2010/8/15

オルセー美術館展  文化・芸術

職業柄、お盆休みという決まった休暇は無いものの、いつもよりは少し暇な今週末です。

金曜日は、いよいよ終わりがせまるオルセー美術館展を観に六本木へ。
本命(?)の前に、東京ミッドタウン内のサントリー美術館で開催中の、鍋島焼の展覧会にも寄ってきました。
ミッドタウンに行くのは、実は初めてだったのですが、通りすがりに横目で見る程度で素通り素通り(笑)ウインドウショッピングより展覧会なのは、相変わらずですねぇ(苦笑)
やはりオルセー展の影響でしょうか、思ったより人が多かった気がします。・・・焼物は難しいですね(^^;

で、オルセー展。最後尾の80分待ちの表示を見て「う〜ん;」と思ったものの、実際には45分くらいで入れました。
この時期、パリまで見に行ったところで、その程度は当たり前ですが、中に入ってからの混雑具合が違いますねまあ企画展ですしねぇ。小さい子とかはちょっと気の毒でしたが。

4月にオルセーに行った時、あまりの空き巣っぷりにびっくりして、余計に今回行きたくなった訳です(笑)が、本当に今回は思い切りよく出してきたものだと思いました。
ゴッホの「星降る夜」に、モネの「日傘をさす女」(1つだけど)、ルソーに至っては「戦争」「蛇使いの女」がダブルでetc.とは・・・。しかしアレですね、絵によって見事に混雑具合が違うのが面白かったですね(笑)

ちなみに。
私は未だに、マネの「笛を吹く少年」に会った事がありません。オルセーは2回、今回入れると一応3回行っているのですが、いつも留守なんですよ・・・
マネでも他の絵にはいつも会えるのですが、どうにもアレとは相性が悪いようです特に好きな絵ではない(多分)のですが、そろそろ嫌われてるのかと思えてきました・・・。
こうなったらリベンジあるのみ・・・でも、いつになるんだろう・・・
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ