にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2017/12/13  だぶつきジュエリー(NHKあさイチ)  ニュース


だぶつきジュエリー(NHKあさイチ)

一昨日(11日)の朝ドラの後のあさイチでだぶつきジュエリーをやっていたので、

録画をして夕べゆっくり見てみました。

バブル世代の方達はダイヤモンド・宝石・ジュエリーを沢山持っているのですが

やはりデザインが古くなったり、指輪を付ける機会が減ったり、

指が太くなって入らなかったり、服装と宝石がマッチせずに、

ご多聞にもれずタンスの肥やしになっているものが多いのだそうです。

「金」が今高いので昔買った値段よりも高く売れたりすることや、

日本の宝石製造技術の高さと信頼性から、

20年前の日本の指輪が中国やアジアで売れていることなどが紹介されていました。

又ゲストの方が、1カラットのダイヤモンド、エメラルド、ヒスイの指輪をもって、

宝石買取店を3軒廻って、買い取り価格の値段の比較もしていました。

特にヒスイやエメラルドに値段のバラツキがあり、

買い取った業者さんの販売先によって差が当然あることや

本物のダイヤと偽物のダイヤの見分け方が息を吹きかけると、

直ぐに曇りがなくなるのが本物で、熱伝導率が高いのが本物とか、

真珠の本物とイミテーションの見分け方は真珠同士をこすりつけると

ザラザラするのが本物で、つるつるするのが偽物という

専門家の見方の話も一般の方には参考になられたのでは・・。

クリックすると元のサイズで表示します

このようにNHKが取り上げるように、

使っていないダイヤモンド・宝石の換金処分も当たり前になってきたのでしょう。

ダイヤモンド・宝石・金・プラチナは劣化、腐蝕しない、価値が変わらない特性があるので、

再生して新しい命を吹き込むことが出来るので、

使用していないジュエリー、宝石は新しくなって

何処かの誰かを幸せな気分にしてくれる訳です。
タグ: NHKあさイチ

2017/8/4  ロシアで51カラットのダイヤモンド産出  ニュース

ロシアのダイヤモンド生産大手アルロサはこのほど、

51.38カラットの巨大ダイヤとその他の高品質ダイヤ4点を

オークションにかけると発表した。

オークションは11月に開催予定で、開始価格は1000万ドル(約11億円)に設定される見込み。

これらのダイヤ5点はすべて、シベリア東部のサハ共和国にある国有鉱山で2015年に発見された

179カラットの原石からカットされたものだという。

アルロサは、51.38カラットの巨大ダイヤを

「ロシア宝石生産史上、最大かつ最高品質」と説明している。

5個中の2番目に大きなものは16.67カラット。最小は1.39カラットだ。

アルロサの最高経営責任者、セルゲイ・イワノフ氏は、

「5つのダイヤモンドはすべて1つの原石からカットした。

まれなケースで作業に1年半かかった」と述べている。

(AFP) 提供の記事より

まさに一山掘り当てましたね。

ダイヤモンドは地球の贈り物ですが

まあ・・山師は一度やったらやめられない・・夢を追いかける人達ですが

まずは祝杯ですね…おめでとうござす

クリックすると元のサイズで表示します

2017/4/7  米軍シリアにトマホークミサイル50発以上を発射・・・「金」プラチナは急騰  ニュース

米軍は6日夜(日本時間7日10時)、化学兵器を使用したとみられるシリアの空軍基地に対し、

50発以上の巡航ミサイルを発射した。

アサド政権に対しトランプ米大統領が指示した初の攻撃で、

アサド政権を支援するロシアとの対立は必至とみられる。

これを受けてGLOBEX先物の「金」は1250ドル近辺から1262ドルに急騰後、

11時半現在1267ドル(6日NY終値比17ドル高)、

プラチナは967ドル(同11ドル高)と地政学的リスクから急騰している。

クリックすると元のサイズで表示します

一方為替は111円近辺から110円25銭近辺に円が急騰のドル安・円高で反応している。


2016/11/7  クリントン氏を訴追せずとの報道に円安、「金」安で反応  ニュース

7日早朝にクリントン氏を訴追せずとの報道は、

米大統領選でのクリントン氏の追い風になるとみて、

まず外為市場が反応し、1円以上の円安・ドル高に、

GLOVEX「金」は所謂トランプリスクの後退から、

週末NY引け値の1304ドル近辺から1288ドルに急落した。

クリントン氏の当選となれば、円はひとまず7月安値の107円台半ばを目指して売られ、

108円台までは下落余地がありそうと見る市場関係者が多い。

「金」についてはトランプ氏の猛追から、

トランプ氏が当選すればの不透明から1260ドル台から1307ドルまで

買われてきた反動からの利食いの売りや

新規の空売りを巻き込み1260ドルを試す可能性を指摘する見方があります。

クリックすると元のサイズで表示します

(上はNY「金」の2016年7月からの日足チャートです)

日本では民主党時代に小沢一郎氏への国策操作と世論捜査があったり、

戦前には思想弾圧や秘密保護法があった。

アンタッチャブルと言われたFBIの今回の捜査再開、そして終了は何だったんだろうね。

2016/10/11  強過ぎず弱過ぎずだった米㋈雇用統計を受けての「金」相場はどうなる?  ニュース

強過ぎず弱過ぎずだった米㋈雇用統計を受けての「金」相場はどうなる?

市場が注目した先週末発表の9月雇用統計は、

非農業部門就業者数は前月比15万6千人増(市場予測17万5千人)となり、

8月の16万7千人増を下回った。

また、失業率は4.9%から5.0%まで小幅ながら上昇し、

今年4月以来の5.0%台とやや悪化。一方で、平均時給は前年同月比2.6%上昇した。

これを受けて米連邦準備制度理事会(FRB)が年内に利上げに踏み切る可能性について、

「これで年内利上げの可能性は消えた」との評価と、

「年内利上げの可能性は一段と高まった」と相反する二つの見方に市場は分かれた。

発表を受けてNY市場は一時は1266ドルまで上昇したが、

「利上げの根拠は強くなっている」との見方から1241ドルまで売り込まれる場面があり、

引けにかけては11月FOMCでの利上げリスクは低くなったとして1257ドル近辺に戻して引けた。

年初に1060ドル台で始まったNY「金」は2月上旬以降6月末に上昇し、

7月末から㋇初めにかけて1400ドルの高値となったが、

以降は下落に転じ1310ドル台の100日移動平均線、

1250ドル台の200日移動平均線を立て続けに割り込んで、

ダウントレンド(下落基調)になっている。

クリックすると元のサイズで表示します

(上はNY「金」の2015年4月からの週足チャートです)

現在の「金」相場を見通す上では、@米金利動向、Aドル相場の動向、

B国際金融不安、などが中止されている。

これらの3つの要素が先送りされて来たために「金」相場は

夏以降の下落基調にあったのですが、

今後「金」相場の底入れには、

@見通せる将来の利上げ見送り、

A逆に利上げ着手による材料出尽くし、

B利上げの織り込み一巡といったことが必要とされるに。

今回の9月雇用統計が利上げ着手の決め手にならず、

今後も実際の利上げがいつ実施されるかが依然不透明さがあり、

「金」相場に下振れリスクは付きまとうことになる。

しかし、ドル・円相場が104円を窺う展開になっており、

国内のグラム建て価格は円安によって大きな下落に至らずに済んでいる。

因みに現在の相場水準では1円の為替変動は円安になれば、

グラム当たり約40円高くなり、逆に円高になれば安くなります。

クリックすると元のサイズで表示します

(上は東京工業品の2015年4月からの週足チャートです)

2015/1/16  スイス発の大荒れ市場はどうなる?   ニュース

スイス発の金融政策に市場が大揺れの昨夜の欧米市場でした。

急激なスイスフラン高を防ぐためにスイスフラン・ユーロ為替レートに1.20の上限を課す

緊急措置を導入したが、この無制限のスイスフラン売り・ユーロ買いの終了を突然発表し、

スイス中銀への預金に適用される金利も予定のマイナス0.25%からマイナス0.75%に拡大した。

これは「預金金利を受け取る」のではなくスイス中銀に預金すると

0.75%の手数料が徴収されることを意味するのですが、

この発表で一時間でスイスフランが対ユーロで30%も上昇して大混乱に、

30%動くということは、円相場が120円85円位まで一時間で円高が進むようなもので、

外為市場ではユーロの買い手が減るとの見通しから、

スイスフランは対ユーロやドルで大幅に上昇、ユーロは対ドルで1.1625に下落、

対円でも134円後半に下落、

これを受け、リスク回避の流れから米国の長期金利が低下し、

スイスフラン同様に「安全通貨」とされる日本円の買いが入り、

昨日の118円を窺う場面から116円近辺に、

朝方は115円90銭まで円高が進んだ。

原油も一時51ドル台を回復したものの、その後、46ドル台まで売り直され、

改めて原油価格の先安観だけが強まる結果となっており、

30ドル説も出始めた。日米の金融政策からして2年物国債の金利差は拡大していたが、

先月末から縮小傾向にあり、

市場は米国の利上げ開始時期が予定のシナリオよりも

半年か一年ずれ込むのではないかと読み始めているようです。

これを受けて、安全資産としての「金」が買われ

昨夜のNY市場では1226ドルから1268ドルまで急騰し、

150日移動平均線のある1245ドル近辺を突破し、1262.6ドル(33.5ドル高)近辺。

プラチナは「金」に連れ高し、1222 ドルから1270ドルのレンジ幅の中、

1258ドル(33ドル高)近辺。

本日11時半現在のGLOVEX先物は1261ドル、プラチナは1259ドル、

東京工業品の「金」は116円05銭の大幅円高を相殺し、4695円(前日終値比46円高)。

プラチナは4795円(同41円高)で推移している。

今夕の欧米市場が注目されます。

クリックすると元のサイズで表示します

(上はNY金の2014年9月からの日足チャートです)

2014/4/30  沈没船に眠る金貨回収へ、宝探しの夢追いかけて  ニュース

沈没船に眠る金貨回収へ、宝探しの夢追いかけて

米サウスカロライナ州の沖合で南北戦争前の19世紀に沈没し深海の暗闇に眠る蒸気船

「SSセントラル・アメリカ号」は 1857年に乗客・乗員425人、

それに「金」の宝物をを乗せたまま沈んだ。

「金」の量は分かっていないが、

船は大西洋の水深約1610メートル以上の場所に横たわっているそうだ。

1989−91年の回収作業で2トンを超える「金」が引き揚げられたそうですが、

船の中には依然として凡そ2トン、

金額で8600万ドル(約87億円)相当の「金」が沈んでいる可能性が?

25年前の回収作業時の「金」価格は380ドル前後で、

現在の価格1,300ドル近辺は当時より3.4倍に値上がりしており、

深海探査会社は充分に採算が取れるとして、再度1,600メートル海底に挑戦するそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

デズニーのカリブの海賊のテーマパークのように夢のある話ですが、

深海深く何百年を経ても「金」やダイヤモンドは腐食せず、価値が変わらず、

いつでもその時の相場で換金出来るのが、探査会社が企業として成り立つ所以でもあるのかな?

ところで、韓国の旅客船沈没遭難事故が未だ97名の不明者がおり、

救助作業が難航している中、1600Mの深海探査技術を備えた会社もあるのだが、

何故に韓国政府は日本を始め海外からの救援申し出を断ってきたのだろうか?

犠牲なられた方々、高校生の御霊に合掌・・・。

2013/12/10  「金」のトイレットペーパー  ニュース

絶対に使えません!

オーストラリアの通販サイトで,

22金を贅沢に使ったトイレットペーパーが販売されているそうです。

気になるお値段は$1,376,900AUD、日本円にして約1億3千万円

だそうですが、果たして買い手は居ますでしょうかね?

「金」が1240ドル程度に値下がりしている現在、話題・宣伝になって「

「金」価格が上昇すれば純金に溶かしても、加工代金も

吸収できるかもしれませんね・・。

ところで、1億円以上の純金と言えば、

その重さはだいたい24kg強になりますが・・・。

田中貴金属では純金のクリスマスツリーを展示しているそうですが、

お国が違うと発想も豊かなものですね

クリックすると元のサイズで表示します

2011/8/2  米債務上限引き上げ法案通過しての「金」相場分析  ニュース

注目の米連邦債務上限引き上げの法案が1日米下院を通過した・・。

これを受けての「金」相場の見通しを投稿したところ、ドリームニュースを通じて

マスコミ各社から発進された内容を掲載させて頂きます。

クリックすると元のサイズで表示します

世界が注目した米連邦債務上限引き上げの法案が1日米下院を通過した。

代替通貨として、又投機筋に買われ上昇した「金」相場の行方を同法案の内容を

分析しての(株)メリンダ・ダイヤモンドの市場分析です。


今年初めに1400ドル近辺でスタートした「金」相場は、欧州ソブリンリスク、

米国の連邦債務上限の引き上げを廻っての債務不履行(デフォルト)懸念から1633ドルまで

上昇してが、1日下院に於いて同法案の上限を2.1兆ドル引き上げ、

10年間で2.5兆ドルの債務を削減する事で合意し、

下院を通過し明日正式に成立の見通しになったが、

1600ドルを大きく超えた「金」相場は思いのほかの急落とならずに推移している。

クリックすると元のサイズで表示します(SPDRの保管してある金)

8月1日にオバマ大統領が「不履行回避」に 米債務上限2.1兆ドル上げを発表した。

概ねの骨子は以下のようなものだが、当然為替は円高・ドル安が修正され、

週末NYで76円台に入った円は発表と同時に一時78円05銭をつけたが

77円半ばから後半で推移している。

「金」 GLOVEX先物は1630ドル近辺でアジア市場に戻ってきたが、

この発表に1610ドルまで下げる場面があったが、

1日16時半現在では1614ドル近辺で推移している。

(1)債務上限引き上げで与野党指導者と合意。デフォルトを回避

(2)債務上限は少なくとも2.1兆ドル(約163兆円)の引き上げが可能に

(3)まず1兆ドル、さらに1.5兆ドルの計2.5兆ドル(約195兆円)

規模の財政赤字を今後10年間で削減

(4)新設する超党派委で11月下旬までに追加財政赤字削減案をとりまとめ、両院で議決

(5)議会が行動を怠れば強制的に厳しい歳出削減を行う仕組み(キャップ制)を導入

(6)大企業向け租税特別措置の見直しや医療保険の緩やかな制度改正も議論

市場は米国債の格下げの懸念と、債務不履行(デフォルト)のリスクを織り込み、

史上最高値を高騰し続けたが、大詰めで最悪の事態を回避し、

債務上限を引き上げ、財政赤字を今後10年間で2.5兆ドルを削減で合意した事により、

「金」へリスク回避の資金が大量に流入し、

シカゴ先物の先物買い残高は、昨年11月以来の1000トンに達し、

またETFの最大手のSPDR(ゴールドシェアーズ)の現物は

7月始めの1200トンから1263トンに急増しており、

7月の一ヶ月で130ドルの急騰(約8%)相場を演じただけに、

短期筋の 利食いの売り物が予想される。

国内価格は140円の上昇幅(3.6%)に留まっているが

為替はこの一ヶ月で3円の円高になっており、7月始めの80円68銭が変わらなければ、

更に150円ほど高くなっていたことになる。因みに円相場が今の水準で一円円高になると、

グラム当り約50円ほど国内価格は下落します。   

逆に一円の円安は50円ほど国内価格を引き上げます。

計算の方式は、(ドル建ての「金」価格)×(当日の為替レート)÷31.1035

(1トロイオンス)+(送料・保険諸掛け)=当日の1グラム価格・・・となるのです。

さてここまで昨夜書き、一夜明けた1日夜(日本時間2日午前)米下院の於いて

注目の法案は可決された。

翌2日に上院の可決を経て、オバマ大統領が署名をすれば、

正式に成立し債務不履行(デフォルト)の最悪の事態を避けられることになった。

今後の市場の注目はレーティングの格下げの懸念と米景気動向と

欧州のソブリンリスクに移ってゆくが、

昨夜のNY市場は1608ドルから1630ドルの大きなレンジ幅で、法案成立の見通しで売られ、

格下げの懸念と米7月のサプライマネージメント協会(ISM)の予想を

大幅に下回る50.9(前月は55.3)と4.4ポイントのマイナスに景気先行懸念から買われた。

市場の今後の関心は5日(金)の米7月雇用統計などの米景気動向と、

欧州のソブリンリスク、又今回議会を通過した10年間で2.5兆ドルの米連邦債務削減幅

実現の為に、米国の出口戦略が早まるのではとの観測も出始めることにも注目している。

アジア筋は1600ドルを超えて現物の売り戻しや、リサイクルの売り物が急増しており

1600ドル近辺での現物の買いは見られないようだ。

目先の50日移動平均先は1550ドル近辺にあり、

目先の下値目途と考えている市場関係者が多いようだ。

アジア筋の実需の買いが入るのはその近辺から1500ドル近辺に待ち構えているようだ。

又、中央政府の「金」購入は6月に韓国が25トン、

タイでは17.7トンの金準備が増加した模様だ。


韓国はこれで総合計が39.4トンとなったが、

韓国の外貨準備の中に占める「金」準備の割合は僅かに0.55%で、

欧米の外貨準備の中で金準備高が占める割合70%に比べると極端に少なく、

今後金準備比率を増やすとすれば、懐はかなり深いようだ。

(レポートは弊社独自の分析で売り買いをお薦めするものではありません、

ご判断は各自でお願い致します)

(株)メリンダ・ダイヤモンド 担当 小野寺 靖

Tel 0120−228914(輝く石)

URL http://www.melindadiamonds.com/index.php

クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/3  GW観光地 意外に活況(日経新聞)  ニュース

GW観光地が意外に活況と今朝の日経新聞が一面で報じていた。
  
震災以来の自粛ムードが一服し、

普段通りの暮らしが復興の為には役立つと意識が変わってきたようだ。

特に近場で値ごろ感のあるレジャー施設に観光客が押し寄せているそうだ。

自分は最も近い近所の躑躅(ツツジ)屋敷に義父を案内し、そして犬と海辺の散歩だ・・。

一円もお金を使わなくては復興に貢献できないね・・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

            クリックすると元のサイズで表示します

・上野動物園はパンダの公開効果もあり、前年比1.6倍の来場

・横浜八景島シーパラダイスは前年比25%増。

・箱根町温泉街の予約は前年の9割まで回復。

・長崎ハウステンボスは前年比8割強の増加。

・三重県ナガシマリゾートは13%増。

再開した東京デズニーランド、デズニーシーも急速に客足が戻ってきているようで

帰宅時間の東京駅では、デズニー帰りのグッズを持った大勢の人達と

東京駅の京葉線ホームですれ違う。

クリックすると元のサイズで表示します

            クリックすると元のサイズで表示します


日光のホテル・旅館では連休前半は満室が多いそうで、

先日激減の客足を嘆いていた日光のお土産やさんも活況を取り戻しているだろう。

3日の下りの高速道路も事前のスムーズ予想から一転、東北道は67キロの渋滞を伝えている。

クリックすると元のサイズで表示します

            クリックすると元のサイズで表示します

今日の浜辺は寒くて、厚着をした家族連れと、カイトサーファーが少しいるだけ・・・。

黒雲が押し出している海は、昼なのに夕方の様に暗い・・まるで冬の浜辺のようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

            クリックすると元のサイズで表示します

  * 春寒し黒雲浜を覆ひけり

2008/9/30  ポール・ニューマン逝く  ニュース

クリックすると元のサイズで表示します

ハスラー」「明日に向って撃て!」「スティング」で知られるアメリカ人
俳優ポール・ニューマン氏が9月26日、ガンのためコネティカット州
ウエストポートの自宅で死去した。83歳だった。

            クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー氏(61)は
「世の男性が皆あこがれるかっこ良さを持ち、アメリカ人のアイドルだった。
俳優として多くの人々を魅了しただけでなく、チャリティーを通じて多くの
病気の子供たちに希望を与えた素晴らしい人物だった」とコメントしている。
ジュリア・ロバーツ(40)は「私のヒーローだった」と語った。

            クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ニューマンは友人と一緒にオリジナルブランド“ニューマンズ・オーン”でポップコーンやドレッシングなどを販売する会社を設立。会社の利益はすべてチャリティに寄付され、
2007年までに寄付された総額は1億7500万ドル(約175億円)と発表されている。

            クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリントン元大統領は「親愛なる友人を失った」とその死を悼んだ。
多くの人から「神は時として完璧な人間を作る」と賞賛された生涯は輝かしい物だ
かく在りたいものと思う。
特に事業家としてのスタンスに畏敬の念を持ちます。

            クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ