い取ってくれますが、メレーダイヤや、ダイヤモンドのセンターストーンは

買い取ってくれずに、お客様にお返しをしているようです。

度々、その買い取ってくれなくて戻されたダイヤモンドを弊社へ

お持ち頂くことがあり、丁寧の値踏みしてお買取をしていますが、

やはり、ダイヤモンドの専門家でないと「金」のように国際相場が毎日建ち、

均一な品質と違い、ダイヤモンドの模造品などの

見分けがつかないのと、品質が全て違っていて、買い取り価格も判らず

買い取ったものの転売先がないので,判らない物は手を出さない・・・と

言ったところのようです。

やはり、堅実な大会社は自分の領分を知っているもので、

その昔、日商岩井や、住友商事、日綿実業などの大手商社がダイヤモンド・宝石に

豊富な資金と人材を擁して参入してきましたが、

品質がそれぞれ違うダイヤモンド・宝石の仕入れに失敗し、

複雑な流通機構に振り回され、撤退した事実がありますが、

やはり餅屋は餅屋なのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

2012/4/20  「断・舎・離」不要なダイヤ・宝石は売ったほうが良い  ジュエリー

世は断・舎・離の時代です。

いつまで大事にとっていても結局は使うことが無いのはよくありますね。

片付ける、捨てると言うのは難しいですが、

結局不要なものを押入れかタンスの中に一生涯入れっぱなしということもありますね。

衣類・着物なども食器も本も手紙さえもなかなか捨てられませんが

捨て上手、片付け上手というコンサルタントがいたり、

はたまた「断・舎・離」という本がベストセラーになったりしています。

貴金属・宝石・ダイヤモンドが換金出来ることが知られてきて

町のあちこちの「金買います」の看板・幟がたって、新聞の折込広告にも

入ってきたりしてよく知られるようになりました。

「金」プラチナは毎日相場が立ち、価格が新聞やテレビでも知ることが出来ますが

ダイヤモンドは幾ら位かは、品質や大きさ、形に単一なものが無い為に

国際相場を形成する市場がなく、一般の人にはまったく判りません。

弊社のホームページには買取り実例というページがあり

いろいろなダイヤモンド・宝石の買い取り実例が載っておりますが、

実際に売れる値段を公開しながら検証してまいります。



大きな立爪のダイヤモンドです。

なんと0.678ctもありますが、肉眼で見えるキズがあります。

このダイヤモンドが幾らで売れるのでしょうか?

2日間ほどでこの検証が終わりますのでご興味のある方はお付き合いください。

明後日22日22時過ぎが最終入札締め切りで、

メリンダオークションの最低落札価格なしで百円から始まっています

20日22時現在の最高入札価格は15,500円です。

明後日の22時過ぎの締め切り時間で最高入札の方に落札されます。

プラチナ900の指輪の大粒ダイヤモンドです

果たして幾らで落札されるのでしょうか?

このオークションページはこちらから↓

http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l120355858?u=;melinda_diamonds


天然ダイヤモンドがです!!

とってもシンプルなプラチナリングで

センターに大粒0.678ctのダイヤモンドが輝きます。

I-1クラスですが、

カーボンインクルージョンがなく

透明感があります☆

なにより、このサイズですので

存在感抜群です!

着け心地がやわらかく、

プラチナならではの上質な艶と

心地よい重みをお楽しみいただけます。

贈り物としても喜ばれる逸品です。

大切な方への贈り物に・・・

自分へのご褒美に・・・いかがでしょうか★

※ご希望であれば別途料金にて

刻印等承りますので、お申し付けくださいませ。

*リサイクル品になりますが、

自社工房にて新品仕上げ済みで美品です。

              

(商品の詳細)

商品名 【ME】最落無し★大粒!天然ダイヤ0.678ct/PT900リング(S9667)

商品種別 リング

石材 天然ダイヤモンド

中石カラー K

中石クラリティ I-1

カラット ダイヤモンド:0.678ct

中石カット ラウンドブリリアントカット

カットグレード GOOD

大きさ リング最大幅:約6.65mm

仕様貴金属 PT900

サイズ 約10号

総重量 約2.5g

参考上代

付属1 鑑定書(日本宝石科学協会)

その他週末恒例の最低落札価格なしの商品(23点)はこちらから↓

http://storeuser11.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/melinda_diamonds

エキサイティングなオークションを是非ご覧ください

落札価格から逆算して行けば、ご自分のダイヤモンド・宝石も

もし売却すると幾らくらいで売れるのかのご参考にもなると存じます

2012/4/20  「断・舎・離」不要なダイヤ・宝石は売ったほうが良い  ジュエリー

世は断・舎・離の時代です。

いつまで大事にとっていても結局は使うことが無いのはよくありますね。

片付ける、捨てると言うのは難しいですが、

結局不要なものを押入れかタンスの中に一生涯入れっぱなしということもありますね。

衣類・着物なども食器も本も手紙さえもなかなか捨てられませんが

捨て上手、片付け上手というコンサルタントがいたり、

はたまた「断・舎・離」という本がベストセラーになったりしています。

貴金属・宝石・ダイヤモンドが換金出来ることが知られてきて

町のあちこちの「金買います」の看板・幟がたって、新聞の折込広告にも

入ってきたりしてよく知られるようになりました。

「金」プラチナは毎日相場が立ち、価格が新聞やテレビでも知ることが出来ますが

ダイヤモンドは幾ら位かは、品質や大きさ、形に単一なものが無い為に

国際相場を形成する市場がなく、一般の人にはまったく判りません。

弊社のホームページには買取り実例というページがあり

いろいろなダイヤモンド・宝石の買い取り実例が載っておりますが、

実際に売れる値段を公開しながら検証してまいります。



大きな立爪のダイヤモンドです。

なんと0.678ctもありますが、肉眼で見えるキズがあります。

このダイヤモンドが幾らで売れるのでしょうか?

2日間ほどでこの検証が終わりますのでご興味のある方はお付き合いください。

明後日22日22時過ぎが最終入札締め切りで、

メリンダオークションの最低落札価格なしで百円から始まっています

20日22時現在の最高入札価格は15,500円です。

明後日の22時過ぎの締め切り時間で最高入札の方に落札されます。

プラチナ900の指輪の大粒ダイヤモンドです

果たして幾らで落札されるのでしょうか?

このオークションページはこちらから↓

http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l120355858?u=;melinda_diamonds


天然ダイヤモンドがです!!

とってもシンプルなプラチナリングで

センターに大粒0.678ctのダイヤモンドが輝きます。

I-1クラスですが、

カーボンインクルージョンがなく

透明感があります☆

なにより、このサイズですので

存在感抜群です!

着け心地がやわらかく、

プラチナならではの上質な艶と

心地よい重みをお楽しみいただけます。

贈り物としても喜ばれる逸品です。

大切な方への贈り物に・・・

自分へのご褒美に・・・いかがでしょうか★

※ご希望であれば別途料金にて

刻印等承りますので、お申し付けくださいませ。

*リサイクル品になりますが、

自社工房にて新品仕上げ済みで美品です。

              

(商品の詳細)

商品名 【ME】最落無し★大粒!天然ダイヤ0.678ct/PT900リング(S9667)

商品種別 リング

石材 天然ダイヤモンド

中石カラー K

中石クラリティ I-1

カラット ダイヤモンド:0.678ct

中石カット ラウンドブリリアントカット

カットグレード GOOD

大きさ リング最大幅:約6.65mm

仕様貴金属 PT900

サイズ 約10号

総重量 約2.5g

参考上代

付属1 鑑定書(日本宝石科学協会)

その他週末恒例の最低落札価格なしの商品(23点)はこちらから↓

http://storeuser11.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/melinda_diamonds

エキサイティングなオークションを是非ご覧ください

落札価格から逆算して行けば、ご自分のダイヤモンド・宝石も

もし売却すると幾らくらいで売れるのかのご参考にもなると存じます

2012/4/20  「断・舎・離」不要なダイヤ・宝石は売ったほうが良い  ジュエリー

世は断・舎・離の時代です。

いつまで大事にとっていても結局は使うことが無いのはよくありますね。

片付ける、捨てると言うのは難しいですが、

結局不要なものを押入れかタンスの中に一生涯入れっぱなしということもありますね。

衣類・着物なども食器も本も手紙さえもなかなか捨てられませんが

捨て上手、片付け上手というコンサルタントがいたり、

はたまた「断・舎・離」という本がベストセラーになったりしています。

貴金属・宝石・ダイヤモンドが換金出来ることが知られてきて

町のあちこちの「金買います」の看板・幟がたって、新聞の折込広告にも

入ってきたりしてよく知られるようになりました。

「金」プラチナは毎日相場が立ち、価格が新聞やテレビでも知ることが出来ますが

ダイヤモンドは幾ら位かは、品質や大きさ、形に単一なものが無い為に

国際相場を形成する市場がなく、一般の人にはまったく判りません。

弊社のホームページには買取り実例というページがあり

いろいろなダイヤモンド・宝石の買い取り実例が載っておりますが、

実際に売れる値段を公開しながら検証してまいります。



大きな立爪のダイヤモンドです。

なんと0.678ctもありますが、肉眼で見えるキズがあります。

このダイヤモンドが幾らで売れるのでしょうか?

2日間ほどでこの検証が終わりますのでご興味のある方はお付き合いください。

明後日22日22時過ぎが最終入札締め切りで、

メリンダオークションの最低落札価格なしで百円から始まっています

20日22時現在の最高入札価格は15,500円です。

明後日の22時過ぎの締め切り時間で最高入札の方に落札されます。

プラチナ900の指輪の大粒ダイヤモンドです

果たして幾らで落札されるのでしょうか?

このオークションページはこちらから↓

http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l120355858?u=;melinda_diamonds


天然ダイヤモンドがです!!

とってもシンプルなプラチナリングで

センターに大粒0.678ctのダイヤモンドが輝きます。

I-1クラスですが、

カーボンインクルージョンがなく

透明感があります☆

なにより、このサイズですので

存在感抜群です!

着け心地がやわらかく、

プラチナならではの上質な艶と

心地よい重みをお楽しみいただけます。

贈り物としても喜ばれる逸品です。

大切な方への贈り物に・・・

自分へのご褒美に・・・いかがでしょうか★

※ご希望であれば別途料金にて

刻印等承りますので、お申し付けくださいませ。

*リサイクル品になりますが、

自社工房にて新品仕上げ済みで美品です。

              

(商品の詳細)

商品名 【ME】最落無し★大粒!天然ダイヤ0.678ct/PT900リング(S9667)

商品種別 リング

石材 天然ダイヤモンド

中石カラー K

中石クラリティ I-1

カラット ダイヤモンド:0.678ct

中石カット ラウンドブリリアントカット

カットグレード GOOD

大きさ リング最大幅:約6.65mm

仕様貴金属 PT900

サイズ 約10号

総重量 約2.5g

参考上代

付属1 鑑定書(日本宝石科学協会)

その他週末恒例の最低落札価格なしの商品(23点)はこちらから↓

http://storeuser11.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/melinda_diamonds

エキサイティングなオークションを是非ご覧ください

落札価格から逆算して行けば、ご自分のダイヤモンド・宝石も

もし売却すると幾らくらいで売れるのかのご参考にもなると存じます




AutoPage最新お知らせ