2013/6/25

山復活できるかも・・前掛山登山  山・自転車


クリックすると元のサイズで表示します
浅間山:雪に浮き上がる筋の元はこんな溝なのね




23日の日曜日、コミュの前掛山登山でした。

私は病気後、標高差1000m以上ある山は歩いたことがありません。
歩行時間も5時間以上はないしと不安でいっぱいです。

それでも、いつも観ている大好きな浅間山とあっては無理しても行ってみたい・・

往復の山というので(歩けなければ待っていればいい)参加してみました。



行って良かった^^


近いし、これから何度も歩きたい山です。

それでも、きっと昨日ほど素敵なことはないでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します
真ん中どころの火山館にて


雨あがりの瑞々しい緑に、かぐわしい大地。

樹林帯でも虫がまったくいませんでした^^




クリックすると元のサイズで表示します
トーミの頭付近から続く、草すべり登山道がみえます


クリックすると元のサイズで表示します
たぶんこれが見えているのだと思います 
黒斑山からの道、蛇骨岳からの仙人岳方面




ガレ場での暑さを心配していたのに、昨日は夏とは思えないヒンヤリした寒すぎる位の空気でした。




ガスが湧き上がって、涼しさや幻想的な風景を与えてくれました。



クリックすると元のサイズで表示します





いつも、黒斑山から浅間山見ていたのですが、浅間山系とひと口に言っても、まったく違うのですね。


クリックすると元のサイズで表示します
前掛山から見渡す





遠くで観てると岩だらけの山に見えたのに、傍で見ると大地に這うような小さな植物たちが花まで付けています。



クリックすると元のサイズで表示します
噴火口:禁止でも下って行く人たちがいますね〜



火山の山ってカッコいい!

日本の風景ではないようでした。



クリックすると元のサイズで表示します



また、山の上から見る眼下の佐久方面やガスのかかった嬬恋村の綺麗さったらありません。






大勢で歩くと、あれこれの知識持つ人が集まることが素敵です。



クリックすると元のサイズで表示します    クリックすると元のサイズで表示します



昨日は、花に詳しい人が参加していたので、こちらが気づかない花まで押して貰え、またリーダーは山がよく分かるのです。

私なんて、自分が数日前に歩いた黒斑山やトーミの頭が区別つかないのですよね^^



クリックすると元のサイズで表示します



6人という人数もまとまりよくて、本当に楽しく歩きました。


私はガレ場と下りが苦手なので、苦しくて泣きながら歩くことも想定範囲だったので、下山して食べたラーメンの美味しかったこと!





失態二つ

登山靴、中敷きがない物で歩くことになってしまった。
ソール修理にだした時中敷きを抜いた靴を、抜いたまま車に入れた^^;

最初に付いている中敷きさえなかったので、土踏まずが浮くことや靴がゆるいので困った。


昨日のバッチリ晴れマークに、荷を軽くしたいと雨具抜いてしまったこと^^;
ガスで雨を心配し何より寒さ対策がなかった。



クリックすると元のサイズで表示します
帰り道にみた雌を待つ雄カモシカ


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ