2010/5/30

我が家の庭 その1?  写真

気がつけば5月も明日で終わりですね。なのにこの寒さは何;
雨も次第に増えてきて、写真撮影もテンションが下がり気味です(飽きてきたとも言う^^;)
なので、たまにはバラ以外の写真も少々。青紫のクレマチスと

クリックすると元のサイズで表示します

四つ葉のクローバー。でもこれを見た友人曰く、「でもさー、四つ葉って言っても、これだけたくさんあると有難味が無いよね。」・・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/5/24

我が家のバラ 2010 その6  バラ関係

ですねぇ・・・水やりしなくて良いのは助かりますが、写真には困る天気です(^^; 

クリックすると元のサイズで表示します

それでも咲くアイスバーグ。毎年良く咲きます。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてこちらが色違いの、バーガンディ・アイスバーグ。もう1つピンクの色違いもあります。でもアイスバーグ(iceberg=氷山)という名前からはどんどん遠ざかっていくような・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

これはミセス・オークリーフィッシャー。一重咲きのバラですが、このうす〜いオレンジというか何と言うかな色合いと、濃い緑の葉のコントラストが良い感じのバラです。・・・若干地味ですが(^^;

昨日は京成バラ園に行ってきました。また金曜日は草ぶえの丘です。その他、うちに見学に来てくれる人もいたりして、まさしくバラ月間です。・・・頑張りまーす
5

2010/5/20

我が家のバラ2010 その5  バラ関係

昨日はサーバーに若干の機能障害があったようで。見られなかった方がいらっしゃいましたら、ご迷惑をおかけしました

昨日・一昨日と続いた強風、更に昨日からの雨で写真撮影もちょっとお休み・・・と思っていたのですが、昨日は急遽、毎年恒例草ぶえの丘バラ園偵察第一回(何だそれ;)に行く羽目に。
しかし今年はやはり遅れていますね。ウチも例年に比べると若干遅いですが、あそこは同じ市内と言えども更に遅れますから・・・。早咲き品種のどれかがお目当てな方は別ですが、見頃は来週以降になりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今日のバラはまずグレイパール。何とも表現しがたい微妙な色合いの花です。こういう淡い色調の花は、それこそ時期や置き場所、撮影でまるで色が変わって見えるので、なかなか難しいですね

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはフレグラント・アプリコット。その名の通り実に良い香りがします。

クリックすると元のサイズで表示します

つるバラも一種。つるゴールドバニーです。ズバリ、真っ黄色!という黄色さで、こんな晴れた日に見ると正直目に痛い眩しさです(^^;
3

2010/5/17

我が家のバラ2010 その4  バラ関係

今日は初夏のような陽気でしたね。バラ見学(&撮影)には喜ばしいのですが、水やりをかかせないのが難点です

クリックすると元のサイズで表示します

これは黒蝶(くろちょう)。花びらの数がかなり多い、黒味がかった赤バラです。秋の方が更に黒味が増すような??まあいずれにせよ、黒さではルイ14世の方が上だと思いますが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはひらひらとウェーヴがかかった花びらのヴェルシーニ。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてこれが今まさに満開のつるロイヤルサンセット。よく見ると足元?に先日載せたレッドネリーの鉢植えがあるのがお分かりでしょうか?
例年秋の方が綺麗な気がしていたのですが、今年は何を思ったのか、ドカドカと咲きまくっています。華やかで良いのですが、しかし今日のような気候だとちょっと暑苦し・・・ゴホゴホゴホ
2

2010/5/16

我が家のバラ 2010 その3  バラ関係

今日はバラの見学会(もどき)でした。この時期は行ったり来たりで皆さん実にお忙しい(笑)何しろ期間限定ですからねぇ。

さて今日は白ばかりを集めてみました。まずは女性チェリストにちなんで名付けられたジャクリーヌ・デュプレ。おしべが可愛らしいセミダブルの優しい花。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはスノーグース(つる)。まだ咲き始めですが、よく咲きます。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてこれがヘンリー・ハドソン。ネタはつきませんが、今日はこの辺で(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/5/15

我が家のバラ その2  バラ関係

今日も引き続き我が家のバラを。まずはカトリーヌ・ドヌーヴ。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、一部の人々に大人気(笑)のレッド・ネリー。暗い所で見ると、この濃いピンクが光っているように見える、不思議な花。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、これまた一部の人々(・・・)の間で物議を醸している、アルシュデュック・ジョセフ(多分)。
バラの名前というのは、実は結構いい加減な所があって、作出者や販売者、時代の都合等々の理由で、しょっちゅう変わったり、同じ名前でも全然違う種類が幾つもあったりするんです。同じ名前なのに片方は真っ赤でもう片方は白かったり、わずか数年で名前が変わってたり。
↓これもそんな中の一つ。調べた結果、多分こちらが本家・・・のはず・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/5/13

我が家のバラ2010  バラ関係

今は5月です。バラの季節です。という訳で今年もざくざくと写真を載せます(え)
昨日から西武ドームの国際バラとガーデニングショウが始まりましたね。うちの母は早速行ってきたようです。まあそれなりに楽しかったようですが、私はパス。うちの写真で手一杯です(^^;

今年は異常気象の影響で、未だに黄木香が咲いているというまさに異常事態;他のHTやイングリッシュと並んで咲いているなんて・・・ありえない 
もっとも、ゴールデンウィークからこちらがかなり暖かい日が続いているため、他のバラが一気に追いついてきた、という感じで、全体の見頃としてはほぼ例年並みと言って良さそうなのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは先週撮影したクレイジー・トゥ。一週間経った今も咲いてます。ていうか、今年は全体に花もちが良いような???

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは原種のサクライバラ。(学名Rosa Uchiyamana ロサ・ウチヤマナ)その名の通り、桜を思わせる可愛らしい花です。まるで絵の具で着色したかのようにハッキリとピンクのペインティングがのっています。面白いですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはベスビアス。かの有名なベスビオ火山の名がつけられただけあって、花弁の雰囲気といい色といい、まさに炎のような花。・・・真夏に咲いてたら暑苦しそうですが
1

2010/5/11

再びパリへ  旅行

そして月曜日。パリです。しかし月曜は閉まっている美術館も多いし、開いている所でも大体は一度行っている所だし、と考えた末に行く事にしたのが

クリックすると元のサイズで表示します

エッフェル塔。実は今まで一度も上った事が無かったのです。まあこの日も見ての通り天気はイマイチではあったのですが・・・
展望台は計3つあり、2番目までは階段で登る事が出来る・・・のですが、勿論エレベーター使用(時間かかるし)。登りながら、エレベーターを撮ってるおじさん、を撮ってみました(笑)↓

クリックすると元のサイズで表示します

雲が多く、景色はややかすんでいたものの、登ればそれなりに色々見えます。これはエッフェル塔とセーヌ川を挟んでちょうど真向かいにあるシャイヨー宮。よく見るとエッフェル塔の影が写ってますね。

クリックすると元のサイズで表示します

セーヌ川の下流方向。この中州には元祖自由の女神があります。バトームーシュ(遊覧観光船)なんかはここまで行ってくれる・・・はず


クリックすると元のサイズで表示します

帰りのエレベーターで、お掃除隊(多分)の皆さんに遭遇しました。(斜め上から見下ろすように撮ってます)皆さん、ご苦労様です。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/5/9

リール その2  旅行

お昼も食べたところで観光再開。リール市立美術館へ。どこかのガイドに「ルーヴルに次ぐフランス第二の美術館」と書いてあったのですが、「そんな大げさな〜」と信じていなかったのが間違いでした;
確かに、エントランスや街の規模からは意外に思える収蔵品数でした。という訳で、時間が無くなりあえなく途中撤退

クリックすると元のサイズで表示します

何故かというと、お目当ての一つ、Meert(メール)というお店に行くという目的があったからです(笑)ここの名物はこのゴーフル↓中にクリームが入っています。

クリックすると元のサイズで表示します

併設のサロン・ド・テで早速お茶を。そういえば日本人の店員さんがいました。悩みつつ選んだのがサントノレと

クリックすると元のサイズで表示します

シブーストと

クリックすると元のサイズで表示します

ババ・オ・ラム。このババ・オ・ラム、通常既にある程度のラム酒は入っているのですが、好みで足せるようにと、小さいピッチャーみたいなのに添えたラム酒が一緒に出てくる事が多いです。が、ここのお店はラム酒入りのスポイトが突き刺さっていました↓持ち帰り用のアイデアのようですが、面白いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

そうこうする内に、帰る時間。・・・やっぱり次はもう少し時間に余裕を・・・
1

2010/5/8

5日目 リール その1  旅行

4日目・・・はひと休み。という事でこんな物↓を食べたりしながら、のんびりと。
リヨン(南仏?)名物のプラリネを練りこんだブリオッシュ。プラリネとは通常、カラメルにした砂糖でコーティングしたアーモンドやナッツ類の事を広く指す・・・らしいのですが、リヨンでは何故かこの毒々しい(・・・)赤色をしています。・・・ホント、何ででしょう???

クリックすると元のサイズで表示します

さて、気を取り直して5日目。ロンドンやベルギーへの玄関口としても知られる、フランス北部国境の町リールへと行ってきました。
駅前には何故かでっかいチューリップが・・・;

クリックすると元のサイズで表示します

・・・無視して先に進みます。と、オペラ座の正面に可愛らしい建物が↓。日曜ともあって、中庭では古本や切手の小さい市がたっていました。ちなみにこの左側にはパン屋のポールの本店らしきものがありました。(時間が無くて寄ってはきませんでしたが)

クリックすると元のサイズで表示します

お昼はまたしてもシーフードです。リールは海が近いですからね。シーズンはほぼ終わりでしたが、ムール・フリットと(ムール貝の煮込み。何故かお代わり自由のフライドポテトがついてくる)

クリックすると元のサイズで表示します

シーフードのシュークルートと

クリックすると元のサイズで表示します

Waterzooi(ワーテルゾーイ?と読むらしい)なる物のシーフードバージョン?を。このワーテルゾーイ、ベルギー料理らしいのですが、私も初めて見ました。なので詳しい事はこちらでどうぞ→ワーテルゾーイ

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ