2006/10/5

ひさびさのパリ その2〜凱旋門賞〜  旅行

このブログ、実はたま〜〜〜に写真の表示がおかしい事があるらしい・・・ので、写真だけまずアップして、プレビューで確認してから本文を打ち込む、という方法をとる事が多いのですが、昨日はその段階で何故かエラー?してしまい、ここ最近体調不良の私はもう1度サインインし直すのも面倒になってしまい、そのまま放っておいたのでした;並んだ写真だけ見て首を傾げた方、ごめんなさいm(−_−;m

さて、続きです。パリに行く、という事で「それじゃあ日本食材を買ってきてくれ!」と頼まれた私は早速オペラ座周辺へ。あの辺りは日本人街になっていて、日本食レストランや本屋、日本食材店などが多く、日曜でも開いていることが多いので。(リヨンにもあるにはあるけど、数が少ない、品揃えが悪い)ダッシュで買い物を終えてから、一緒に行く約束をしていた友人たちと合流して、いざロンシャン競馬場へ出発。

競馬場なんだから当たり前ですが、ブーローニュの森の中でも外側の方という町外れにあるので交通の便は本来悪いです。が、この手の大きいレースのある日とかは臨時の循環無料バスが出てくれるようです。入り口もきっと混むんだろうな〜と思って前売りを買っていったのですが、正解でした;
当然の事ながら日本人はたくさん。日本語窓口もあり、ディープインパクト専用馬券購入用紙なども・・・(笑)でもそれ以外の国の人も勿論たくさんいました。謎だったのが、「英語窓口」という物があった事。・・・英語窓口があるのは分かるけど、何故日本語で書いてあるのか・・・それって日本人しか読めないんじゃ;可能性としてはあと中国人くらい??英語で書こうよ、英語で。

武豊のインタビューは、ちょうど終わってしまった後で聞けなかったのですが、幾つかレースやパドックも見られました。レースとレースの間にはこんなものが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

半分間違い、一部は・・・わざとでディープ以外の馬券も購入してみた私(^^; 窓口のおじさんに「日本人なのに珍しいね」とか言われました。あははは;
結果はご存知の通り3着だった訳ですが、まあ・・・馬ですから(え;)てゆーか99年のエルコンドルパサー(99年に蛯名ジョッキーと組んでこのレースに出て、実は2着だった)の時は全然騒いでなかったくせに、何だよ皆〜!と主張したい私ですが・・・けど、初めての競馬場&馬券購入はなかなか楽しかったです。特にブーローニュの場合、普段はこんなに混んでないし、周りが大きな森というか公園というかなので、天気が良い時にはピクニックがてら来るのにぴったりの雰囲気の場所なので。
ちなみに下は帰っていくディープインパクトの姿。・・・何しろ遠いのでディープかどうかも分からない(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

思ったよりはすんなり戻ってこられたので、夕飯を食べてからTGVでリヨンまで。するとそこには現在リヨン音楽院で一緒のクラスの日本人が。「・・・あ。さては・・・」みたいな(笑)そのまま昔話(競馬の)に花を咲かせて帰宅しました。・・・有馬記念、行こうかな・・・(去年も書いたな、このネタ・笑)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ