2012/1/19

怪我していたジロちゃん  ジロちゃん


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



いつものように散歩から帰りカーテンを開けたら、なんとジロちゃんが待っていた。

こちらに戻って13日、私が戻ってからこれだけ来ないことはなかったので、10日間の留守で見離されたと思っていた。


クリックすると元のサイズで表示します


「ジロちゃんまたケンカしたね」と思う汚いお顔。

今日は、缶詰も半缶でなく一缶のサービス。
それでも、足りないようでカリカリ餌も出す。


クリックすると元のサイズで表示します


食べている姿、どうも前足がおかしい・・・
毛が剥げているだけでなくて、足が着けていない。


外水道のバケツに水を飲みに行く。
3本足で、ぴょこたんぴょこたん歩いている。

凍っていて飲めないので、私が水を氷の上に注ぎたした。


ジロちゃん、抱っこされないかい?
お医者さん行きたいね・・


ジロちゃん、きっとやっとここまで来られるだけになって、頑張ってやってきたんだ。

昔、ミャウが1週間居なくなりそれは心配して探した。
やっと戻って来た時には、大怪我して死にそうなほど衰弱していた。

お医者さんに、
「自宅に戻れるまで、どこかでそっと回復待って帰って来たのですよ」
と、言われ帰ってくれたことに泣いたものだった。

その時のこと思い出してしまう・・


ジロちゃん、もうどこかのもう一つのおウチに帰らないでウチの子になってしまい、ウチの中に入ろうよ。

お医者さんも行こう・・・


と、帰らないでウチの庭にいるジロちゃんに話しかけているのですが・・・

2
タグ:



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ